ワクワクメールにサクラはいない!? サイトに潜む業者の特徴と避け方を解説します!

ワクワクメールにサクラはいない!? サイトに潜む業者の特徴と避け方を解説します!

ワクワクメールにサクラはいない!? サイトに潜む業者の特徴と避け方を解説します!

 

出会い系を利用するにあたって、気になることがありますよね。

 

「サクラいるの?」

 

「業者いるんじゃないの?」

 

ワクワクメールは「サクラがいる」と言われている反面「サクラなんていない」とも言われていて、その真実が見えにくくなっています。

 

そこで、ワクワクメールのサクラに関する真実と、ワクワクメールに潜む業者の特徴と避け方を紹介します!

 

\今なら1000円分無料/

ワクワクメール(無料)公式サイトはこちら

ワクワクメールにサクラはいない! その理由を説明します

 

ワクワクメール サクラ 業者

 

ワクワクメールには、サクラはいません。

 

そもそも、サクラはすべての出会い系が雇っているものではないんです。

 

じゃあどうしてワクワクメールにはいないのか? その理由を説明します。

 

そもそもサクラの目的って?

 

ワクワクメールにサクラがいない理由を語るには、まずサクラの目的について語らなければなりません。

 

出会い系がサクラを雇う目的は、三つあります。

 

1つ目は、男性の登録者を増やすためです。

 

女性がほとんどいない出会い系には、男性は寄り付きませんよね。

 

要はかさ増しして女性が大勢いるように見せかけ、男性会員を増やしたいんです。

 

2つ目は、男性と女性とのやり取りを盛んにするため。

 

男女のマッチング実績が少なく、男女の交流が生まれなければ、出会い系はどんどん廃れていきます。

 

男女の交流が盛んになれば、男女が出会いやすい空気が生まれるんです。

 

3つ目は、男性の課金を促すため。

 

これがサクラを雇う最も大きな目的です。

 

男女の交流が生まれれば、男性がポイントを使うようになりますよね。

 

無料ポイントを全て使ってしまえば、あとは課金するしかありません。

 

サクラを使い、課金させ、収益を安定させるのがサクラを雇う主目的です。

 

ワクワクメールはサクラを雇うメリットがほとんどない

 

サクラを雇うメリットは「男性会員の増加」と「収益の安定化」だと述べました。

 

ここをよく考えれば、ワクワクメールがサクラを雇わない理由がわかります。

 

出会い系の運営が男性会員を増やしたい、収益を安定させたい、と思うのは収益が不安定だからです。

 

開始初期は特に収益があまりないので、サービスの運営を続けるためにサクラを雇って収益化を図ります。

 

落ち目になって運営が難しくなった出会い系も、サクラを雇い収益化を図り、サービスの延命を目指すんです。

 

しかし、ワクワクメールは2001年にサービスを開始しました。

 

悪い評判などが増えた時期もありましたが、2020年現在も運営を続けています。

 

既に会員数も多いです。

 

収益面で深刻な問題を抱えているわけでもないでしょう。

 

それにもし問題を抱えていたとしても、ワクワクメールには「サクラがいる」という噂があります。

 

そこで実際にサクラを雇ってしまえば、運営自らがサービスの衰退を助長することになりかねません。

 

ワクワクメールには、サクラを雇うメリットがほとんどないんです。

 

それどころか、信用を失うという大きなデメリットがあります。

 

だからワクワクメールは、サクラを雇いません。

 

ワクワクメールにはキャッシュバッカーが少ない

 

ワクワクメール サクラ 業者

 

出会い系には、サクラでもなければ業者でもないキャッシュバッカーがいます。

 

しかし、ワクワクメールにはキャッシュバッカーもほとんどいないんです。

 

その理由を簡単に説明しましょう。

 

そもそもキャッシュバッカーとは?

 

キャッシュバッカーというのは、出会い系の「キャッシュバック制度」を利用して小遣い稼ぎをする女性です。

 

運営に雇われたサクラでもなければ、業者でもありません。

 

一般の素人女性が自主的に行っています。

 

出会い系のキャッシュバック制度というのは、「メール返信」「通話」などで貯まるポイントを換金できるというものです。

 

女性会員を増やしたり、女性会員に積極的にメールをさせたりするためにこういう制度を用意しています。

 

ワクワクメールの還元率は低い

 

ワクワクメールは、相手からのメールに返信するなどすると、モバイラーズポイント(M)が貯まります。

 

これは男女ともに貯まるようになっているんです。

 

ちなみに、1M=1円の価値があります。

 

男性側は「ポイントの購入」でモバイラーズポイントがガッツリ貯まるんです。

 

これをサービスポイントに交換すれば、購入したポイント分にいくらか上乗せすることができます。

 

女性の場合、次のようなアクションでMが貯まります。

 

  • メールに返信…3M
  • 掲示板からメールを受信…1M
  • 電話に誘う/誘われる…1分20M
  • おしゃべりする…1分15M
  • 声の掲示板…1件50M
  • テレH…1分20M

 

電話やおしゃべりなどはポイントが貯まりやすいものの、ハッピーメールを通じて電話したいと思う男性は少ないです。

 

男性が電話を書ける場合、15秒で3Pかかります。

 

男性が女性からの電話を受ける場合、15秒4Pかかるんです。

 

1P=10円なので、15秒30~40円になります。

 

つまり、1分間で120~160円、10分間で1200~1600円、30分間も続ければ3600~4800円かかるんです。

 

コスパが悪いですよね。

 

そこで、女性はメールでMを貯めることになりますが…。

 

1件3M…。

 

1通返信するのに1分かかるとすると、1時間で180M(180円)しか稼げません。

 

こんなの、貯める気力がわきませんよね。

 

しかも、ワクワクメールは現金に交換できないんです。

 

交換できるのはAmazonギフトカード等の各種プリペイドカード。

 

以上の理由により、ワクワクメールにはキャッシュバッカーが少ないんです。

 

 

ワクワクメールに潜む業者の種類と傾向

 

ワクワクメール サクラ 業者

 

ワクワクメールにはサクラはいませんし、キャッシュバッカーは少ないです。

 

ただ、業者はいます。

 

そこで、ワクワクメールに潜んでいる業者の種類と傾向を紹介しましょう。

 

援デリ業者が圧倒的に多い

 

ワクワクメールで最も多い業者は、援デリ業者です。

 

援デリ業者とは、簡単に言えば違法デリヘル業者のこと。

 

出会い系サイトで女性会員を装い、客を集め、女の子に本番行為をさせて稼いでいます。

 

援助交際を持ちかけて客を取るが、実態はデリヘル業者であることから、援デリと呼ばれているんです。

 

つまり、ワクワクメールの掲示板で募集をかけ、男性とメールをしている人と、実際に来る人とは別人。

 

援デリ業者は待ち合わせ場所を指定し、待ち合わせ時間の少し前に到着しています。

 

メールを送る役割を担った人と一緒に車で待機しているか、メールを送る役割を担った人は近くの事務所で待機して女性ひとりで待ち合わせさせるかのどちらかが多いです。

 

そのため、客は「会ってみたら思ってたのと違った…」とがっかりすることが多いんですよ。

 

男性にとっては厄介者です。

 

他サイト誘導業者は近年減少傾向

 

出会い系サイトには他サイトに誘導する業者がいることが多いですが、ワクワクメールでは近年減少傾向にあります。

 

誘導業者は、有名出会い系を使って自社サイトの登録者を増やす業者のことです。

 

この業者の正体はたいてい、相場より高額な料金を取るがサクラしかいないような悪質出会い系サイト。

 

正攻法では集客できなくなったため、有名出会い系で集客しているんです。

 

ただ、ワクワクメールではほとんど見かけません。

 

ネット上には被害報告があるものの、近年は鳴りを潜めているようです。

 

ワクワクメールは24時間監視を行っていますし、誘導業者は運営にとって非常に迷惑な存在なので、誘導業者がいたとしてもすぐに発見しアカウント停止にしているのではないでしょうか。

 

個人情報収集業者は減少しつつ密かに活動中

 

個人情報収集業者というのは、出会い系を使って個人情報を集めている業者のことです。

 

集める個人情報は、メールアドレス、電話番号、LINE IDなどの連絡先がほとんど。

 

出会い系を使って違和感なく集められる個人情報は、それくらいのものですしね。

 

これらを闇金業者に売るなどして、収益を得ています。

 

この個人情報収集業者も、ワクワクメールでは近年減少しているんです。

 

理由はやはり、すぐに見つかりアカウント停止処分を受けるためでしょう。

 

実際、ワクワクメールでは「女性からアプローチされたと思ったら、すぐにアカウントが消えていた」ということがよくあります。

 

しかし、減少したとは言え全滅したわけではなく、今でも密かに活動しているので注意が必要です。

 

ワクワクメールに圧倒的に多い【援デリ業者】の特徴

 

ワクワクメール サクラ 業者

 

ワクワクメールは、援デリ以外の業者はあまりいません。

 

逆に言えば、援デリ業者は運営に消されることもなく大勢いるということです。

 

ワクワクメールのアダルト掲示板には、援助交際か援デリかしかいないと言われているほど…。

 

そんなワクワクメールにいる「援デリ業者」の特徴を紹介しましょう。

 

エロい文面の掲示板投稿と自己紹介文

 

援デリ業者は、多くの男性を釣るためにエロイ文面の掲示板投稿をします。

 

ワクワクメールで多いのは、「男性を調教したい」「童貞に興味がある」「若妻だけどセックスレス」という文面です。

 

年齢層は20代がほとんどで、「調教したい」に関しては30代前半が多い傾向があります。

 

自己紹介文は、掲示板投稿内容と同じようなことが長々と書いているだけです。

 

20代Dカップ

 

ワクワクメールの援デリ業者は、なぜか20代Dカップが多いんです。

 

ただ、写真を見てみると「これDかな?」と違和感を覚えることが多いんですよ。

 

Dカップは「大きすぎず小さすぎず、万人受けし、大勢いたとしても不思議じゃないカップ数」だからでしょうね。

 

実際会ってみたら「明らかにDより小さい/大きい」ということがあります。

 

毎日同じ場所で募集している

 

毎日募集する素人援交女性はいますが、日によって微妙に場所を変える傾向があります。

 

同じ場所で毎日投稿していると男性に「またかよ」とウンザリされてしまいますし、同じ人がメールを送ってくる可能性が多いですからね。

 

自分が動ける範囲で場所を変えることで、毎日投稿に対する違和感を軽減しつつ、新規の人と会おうとしているわけです。

 

一方援デリは、毎日毎日同じ場所で募集をする傾向があります。

 

これは援デリの事務所・待機所から近い範囲だけに出張するためです。

 

そうすることで女性をすぐ派遣でき、客とトラブルがあったときに対応しやすくなりますから。

 

写真を登録していない援デリ業者も多い

 

ワクワクメール以外の出会い系にいる援デリは、写真を登録していない人がほとんどいません。

 

美人すぎる写真や、肌の露出の多い写真、胸や脚のアップの写真などで男性の興味を惹いているんです。

 

もちろんワクワクメールもそういう写真で男性を釣る援デリ業者のほうが多いんですが、ワクワクメールには写真を一枚も登録していない援デリ業者もいるんですよ。

 

これは、ワクワクメールが援デリの巣窟であることと、援デリの特徴として「エロイ写真」がよく挙げられることから対策をせざるを得なくなったためでしょう。

 

また、写真はないけどアバターを使っているという人も結構います。

 

写真がないからと油断しないようにしましょう。

 

ワクワクメールの業者の特徴と見分け方まとめ

 

ワクワクメール サクラ 業者

 

前章ではワクワクメールにいる「援デリ」に絞って、その特徴と見分け方を紹介してきました。

 

ここでは、援デリを含むワクワクメールにいる業者の特徴を幅広く紹介します。

 

援デリの特徴にくわえ、以下に気をつけていればワクワクメールで業者に騙されることはなくなるでしょう。

 

男性からのメール内容を無視した長文を最初に送ってくる

 

ワクワクメールにいる業者は、最初のメールの返信が長文です。

 

しかも、たいていは男性から送ったメールの内容を無視しています。

 

男性が質問したとしても、その質問に全く答えずに長々と自分の設定を語ってくるんです。

 

それは、掲示板の投稿内容や自己紹介文とほとんど同じ内容になっています。

 

掲示板と自己紹介文に「欲求不満な若妻」と書かれていれば、その設定を長々と送りつけてくるわけです。

 

こういうメールは確実に業者なので、相手にしないようにしましょう。

 

若いのにセレブ

 

ワクワクメールには、若くしてセレブであることをアピールする女性が多いです。

 

サブ写真として高級車の写真を掲載したり、札束の写真を掲示板に載せたり、文面で金持ちアピールをしたり…。

 

アピール方法はさまざまですが、とにかく「20代で女社長」「20代で大金持ち」だと言っている女性が多いです。

 

こういう20代でセレブアピールしている女性は、十中八九業者。

 

20代女社長で大成功している人が、そうホイホイいるわけありません。

 

20代社長自体は珍しくありませんが、ベンチャーだったりスタートアップ企業だったり、まだまだセレブだとは言えない人が多いです。

 

セレブになるほど成功しているなら、無名なわけがありません。

 

つまり、20代無名女社長(セレブ)は嘘です。

 

金持ちアピールをし、貧乏な男性を釣ったりヒモになりたいと思っている男性を釣ったりしているんですよ。

 

個人情報収集業者がよくやる手口です。

 

「ワクワクメール辞めるから」と言ってLINE IDを送ってくる

 

メールをはじめて間もないころに、「ワクワクメールを辞めるから」と言ってLINE IDを送ってくる女性がいます。

 

これは判断が難しいところですが、業者の可能性が高いです。

 

試しに、一旦保留にしてしばらく放置してみてください。

 

ワクワクメールを辞める気配が全くなければ、業者です。

 

本当に辞める人は男性から返信が来なくても、しばらくしたら辞めます。

 

業者は辞めません。

 

業者とはいえ、そうホイホイとアカウントを作り直せませんからね。

 

ワクワクメールは自主的に退会したあと再登録すると、以前使っていたのと全く同じデータで利用を開始することになります。

 

アカウントを作り直すには、自主退会だとしても新しい電話番号が必要です。

 

だから、業者は辞めると言いつつ辞めません。

 

あなたのLINE IDを収集したがっているだけです。

 

 

業者を避けて快適なワクワクメールライフを送ろう!

 

ワクワクメール サクラ 業者

 

ワクワクメールにはサクラがおらず、キャッシュバッカーもほとんどいません。

 

ワクワクメールに多いのは、援デリ業者です。

 

次点で個人情報収集業者、その他の業者は減少傾向にあり恐れるに足りません。

 

援デリ業者と個人情報収集業者さえ避ければ、ワクワクメールを快適に使えます。

 

今回紹介した特徴を念頭に置き、業者を避け、出会いを楽しみましょう!

 

\今なら1000円分無料/

ワクワクメール(無料)公式サイトはこちら