ワクワクメール 年齢認証

ワクワクメールは年齢確認が必須!安全性は?確認後に使える機能は?

ワクワクメールに限らず、出会い系サイトの利用には年齢確認が必要となります。

 

多くの人は求められるからと、特に理由や危険性の有無などを考えずに年齢確認を済ませるでしょう。コンビニでお酒やタバコを買うときと同じように、当たり前のものとして受け入れています。

 

ただ、年齢確認が必要な理由や危険性がないかどうかなどが気になるという人もいるでしょう。

 

そこで今回は、ワクワクメールの年齢確認について紹介します!

 

\今なら1000円分無料/

ワクワクメール(無料)公式サイトはこちら

 

ワクワクメールの年齢確認は必須! その理由とは?

 

ワクワクメール 年齢認証

 

ワクワクメールの年齢確認は必須です。特定のサイトだけではなく、違法出会い系サイト以外は全て必須となっているんです。じゃあ、その理由は一体なんなのでしょうか。

 

そもそも法律で義務化されている

出会い系サイトにおける年齢確認は、法律で義務化されています。利用者が身分証明書を提示する義務ではなく、運営側に対して課せられている「利用者に年齢確認を求める義務」です。

 

出会い系サイト規制法という法律があります。出会い系サイトでの詐欺被害や18歳未満の性被害などが相次いでいたため、度々強化されてきた法律です。

 

はじめて施行されたのは2003年9月でした。出会い系サイトを使い、18歳未満を性交相手や援助交際の相手とするような募集や誘いなどを禁じ、違反した人には6か月以下の懲役あるいは100万円以下の罰金を課すという内容だったんです。

 

しかし、18歳未満の被害や詐欺などの犯罪があまり減りませんでした。そのため、2008年12月から、強化された改正出会い系サイト規制法が施行されたんです。これが、今でも使われています。

 

  • 都道府県公安委員会に届け出をすることを義務化
  • 利用者に対して年齢確認を求めることを義務化した
  • 欠格事由・名義貸しの禁止
  • 一部利用者による禁止誘引行為の公衆閲覧防止措置の義務化
  • 事業の停止および廃止の措置

 

まず、出会い系サイトを立ち上げるときには各都道府県の公安委員会に届け出をしなければならなくなりました。届け出をしていないサイトは、違法サイトということですね。

 

年齢確認を求めることを義務化し、18歳未満は利用できない仕組みを作ることになりました。

 

これが、ワクワクメールが年齢確認を行っている理由です。18歳未満の少年少女たちを守るために、年齢確認をしています。

 

ちなみに、禁止誘引行為というのは「18歳未満に対する異性交際の募集など」のことです。

 

年齢確認で無料ポイントが貰える

年齢確認が必須な理由は、法律で決められていることだから、でした。

 

ただ、ワクワクメールでは年齢確認をするとご褒美が用意されています。年齢確認をするだけで、サービスポイント(S)が50も貰えるんです。

 

1Sは1ポイントとして換算されます。1ポイント10円なので、年齢確認だけで実質500円分のポイントが貰えるということです。

 

さらに、ワクワクメールに登録したときにも50S貰えます。メールアドレスを登録すれば、追加で20Sです。合計120S(1200円分)の無料ポイントが貰えるので、年齢確認やメールアドレス登録をしないという手はないでしょう。

 

ワクワクメールは年齢確認なしでどこまで使える? 確認後開放される機能とは

 

ワクワクメール 年齢認証

 

ワクワクメールは年齢確認が必須です。これは法的な根拠に基づいて行われるもので、出会い系サイト規制法の目的は18歳未満の被害を減らすこと。

 

そのため、年齢確認しないと全ての機能が使えないようになっています。それでは、年齢確認なしで何ができて、何ができないのか紹介しましょう。

 

年齢確認なしの状態でもポイントが買える

年齢確認をしなくても、ポイントは買えます。先にポイントを買っても使えないと意味がありませんが、この先に課金できるということを利用して年齢確認の手順を簡略化することが可能です。

 

ワクワクメール 年齢認証

 

クレジットカードや銀行振込などが使えますが、クレジットカード払いを選択すると課金と同時に年齢確認を行ってくれます。カード払いを使う人は、どうせなら課金と年齢確認を同時に行っても良いでしょう。

 

年齢確認なしでも検索はできるけど中身は見れない

年齢確認なしでもプロフィール検索や掲示板検索はできます。

 

ただし、内容までは見れません。写真も年齢確認後はモザイクがかかっていないのですが、年齢確認をするまでは以下のスクショのようなイメージで薄くモザイクがかけられているんです。

 

ワクワクメール 年齢認証

 

掲示板もタイトルまでしか見られません。

 

年齢確認なしでも日記は使える

年齢確認なしで十分に使える機能は、日記だけです。日記機能は全て無料で利用できます。投稿・閲覧・コメント全てに制限が無く、年齢確認も課金もしなくても使えるんです。

 

女性の中には日記を楽しんでいる人も多いですよ。

 

出会いに繋がらないと思う人もいるかもしれませんが、意外とそうでもありません。

 

日記を書いておけば、相手があなたのことを判断する基準が増えます。プロフィールだけでは見えない部分がたくさん見られるんです。そこから興味を持ってくれて、出会いに繋がる可能性があります。

 

さらに、日記のコメントで仲良くしている人とはメッセージを送った後に連絡先を交換するまでのハードルが下がるので、節約にも使えるんです。

 

年齢確認なしだとメッセージの送信ができない

年齢確認をしないままだと、メッセージの開封および送信ができません。受信自体はできるんですが、受信したメッセージの内容までは見られないんです。

 

もどかしいですよね。メッセージ機能が使えないということは、出会えないということ。18歳未満の被害を防ぐため、年齢確認をしないと出会えないような仕様にしているんです。

 

また、気づいた人もいるかもしれませんが、年齢確認なしで使えない機能のほとんどがポイントを消費する機能となっています。

 

掲示板・プロフィールも検索結果画面は無料で表示できますが、内容を見るのには1ポイントかかるんです。

 

メッセージは送信に1通5ポイントかかります。

 

日記は完全無料です。このように、ポイント消費や出会いに直結するかどうかで利用制限の線引をしているのかもしれませんね。

 

ワクワクメールの年齢確認は安全なの? 悪用されない?

 

ワクワクメール 年齢認証

 

ワクワクメールは年齢確認をしないと、出会いに繋がる機能は使えません。

 

日記だけで出会うのは無理なので、どのような使い方をするにも年齢確認する必要があります。ただ、出会い系サイトに個人情報を渡すのは気が引けるという人もいるでしょう。

 

そこで、ワクワクメールの安全性について説明します。

 

個人情報を渡す必要がそもそもない

ワクワクメールは他の出会い系サイトと比べても、年齢確認に利用する情報が限定的です。

 

ワクワクメール 年齢認証

 

上記は運転免許証を例にとったものです。このように生年月日と、身分証明書の種類を示す部分と、右下の「○○公安委員会」の文字と印鑑の部分だけでOKとなっています。

 

他の部分はマスキングテープで隠したり、写真加工で塗りつぶしたりしても年齢確認してくれるんです。

 

他の出会い系サイトの中には、塗りつぶしていると承認されなかったり必要な情報がもう少し多かったりすることもあります。

 

とても安全ですよね。

 

他の書類でも同様です。たとえば健康保険証なら、上部「社会健康保険証」「国民健康保険証」と書いてある部分と、生年月日の部分、そして印鑑の部分が映っていれば問題ありません。

 

JAPHICによる個人情報保護認証がされている

 

ワクワクメール 年齢認証

 

小さくてわかりにくいですが、ワクワクメールのトップページには上記のようなマークがあります。これは、JAPHICという機関の認証を受けたという証です。

 

JAPHICは、簡単に言えば個人情報保護法を企業が守っているかどうか、経産省の定めるガイドラインに沿って審査をしている第三者機関のことです。

 

つまり、このマークがあるワクワクメールの運営企業は個人情報を適切に取り扱っていると第三者によって認められたということになります。

 

これは安全だと言えるのではないでしょうか。

 

実際に問題は報告されていない

ワクワクメールで年齢確認をしたことがきっかけで、何らかの問題が起きたという報告はこれまでありません。個人情報が流出したという情報もなければ、悪用されたという情報も無いんです。

 

もしも、問題が発生しているのならばJAPHICによる認証も取り消されるでしょう。

 

そもそも渡す必要のある情報が生年月日と身分証の種類、発行者名と印鑑部分だけなので悪用しようもありません。

 

もちろん、カード情報が流出したという話もないので安心してください。

 

ワクワクメールの年齢確認方法と必要書類を説明します

 

ワクワクメール 年齢認証

 

ワクワクメールは年齢確認が必須ということでした。安全性もしっかり確保されているので、安心して年齢確認を行いましょう。年齢確認の方法と必要書類の種類は、以下の通りです。

 

公的な証明書類を使って年齢確認できる

公的な身分証明書を使えば、年齢確認できます。使える書類は運転免許証、健康保険証、年金手帳、パスポート、定期券です。

 

とにかく信頼できる書類であり、生年月日がわかる書類であれば良いという感じですね。定期券まで使えるのは、少し珍しいです。

 

これらの書類の写真を撮影し、必要な部分以外を塗りつぶすなどして隠し、メールで送るだけで年齢確認できます。

 

FAXでもOKです。送った書類の画像データやFAXは、年齢確認が終わり次第、速やかに破棄されます。

 

クレジットカードで確認できる

先述した公的身分証明書以外にも、クレジットカードを使った年齢確認ができます。もちろん、クレジットカードの情報を入力するだけでは生年月日はわかりませんよね。

 

それじゃあどのようにして年齢確認をしているのか、気になる人もいるでしょう。

 

答えは、クレジットカードは18歳以上しか作ることができないためです。

 

デビットカードは決済に使えるが年齢確認はできない

銀行口座に入れてあるお金を使って、クレジットカード払いと同様に支払うことができるデビットカードというものがあります。

 

これを使えば、さまざまな事情からクレジットカードを持てない、あるいは持たない人でもカード払いができるんです。後払いや分割はできませんが、便利ですよね。

 

ワクワクメールでも、もちろんデビットカードで決済可能です。

 

ただし、年齢確認には使えません。年齢確認前にデビットカードを使って支払ったとしても、クレジットカードのように同時に年齢確認も済ませられるわけではないので、注意しましょう。

 

理由は、クレジットカードは18歳未満は作れませんが、デビットカードは18歳未満でも作れるためです。

 

ワクワクメールで年齢確認が承認されない理由と対処法

 

ワクワクメール 年齢認証

 

ワクワクメールでは簡単に年齢確認ができますが、中には承認されないケースもあります。

 

どうして承認されないのか、気になりますよね。そこで、ワクワクメールで年齢確認が承認されないよくある理由と対処法を紹介します。

 

写真が不鮮明

最もよくあるケースが、写真が不鮮明であることです。これは、明るさ・画角などを調節して撮りなおすだけで解決します。何度も審査落ちになる場合は、置く場所を変えてみるとうまくいくことがありますよ。

 

必要な情報まで隠してしまっている

間違えて必要な情報まで隠してしまっている場合も、承認されません。もう一度、必要な情報をおさらいしておきましょう。

 

ワクワクメール 年齢認証

 

必要なのは、生年月日と身分証明書の種類、発行者を記している部分の3点です。

 

発行者は印鑑だけじゃなく、文字まで必要になります。これらに関しては少しでも隠れていたり、不鮮明だったりすると審査落ちするので注意しましょう。

 

過去に強制退会させられたことがある

過去に強制退会させられたことがある場合、年齢確認の審査で落ちるケースが多いです。

 

そもそも強制退会になると登録ができないんですが、電話番号が変われば登録しなおすことができます。電話番号が変わったから登録しようと思ったとしても、年齢確認でバレることが多いです。

 

強制退会させられたということは、あなたの使い方が悪かったということ。ワクワクメールを使うのは諦めましょう。

 

利用態度を改めたうえで、違う出会い系サイトを使うことをおすすめします。

 

身分証の偽装がバレた

身分証を偽装して年齢確認をする人がいますが、意外とバレます。

 

たとえば援デリ業者はネット上で見つけた他人の身分証の画像をフォトショップなどで加工して、年齢確認をクリアすることで複数アカウントを所持するケースがほとんどです。

 

ただ、身分証明書による年齢確認は目視で行われています。少しでもおかしいところがあると判断されれば承認されないんです。

 

もちろん、身分証の偽装はNG。身分証を出したくない理由があったとしても、諦めて自分の身分証を使いましょう。18歳未満の人なら、諦めてください。

 

ワクワクメールの年齢確認でよくある質問まとめ

 

ワクワクメール 年齢認証

 

ワクワクメールの年齢確認について説明してきました。最後に、ワクワクメールの年齢確認に関するよくある質問をまとめて紹介します。

 

審査にかかる時間、年齢の変更など気になるところがあれば参考にしていただけると幸いです。

 

審査にはどれくらい時間がかかる?

審査にかかる時間はその時々によって変わりますが、相場は5分から30分です。

 

機械ではなく目視による確認が行われているので、早くても数分はかかります。曜日・時間帯によって審査の混み具合も変わるのですが、長くても30分程度です。

 

業者はどうして複数アカウントの年齢確認をクリアしているの?

業者が複数アカウントの年齢確認をクリアしている理由は、身分証を偽装しているためです。

 

複数の電話番号を使って登録を行い、年齢確認はネットに転がっている画像を加工したもので通しています。

 

半分ほどは通らないようですが、それでも半分はクリアするので業者は複数アカウントを所持しているんです。

 

期限切れの証明書でも使える?

ワクワクメールの年齢確認に必要な情報に有効期限に関するものは無いので、通常隠すことになります。

 

隠して年齢確認を行っても良い以上は、期限切れの証明書でも使えるでしょう。そもそもワクワクメールは18歳以上だという確証さえ得られれば良い、というスタンスですから。

 

ただ、他の出会い系サイトでは使えない場合もあります。気をつけましょう。

 

年齢を偽ることはできる?

ワクワクメールで年齢を偽ることは、できます。年齢確認はあくまでも18歳以上であることの認証のために行われるので、生年月日と年齢とが一致しているかは気にしないんです。生年月日を後から変えることで、年齢を偽ることができます。

 

ワクワクメール 年齢認証

 

ただ、ワクワクメールでは年齢の表示が「20代前半」のような曖昧な形になるんです。

 

年齢を偽るなら2歳程度がバレにくく好ましいのですが、それだと表記が変わらない可能性があります。

 

ワクワクメールにおける年齢詐称は、あまり意味がありません。

 

年齢確認を済ませてワクワクメールでの出会いを楽しもう!

 

ワクワクメール 年齢認証

 

ワクワクメールは年齢確認を済ませることで、メッセージを送ることができるようになります。

 

安全性は第三者機関によって保証されていますし、問題が起きたという事例もありません。安心して年齢確認をしましょう。

 

クレジットカードを使って課金する場合は、課金と同時に年齢確認ができます。

 

年齢確認をサクッと済ませ、ワクワクメールでの出会いを楽しみましょう!

 

\今なら1000円分無料/

ワクワクメール(無料)公式サイトはこちら