マッチドットコム メール(メッセージ)

マッチドットコムのメール必勝法! NG例とオススメのメール内容を紹介します

 

マッチドットコムの出会いは、メールから始まります。

 

最初に送るメールが駄文だったら、もうその人とは出会えません。

 

最初はよくてもメールが続かなかったら、やっぱりその人とは出会えないんです。

 

そこで、出会えないNGメールと、出会えるオススメメールを紹介しましょう。

 

【オススメ!】マッチドットコムのメールの送り方

 

マッチドットコム メール(メッセージ)

 

マッチドットコムは月額課金だから、ポイントを気にせずメールをガンガン送れていいですよね。

 

普通にメールアプリのような感覚で使えます。

 

折角ガンガン送れるんだから、以下を参考にして、メールをどんどん活用しましょう。

 

 

マッチングが無いから誰にでもメールを送れる

 

多くのマッチングアプリには、マッチング機能があります。

 

お互いに「いいね」を送りあったらマッチング成立するんですよね。

 

そのときはじめて、メールのやり取りができるようになります。

 

これはこれで「変な人からメールが来ないようにする」良いシステムですが、取れる戦法が限られてくるというデメリットがあるんです。

 

一方マッチドットコムには、マッチング機能がありません。

 

誰にでもメールを送れます。

 

それを前提に、メールの送り方戦略を紹介しましょう。

 

 

「いいね!」と同時にメールを送るほうがいい

 

いいねを送ってから様子をみるという戦法をとる人が、マッチングアプリには多いでしょう。

 

ただ、マッチドットコムでは「いいね」と同時にメールを送るほうが効果的です。

 

マッチドットコムはタップルなどのマッチングアプリと違い、メールを誰にでも送れます。

 

そういうシステムであるためか、女性は多くのメールを受信するんです。

 

彼女らは限られた時間の中、たくさんのメールに対応し、男を見極めています。

 

いいねだけしてメールをしない男には、見向きもしません。

 

もちろんメッセージをあまり貰えていない女性は、いいねだけでも対応してくれますが…。

 

美人を狙いたいなら、いいねと同時にメールを送るのは必須だと考えましょう。

 

 

共通点が多い人にメールを送るほうが返信率が高い

 

メールを誰にでも送りまくれるので数撃てば当たる作戦が使えます。

 

ただ、手間を減らしたいなら返信率を上げる工夫をするほうが良いでしょう。

 

オススメなのは、自分のプロフィールとの共通点が多い人にメールを送ることです。

 

いいねとメールを送ると、女性はあなたのプロフィールを見ます。

 

そこに自分との共通点がたくさん書かれていれば、少なからず気になるものです。

 

「恋愛においては真逆の性質を持つ人のほうに惹かれるのでは?」と思う人もいるかもしれません。

 

確かにそれは、恋愛論としてよく言われていることですし、間違いだとは言えないんです。

 

だけど、マッチドットコムにおいてはこの手の意見はあまり参考にしないほうが良いでしょう。

 

相手の人となりとがわからず、実際に会っていないときに自分とは逆の性質を持つ人からメールが来たら、女性は疑います。

 

「なんでこの人、私にメールを送ったんだろう」

 

不安がって返信をくれない可能性が高いです。

 

その疑問が恋愛につながるのは、リアルで出会った場合に限られます。

 

 

デイリーマッチと両思いマッチからメールを送ろう

 

マッチドットコムには、デイリーマッチと両思いマッチという機能があります。

 

デイリーマッチは名前のとおり、毎日おすすめユーザーを紹介してくれる機能です。

 

たいていは、12人程度紹介してくれます。

 

会員のプロフィールが表示される画面でいいねするかどうかを選べ、その場でメッセージを送ることもできるんです。

 

手間が省けるうえに、あなたに関心を持っている可能性が高い人を選んでくれているので、返信率が高くなります。

 

両思いマッチは、互いに「相手に求める条件」と合っているユーザーを検索してくれる機能です。

 

ここからメールを送信すれば、返信率が上がりますよ。

 

効果的な最初のメールの送り方

 

マッチドットコム メール(メッセージ)

 

マッチドットコムには掲示板や日記がありません。

 

プロフィールとメールで全てが決まってしまいます。

 

最初のメールでしくじってしまえば、出会えません。

 

そこで、マッチドットコムで効果的な「最初のメール」の送り方を紹介しましょう。

 

 

必ず丁寧な口調で、最初に自己紹介を入れる

 

マッチドットコムのメールは、必ず丁寧な口調で書くことを心がけましょう。

 

ただ、ビジネス文のように改まった感じでなくても大丈夫です。

 

「そうですよねー」「そう思いますよねえ」と、丁寧語であればそれで良いですよ。

 

間違ってもタメ口や「〇〇っす」みたいな崩しすぎた敬語にしないでください。

 

軽い男だと思われてしまいます。

 

さらに、最初に必ず簡単な自己紹介を入れましょう。

 

どうせプロフィールを読むでしょうが、その前にあなたがどんな人間なのか、少しでも伝えておく必要があります。

 

だって、興味を持てない人のプロフィールは読まない人もいますから。

 

マッチドットコムは恋活・婚活サイトなので、職業・年収・性格・恋愛観あたりに軽く触れておくと効果的です。

 

長く書く必要はありません。

 

それぞれ短文かつ一文で書くくらいが良いですし、職業と年収は「システムエンジニアで年収は350万円」と、1文中に含められます。

 

自己紹介はコンパクトにおさめましょう。

 

 

相手に興味を持った理由(相手との共通点)を書く

 

相手に興味を持った理由を書かなければ、相手の興味を惹けません。

 

人は、自分に興味がない人より、自分に興味を持ってくれた人のことに関心を抱きます。

 

人から受けた行為や好意を「返さなければ」「返したい」と思ったり、無意識にそれを返そうとしたりする心理作用があるんです。

 

返報性の原理と言います。

 

また、相手に興味を持った理由を簡単に伝えられる方法があるんです。

 

それは相手との共通点を書くこと。

 

同じ趣味を持っているなら、趣味が同じであることに軽く触れてください。

 

それから「趣味が合いそうなのでメールしました」「趣味の話がしたいです」と言えば、相手に興味を持った理由になります。

 

しかも、理由の根拠まで示されているので説得力が増すんです。

 

 

文量は自分のことより相手のことに多く割く

 

最初のメールは、自分のことより相手のことに文量を多く割きましょう。

 

自己紹介は最初だけにしておいて、あとは相手に興味を持った理由を話したり、相手に質問したりすることに割いてください。

 

人にアプローチをかけているのに自分の話ばかりしていては、「この人は言うほど私に興味がないな」という印象を抱かれてしまいます。

 

そもそも、自分の話ばかりする人は自己中心的に思われ、不評です。

 

 

最後に質問を入れる

 

最初のメールの返信率を上げるには、メールの最後に質問をすることが効果的です。

 

質問があると返信内容をイチから考えなくても良くなり、返信ハードルが下がります。

 

それに、自分に興味があるんだと感じてくれ、印象もよくなるんです。

 

質問が無いメールより、質問があるメールのほうが返信率は段違いに高いですよ。

 

ただし、最初から踏み込みすぎた質問はアウトです。

 

基本的には、相手に興味を持った理由に関する質問をするようにしましょう。

 

趣味の共通点が理由なら、「どんなジャンルが好きか」などの質問が良いですね。

 

絶対ダメ! 続きにくいNGなメールの特徴

 

マッチドットコム メール(メッセージ)

 

人間関係には明確な正解がありませんが、明確な不正解はあります。

 

マッチドットコムのメールもそうです。

 

以下に挙げる特徴に当てはまるメールを送ると、出会えなくなるので注意しましょう。

 

 

自分の話ばかりしている

 

自分の話ばかりするのは自己中心的に思われる、と先述しました。

 

これは最初のメールに限った話ではありません。

 

自己中心的に思われるだけではないんです。

 

自分の話ばかり綴られたメールは、返信しにくいんですよ。

 

今日こんなことがあった!

 

今の自分はこんな気持ち

 

マッチドットコムに限らず、そんな感じのメールを送っていませんか? いわゆる「日記メール」という奴ですね。

 

こういうメールは既に恋人同士なら「相手の状況が知れて嬉しい」のかもしれませんが、そうでない関係性の場合は鬱陶しいだけです。

 

だって、「そうなんだー」しか言えないじゃないですか。

 

そして「そうなんだー」と返されたら、「うん」と言うしかなくなりますよね。

 

ここで会話が終わります。日記メール、ダメ、絶対。

 

 

質問しかしない

 

質問をするのはメールを長続きさせ、相手との親密度を上げるのに効果的です。

 

ただ、質問ばかりするのもNGなんですよ。

 

あまりに毎回質問ばかりしてしまうと、相手は引いてしまいます。

 

人によっては怖いとすら感じてしまいますし、そこまででなくても困惑はするんですよ。

 

質問は毎回ではなく、話題があまり無いときにメールを途切れさせないためにするとか、話の最中に掘り下げたいことができたときとかに限定しておくと良いでしょう。

 

それでも、結構たくさんの質問ができますよ。

 

 

仕事や人間関係の愚痴

 

仕事で疲れていると、ついつい愚痴りたくなりますよね。

 

誰かに癒やしてもらいたくなり、仕事や人間関係の愚痴や「疲れた」という弱音をこぼしてしまう…。

 

それもたまになら良いですが、頻度が高いと読んでいる方は嫌気が差してきます。

 

人が誰かの疲れを癒やすとき、その疲れは消滅するわけではありません。

 

その疲れの一部が、癒やしてくれた人間に移るんです。

 

感情は伝播しやすく、特にネガティブな感情は胸に残りやすいんですよ。

 

あなたが愚痴ばかり言っていると、「あなたと話していると疲れる」と女性に思われてしまいます。

 

同様に、ネガティブな内容のメールは全体的にアウトです。

 

 

当たり障りがなさすぎて「この人と話したい」と思わない

 

ここで「あれはダメ」「これもダメ」と語ってきましたが、あまり萎縮するのもよくないんですよ。

 

もちろん、ここで紹介したNG例は本当にNGなのでやらないに越したことはありません。

 

だからと言って当たり障りがないメールになってしまうと、今度は個性が無くなり、「この人と話したい」と思われなくなるんです。

 

あれもダメこれもダメという意識は大事ですが、それに囚われすぎず、同時に「こうすれば良い」という意識も持ち、当たり障りが無さすぎるメールにならないように気を配りましょう。

 

オススメ! メールをしっかりと続けるためのポイント

 

マッチドットコム メール(メッセージ)

 

マッチドットコムのメールには明確な正解はありませんが、比較的好印象を得やすい方法はあります。

 

そこで、メールをしっかり続けるためのポイントをいくつか紹介しましょう。

 

これを参考に、自分なりにメールを送ってみてください。

 

 

相手の話を引き出すために「質問」と「共感」をする

 

マッチドットコムのメールにおいては、相手に話をさせることが大切です。

 

困ったことに、人は「相手の話ばかり聞いていたくはないが、自分の話はたくさんしたい」と考える傾向があるんですよ。

 

だけど、自分から自分の話をたくさんするのは気が引けるんです。

 

相手に気持ちよく話をさせることが、相手を楽しませる秘訣。

 

相手を楽しませるメールであれば長続きしますし、印象もよくなり、出会いやすくなります。

 

相手に気持ちよく話をさせるには、質問と共感が大切です。

 

まず、相手に質問をします。

 

質問をすれば相手は自分の話をするでしょう。

 

その話を聞いて、共感を示します。

 

共感を示すには、「気持ち」に着目して相手の話を要約し、オウム返しをするのが効果的です。

 

たとえば「どうぶつの森で推しの住民が来たの!」という話だった場合…。

 

相手の気持ちは、「推しが来て嬉しい」「推しがかわいい、尊い」という2種類だと考えられます。

 

つまり共感を示す文章は、「推しが来ると嬉しいよね! なかなか来ないし…。

 

そういえば誰推しなの?」になるんです。

 

そして「ハムスケだよ」と返ってきたら、今度は「推しがかわいい」という気持ちに共感を示すと良いでしょう。

 

これを応用すれば、簡単に共感を示す文章が作れます。

 

共感を示すことで相手は「自分の話をちゃんと聞いてくれてる」という安心感を得て、水を得た魚のように生き生きと話し始めますよ。

 

 

相手を癒すつもりでメールを送る

 

NG例で「愚痴などネガティブな内容を伝えると、相手が疲れてしまう」と語りました。

 

マッチドットコムでは、相手を癒すつもりでメールを送りましょう。

 

相手が仕事を終えたら「お疲れ様」と言い、相手が愚痴ってきたら共感を示してください。

 

そのとき、一緒になって沈んだ気持ちになるのではなく、明るい内容にすると効果的です。

 

明るくメールを送ると、相手も自然と明るい気持ちになります。

 

そうして相手は「この人と話してると癒やされる」と、思ってくれるんです。

 

女性は友人関係、恋愛関係、夫婦関係などの人間関係において「癒やし」を重視する傾向があります。

 

癒やされるメールを送れば関係を構築しやすくなりますよ。

 

 

写真付きで共通の趣味の話題を振る

 

写真は、適度に送ればコミュニケーションをより豊かにしてくれます。

 

ただ、写真付きのメールは日記メールになりやすいです。

 

写真を共有したいときって、たいてい「こういうことがあった」ということを共有したいときでしょうから。

 

日記メールにならないために、写真付きで共通の趣味の話題を振りましょう。

 

共通の趣味の話題であれば、相手が食いつきやすいです。

 

相手も楽しくメールができれば、相手はそれを日記メールだとは認識しません。

 

それに、共通の趣味の話題は質問がなくても反応したくなる内容なので、メールを続かせるのに効果的です。

 

お互いの趣味の話で盛り上がりましょう。

 

メールを攻略することが出会いにつながる!

 

マッチドットコム メール(メッセージ)

 

マッチドットコムには、掲示板も日記もありません。

 

コミュニケーションはすべて、メールで行われます。

 

たいていの女性はメールが来てはじめて、あなたのプロフィールを見るんです。

 

つまり、メールが第一印象になるということ。

 

メールを攻略しなければ、マッチドットコムでは出会えません。

 

ここで紹介したメール攻略法をしっかりと意識してメールを長続きさせ、出会いに繋げましょう!