ワクワクメールで別アカウントを作る方法は1つだけ! 絶対NGな違反行為とは?

ワクワクメールを使っていて、別アカウントを作りたくなることもあるでしょう。

メールアドレスだけで登録できるサイトなら、フリーアドレスを作るだけで別アカウントが作れます。ただ、ワクワクメールは電話番号認証が必須の今どき若干珍しい出会い系サイトです。

別アカウントが作りたくても作れないのではないか、と思う人もいるでしょう。

そこで今回は、ワクワクメールで別アカウントを作る方法を紹介します。

ただし、合法的に作れる方法は1つだけです。他のサイトでも紹介されているほとんどの方法は、犯罪行為にあたる可能性もあります。そんな絶対NGな別アカウント作成方法も紹介しましょう。

ワクワクメールで合法的に別アカウントを作る唯一の方法

ワクワクメールでは、複数アカウントを作ること自体は禁止されていません。これも少し珍しいです。

たとえば同じく電話番号認証が必須のハッピーメールは、複数アカウントの作成・所持を禁止しています。利用規約を見てみると、ハッキリわかりますよ。

ハッピーメールの利用規約第9条利用制限措置には、真っ先に「複数の携帯電話番号を使用して会員登録した場合」とあります。これが、現在の出会い系サイトのスタンダードです。業者のアカウントを問答無用で強制退会に追い込むために、このような決まりを設けています。

一方ワクワクメールを見てみましょう。

ワクワクメールで会員登録時および登録後にしてはいけないことを定めているのは、第4条会員登録と、第16条禁止行為です。

ワクワクメール利用規約はこちらから。

第4条会員登録を見てみましょう。

 

どこにも、複数のアカウントを作成してはならないという文言がありません。

ただし、同じ端末を使って複数アカウントを作ることはできないとあります。同じ端末を使った場合には、会員登録の申込みを理由の開示をせずに拒否できるという決まりです。

続いて第16条ですが、ここにも、複数アカウントを作ってはならない、所持してはならないという文言はありません。

 

一方で、アカウントの譲渡などは禁止しています。

ここから、ワクワクメールで合法的に別アカウントを作る唯一の方法は、「2つの電話番号を使って会員登録する方法」だということがわかりますよね。

2つの電話番号があれば、電話番号認証をパスできます。

そのうえ、禁止されていません。

ただ、ここで1つ注意点があるんです。

ワクワクメールは、080/090/070のいずれかで始まる電話番号以外では登録できない決まりになっています。

つまり、法人用の050、市外局番で始まる家庭用の電話番号では登録できないということです。

社用携帯を持っていたり複数番号を持っていたりして、なおかつ、080/090/070のいずれかで始まる番号を持っている人でないとワクワクメールで別アカウントを作ることができません。

ワクワクメールで別アカウントを作るメリットとは

ワクワクメールでは電話番号が2つあれば、合法的に別アカウントを作ることができると説明しました。ただ、そもそも別アカウントを作るメリットはあるのでしょうか。考えうる2つのメリットについて、説明します。

万が一の保険として使えなくはない

一応、万が一の保険として使えなくはありません。

たとえばどうしてもワクワクメールにログインできなくなってしまった場合や、アカウント停止になった場合です。

前者はパスワードを忘れた程度であれば、サポートセンターに問い合わせれば再設定してログインさせてくれます。それでもなおログインできなかったりと、そういった極稀なケースで役立つでしょう。

後者は普通に健全に利用していれば、陥ることがない事態です。

ただ、女性にセクハラメールを送っていたり、いきなり性行為を交渉したりしている人はアカウント停止処分を受ける可能性もあります。

アカウント停止になると二度と同じ番号では登録できなくなるので、こういうときに二つ目の番号があればワクワクメールを使うことが可能になるでしょう。

もちろん、利用態度を改めることは前提条件ですよ。

フラれた相手に再アプローチできる

フラれた相手に再アプローチしたい場合も、別アカウントのメリットはあると言えます。

通常、一般女性はフッた相手をブロックしたりすることが多いです。そうでなくとも、メッセージが来て返信することはほとんどありません。

そんな相手と再び繋がれる可能性があるので、別アカウントを作る行為には一応意味があります。

ただし、再び繋がれる可能性があるというだけで、確実に返信が来てもう一度メッセージできるとは限りません。

さらに、写真の雰囲気、プロフィール、文体などからバレる可能性もあります。バレたときには今度こそ完全に拒絶されてしまうでしょう。そのうえ、他の会員に対する嫌がらせだとして、運営から警告を受ける可能性もあります。

絶対的なメリットではない、ということは覚えておきましょう。

複数アカウントのデメリット

ワクワクメールで別アカウントを作るメリットを紹介してきましたが、もちろんデメリットもあります。むしろ、デメリットのほうが多いです。そこで、別アカウントのデメリットを3つ紹介しましょう。

通信量が大きくなる

ワクワクメールの別アカウントを作るには、2つの携帯と2つの携帯番号が必要になります。そして、2つ同時に運用するとなると、通信量はそれだけ多くなってしまうんです。データ通信用SIMではアカウントが作れませんから、必然的にそうなります。

月々の通信量の制限があまり大きくはないプランに入っている場合、通信制限を受ける可能性があるんです。

2つのアカウントを運用するのは手間

2つのアカウントを作ったとしても、結局2つのアカウントを同時に運用できない可能性があります。単純に手間ですし、どちらのアカウントを使っているのか自分でもわからなくなり、アカウントを間違えてしまう可能性もあるんです。やり取り中に他のアカウントで設定しているプロフィール内容を抜粋して話をしたりすると、厄介なことになります。

そうして手間がかかるため、結局はどちらか一方のアカウントしか使わなくなることもあるでしょう。

そうなると、別アカウントを作る意味が無くなってしまうのではないでしょうか。

嘘の内容で登録できない

ワクワクメールは、虚偽の内容で登録することを禁止しています。性別を偽ることはできません。

プロフィールなどで嘘を付くことはできます。

ただし、嘘はすぐバレるんです。ワクワクメールで出会うためには、なるべくばれないように小さな嘘に留める必要があります。一番良いのは、全て真実を書くことです。バレたら出会えなくなりますからね。

結局、出会おうとしたらもうひとりの自分を生み出す行為にしかなりません。

もうひとりの自分の存在に、再アプローチした相手が気づいた場合、業者疑惑をかけられ通報される可能性もあります。

最初から規約違反上等だと考えているような業者以外、別のアカウントを作るメリットはかなり弱いです。

むしろ、このデメリットにより打ち消されてしまいます。

絶対NG! 別アカウントを作るためにやってはいけないこと

これから紹介する別アカウントを作る方法は、ワクワクメールの規約違反です。それだけならまだ良いですが、犯罪になる可能性がある行為も含まれています。これらを勧めてくるサイトもありますが、絶対にやらないように注意してください。

知人のアカウントを譲り受ける行為

ワクワクメールは、アカウントの譲渡を禁止しています。これはワクワクメールの規約違反ですが、違法にはなりません。アカウントの譲渡で違法になるのは、アカウントを取得した本人の許可を得ていない場合です。

つまりは知人が誰かのアカウントを勝手にあなたに譲れば、違法になります。法令は、不正アクセス禁止法です。

ただし、規約違反である限りはやらないことをおすすめします。

第一、知人にワクワクメールのアカウントを作って、それを自分に譲ってくれと言ったところで引き受けてくれることは少ないでしょう。あなたの人間性を疑われて、友人関係に亀裂が入って終わりになる可能性があります。

人間関係の維持という面でも、しないほうが良いです。

他人に電話番号認証をしてもらう行為

自分で登録画面まで進んで、友人等に「この番号に電話をかけてくれ」とお願いして電話認証をしてもらうのはアウトです。これも厳密には友人の番号によるアカウント、つまり友人のアカウントということになります。そのうえ譲渡しているとみなされ、規約違反になります。

なお、相手にワクワクメールの電話番号認証であることや、そうして作ったアカウントを自分が使うことに関して了解を得ていない場合、違法になる可能性も高いです。

不正アクセス禁止法では、許可なく他人のID・パスワード・アカウントを使うことを禁止しています。

これは相手を騙してアカウントを取得したということになり、許可を得ていないということで、仮に訴えられたら負けるでしょう。

解釈次第では詐欺の罪にもできそうです。

アカウントの売買

世の中には、出会い系サイトのアカウントを売っている業者がいます。個人だったり組織だったり実態はさまざまです。自分のアカウントを売っている個人ならまだ規約違反なだけで違法ではありませんが、不正に入手したアカウントを売っている人から買うと違法になります。

買う側は相手がどのようにアカウントを仕入れたのかを知るすべがないので、知らないうちに違法行為をしていたということにもなりかねません。

使えないアカウントを売ったりする詐欺もあります。

また、買った挙げ句にすぐアカウントロックされてしまう例もあるんです。可能性としては違反行為をしていたアカウントを買ってしまったか、運営にバレたかのいずれかでしょう。

いずれにしても、リスクがあまりに高すぎます。リスクと費用に対するリターンがほとんどないので、アカウントの売買はしないようにしましょう。

規約違反の方法で別アカウントを作ったらどうなる?

jメール ログイン 履歴

先程、規約違反になるNGな別アカウントの作り方を紹介しました。絶対ダメというけれど、実際にその方法で別アカウントを作ったらどうなるのかが気になるところですよね。そこで、先程紹介したNGな作り方を実践したらどうなるか、2通りの可能性を紹介します。

アカウント強制退会処分

先程紹介したNGな別アカウントの作り方を実践すると、アカウント強制退会処分になります。ワクワクメールは違反行為に対し、理由を開示せず告知することもなく違反者のアカウントを停止できるんです。これは、規約にもしっかり記載されています。登録した時点で同意したことになるので、文句のつけようはありません。

バレなければ問題ないと思う人もいるでしょう。

ただ、ワクワクメールの監視体制はとても厳しいです。24時間365日サイトパトロールをしていますし、通報の受付けと対応も常時行っています。通報があった場合には調査を行い、問題があれば警告または即アカウント停止になるんです。

どこからか嗅ぎつけてきて、すぐにバレてしまいます。

実際複数アカウントを作っている業者のアカウントが、生まれてはすぐ消されているんです。新人として紹介されて特にアクションを起こしている様子もないのに、アカウント停止になっているのもよく見ます。

バレるので、やめたほうが良いでしょう。

罪に問われる可能性すらある

アカウント強制退会処分だけなら、まだ良い方です。

罪に問われる可能性すらあります。

たとえばアカウントの譲渡や売買は、本人の許可がなかった場合には不正アクセス禁止法違反です。知人を騙して電話番号認証をパスした場合には、詐欺罪になる可能性すらあります。

不正アクセス禁止法に違反すると、不正アクセス罪が成立するんです。これは3年以下の懲役、または100万円以下の罰金というしっかりとした罰則があります。

詐欺罪の場合、10年以下の懲役刑と規定されているんです。罰金刑はないので、起訴された場合は無罪にならない限り、実刑判決または執行猶予付き判決のいずれかになります。

解釈次第では詐欺罪が成立しかねない行為もあるのですが、その場合は不正アクセス罪として起訴されるよりも、詐欺罪で起訴される可能性が高いです。警察は基本的に、より重い罪で起訴したがりますから。

結論:電話番号が2つ無いなら他の出会い系サイトも検討しよう!

ここまでさまざまなことを説明してきました。

結論は、電話番号が2つ無いならワクワクメールで別アカウントを作ろうとするべきではない、ということです。規約違反をするとすぐにバレてアカウント停止になりますし、場合によっては罪に問われることもありますから。

アカウント売買などは特にそうです。売買に関わっている人は、闇業者や半グレなど、とにかくまともな社会の人間とは言えないケースもあります。そういう人との関わりを持つことでもあるので、危険です。

電話番号が2つあってもあまりメリットはありませんが、それは人それぞれでしょう。

電話番号が2つあれば別アカウントを作り、なければ他の出会い系サイトをサブとして使うことをおすすめします。