マッチドットコム ウェブ版 アプリ版

マッチドットコムのWeb版とアプリ版の違い徹底検証【どっちを使えばいい?】

 

マッチドットコムには、Web版とアプリ版との両方があります。

 

昔はスマホ自体が無かったのでWeb版しかなかったんですが、スマホが普及してからアプリ版も登場しました。

 

しかも、名前も「match(マッチドットコム)」とリニューアルしたんです。

 

そんなマッチドットコムのWeb版とアプリ版の違いを徹底検証し、どっちを使えばいいのかを考えてみました。

 

マッチドットコムをより有効活用したい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

以前よりWeb版とアプリ版との違いは少なくなった

 

マッチドットコム ウェブ版 アプリ版

 

以前はWeb版とアプリ版との違いが今よりもハッキリしており、アプリ版は若干使いづらかったんです。

 

ただ、現在は以下の部分が改善しています。

 

  • アプリでもマッチ度が表示されるようになった
  • 英語の説明文がなくなった
  • 日本語がわかりやすくなった
  • スマホ/アプリからでも退会できるようになった(退会手続きをするとき、スマホでPC版サイトが表示される)

 

マッチドットコムは運営に紹介された「マッチユーザー」と、どれくらいの割合でマッチしているのかを示す数字が表示されます。

 

マッチという項目を選択すると右上に「86%」のように出るんですが、以前はアプリ版には表示されなかったんです。

 

現在はWeb・アプリ共に表示されています。

 

2つ目の「英語の説明文」に関してですが、現在はWeb版とアプリ版とに違いが見られません。

 

翻訳も以前に比べると自然になっていて、使いやすいです。

 

ただ、Web・アプリ共に退会フォームのパスワード入力ページは英語になっています。

 

また、以前はスマホ/アプリからは退会できませんでした。

 

退会という項目はあるものの、「PC版サイトを開く」という手順を踏んで、もう一度設定から退会フォームを開き直す必要があったんです。

 

現在は退会しようとすると最初からスマホでPC版Webサイトが表示され、二度手間にならない仕組みになっています。

 

Web版とアプリ版の違い:機能と使いやすさ

 

マッチドットコム ウェブ版 アプリ版

 

Web版とアプリ版との違いがあまり無くなったということですが、微妙な違いが未だにあります。

 

そこで、Web版とアプリ版の「機能」「使いやすさ」に関する違いなどについて説明しましょう。

 

 

スマホWeb版とアプリ版は95%同じ

 

マッチドットコムは、スマホWeb版とアプリ版とはほとんど同じです。

 

メニューの表示方法とメニューのタイトル、UIまでもが同じなんですよ。

 

さらに、機能的な違いも全くありません。

 

アプリのほうがすぐに開けるというくらいでしょう。

 

違いが見られるのは、パソコンWeb版です。

 

パソコンWeb版は表示方法もUIも異なりますし、一部機能に違いも見られます。

 

 

パソコンWeb版のほうがアプリより詳細な検索ができる

 

パソコンWeb版のほうが、アプリとスマホWeb版よりも詳細な検索ができるんです。

 

検索ボタンをクリックすると、基本条件と詳細条件を指定できます。

 

アプリでも「結婚歴」「子供の有無」「人種」「学歴」「言語」「喫煙」など、細かく設定できるんです。

 

恋愛や結婚において多くの人が重視する点は、しっかりと絞り込めます。

 

ただ、「興味関心」に関する検索条件がスマホWeb版とアプリ版とには無いんです。

 

パソコンWeb版のみ、「スポーツ」「趣味」という項目があります。

 

これがかなり細かいんですよ。

 

スポーツは「釣り」「スノボ」「ビリヤード」「ボウリング」「サイクリング」「ヨガ」など、多種多様です。

 

中には「モトクロス」などの若干マイナーなスポーツまであります。

 

これだけあれば、自分と同じスポーツ趣味の人を見つけられるでしょう。

 

趣味も「料理」「グルメ巡り」「カラオケ」「旅行」などの一般的な項目もあれば、「ビール醸造所」「ドラマイッキ見」「ワインテイスティング」など、ちょっと変わった項目まであるんです。

 

これだけ詳細に検索できれば、自分が好む人だけを確実に表示させることができるでしょう。

 

また、Web版でのみ「証明書あり」という条件を指定できます。

 

これは本人証明などの各種証明書を提出している人だけ表示できる、という機能です。

 

証明書の有無は業者を見分けるのにも使えるので、この機能があるのとないのとは大きな違いだと言えるでしょう。

 

 

アプリ版はメッセージとマッチの確認が使いやすい

 

メッセージとマッチの確認は、アプリ版のほうが使いやすくなっています。

 

UIがシンプルですし、「さらに表示」を押さなくてもマッチした人の詳細なプロフィールが表示されるんです。

 

パソコンWeb版は「さらに表示」で自己紹介文を表示できますが、プロフィールはマッチしたユーザーの名前をクリックしないと見られません。

 

さらに、スワイプすればサブ画像を見られますし、いいねとスキップも常に下部に表示されるんです。

 

メッセージはUI的にはあまり変わりませんが、アプリ版は通知がありますからね。

 

Web版も登録したメールアドレスに「いいね」「足あと」「メッセージ」の通知が来ますが、メールを見ないと確認できないので若干使いにくいです。

 

 

スマホWeb版とアプリ版は使いにくいと感じることも?

 

アプリ版はUIがシンプルで使いやすいと述べましたが、場合によっては使いにくいと感じることもあるんです。

 

アプリ版とほとんど変わらないスマホWeb版も同様に、使いにくいことがあります。

 

あまりにも画面がシンプルすぎるんです。

 

下部にメニューバーがありますが、ここには「検索」「いいね」「メッセージ」「マイページ」しかありません。

 

それらを押すと、いいね履歴などが表示されるんですが、慣れないとこれに若干戸惑います。

 

各ページごとに情報が少なすぎるんですよ。

 

一番の問題は、検索というメニューのわかりにくさです。

 

検索とだけ書かれたボタンを押すと、マッチが表示されます。

 

検索メニューなのに、検索するにはわざわざ画面上部の虫眼鏡マークを押す必要があるんです。

 

詳細検索の方法もかなりわかりにくいんですよ。

 

検索メニュー内に「詳細検索をする」というボタンがどこにもありません。

 

マイページ内に「探しているのは」というボタンがあり、そこをタップすると詳細検索ができます。

 

地味にストレスがたまるんですよ。

 

Web版とアプリ版の違い:料金プラン

 

マッチドットコム ウェブ版 アプリ版

 

マッチドットコムのWeb版とアプリ版との違いは、少しややこしいですよね。

 

スマホとPCとで異なるというのが、ユーザーを困惑させる点ではないでしょうか。

 

これから紹介する料金プランの違いも、少しややこしいので注意してくださいね。

 

 

iOSアプリ版だけスタンダードプランが無い

 

マッチドットコムには、「スタンダードプラン」と「プレミアムプラン」と大きく分けて2種類のプランがあります。

 

それぞれに「1ヶ月コース」「3ヶ月コース」「6ヶ月コース」「12ヶ月コース」と、4つに分かれているんです。

 

合計8通りのプランがあるわけですが、スタンダードプランが用意されているのはWeb版とAndroid版だけなんですよ。

 

iOSだけ、なぜかスタンダードプランがありません。

 

アプリ版全体にスタンダードプランが無いのなら、「プレミアムプランへの課金を促す」目的だとわかりますよね。

 

だけどiOS版だけというのは謎です。

 

iOSアプリ版で課金するときはプレミアムプランしか選択肢がないので、注意しましょう。

 

 

iOSアプリ版だけプレミアムプランの1ヶ月コースがある

 

iOSアプリ版にはプレミアムプランしかありません。

 

そのためか、iOSアプリ版にだけプレミアムプランの1ヶ月コースがあるんです。

 

WebとAndroid版にはプレミアムプランの1ヶ月コースはなく、最低でも3ヶ月コースに入る必要があります。

 

プレミアムプラン1ヶ月コースは5000円です。

 

Webのプレミアムプラン3ヶ月コースは12720円だということを考えると、1ヶ月5000円は結構割高ですよね。

 

それにプレミアムプランに入るユーザーが、1ヶ月だけで退会するだろうかという疑問も残ります。

 

あまり大きなメリットだとは言えないかもしれません。

 

 

Web版にだけプレミアムプランの12ヶ月コースがある

 

プレミアムプランの12ヶ月コースは、なぜかWeb版にしかありません。

 

アプリ版はAndroidもiOSも6ヶ月が最長です。

 

1ヶ月コースがiOSだけなのもそうですが、これも謎めいていますよね。

 

プレミアムプランの12ヶ月コースに入りたいなら、Webから課金しましょう。

 

Web版とアプリ版の賢い使い分け方

 

マッチドットコム ウェブ版 アプリ版

 

Webバントアプリ版との違いを紹介してきましたが、マッチドットコムは違いが最小限で良いですね。

 

それでも若干の違いはあるので、より使いやすくするにはWebとアプリとを使い分けることをオススメします。

 

そこで、マッチドットコムのWeb版とアプリ版との賢い使い分け方を紹介しましょう。

 

 

いいね・マッチの確認とメッセージはアプリを使う

 

いいねとマッチの確認、メッセージはアプリのほうが使いやすいです。

 

いいねとマッチは、プロフィールをすぐに見られるのが良いところですね。

 

パソコンWeb版だとわざわざユーザーの名前をクリックしないと、プロフィールが見られません。

 

マッチ画面のプロフィールには、「あなたとマッチしている部分」が具体的に表示されます。

 

パソコンWeb版はどこが自分にマッチしているのかがすぐわからないので、結構不便です。

 

ワンクリックで済むものの、相手に興味を持てなければワンクリックすら億劫になることがあります。

 

写真と自己紹介文だけでスルーしてしまうわけです。

 

すると、本当はもっと興味を持ったかもしれない人をスルーしてしまうことに繋がります。

 

アプリ版のほうが、より精査しやすいでしょう。

 

また、メッセージも通知がきてすぐに気付けますし、そのままの流れで返信ができるので便利です。

 

 

検索するときはパソコンWeb版を使う

 

アプリ版最大のデメリットが、検索機能の使いにくさです。

 

詳細検索にたどり着く方法がわかりにくいのも致命的ですが、詳細検索の条件がパソコンWeb版に比べて少ないのも致命的ですよね。

 

どんな関係を目指しているとしても、趣味趣向が一致するかどうかは重視したいところです。

 

趣味趣向が一致するほうがメールが盛り上がりやすく、信頼も得やすく、関係も続きやすいですから。

 

恋愛目的でも結婚目的でも、ヤリモクでも趣味趣向で絞り込み検索をしたほうが良いんですよ。

 

それに、証明書検索がアプリにはないのも微妙なところです。

 

マッチドットコムは業者が少ないとはいえ、全くいないわけではありません。

 

むしろ、こういう業者が少ないサイトこそ業者を見分けるのが難しく、危険なんです。

 

業者が多いサイトは「どうせ業者」という前提がありますし、掲示板投稿などで見抜けますが、マッチドットコムはそれがありませんから。

 

検索するときは、面倒かもしれませんが、パソコンWeb版を使うことをオススメします。

 

 

iOS版を使っているなら課金はWebから行う

 

Web版とAndroid版は料金に違いがありません。

 

ただ、iOS版はプレミアムプランしかないんです。

 

それに、iOS版だと若干料金が高くなるという口コミもあります。

 

マッチドットコムは結構頻繁に料金の改定を行うので2020年4月現在のiOS版の料金は不明ですが…。

 

どちらにせよ、Web版で課金したほうが選択肢が豊富なので、Web版から課金するようにしましょう。

 

マッチドットコムは検索と課金だけWebを使おう!

 

マッチドットコム ウェブ版 アプリ版

 

マッチドットコムはWeb版もアプリ版も、使える機能自体はほとんど同じです。

 

スマホのWeb版とアプリ版だと、細かい違いすらありません。

 

ほとんど同じです。

 

スマホWeb版には利用価値があまりなさそうですよね。

 

ただ、検索と課金だけはパソコンWebのほうがメリットが大きいです。

 

そのため検索と課金だけはパソコンのWeb版を使い、他の機能を使う際はアプリ版を利用するようにすれば、マッチドットコムをより有効活用できるのではないでしょうか。