ワクワクメール 通報

【ワクワクメールの通報機能まとめ】通報して利用停止になる? 通報されないための対処法

ワクワクメールでは、簡単にユーザーを通報できます。

 

そのため規約違反をしている人がいたらガンガン通報し、ユーザーみんなが居心地の良い環境を作れるんです。

 

ただ、闇雲に通報すると、かえって自分が運営に注意されたり利用停止処分にされたりする危険性があるんですよ。

 

さらに、通報機能を悪用する人もいます。

 

嘘の通報をして男性を困らせたり、何も悪くない男性を利用停止処分に追い込もうとしたり…。

 

通報機能を間違った使い方をしないために、そして通報されないためにすることが大切です。

 

そこで、ワクワクメールの通報機能の使い方や、通報から利用停止処分を受ける原因、通報されないための対処法などを紹介しましょう。

 

\今なら1000円分無料/

ワクワクメール(無料)公式サイトはこちら

ワクワクメールの通報機能の使い方

 

ワクワクメール 通報

 

ワクワクメールでユーザーを通報するまでの流れと、通報するときの選択肢などを詳しく説明します。

 

これを読めば、迷惑ユーザーを通報できますよ。

 

通報するまでの流れ

 

まず、通報したいユーザーのプロフィール、掲示板投稿、メール受信画面のいずれかを開いてください。

 

画面下までスクロールすると、「サポートに通報する」というボタンがあるのでタップしましょう。

 

タップしたら同意事項が表示されます。

 

同意事項の内容は、だいたい次のような感じです。

 

  • 通報に対する返信や対処に関する質問は受け付けていない
  • 同じユーザーに連続して通報したり虚偽の通報をしたりしてはいけない
  • 虚偽の通報をした場合は通報者が利用停止処分になることがある
  • 通報者と通報された人の利用を確認し、通報者に問題がある場合は通報者が処分される

 

問題が無ければ、「上記に同意する」にチェックを入れて通報するボタンをタップします。

 

すると、以下の画像の画面が表示されるので、通報内容を選び詳細情報を入力し、通報ボタンを押せば通報完了です。

 

ワクワクメール 通報

 

通報内容の選択肢一覧

 

通報する際に、通報内容を選ぶことができます。

 

その選択肢は以下の画像の通りです。

 

ワクワクメール 通報

 

ワクワクメールは出会い系の中でも通報内容の選択肢の幅が広く、詳細情報でフォローしなくても通報の内容がわかりやすくなっています。

 

通報する正当な理由はほぼ全て選択肢にあると言えるでしょう。

 

詳細には何を書けばいいのか

 

詳細情報には、通報する理由になった出来事を書きましょう。

 

たとえば個人情報収集業者を通報したいときは、「一通目から連絡先が送られてきた」と書いて通報すればOKです。

 

他サイト誘導業者を通報したいなら「こういうメールが届いた」と、実際に届いたメールをコピー&ペーストすれば良いでしょう。

 

あなたが書いた詳細情報を受けて、運営が事実関係を確認します。

 

詳しく書いておけば運営の手間を省けて、しかも対処される可能性も高くなるんです。

 

なるべく、詳細情報は書くようにしましょう。

 

ワクワクメールで通報して利用停止処分になる原因まとめ

 

ワクワクメール 通報

 

ワクワクメールで通報された相手は、利用停止処分になることがあります。

 

ただ、絶対にそうなるわけではありません。

 

じゃあどういう場合に利用停止処分になるのかということを、それぞれ短く簡潔に説明します。

 

一通目から連絡先を送りつける

 

一通目から連絡先を送りつける人、不特定多数に連絡先を送りつけまくる人は通報すれば利用停止処分になります。

 

これは個人情報収集業者の手口なんですよ。

 

「サイト辞めるから」とか理由をつけて、LINEのIDを送ってくるんです。

 

自分から教えることで個人情報を聞き出しやすくしよう、という魂胆なんですよ。

 

これは使い古された手口なので運営も熟知しています。

 

それでもまだ居なくならないので、運営も手を焼いているのではないでしょうか。

 

通報すればほぼ確実に利用停止処分になるでしょうね。

 

デリヘルなど営利目的の利用

 

ワクワクメールは援デリが多い出会い系サイトです。

 

援デリというのは「出会い系を通じて集客する違法デリヘル業者」のこと。

 

ワクワクメールは営利目的の利用を禁止しているので、援デリを通報すれば利用停止処分になる可能性がとても高いです。

 

宗教やマルチ商法の勧誘

 

ワクワクメールにはあまりいませんが、出会い系には宗教やマルチ商法の勧誘をしている人もいるんですよ。

 

本物の女性が男性を釣り、男性と会い、そこで宗教やマルチ商法に勧誘するという手法です。

 

やり取りをする人も実際に会う人も本物の女性だというところが、たちが悪いんですよね。

 

しかも、会うまでは正体を隠しています。

 

会う前に見抜いて通報するのは難しいんです。

 

会って「これ勧誘だ!」と思ったら、逃げ帰ってから通報しましょう。

 

アダルト画像・動画投稿機能で「無修正」を投稿する

 

ワクワクメールはWEB版にだけ、アダルト画像やアダルト動画を投稿する機能があります。

 

ただ、乳首や陰部などが写り込んでいて、しかも無修正な写真と動画はアウトなんです。

 

写り込んでいてもスタンプなどで隠して修正していれば、利用停止にまではなりません。

 

通報が多ければ「過激すぎる」と注意はされるかもしれませんが。

 

援助交際に関する募集

 

ワクワクメールの規約に「売春」「援助交際」を禁止するという内容の記載は、ありません。

 

児童買春を誘引するような書き込みは禁止されていますけどね。

 

大人同士ならある程度は黙認されているんです。

 

ただ、「わいせつに該当する行為」「公序良俗に違反する行為」「運営側が不適切と判断した行為」などの違反項目に、援助交際が当てはまるという見方もできます。

 

だから援助交際に関する募集を隠語も使わずに行えば、利用停止になる可能性が高いです。

 

18歳未満の利用

 

当たり前ですが、18歳未満がワクワクメールを利用していることがわかれば利用停止になります。

 

そもそもメールを送ったり掲示板投稿をしたりするには、年齢認証が必要です。

 

それは出会い系サイト規制法で決められています。

 

18歳未満が利用できているということは認証で不正をはたらいたことになるんですよね。

 

18歳未満の利用がアウトなのと、年齢認証の不正でダブルアウトということです。

 

女性に対する誹謗中傷

 

女性ユーザーに対する誹謗中傷を行うと、利用停止になることがあります。

 

ただ、これは一発アウトになることはほとんどありません。

 

最初は注意喚起程度です。

 

度が過ぎればアカウントの利用停止になることもあるということを覚えておきましょう。

 

「何が誹謗中傷に当てはまるの?」と疑問に思うかもしれません。

 

これは難しいですが、「相手が傷ついたら誹謗中傷」と考えておくのが良いでしょう。

 

そもそも人を傷つけるようなことを言ってはならない、ということです。

 

掲示板や伝言板などに個人情報を記載する

 

掲示板や伝言板は誰でも見ることができます。

 

そんな場所に個人情報を記載するのは危険ですよね。

 

自分の個人情報はもちろん、他人の個人情報を晒すなんて言語道断です。

 

掲示板や伝言板に個人情報を記載すると伏せ字になりますし、それを通報されれば利用停止になります。

 

画像の不正利用や成りすまし

 

ネットで拾ってきた画像を自分自信であるかのようにプロフ写真に設定したり、他人に成りすましたりすると利用停止になることがあります。

 

誰かの写真を勝手に使うのは肖像権違反になりますしね。

 

明らかに本人じゃない写真を設定している人や、明らかに成りすましている人は通報しましょう。

 

ワクワクメールで通報しても利用停止にならないこと

 

ワクワクメール 通報

 

ワクワクメールで通報しても利用停止にならないことは、よくあります。

 

次のような内容はそもそも「通報しないでください」と運営に言われていることです。

 

こういう内容で通報しても利用停止にならないどころか、かえってあなたが運営に目をつけられかねませんよ。

 

約束を破る

 

約束を破った相手を通報…というのはNGです。

 

それくらいで通報しても、運営は何もしてくれません。

 

約束に関して発生した問題はあくまでも「ユーザー個人間の問題」でしかありませんからね。

 

約束を破った相手に対しては、ブロックが良いでしょう。

 

ワクワクメール以外でのやり取りで発生したトラブル

 

ワクワクメール以外を使ってやり取りをすることがありますよね。

 

LINEだったり他のSNSだったり…。

 

そういうところでやり取りをして誰かとトラブルになっても、問題が起こっても、運営は対処しません。

 

通報しても無駄です。

 

自分たちで解決するしかありませんよ。

 

相手のメールがしつこい場合

 

相手からしつこくメールをされることがあります。

 

連投されたり、返信していないのに新しいメールが着たり、もうメールしないでくれとお願いしたのにしてきたり…。

 

ストーカーみたいで怖いですよね。

 

こういう場合に通報したくなるのは仕方がないかもしれませんが、利用停止にまではしてくれません。

 

あまりに悪質なら注意はしてくれるでしょうが、注意どまりです。

 

ブロックするのが一番良いでしょう。

 

相手とのやり取り内容が気に食わない場合

 

ワクワクメールを使っていると、相手とのやり取りの内容が気に食わないと感じることがあるでしょう。

 

なかなか自分が望んでいる方向に話が進まなかったり、相手が連絡先を交換してくれなかったり約束を取り付けてくれなかったり…。

 

だけどそれだけで通報するのは、やめましょう。

 

やり取りの内容が気に食わないのなら相手に直接それを伝えるか、ブロックするのが筋というものです。

 

 

自分が通報されたらどうなる?

 

ワクワクメール 通報

 

通報したり通報されたりしたらどうなるのか? 利用停止処分はワクワクメール運営が行う対処の一部に過ぎません。

 

通報した際に起こることについて、詳しくまとめてみましたので是非参考にしてみてください。

 

相手からの言いがかりなら何も起きない

 

通報されたとしても、相手からの言いがかりなら何も起きません。

 

腹いせの通報と虚偽の通報はダメだ、ということは通報時の同意事項にも記載されていますからね。

 

何も起きないどころか、通報した人間に注意喚起してくれることすらあります。

 

軽度な迷惑行為・違反なら警告で済む

 

通報されたとしても、軽い迷惑行為程度なら利用停止処分を食らうことはありません。

 

たとえば「女性に対する誹謗中傷」もあまりに悪質でなければ注意くらいで済みますし、他の違反行為に関しても重度でなければ最初は警告だけです。

 

警告を無視して迷惑行為や違反を繰り返せば利用停止・強制退会

 

軽度な迷惑行為や違反行為は運営から警告されるだけで済みますが、ここで反省せずに迷惑行為や違反行為を繰り返してしまうと利用停止・強制退会処分を食らうことがあります。

 

警告された場合、自分のどういうところがダメだったのかを振り返り反省して、改善につとめましょう。

 

自分に非があるのに相手を通報した場合は処分されることがある

 

通報した際、運営は事実関係を確認するためにメールのやり取りや掲示板の投稿などを見ることがあります。

 

つまり、自分に非があるのに相手を通報し、相手には非がないと判断された場合、または相手の行為が利用停止にするには値しないと判断された場合は通報者が利用停止処分を食らうことがあるんです。

 

相手が悪いのに相手から通報されても、あなたには何も起きません。

 

 

通報・ブロック・問い合わせを使い分けることが大事

 

 

ワクワクメールは簡単に通報できますし、通報する際の選択肢も豊富で通報機能がかなり使いやすくなっています。

 

しかも運営は24時間の監視とサポートを行っているため、通報した際の対応も迅速です。

 

ただ、何でもかんでも通報すれば良いというわけではありません。

 

通報した人間が利用停止を食らうこともあるので、慎重に通報しましょう。

 

大切なのは、通報とブロック、問い合わせを使い分けることです。

 

通報するまでもないことはブロックで解決、通報やブロックでは解決できないことは問い合わせをしましょう。

 

\今なら1000円分無料/

ワクワクメール(無料)公式サイトはこちら