ワクワクメールにサクラはいない!? サイトに潜む業者の特徴と避け方を解説します!

ワクワクメールにサクラはいない!? サイトに潜む業者の特徴と避け方を解説します!

ワクワクメールにサクラはいない!? サイトに潜む業者の特徴と避け方を解説します!

 

出会い系を利用するにあたって、気になることがありますよね。

 

「サクラいるの?」

 

「業者いるんじゃないの?」

 

ワクワクメールは「サクラがいる」と言われている反面「サクラなんていない」とも言われていて、その真実が見えにくくなっています。

 

そこで、ワクワクメールのサクラに関する真実と、ワクワクメールに潜む業者の特徴と避け方を紹介します!

 

\今なら1000円分無料/

ワクワクメール(無料)公式サイトはこちら

ワクワクメールにサクラはいない! その理由を説明します

 

ワクワクメール サクラ 業者

 

ワクワクメールには、サクラはいません。

 

そもそも、サクラはすべての出会い系が雇っているものではないんです。

 

じゃあどうしてワクワクメールにはいないのか? その理由を説明します。

 

そもそもサクラの目的って?

 

ワクワクメールにサクラがいない理由を語るには、まずサクラの目的について語らなければなりません。

 

出会い系がサクラを雇う目的は、三つあります。

 

1つ目は、男性の登録者を増やすためです。

 

女性がほとんどいない出会い系には、男性は寄り付きませんよね。

 

要はかさ増しして女性が大勢いるように見せかけ、男性会員を増やしたいんです。

 

2つ目は、男性と女性とのやり取りを盛んにするため。

 

男女のマッチング実績が少なく、男女の交流が生まれなければ、出会い系はどんどん廃れていきます。

 

男女の交流が盛んになれば、男女が出会いやすい空気が生まれるんです。

 

3つ目は、男性の課金を促すため。

 

これがサクラを雇う最も大きな目的です。

 

男女の交流が生まれれば、男性がポイントを使うようになりますよね。

 

無料ポイントを全て使ってしまえば、あとは課金するしかありません。

 

サクラを使い、課金させ、収益を安定させるのがサクラを雇う主目的です。

 

ワクワクメールはサクラを雇うメリットがほとんどない

 

サクラを雇うメリットは「男性会員の増加」と「収益の安定化」だと述べました。

 

ここをよく考えれば、ワクワクメールがサクラを雇わない理由がわかります。

 

出会い系の運営が男性会員を増やしたい、収益を安定させたい、と思うのは収益が不安定だからです。

 

開始初期は特に収益があまりないので、サービスの運営を続けるためにサクラを雇って収益化を図ります。

 

落ち目になって運営が難しくなった出会い系も、サクラを雇い収益化を図り、サービスの延命を目指すんです。

 

しかし、ワクワクメールは2001年にサービスを開始しました。

 

悪い評判などが増えた時期もありましたが、2020年現在も運営を続けています。

 

既に会員数も多いです。

 

収益面で深刻な問題を抱えているわけでもないでしょう。

 

それにもし問題を抱えていたとしても、ワクワクメールには「サクラがいる」という噂があります。

 

そこで実際にサクラを雇ってしまえば、運営自らがサービスの衰退を助長することになりかねません。

 

ワクワクメールには、サクラを雇うメリットがほとんどないんです。

 

それどころか、信用を失うという大きなデメリットがあります。

 

だからワクワクメールは、サクラを雇いません。

 

サクラとキャッシュバッカーの違い

 

ワクワクメール サクラ 業者

 

サクラとキャッシュバッカーは、厳密には違います。それぞれの違いについて理解していると、より一般女性を見分けやすくなるでしょう。

 

そこで、サクラとキャッシュバッカーの違いについて簡単に説明します。

 

サクラに見えるけど、「実はキャッシュバッカー」のケース

サクラに見えるけど、実はキャッシュバッカーだというケースはよくあります。

 

アプリレビューにある「サクラばっかり」の声は、たいていキャッシュバッカーという存在を知らなかったりして勘違いしているため挙がるものです。もしくは、自分が出会えなかったことの当てつけ。

 

じゃあサクラに見えるけど実はキャッシュバッカーというケースとは、どんな状況なのでしょうか。

 

たとえば、延々となんでも無いような会話を引き延ばそうとする人がいます。会うのには不要と思えるような意味のないメッセージの連続に、「この人はサクラではないか」と感じるかもしれません。

 

ただ、実際はキャッシュバッカーの可能性が高いです。

 

さらには、約束をはぐらかされたり引き伸ばされたりする場合もサクラだと思ってしまいがちですが、実はキャッシュバッカーの可能性が高いと言えます。

 

それでは、そもそもサクラとキャッシュバッカーのどこに違いがあるのかについて、説明しましょう。

 

サクラとキャッシュバッカーの違いとは

サクラは、サイトが雇う人のことを指します。雇う目的は、男性に対して課金を促したり登録を促したりするためです。

 

ただし、サクラがいることがバレるとサイトやアプリの評判が落ちるというリスクがあるため、あまりサクラを雇いたがりません。

 

特に今は昔よりも口コミ社会になってきていますからね。

 

一方キャッシュバッカーは、サイトに用意されたキャッシュバック制度を利用してお小遣い稼ぎをする人を指します。出会うついでにお小遣いを稼ぐというよりも、小遣い稼ぎのみを目的にサイトを使う人がキャッシュバッカーには多いです。

 

両者の違いはまず、「サイトが雇っているかどうか」にあります。

 

キャッシュバッカーは、雇われているわけではありません。

 

サイトがキャッシュバック制度を設けており、それを利用しているだけの一般人です。

 

さらに、サイトの目的にも違いがあります。

 

サイトがキャッシュバック制度を設けるのは、女性にサイト利用を促すことが目的です。サクラは促す対象が男性なので、ここが違いますよね。

 

運営としては、サイトをたくさん使うことでお小遣いも入るという餌で、女性に出会いを楽しんで欲しいという思惑があります。

 

ただ、実際のキャッシュバッカーは小遣い稼ぎだけを目的とするため、運営の思惑とは反しているんです。ワクワクメールは出会い以外での利用を禁止する規約があるため、キャッシュバッカーも違反者ということになります。

 

サクラはサイトが雇うのでアカウント停止にしませんが、キャッシュバッカーは違反者なので最悪の場合アカウント停止になるんです。

 

しかし、ここまで語ってきたものの、ワクワクメールにキャッシュバッカーはあまりいません。ワクワクメールにはポイントを現金に替える制度が無いためです。楽天EdyやAmazonギフトカードになら交換できるので、それらを目当てにする人もいます。

 

少数派ではあるものの、気をつけておきましょう。

 

サクラと業者の違い

 

ワクワクメール サクラ 業者

 

サクラと業者を間違える人も、ワクワクメールだけじゃなく全出会い系サイトにいます。業者に引っかかって「サクラばかりで出会えない」と、辞めてしまう人も少なくありません。

 

そうならないよう、サクラと業者の違いについて紹介していきます。

 

サクラに見えるけど、「実は業者」のケース

サクラに見えるけど、実は業者というケースもあります。

 

たとえば、連絡先を聞かれて教えたら音信不通になるケースです。この場合、「出会えなかった」「連絡が途絶えた」ということから、サクラだと勘違いする人もいます。

 

ただし、サクラが連絡先を求めてくることはありません。男性から連絡先を聞かれ、はぐらかすのに限界を感じて音信不通になるのがサクラです。

 

この場合、一見サクラっぽいけど実は業者の可能性が高くなります。

 

業者にも種類がありますが、上記のような連絡先収集業者はサクラと間違えやすいです。

 

サクラと業者の違いとは

サクラと業者の違いは、とてもハッキリとしています。

 

サクラはサイトの運営に雇われ、男性ユーザーの登録と課金を促す役目を持っている人たちです。

 

一方業者は、サイトに勝手に入り込んできてさまざまな悪さをする人という違いがあります。サクラは運営にとって役に立つもので、業者は運営にとってもユーザーにとっても害悪になるものというのが主な違いです。

 

業者にも種類があるので、主な種類を紹介します。

 

まず、連絡先収集業者です。

 

連絡先をユーザーから収集して、詐欺業者や闇金業者に売っています。売らずに自分たちで悪用するケースもありますよ。売られる方が被害が拡大するので、ユーザーにとっては厄介ですね。

 

教えてしまうと音信不通になったうえ、迷惑メールが届くようになります。音信不通になり出会えないので、サクラだと勘違いされがちです。

 

続いて、他サイト誘導業者を紹介します。

 

ワクワクメールのメッセージで他の出会い系サイトのURLを貼り付け、誘導してくる人たちです。

 

これはワクワクメール側のサクラではありませんが、他サイトのサクラではあります。誘導先のサイトはたいてい、相場の何倍もの料金がかかるうえにサクラしかいない悪質詐欺サイトです。

 

そして、援デリ業者。

 

これは援助交際をする素人女性になりすました、違法デリヘル業者のことです。援助交際という名目で出会い系で客を釣り、セックスを含む違法サービスを行います。風営法に基づく営業許可も取っていません。

 

援デリは実際に出会えるのでサクラと混合しにくいですが、覚えておきましょう。

 

還元率が低いワクワクメールはキャッシュバッカーが少ない

 

ワクワクメールは、相手からのメールに返信するなどすると、モバイラーズポイント(M)が貯まります。

 

これは男女ともに貯まるようになっているんです。

 

ちなみに、1M=1円の価値があります。

 

男性側は「ポイントの購入」でモバイラーズポイントがガッツリ貯まるんです。

 

これをサービスポイントに交換すれば、購入したポイント分にいくらか上乗せすることができます。

 

女性の場合、次のようなアクションでMが貯まります。

 

  • メールに返信…3M
  • 掲示板からメールを受信…1M
  • 電話に誘う/誘われる…1分20M
  • おしゃべりする…1分15M
  • 声の掲示板…1件50M
  • テレH…1分20M

 

電話やおしゃべりなどはポイントが貯まりやすいものの、ハッピーメールを通じて電話したいと思う男性は少ないです。

 

男性が電話を書ける場合、15秒で3Pかかります。

 

男性が女性からの電話を受ける場合、15秒4Pかかるんです。

 

1P=10円なので、15秒30~40円になります。

 

つまり、1分間で120~160円、10分間で1200~1600円、30分間も続ければ3600~4800円かかるんです。

 

コスパが悪いですよね。

 

そこで、女性はメールでMを貯めることになりますが…。

 

1件3M…。

 

1通返信するのに1分かかるとすると、1時間で180M(180円)しか稼げません。

 

こんなの、貯める気力がわきませんよね。

 

しかも、ワクワクメールは現金に交換できないんです。

 

交換できるのはAmazonギフトカード等の各種プリペイドカード。

 

以上の理由により、ワクワクメールにはキャッシュバッカーが少ないんです。

 

 

ワクワクメールに多い援デリ業者の特徴と見分け方

 

ワクワクメール サクラ 業者

 

ワクワクメールは、援デリ以外の業者はあまりいません。

 

逆に言えば、援デリ業者は運営に消されることもなく大勢いるということです。

 

ワクワクメールのアダルト掲示板には、援助交際か援デリかしかいないと言われているほど…。

 

そんなワクワクメールにいる「援デリ業者」の特徴を紹介しましょう。

 

エロい文面の掲示板投稿と自己紹介文

 

援デリ業者は、多くの男性を釣るためにエロイ文面の掲示板投稿をします。

 

ワクワクメールで多いのは、「男性を調教したい」「童貞に興味がある」「若妻だけどセックスレス」という文面です。

 

年齢層は20代がほとんどで、「調教したい」に関しては30代前半が多い傾向があります。

 

自己紹介文は、掲示板投稿内容と同じようなことが長々と書いているだけです。

 

20代Dカップ

 

ワクワクメールの援デリ業者は、なぜか20代Dカップが多いんです。

 

ただ、写真を見てみると「これDかな?」と違和感を覚えることが多いんですよ。

 

Dカップは「大きすぎず小さすぎず、万人受けし、大勢いたとしても不思議じゃないカップ数」だからでしょうね。

 

実際会ってみたら「明らかにDより小さい/大きい」ということがあります。

 

毎日同じ場所で募集している

 

毎日募集する素人援交女性はいますが、日によって微妙に場所を変える傾向があります。

 

同じ場所で毎日投稿していると男性に「またかよ」とウンザリされてしまいますし、同じ人がメールを送ってくる可能性が多いですからね。

 

自分が動ける範囲で場所を変えることで、毎日投稿に対する違和感を軽減しつつ、新規の人と会おうとしているわけです。

 

一方援デリは、毎日毎日同じ場所で募集をする傾向があります。

 

これは援デリの事務所・待機所から近い範囲だけに出張するためです。

 

そうすることで女性をすぐ派遣でき、客とトラブルがあったときに対応しやすくなりますから。

 

写真を登録していない援デリ業者も多い

 

ワクワクメール以外の出会い系にいる援デリは、写真を登録していない人がほとんどいません。

 

美人すぎる写真や、肌の露出の多い写真、胸や脚のアップの写真などで男性の興味を惹いているんです。

 

もちろんワクワクメールもそういう写真で男性を釣る援デリ業者のほうが多いんですが、ワクワクメールには写真を一枚も登録していない援デリ業者もいるんですよ。

 

これは、ワクワクメールが援デリの巣窟であることと、援デリの特徴として「エロイ写真」がよく挙げられることから対策をせざるを得なくなったためでしょう。

 

また、写真はないけどアバターを使っているという人も結構います。

 

写真がないからと油断しないようにしましょう。

 

サクラがいないワクワクメールでは業者に注意

 

ワクワクメール サクラ 業者

 

ワクワクメールにはサクラがおらず、キャッシュバッカーもほとんどいません。

 

ワクワクメールに多いのは、援デリ業者です。

 

次点で個人情報収集業者、その他の業者は減少傾向にあり恐れるに足りません。

 

援デリ業者と個人情報収集業者さえ避ければ、ワクワクメールを快適に使えます。

 

今回紹介した特徴を念頭に置き、業者を避け、出会いを楽しみましょう!

 

\今なら1000円分無料/

ワクワクメール(無料)公式サイトはこちら