ワクワクメールは大学生が使うのに適している! その根拠と利点を徹底解説

ワクワクメールは、昔からある出会い系サイトです。

今では、月額課金制でクリーンなイメージのあるマッチングアプリのほうが、主流になっていますね。

そんな中、大学生がワクワクメールを使う価値はあるのか、また、実際に使っている大学生はいるのか気になる人もいるでしょう。

そこで今回は、ワクワクメールは大学生が使うのに適しているという根拠と、大学生同士出会うための秘訣などについて紹介していきます。

ワクワクメールが大学生に適している根拠を解説

ハッピーメール web アクセス

冒頭でも述べた通り、「大学生がワクワクメールを使う価値はあるか」という問への答えは、「ある」です。じゃあどうしてそう答えることができるのか。その根拠を、紹介します。

20代の利用者が多い

ワクワクメールの女性会員の年齢層は、20代前半が最も多い傾向があります。

大学生2年生から社会人1年目くらいですね。

次に20代半ばが多く、20代後半と18~19歳がだいたい同じくらいの比率になっています。

女性の利用者の年齢層は、比較的若いんです。大学生にとっては、同世代の利用者を見つけやすいということになります。人によって年上好みや年下好みなどはあるでしょうが、同世代のほうが話が合い盛り上がるため、出会いまでのハードルは低いです。

ワクワクメールを使っている女性は、「暇つぶし相手がほしい」「ノリよく遊びたい」くらいの利用目的が多い傾向があります。若い女性は特にそうです。 真面目な恋人作りはリアルだったりマッチングアプリだったりで行って、ワクワクメールでは遊び相手を探すという風に使い分けています。

そのため、恋愛対象かどうかはともかくとして、ノリが合う同世代同士のほうがワクワクメールでは出会いやすいんです。

年下好きな年上女性が多い

ワクワクメールは同年代同士が出会いやすくなっていると説明しました。

ただ、どういうわけか30代の女性の利用者には、年下が好きだという人が多いです。

実際、プロフィール検索や掲示板検索を見てみると、「年下好き」を公言している女性が大勢います。

公言していない人でも、相手に求める年齢層に年下も含めている女性はとても多いです。

大学生にとっては同年代とも出会いやすく、年上とも出会いやすいのがワクワクメールの大きなメリットとなっています。

気軽に遊べて時間を合わせやすい

ワクワクメールは、真剣に恋活したいという女性よりも、暇なときに遊べる相手がほしいという女性のほうが多い傾向があると前述しました。

すると、暇なときに時間を合わせられない人は、相手の候補に入れにくいです。

たとえば社会人だと、休日または平日夜に限定されてしまいます。

ワクワクメールの女性に多いのは、大学生と専業主婦層です。平日昼間に遊びたいと思うことも、あるでしょう。

そういうときに時間を合わせやすいのは、やはり大学生です。

社会人と比べて相手の候補に入りやすいため、ワクワクメールは大学生にとても適していると言えるのではないでしょうか。

マッチングアプリと比べたときの利点を解説

ワクワク メール ログイン 画面

ワクワクメールを使ううえで、マッチングアプリと比べて利点があるのかが気になる人もいるでしょう。 ワクワクメールが大学生に適している根拠として、同年代の男を探す女子大生が多いということを語ってきました。

ただし、それはマッチングアプリも同じです。 今回語った根拠の他に利点が無ければ、「やっぱりマッチングアプリのほうがいい」と思ってしまうでしょう。

そこで今度は、マッチングアプリを比較したときのワクワクメールの利点を、3つ紹介します。

都度課金方式だから試しやすい

ワクワクメールは、マッチングアプリと違って都度課金方式を採用しています。 現金をポイントに交換し、メッセージ送信など各種アクションに消費するという方式です。

この方式を採用しているサイトの場合、試しに挑戦しやすいという利点があります。

たとえばまず少額だけ課金して、使い心地を試すといった感じですね。 このようにすることにより、自分に本当に合うサービスかどうか見極めることができます。合わなければすぐ他のサイトに移れば良いので、とても楽です。

一方、マッチングアプリは月額課金制となっています。月額課金なので、合わないと思ってほかサイトに移ると残りの日数分損した気持ちになるんですよね。

実際、金額も30日間使うことを前提として決められているため、損です。

この点は、ワクワクメールが明確にマッチングアプリより優れている点だと言えるのではないでしょうか。

競争率が低い

マッチングアプリは、同世代の競争相手が多いですよね。男女ともに、年齢層は比較的若いですから。

一方、ワクワクメールは男性の利用者の年齢層の割合は、20代後半から30代が大きい傾向があります。

そのため、大学生が使うと同世代の競争相手が少なくなるんです。

特に同年代の女性を狙うときに、実質的なライバルはかなり少なくなります。

というのも、20代前半あたりの女性は、同年代か2歳程度上が良いと考える傾向があるんです。

男性の主な利用者層は、素人の大学生にあまり需要がありません。

そのため、競合しないんです。

運営の安定性が高い

ワクワクメールは、マッチングアプリに比べて運営の安定性が高いと言えます。

まず、運営歴が長いです。ワクワクメールは2000年代前半からずっと運営を続けており、この間に大きな問題が起きたことはありません。 個人情報が流出したことも無く、とても安定した運営を続けている実績があります。

そのうえ、ノウハウもたくさんあるでしょう。

一方マッチングアプリは、どこも比較的運営歴が浅いです。

この点も、ワクワクメールの利点だと言えるのではないでしょうか。

ワクワクメールで大学生と出会うための攻略法

ワクワクメール 人妻

大学生がワクワクメールを使う価値があるということを、ここまで説明してきました。利用価値にはしっかりとした根拠があるうえ、マッチングアプリを比較してもメリットがあるんです。

ただ、マッチングアプリと同じで、出会うにはコツが要ります。

そこで、ワクワクメールで同年代の大学生と出会うための攻略法について紹介しましょう。

タメ口は使わないこと

世代が近いと、いきなりタメ口を使う人もいます。

ただ、これはNGです。

ネット上では、リアル以上に距離感を慎重にはかる必要があります。リアルでは「初対面」と言えますが、ネットでは「初対面」ですらありません。 ワクワクメールでやり取りしている間は、単なる「ネットで最近話してる人」でしかないということを、念頭に置きましょう。

すると、自然とタメ口は使わなくなります。

「距離を詰めたほうがいいのでは?」と思う人も、いるでしょう。

確かに、一理はあります。

ただし、距離を詰めるのにも慎重にならないといけません。 急にタメ口を使うというのは、距離を詰めているのではなく、距離をはかることができないということです。 人間との距離感というのは、近ければ良いというものでもありません。近すぎず離れすぎずが最も心地よい、と感じる人のほうが多い傾向があります。

それなのに急に距離を詰めるのは、俗に言うアッパー系コミュ障のようなもの。

お互いのことをじっくり知り合って、親密度に合わせて距離を徐々に詰めていくのが賢いやり方です。

若さを笠に着るのはダメ

出会い系サイトでも風俗店でも、たまに若さを笠に着る人がいます。

どちらも、30代前後の男性が多いためです。中年の相手ばかりさせられているから、若い人が来ると嬉しいのではないかと考え、若いというだけで威張ります。

風俗の場合、嬉しい客かどうかを決めるのは年齢ではなく、「きれいに遊ぶ人かどうか」です。 むしろ、若い人は遊び方を知らないから嫌だという女性のほうが多い傾向があります。

ワクワクメールではそういうことはありませんが、同年代を求めている女性にとっては「若い」というのは前提条件でしかありません。

彼女らにとって、若さを笠に着る男というのは、最低条件を満たしているだけで威張っている情けない人でしかないということです。

初メールは相手のプロフィールからネタを得る

女性に初メールを送るとき、ネタに困るという人は多いです。

初メールの内容は、基本的に以下の要素で構成することをおすすめします。以下の要素は、「女性が知りたいこと」です。

 

  • 名前と性別、職業の簡単な自己紹介
  • 自分の趣味や休日の過ごし方
  • 相手に興味を持った理由

後は、最初と最後の挨拶ですね。

相手に興味を持った理由が、難しいかもしれません。このネタを、相手のプロフィールから取ってきましょう。 プロフィールには、趣味・仕事・休日の過ごし方など話のネタになることがたくさんあります。特に、興味を持ったこととして挙げやすいのは趣味と休日の過ごし方でしょう。

「その趣味に興味があって話を聞いてみたい」

「自分と同じ趣味だから話がしてみたい」

どちらも、その人に興味を持った理由、その人にメッセージを送った理由として説得力があります。 そのうえ、プロフィールを見たことがしっかり相手に伝わるんです。ワクワクメールにおいて、プロフィールを読まない男性は嫌われます。 読んでいないと思われるのを防げるという効果も、期待できるでしょう。

相手の発言を否定せず広げてあげる

大学生くらいの女性は特に、自分の意見や価値観・考えなどを否定されるのを嫌がる傾向があるんです。

一方男性は、意見を否定し合ったりぶつけ合ったりすることへの嫌悪感が女性に比べて、弱い傾向があります。 そのため、ついつい相手の発言を否定してしまいがちです。

否定するのではなく、理解できないときは素直に「それどういう感じなの?」と聞くなどして、会話を広げるように努めましょう。 否定すればそこで会話が終わってしまいます。そのうえ相手に不快感を与えたり傷つけてしまったりするので、気をつけましょう。

相手の気持ちに共感を示す

相手の気持に共感を示すことは、とても重要です。 女性は、共感力によるコミュニケーションを重視する傾向があります。

一方男性同士のコミュニケーションは、共感力をあまり重要としません。

これは心理学や脳科学などで裏付けされている男女の違いで、この両者のギャップを埋めることが重要です。 そうしなければ、女性からすると「この人は共感力がない」「自分勝手」と思われて、マイナスイメージが付いてしまいますから。

相手の気持ちに共感を示すのは、案外簡単です。

まず、相手の話をしっかりと聞きます。

聞いたら、句点で終わる相槌を打ちましょう。「はぁ、ほぉ、うん、」ではなく、「そうなんだね」「すごいね」などですね。

そうしたら、相手の感情を読み取って話の内容を要約し、オウム返しをしてあげましょう。

たとえば、相手が「セクハラ上司が仲の良い同僚に狙いを定めてて、すごく気持ちが悪かった」という話をしたとします。ここに表れている感情は、「嫌悪感」「怒り」などです。

これを要約してオウム返しすると、たとえばこんな感じになります。

「そうだね。仲の良い子が狙われると、余計に嫌な感じがするよね。」

こうすると、女性は「自分の話をしっかり聞いてくれている」「共感してくれている」と感じるんです。

間違っても、「俺も俺も!似たようなことがあってさ~」と自分の似た経験を話してはいけません。男性は似た経験を話すのが共感だと思っている人が多いですが、これはただ会話のターンが変わっただけです。女性からすると共感にはならないので、注意しましょう。むしろ、自分の話を流されたと思って、不快感を抱いてしまいます。

ワクワクメールは大学生が使いやすい!出会いやすい!

ワクワクメール 使い方

ワクワクメールは、女子大学生が多いです。一方、男子大学生は少ない傾向があります。

男性は社会人が圧倒的に多いです。そのためパパ活や援交が横行してはいますが、女子大学生の中には遊びたい気分のときに遊ぶ相手がほしいと思っている人が多い傾向があります。

そういう人を狙っていけば、大学生同士で出会いやすいでしょう。 ワクワクメールはむしろ、男子大学生のほうが使いやすいサイトなのかもしれませんね。