PCMAXにはキャッシュバッカーがいるのか? 景品交換レートなどを徹底解説!

PCMAXに限らず、出会い系サイトにはキャッシュバッカーという存在がいます。

他にも悪徳業者や援助交際の女性、パパ活女子などなど…。一般女性にまぎれて、さまざまな勢力が文字通りシノギを削りあっているんです。それでも、昔に比べて、随分と一般女性の割合が増えています。

今回は、そんなPCMAXのキャッシュバッカーが存在するかどうか、景品交換レート、特徴などについて紹介しましょう。

サクラとキャッシュバッカーは違う! 比較して説明

PCMAXなどの出会い系にいるキャッシュバッカーは、サクラだと勘違いされがちです。実際は、サクラとキャッシュバッカーは性質が全く異なります。共通点は、どちらも出会えないということです。そんなサクラとキャッシュバッカーの違いについて、まずは説明します。

サクラとは何か?

サクラというのは、出会い系サイトの運営企業が雇っているアルバイトや業務委託の人たちのことを指します。

運営が用意しているということです。

女性ユーザーとして登録させて、男性とのやり取りを行うのが業務内容となっています。会わずに、楽しくメールだけをさせるという存在です。メールレディなどとも呼びます。出会えないことから、出会い系ユーザーには嫌われているんです。

このサクラがPCMAXにいるかどうかは、後ほど詳しく説明します。

キャッシュバッカーとは何か?

キャッシュバッカーは、出会い系サイトに登録している一般人です。

ただし、一般の女性ユーザー全員をそう呼ぶわけではありません。出会いを目的としている一般女性や、日記機能だけを目的としている人たちはキャッシュバッカーではないんです。

出会い系サイトの「マイレージ」という制度を利用し、現金・電子マネーや各種商品と交換することを目的としている人をキャッシュバッカーと呼びます。

ほとんどの老舗出会い系サイトには、女性ユーザー向けにマイレージ制度を用意しているんです。メールの受信や掲示板投稿、アダルト画像の投稿などによって、マイレージが貯まります。そのマイレージをさまざまな商品に交換できるようにしているんです。

これは、男性にはありません。

男性に対しては、ポイント購入時の入金ボーナスを用意していることが多いです。ポイント購入額に応じて、いくらかおまけでポイントを受け取ることができます。

キャッシュバッカーも、サクラと同様に出会えないため、男性ユーザーからは嫌われています。

それどころか、実は出会いを目的とした女性ユーザーからも煙たがられているんです。

出会いを目的としていても、慎重に相手を見極める必要があります。そこで、早い段階で連絡先交換やデートを提案されると、断るんです。そのとき、男性ユーザーに「この人はサクラかキャッシュバッカーだな」と思われてしまうことがあります。

黙って去る人もいますし、中には暴言を吐き捨てて去る人もいるんです。

そのため、男女両方から嫌われています。

PCMAXにはサクラはいる? 口コミの真偽を解説

今回の本筋はキャッシュバッカーですが、サクラについて触れたからには、サクラの有無についても説明しないといけませんね。

アプリの口コミには、たまに「サクラがいる」という投稿が見られます。

しかし、これは間違いです。

投稿者が嘘を書いているのかというと、それも違うでしょう。投稿者は、本当にサクラだと思っているのかもしれません。だけどその正体は、キャッシュバッカーまたは出会い系サイトに潜り込んでいる悪徳業者の可能性が高いです。

じゃあ、なぜPCMAXにサクラはいないと言い切れるのかを説明しましょう。

まず、PCMAXは昔から「サクラゼロ・撲滅宣言」を掲げています。

近年、サクラという行為は一般の男性ユーザーに対して迷惑になるだけの存在ではありません。バレれば、詐欺罪などで逮捕される可能性のある行為です。実際、ここ何年かで、サクラ行為をしていた団体が警察に捕まったというニュースが報道されることが増えています。

昔から消費者センターや警察などへの相談が多かった、という話があるんです。警察も多数相談を受ければ、目を光らせている必要があります。

それだけ警察の目がある中、老舗の大手出会い系サイトであるPCMAXがサクラに手を出すことはまず考えられません。

また、そもそもPCMAXにはサクラを雇う必要性は全く無いんです。

サクラを雇うメリットがあるのは、まだ発展途上にある出会い系サイトのみとなっています。

サクラを雇うことで男性ユーザーが増え、課金が増えて運営が安定するんです。サイトのアクティブ数が増えたり運営が安定したりすると、ユーザー数は増えていきます。

それが、サクラを雇うメリットです。

一方PCMAXは、ユーザー数は毎年安定して増加傾向にあります。そのうえ、日本国内で出会い系サイトが出始めた頃から運営しており、安定しているんです。

サクラを雇うメリットは、ありません。

それどころか、バレて運営が続けられなくなるリスクしかないので、PCMAXにはサクラがいないと断言できるんです。

PCMAXのキャッシュバッカーは絶滅寸前! その理由とは?

PCMAXのキャッシュバッカーは、実は絶滅危惧種なんです。他の出会い系サイトでもじわじわ数が減っていますが、PCMAXは特に減少速度が早いんですよ。じゃあ、どうしてPCMAXのキャッシュバッカーは絶滅寸前になっているのか、その理由を3つ説明します。

PCMAXのマイルのレートが激渋

PCMAXのマイルのレートは、とてつもなく渋いです。

掲示板に投稿して2マイル、メールを受信して3マイル、お気に入り登録で2マイル貯まります。この貯まるマイルの設定自体は、他の出会い系サイトとあまり変わりません。他にも、以下のような行動でマイルが貯まります。

 

  • 出席確認:3~5マイル
  • 初めての人からのメッセージ:5マイル
  • 受信したマジメールに返信する:20マイル
  • 1通目のメール返信:3マイル
  • 掲示板写真を見る:2マイル
  • アルバム写真を見る:2マイル
  • 新人の男性にメール送信:10マイル
  • 裏プロフィール回答1問あたり:1マイル

渋いのは、交換レートです。

900マイル貯めると、たけのこの里と交換できます。300マイル貯めると、フエラムネです。他にも、以下のような交換レートになっています。

 

  • ハウスマジックリン本体400ml:1400マイル
  • ビーフジャーキー15g 3個:1400マイル
  • 2Lの天然水6本:3200マイル
  • チキンラーメン12食:4400マイル
  • 新潟県産コシヒカリ5kg:5250マイル
  • ルンバ:9万5810マイル~12万7000マイル

メールを100回受信してフエラムネ、300回受信してもたけのこの里…。ルンバやブランドバッグなどもありますが、それらは交換させる気が全く無いほどの超高レート商品になっています。普通に貯金して買ったほうが早そうですね。

そして何よりも、交換先に現金や電子マネー・Amazonギフト券がありません。他の出会い系サイトだと、3000マイルから1マイル1円として現金や電子マネーなどに交換できる場合があります。

これだけ商品のレートが厳しくて、なおかつ現金や電子マネーが交換先にないのなら、他の出会い系サイトを使ったほうが良いでしょう。

そのため、PCMAXからキャッシュバッカーがどんどん離れていったんです。

PCMAXのキャッシュバッカーへの対応が厳しい

PCMAXは、キャッシュバッカーへの対応が厳しいです。

正確には、出会い以外の目的で利用している人に対して厳しい対応をしています。日記目的の人や、登録後放置している人など「メッセージすらほとんど使わない人」に対しては優しいです。

ただ、メッセージのやり取りを繰り返すだけで、明らかに出会う気が無いと判断したユーザーに対しては厳しい対処をしています。注意勧告をしたり、強制退会処分にしたり、マイルを取り上げたり…。

こうして毅然とした対応をしているのも、PCMAXにキャッシュバッカーが少ない理由となっています。

小遣い稼ぎができるサイトが増えた

昔は、気軽に隙間時間で小遣い稼ぎができるサイトはそう多くありませんでした。携帯電話が普及してきて、PCの普及率は上がってきているもののまだ一家に一台とまではいかない時代に生まれたのが出会い系サイトです。

当時、PCMAXなどの出会い系サイトは、気軽に小遣い稼ぎができる貴重なサイトでした。そのうえ、当時は女性ユーザーを集めるために今より良い条件でキャッシュバックをしていたサイトも少なくありません。そのため、多くのキャッシュバッカーが生まれたんです。

しかし、現代においては気軽に小遣い稼ぎができるサイトやアプリは、たくさんあります。

サービスに登録したりアンケートに答えたりするだけでポイントが貯まるポイントサイトや、クラウドソーシングサイトでのアンケート案件など、挙げるとキリがありません。ライターとして小遣いを稼ぐ主婦もいます。

クラウドソーシングサイトでの稼ぎは、出会い系サイトのキャッシュバックより圧倒的に効率が良いです。

ポイントサイトも、出会い系サイトより簡単にポイントが貯められます。そのうえ、誰かに嫌われたり暴言を吐かれたりすることもありません。

こういう背景も、PCMAXをはじめとする出会い系サイトのキャッシュバッカーが少なくなっている理由のひとつです。

PCMAXのキャッシュバッカーの特徴

PCMAXのキャッシュバッカーは絶滅危惧種だ、と説明してきました。ただ、全くいないとも言い切れません。遠い商品交換を夢見て、隙間時間にちょこちょことポイントを稼いでいるような動きを見せるユーザーは、わずかながら存在します。そこで、出会い系サイトのキャッシュバッカーの特徴を紹介しましょう。

登録直後にメールを送ってくる

登録直後にメールを送ってくる人は、キャッシュバッカーの可能性が高いです。

先述のように、新人にメールを送るとマイルが貰えます。そのため、とにかく新人にメールを送りまくるキャッシュバッカーがいるんです。

通常、出会い目的の女性から男性にメールを無差別的に送りつけてくるケースは、ほとんど皆無。しかも、登録したてでまだ写真もプロフィールも全然整っていないにもかかわらずメールしてくるのは、明らかに怪しいです。

また、この場合は悪徳業者の可能性もあります。

いずれにせよ、登録してすぐに送られてきたメールはすべて無視するのが得策でしょう。

どうでもいいような短文メールを送ってくる

PCMAXに限った話ではなく、キャッシュバッカーは短文のメールをたくさん送ってくるという特徴があります。ときには短文を連投してきたり、短い質問ばかりしてきたりすることもあるんです。

これは、メールのやり取りの回数を伸ばすため。

「おはよー!今日もお仕事頑張ってね!」と言われれば、普通は「ありがとう!がんばります!」などの返事をしますよね。こういう普通は返すものだという心理を利用して、毎日挨拶メールを送ってきたりするんです。

一般女性は、会うことを前提にしているため、このような無駄なメールはあまりしてきません。LINEを交換した後ならする人は多いですが、男性はお金がかかることは周知の事実です。無駄にお金をかけさせてしまうと、相手の予算を圧迫し、気になっている男性と出会えなくなる可能性があります。

女性にとっても、不利益のある行為なので、普通はしません。

こういう無駄な短文メールをたくさん送ってくるようであれば、キャッシュバックだと判断し、早めに見切りをつけましょう。

プロフィールだけは充実している

キャッシュバッカーは、プロフィールは妙に充実している傾向があります。登録後、プロフィール充実度を100%にするとマイルが貰えるんです。他にも、登録するといくつかミッションが与えられます。これら全て達成すると、300マイル貰えるんです。これだけで、フエラムネなどの駄菓子とは交換できます。

さらに、裏プロフィールに関しては1問答えるごとにマイルが貯まっていくんです。

そのため、キャッシュバッカーはとにかくプロフィールを充実させます。

また、プロフィールが充実している方が、男性も安心してメッセージを送りやすいということも理解しているのでしょう。プロフィールに情報があまり無い相手に、普通メッセージを送ろうとはしません。その人のどこに魅力があるのかわからない状態ですから。

メッセージを送ってもらうには、魅力を伝える必要があります。そして、魅力を伝えるためには、情報量を増やす必要があるんです。

メル友・電話友達が欲しいとアピールしている

キャッシュバッカーは、プロフィールのPR文や掲示板などで「メル友が欲しい」「電話もOK」という文言をよく掲載します。

これは、メッセージだけで出会えないということに対して、説得力を持たせるためです。メッセージだけ続いて出会えないと、男性は訝しみます。ところが、最初からメル友づくりが目的だと言っておけば、あまり怪しまれないんです。

男性はもちろん、会いたがっているでしょう。時間をかけて口説こうとします。そのため、相手がメールを引き延ばそうとしても、なかなか離れないんです。

女性側の罪悪感を緩和させる効果もあるのでしょう。キャッシュバッカーにも人を騙しているという意識は、あるかもしれません。ときには、騙した男性から暴言を吐かれることもありますから。嫌でも意識させられます。

そこで自分を正当化するために、「自分はメール友達づくりを目的としている」と予防線を張っておくんです。

また、メル友が欲しいと言っている割に、ある程度メッセージを重ねてから連絡先交換を提案すると断ってきます。

この時点で、もう離れたほうが良いでしょう。

PCMAXにキャッシュバッカーはほぼいない! ただ油断は大敵

PCMAXのキャッシュバッカーは、もはや絶滅危惧種です。絶滅した方が、運営にとっても出会い目的の一般女性にとっても、男性にとっても喜ばしいことでしょう。PCMAXほどキャッシュバッカーに厳しい出会い系も、なかなかありません。

ただ、わずかに残るマイル稼ぎユーザーにだけは注意しておきましょう。

それも、今回紹介した特徴を把握しておけば、スグに見分けることができます。

キャッシュバッカーや業者に騙されることがなくなれば、健全に出会いを楽しめるのではないでしょうか。