ワクワクメール 安全

ワクワクメールは安全?運営企業、個人情報取り扱い、身バレの危険を解説

ワクワクメールは、出会い系サイトの超古参です。

 

長い間運営しているという実績があります。その時点で安全な印象を抱く人もいれば、長く運営していても安全性はわからないと考える人もいるでしょう。

 

そこで今回は、ワクワクメールの安全性について徹底的に解説していきます。

 

運営企業の概要・ワクワクメールの歴史から、サポート体制・業者の有無などさまざまな点から安全性について考えてみましょう。

 

\今なら1000円分無料/

ワクワクメール(無料)公式サイトはこちら

 

ワクワクメールの運営企業はどんな会社? 概要とワクワクメールの歴史

 

ワクワクメール 安全

 

まずは、ワクワクメールの運営企業の概要とワクワクメールの歴史について紹介します。

 

確かな企業が運営しているかどうかということと、どのような歩みをしてきたかは安全性について考えるうえで大切です。

 

ワクワクメールの運営企業について

出会い系サイトやマッチングアプリには、さまざまな企業が参入しています。

 

たとえばサイバーエージェントなどは、ネット関係のビジネスで有名ですよね。そのような有名企業や上場企業だと、信頼性は高まります。

 

上場企業には情報開示義務があるので、ユーザーが会社の資金状況などを知ることができるんですよね。

 

ワクワクメールを運営しているのは、株式会社ワクワクコミュニケーションズです。非上場企業となります。

 

本社の所在地は東京都港区六本木です。この企業は、ワクワクメールの運営専門の会社のようで、他のサービス等は運営していません。

 

出会い系サイトの運営企業は、インターネット異性紹介事業者として公安に届け出をする義務がありますが、ワクワクコミュニケーションズはしっかりと届け出をしています。

 

認定番号もホームページの下の方に書かれていますよ。

 

ワクワクメール 安全

 

基本的に、出会い系サイトの安全性を確かめるには、この届出の有無をチェックするのが大事です。認定番号をどこにも記載していないような出会い系サイトは、違法出会い系サイトなので注意しましょう。

 

ワクワクメールは信頼をコツコツ稼いできた歴史がある

ワクワクメールは2001年にサービス開始された、老舗の出会い系サイトです。

 

当時はADSLが普及してきた頃で、携帯電話ばi-modeの時代でした。PCの普及率も上がりはじめてはいましたが、まだ一家に一台とまではいかなかったんです。

 

そんな時期からインターネットで異性と出会えるサービスを運営しているのは、凄いことですよね。

 

ワクワクメールが誕生してしばらくは、出会い系サイトが乱立しました。その中には、JメールやPCMAXなど現在も続く優良出会い系サイトがあったんです。

 

一方、悪質な出会い系サイトも乱立していました。いたるところにアダルトなバナー広告を出して客を寄せるも、サクラしかおらず料金もワクワクメールより遥かに高いようなところが多かったんです。

 

児童買春が当たり前のように行われる、裏サイトのような出会い系もたくさんありました。

 

出会い系の運営が悪質なことに手を染めて社会問題となる中、ワクワクメールは真面目に運営を続けていたんです。

 

日本で唯一サクラがおらず安心して出会えると評価され、利用者の信頼を得て「出会い系サイトなんて犯罪の温床でしょ?」というイメージがあった中で会員を増やしていきました。

 

このような歴史からもわかるように、ワクワクメールはずっと安定した運営を続けてきたんです。これだけでも、安全なサイトであることがわかるのではないでしょうか。

 

ワクワクメールは安全なの? サポート体制や個人情報の扱いをチェック

 

ワクワクメール 安全

 

ワクワクメールの運営企業やサービスの歴史から、安全性について語ってきました。ただ、利用者にとってより重要なのはサポート体制や個人情報の取り扱いなどですよね。

 

続いてワクワクメールのサポート体制や個人情報保護の取り組みなどについて紹介していきます。

 

24時間365日のサポート体制

ワクワクメールは、24時間365日体制でメールサポートをしています。電話サポートも、10時から深夜1時まで365日行っているんです。

 

メールサポートが24時間365日というのは優良出会い系では珍しくありませんが、電話サポートの長さは業界随一と言って良いでしょう。

 

ワクワクメールの運営にのみ力を入れている企業だからこそ、これだけ手厚いサポートができるのかもしれません。

 

メールサポートの対応も結構早いです。たとえば課金してポイントが反映されるまでに少しラグがある支払い方法に関して、「反映を早めてほしい」とメールすれば、すぐに対応してくれます。

 

困ったことがあったとしても、すぐ対応してくれるので安心です。何かがあれば、気軽に相談してみましょう。

 

個人情報の取り扱いも第三者機関から認定

企業が個人情報やクレジットカード情報を流出させた、というニュースはよく目にしますよね。

 

Google、Amazon、Facebookなども個人情報を漏洩させてしまった過去があります。大きな企業も、小さな通販サイトも個人情報漏洩が少なくありません。

 

ワクワクメールは大丈夫なのか、と心配になりますよね。

 

事実、出会い系サイトでも詐欺のような悪質サイトは登録しただけでメールアドレスや電話番号が転売されることがありますから。

 

じゃあワクワクメールはというと、サービス開始して以来、一度も個人情報を流出させたことがありません。

 

この個人情報の取扱の良さは第三者機関からも、認定されています。ワクワクコミュニケーションズのホームページには、JAPHICマークとTRUSTeマークが掲載されているんです。

 

JAPHICマークは、一般社団法人JAPHICマーク認証機構という組織が使用を許可するものです。個人情報をしっかりと保護できているのか、その体制は万全かを審査して許可をしています。

 

TRUSTeマークは、一般社団法人日本プライバシー認証機構(JPAC)が使用を許可しているものです。これは、個人情報の取り扱いに関して信頼できるWebサイトを認証するものとなっています。

 

つまり、ワクワクメールは二つの第三者機関に「信頼できる」と認められているということですね。

 

身バレの危険性は自分次第

身バレする危険はないか心配している人もいるかもしれませんが、これに関しても安心して大丈夫です。

 

もちろん、掲載する写真やプロフィールをどうするかなど自分次第の部分もあります。

 

ただ、ワクワクメールにはアリバイログイン機能があるんです。

 

Webブラウザ版にログインして、トップ画面最下部「マイメニュー」を開きましょう。そして、各種設定をタップします。次に、ログイン設定内にある「かんたんログイン」をタップしてください。

 

ワクワクメール 安全

 

検索サイト、着メロサイト、日本代表応援サイトという3種類のフェイクページが用意されています。好きなものを選んでブックマークしたり、ショートカットを作ったりすればそれぞれのフェイクサイトからログイン可能です。

 

たとえば、検索サイトのショートカットを作ってみましょう。

 

ワクワクメール 安全

 

この「lixedoorモバイル」というアイコンをクリックすると、こんな画面になります。

 

ワクワクメール 安全

 

検索窓にログインパスワードを入力し、検索ボタンを押すとワクワクメールにログインできるんです。

 

人にアイコンを見られて、仮にタップされたとしても、ワクワクメールを使っている事がバレません。

 

しかも、このフェイクサイトの各項目をタップすると、本物のlivedoorのニュースサイトに移動するんです。つくりが細かいですよね。

 

ワクワクメールにサクラはいる? 業者やキャッシュバッカーはどうか

 

ワクワクメール 安全

 

サイト自体の安全性、運営の安全性は確保されていることを説明してきました。ただ、それと安全に出会えるかどうかは別ですよね。

 

サクラや業者、キャッシュバッカーが蔓延っていれば安心しにくいでしょう。そこで今度は、ワクワクメールにサクラ・業者・キャッシュバッカーはいるのかについて説明します。

 

ワクワクメールにサクラはいない

ワクワクメールには、サクラはいません。

 

ワクワクメールがサクラを雇うメリットは、ほとんどないんですよ。そもそもワクワクメールは料金が高いとは言えないです。一人あたりの課金額もそれほど多くはないでしょう。女性は無料ですしね。

 

サクラを雇ったところで、経費のほうがかかりすぎて利益はあまり出ません。サクラの時給相場は1500~2000円です。

 

1時間あたり男性に2000円以上使わせなければ利益が出ないのですが、メールは1通50円。単純計算で1時間40通送らせないといけません。現実的ではないですよね。

 

それに、サクラがいるという悪評が広まり、利益が落ちるでしょう。

 

さらに、ワクワクメールは行政機関から一度も処分を受けていません。サクラなどの悪質な商売をしていた場合は、指導や処分を受けたりすることもあります。

 

そして、サクラがいないからこそワクワクメールは悪質出会い系乱立の時代に会員数業界トップになり、現在も大勢の会員がいる大規模なサイトになれたんです。サクラがいて悪評が広まれば、登録者も減るはずですよね。

 

また、ワクワクDBという専門口コミサイトがあります。業者の情報など、アカウント名込みで書き込まれまくっているような掲示板です。

 

自治厨と呼ばれる、サイトの治安を少し過激に維持しようとするような人たちも大勢います。このようなサイトにも、ワクワクメールのサクラ情報はありません。

 

キャッシュバッカーは比較的少ない

多くの出会い系サイトには、マイルと呼ばれる制度があります。これを貯めることで現金や商品などと交換できるんです。

 

女性側は、男性にポイントを使わせることで貯まるようになっています。投稿画像の閲覧、メールの送信などですね。

 

女性に積極的にサイトを利用してもらうための策なんですが、これを利用して小遣い稼ぎをする人もいるんです。

 

そういう人たちのことを、キャッシュバッカーと呼びます。

 

ワクワクメールにはキャッシュバッカーがいるのか?

 

実は、他の出会い系サイトよりも少ないんです。

 

ワクワクメールはモバイラーズポイントと呼ばれるものを、さまざまな商品に交換できます。現金には交換できません。

 

アマゾンギフトカードがありますが、現金の方が使い勝手が良いのでキャッシュバック目当ての人は他のサイトに流れていきます。

 

そのうえ、ワクワクメールのモバイラーズポイントは貯めるのが結構たいへんです。すごく頑張って男性とメールをし続けても、1時間180円にもならないでしょう。

 

しかも、ポイント稼ぎが目的だと男性にバレて通報されてしまえば、強制退会になります。

 

ワクワクメールは通報を受けた際の対処が驚くほどに早いので、リスクが大きいです。

 

そのため、ワクワクメールを使っていてキャッシュバッカーに遭遇するのは、稀ですよ。

 

業者の排除に力を入れている

ワクワクメールにも、業者はいます。残念ながら、全ての優良出会い系サイトにいるんです。特に援助交際を装って客をとる違法デリヘルの援デリ業者は、どこにでもいます。

 

ただ、ワクワクメールは業者の排除にとても力を注いでいるんです。

 

近年、電話番号の登録を任意制にしている出会い系サイトが増えてきています。PCMAX、Jメールなどは任意です。そんな中、ワクワクメールは未だに登録時に電話番号が必須になっています。

 

電話番号を複数持っていないと複数アカウントを作れません。アカウントが強制退会になると、同じ電話番号での再登録は不可能です。

 

さらに、電話番号はただ入力するだけでなく、認証を行う必要があります。適当に引っ張ってきた番号を入れても登録できないので、業者も作れるアカウント数には限りがあるんです。

 

そのうえ、ワクワクメールは年齢確認を目視で行っています。業者はネットで適当に拾った証明書の画像を加工して提出するんですが、半分くらいは審査落ちします。

 

そして、ワクワクメールは通報を受けてから強制退会処分にするまでとにかく早いです。

 

相手が業者ともなると、注意喚起などなしですぐに強制退会にします。業者からメールが来たと思ったら、十分後にはアカウントが消えていたということもあるんですよ。

 

業者も負けじとアカウントを作り直していたちごっこになるものの、ワクワクメール運営のほうが一枚上手なので業者のアカウントは「作られてはすぐに消え」を繰り返します。

 

これにより、業者がいたとしても遭遇する確率は低くなるんです。

 

セルフィー認証で安全性が高まった

2018年8月から、ワクワクメールはセルフィー認証という制度をはじめました。これは、顔写真と顔写真付きの身分証明書で、本人確認を行うシステムです。

 

必須ではありませんが、セルフィー認証をした人には認証済みのマークが付きます。

 

業者は他人の画像を使うので、セルフィー認証はできません。つまり、セルフィー認証済みの人は業者ではない可能性が非常に高く、なおかつ他人の写真を使うような人でもないということになります。

 

一定の信頼を置くことができるでしょう。

 

自分が認証をしていれば、女性からの信頼も上がります。

 

このシステムのおかげで、随分と業者を見分けやすくなり、安全に利用しやすくなりました。

 

業者の見分け方を紹介! より安全にワクワクメールを楽しもう

 

ワクワクメール 安全

 

ワクワクメールには、他の出会い系サイトよりも業者が少なく、運営の対応もしっかりとしているということを説明しました。

 

ただ、利用者の自衛も大事です。そこで、業者の見分け方をいくつか紹介しましょう。

 

美人すぎる写真

プロフィール写真が若くて美人すぎる場合は、その人が業者である可能性を考えたほうが良いです。若くてとても美人な人はリアルでたくさん出会いがありますし、アプリを使うとしても近年主流のマッチングアプリを使うでしょう。

 

業者はネットで適当に拾ってきた美人の写真を加工して使うので、美人は業者の可能性が高いです。

 

写真の背景がスタジオっぽい

たまに、どことなく背景がスタジオっぽい写真を掲載している人がいます。

 

たとえば背景が白一色だったり、周囲からライトを当てられたような陰影が顔や体についていたり…。

 

このような特徴のある写真を載せている人は、業者の可能性があります。素人が出会い系を使うとき、わざわざスタジオで写真を撮ってもらうことは稀です。

 

業者が売れない読モやグラビアアイドルなどの写真を使っていたり、風俗店の写真を流用していたりする可能性があります。

 

エロ写真を掲載している

胸の谷間をドアップにするなど、エロイ写真をプロフィールに掲載している人は十中八九業者です。援助交際をしている女性も、リスクが付きまとうためプロフィールに大胆な写真は載せません。

 

ワクワクメール 安全

 

谷間アップ、谷間を強調したもの、インナーや下着で撮影しているもの、エロコスプレなどの要素のある写真を使う人は避けましょう。

 

エロイ文章を投稿している

ワクワクメールの業者の文章は、とても見分けやすいです。掲示板やプロフィールに、若干ストーリー形式になっているエロイ文章を投稿することが多い傾向があります。

 

たとえば、「夫とは全然してなくて欲求不満」とかですね。他にも、ワクワクメールの業者がよく使う言葉があるので、紹介します。

 

  • 欲求不満
  • 経験の少ない方(を募集する意図のある言葉)
  • 教えます(セックスの手ほどきをする、という意図)
  • 強引に攻められたい
  • 人には言えない性癖があります
  • 条件なしで会える方
  • 家で
  • 友達に勧められて
  • 身体の関係だけでなく…(心の拠り所に、信頼し合える、などが続く)

 

上記のような文言がプロフィールや掲示板に書かれていたら、業者の可能性が非常に高いです。一般女性は仮に心の奥底でアダルトな関係を望んでいたとしても、それを表には出しません。

 

また、プロフィールの最初に「Fカップ」と身体的特徴を書くのも業者の手口です。最初に書いておけば、プロフィール検索画面に表示されます。それで男性を釣っているんですよ。

 

セルフィー認証をしていない

一番安全な見分け方は、セルフィー認証をしているかどうかで判断することです。業者は滅多に本人の写真を使わないので、セルフィー認証できないケースが多いんですよ。

 

そのため、セルフィー認証済みの人で条件指定してプロフィール検索などをすれば、少なくとも業者以外を見つけることができます。

 

そこから、「条件あり」「困ってます」などパパ活女子や援交女子がよく使うワードを書いている人を避けていけば、一般女性を絞り込めるでしょう。

 

ワクワクメールは安全な優良出会い系サイト!

 

ワクワクメール 安全

 

ワクワクメールの安全性について語ってきました。ワクワクメールはとても安全に出会える優良出会い系サイトであることがお分かりいただけたでしょう。

 

実際、口コミなどを見ても、「出会えました」という報告が多いです。

 

出会えない、サクラがいるという口コミもあるものの、サクラに関しては業者やキャッシュバッカーを勘違いしている例がほとんどとなっています。

 

出会えるかどうかは、自分次第のところが大きいです。出会いやすい環境はワクワクメールの運営が用意してくれているので、あとは出会うためのテクニックを磨いて頑張りましょう。

 

\今なら1000円分無料/

ワクワクメール(無料)公式サイトはこちら