マッチドットコム ブロック

マッチドットコムのブロックと非表示の違い! どうやって活用したらいいの?

 

マッチドットコムには、ブロック機能と非表示機能との2つがあります。

 

どちらも、機能に制限をかけることができる優秀な機能です。

 

ただ、マッチドットコムを使ったことがない人や、マッチドットコム初心者にはどこがどう違うのか、わかりにくいんですよね。

 

それに、どういうときにブロックをするべきか、非表示にするべきかがわからない人もいるでしょう。

 

そういう人のために、マッチドットコムのブロックと非表示の違いと、それぞれの活用方法を紹介します!

 

ブロック機能と非表示機能との根本的な違い

 

マッチドットコム ブロック

 

マッチドットコムにはブロック機能と非表示機能とがあります。

 

これら2つには、決定的な違いがあるんです。

 

まず、機能に違いがあります。

 

ブロックは、「相手からのメッセージを受信しないようにする」機能です。

 

いわゆる「受信拒否」「着信拒否」のような機能ですね。

 

メッセージが来なくなるだけで、プロフィールはお互いに閲覧できます。

 

これまでのやり取りもお互いに見られるんです。

 

一方非表示機能は、相手を検索結果に表示されなくする機能なんですよ。

 

相手の検索結果からも、自分が消えます。

 

検索に表示されないため、通常の方法ではプロフィールの閲覧もできません。

 

そして、使える会員種別に違いがあります。

 

ブロックは無料会員でも使えるんですよ。

 

無料会員は相手がFREEメールを使わない限りメールができませんが、ブロックが使えます。

 

一方非表示機能は、有料会員しか使えません。

 

有料会員であれば、スタンダード・プレミアムは問わず使えます。

 

以上が、ブロックと非表示の違いです。

 

ブロック機能の活用方法

 

マッチドットコム ブロック

 

ブロックは相手からのメッセージを受信できなくする、受信拒否機能です。

 

そんなマッチドットコムのブロック機能の活用方法を紹介しましょう。

 

 

マッチドットコムでブロックする手順

 

アプリ版の場合、相手のプロフィールを開いて右上に表示される「・・・」をタップします。

 

すると受信拒否という項目が表示されるので、それをタップしてください。

 

「彼女からのメッセージを拒否しますか?」と聞かれ、確認ボタンをタップしたらブロック完了です。

 

パソコンWeb版の場合も、プロフィールを開いて「・・・」をクリックし、受信拒否を選択するのは同じ。

 

ただし、アプリ版と違って確認はされません。

 

ツークリックでブロックが完了します。

 

 

メールがしつこい人はブロックしよう

 

マッチドットコムは、有料会員になれば無制限にメッセージが送れます。

 

仲を深めたいからと言って、相手の都合を考えずにガンガンメッセージを送ってくる人もいるんです。

 

男性から女性へのアプローチで多いことだと思うかもしれませんが、女性にも、しつこくメールを送る人が結構います。

 

いわゆるメンヘラ気質の女性や、過去に男性に裏切られた経験のある女性などは、特にしつこいです。

 

少しでも時間が空くと不安になり、しつこくメールしてきます。

 

そういう人を面倒に感じるなら、ブロックしましょう。

 

 

既婚者がいたらブロックしよう

 

あなたが本気で恋活・婚活をしている場合、既婚者に遭遇したらブロックしましょう。

 

マッチドットコムは真面目な恋活・婚活を推奨しているサイトです。

 

そのため運営が、既婚者の登録を禁じています。

 

ただ、実際は既婚者でも簡単に登録できるんですよ。

 

「未婚です」と嘘をついて、未婚証明を提出しなければ運営にバレることはなかなかありませんから。

 

やり取りをしてはじめて既婚だと分かることが多いです。

 

既婚者とやり取りしたくないなら、ブロックしておきましょう。

 

 

不快なメッセージを送ってくる人はブロックしよう

 

男女問わず、不快なメッセージを送る人はいます。

 

不快なことを言う人は相手への気遣いに欠けていたり、思慮にかけていたりするんです。

 

恋愛にも結婚にも向きませんし、ヤリモクだとしても後々面倒なことになる可能性があるので、避けたほうが良いでしょう。

 

不快なメッセージとして挙げられることが多いのは、「最初からタメ口」「職業差別」「年収を馬鹿にされた」などです。

 

そういう人は、問答無用でブロックしましょう。

 

 

業者かな? と思ったらブロックしよう

 

マッチドットコムは、業者が少ないです。

 

男女ともに有料なので、多くの業者は女性無料の出会い系サイトに流れていきます。

 

ただ、中には女性が有料だという安心感を利用する業者もいるんです。

 

男性ユーザーは安心しきっているため、案外騙されやすいんですよね。

 

しかも、掲示板などがある出会い系サイトより、マッチドットコムのほうが業者を見分けにくいです。

 

それでも、メッセージをしていて「業者かもしれない」と思うことがあるでしょう。

 

たとえば、次のようなケースです。

 

  • いきなりLINEのIDを聞かれた
  • すぐに会おうとしてくる
  • エロトークばかりしてくる
  • いきなり長文自己紹介をしてきた

 

こういうケースに当てはまるのなら、業者の可能性が高いので、念の為ブロックしておくことをオススメします。

 

非表示機能の活用方法

 

マッチドットコム ブロック

 

非表示は「検索から削除する」機能です。

 

マッチドットコムをさらに使いやすくするために、非表示機能はかなり役立ちます。

 

そこで、マッチドットコムの非表示機能の活用方法を紹介しましょう。

 

 

マッチドットコムで非表示にする手順

 

基本的に、ブロックと手順は一緒です。

 

相手のプロフィール右上にある「・・・」を押して、「検索から削除」を選びます。

 

アプリの場合は確認画面が表示され、確認ボタンを押すと非表示完了です。

 

Webの場合は確認画面が出ないので、すぐに非表示にできます。

 

それ以降、互いに検索結果に表示されなくなりますよ。

 

 

同じ人が何度も表示されるのが嫌なら非表示にしよう

 

検索をして、同じ人が何度も何度もトップに表示されることがありますよね。

 

運営からオススメされるマッチも、何度も同じ人が表示されることがあります。

 

興味がある人ならそれでも良いかもしれませんが、興味がない人が何度も表示されるのは鬱陶しいですよね。

 

間違えていいねを送りかねませんし、何度も同じ人が表示されるのは効率が悪いです。

 

効率的に出会いを探すために、興味がないのに何度も表示される人は、非表示にしておきましょう。

 

 

価値観が合わない人は非表示にしておこう

 

価値観が合わない人が、結構いますよね。

 

マッチドットコムにはさまざまな人がいるので、当然といえば当然です。

 

ただ、価値観が合わない人がマッチに表示されることがあります。

 

検索にも、これから何度も登場するかもしれません。

 

マッチや検索でプロフィールを見たけど、全く合わない…。

 

そう感じたときは、非表示にしておきましょう。

 

 

知り合いは非表示にしよう

 

マッチドットコムはさまざまな人が使っています。

 

さらに、自分が住んでいる場所から近い範囲で相手を探す人が多いです。

 

結構な田舎でも、同じ市内に住んでいる人がマッチに表示されることがよくあります。

 

そのためか、知り合いを見つけることも結構あるんです。

 

真面目に恋活・婚活をしているなら知り合いにバレても良いと思う人もいるかもしれませんが、それでも嫌がる人もいるでしょう。

 

あなたがヤリモクだとしたら、知り合いにバレるのは絶対に嫌ですよね。

 

お互いに嫌な思いをしないために、知り合いは非表示にしておきましょう。

 

 

プロフィールが不快な人は非表示にしよう

 

マッチドットコムには色々な人がいますから、中にはプロフィールを見ているだけで不快だという人もいるでしょう。

 

たとえば政治色が強すぎるとか、男性を下に見ているのが伝わるとか…。

 

「そんな人いる?」と思うかもしれませんが、マッチドットコムを使っていると、案外そういう人が大勢いることがわかります。

 

プロフィールを見るだけで不快な人を検索に表示させても、メリットはありません。

 

何度も検索に表示されたりすると邪魔になりますし、誤操作でいいねして面倒事を引き起こす可能性もありますしね。

 

それに何より効率が悪いです。非表示にしておきましょう。

 

マッチドットコムのブロック・非表示Q&A集

 

マッチドットコム ブロック

 

マッチドットコムのブロックと非表示機能について、手順や活用方法を紹介してきました。

 

そこで語りきれなかったことを、Q&Aとしてまとめてみましたので、ブロック・非表示機能についてもっと知りたい人は参考にしてみてください。

 

 

ブロック/非表示したら相手にバレる?

 

相手をブロックしても、相手はプロフィールを閲覧できます。

 

メッセージを送るときに「送れません」という表示も出ないんです。

 

相手の画面だと送った扱いになっているけど、実は届いていないという状態になります。

 

相手の画面では何も変わらないので、ブロックをしたことがバレることは考えにくいです。

 

ただ、全く返信が来なくなったことから「ブロックされたかもしれない」と勘づく可能性はあります。

 

相手が既読機能を購入していた場合、既読が一向につかないことから勘づく可能性も否めません。

 

まあ、そもそもバレたとしても相手にはどうすることもできませんけどね。

 

また、非表示機能も基本的にはバレません。

 

非表示は「お互いの検索結果から消す機能」です。

 

これを使うことが想定されているのは、メッセージを交わしていない相手でしょう。

 

関わり合いがないため、検索結果から消えたとしても認識できません。

 

相手にバレることはなく、仮にバレたとしても報復などはされないので、安心してブロックと非表示を使いましょう。

 

 

ブロックと非表示は解除できる?

 

ブロックも非表示も、簡単に解除できます。

 

画面右上に表示されている歯車マークをクリックし、設定画面を開いてください。

 

ブロックを外したいときは、「受信拒否」をクリックします。

 

するとブロックしている相手の一覧が表示されるので、解除したい人のチェックボックスにチェックを入れて、「受信拒否を解除」ボタンを押しましょう。

 

これでブロックが解除されます。

 

非表示を解除するときは設定画面の「削除されたメンバー」をクリックしてください。

 

ブロックと同様に、解除したい人のチェックボックスにチェックを入れて、解除ボタンを押せば解除完了です。

 

非表示にしたけどもう一度プロフィールを見たい、という場合は解除をしましょう。

 

相手には非表示にしたことはバレないので、何度非表示にしても、何度解除しても全く問題ありません。

 

 

相手にブロックを解除してもらうことはできる?

 

自分から相手に「ブロックを解除して」と働きかける機能はありません。

 

そもそも、ブロックされたという通知もありませんからね。

 

他のサイトだとメールを送るときに「このユーザーにアプローチできません」と表示されたり、「最後の一通だけ送れます」と表示されたりすることがあります。

 

マッチドットコムにはそういう機能が一切ありません。

 

ブロックされたかもしれないと感じたときは、諦めて気持ちを切り替えるしかないでしょう。

 

 

自分のプロフィールを非公開にできる?

 

ブロックと非表示とは違いますが、自分のプロフィールの非公開もできます。

 

マッチドットコムをしばらく休止したい場合や、身バレしたくない場合などは非公開設定にしておきましょう。

 

非公開にするには、アプリの場合マイページ右上の歯車マークをタップし、設定画面を開いてください。

 

設定メニューに「プロフィール公開設定」があるので、そこで非公開にすることができます。

 

Webの場合はマイページの右側にある「プロフィールを非公開」にチェックするだけで、非公開にできますよ。

 

ブロックと非表示で快適な環境を築き上げよう!

 

マッチドットコム ブロック

 

ブロックは、相手からのメールの受信を拒否することができます。

 

非表示は、お互いに検索結果に表示されないようにできる機能です。

 

これらを上手に使い分けることによって、マッチドットコムは効率よく出会いを探せる環境になっていきます。

 

使わなくても効率が良く快適なのが一番良いですが、なかなかそうはいかないので、ブロックと非表示を有効活用するのがオススメです。

 

快適な環境を築き上げ、出会いを楽しみましょう。