Jメール プロフィール

【Jメールのプロフィール攻略】設定のポイントと自己PRの書き方を紹介

Jメールでは、なぜかプロフィールを設定しない人もいます。

 

だけど、女性は確実に男性のプロフィールを見るんです。

 

プロフィールの設定がない人が女性にメールを送っても、業者以外は相手にしてくれません。

 

素人女性と出会うには、プロフィールの設定は必要不可欠です。

 

そこで、女性ウケがいいプロフィール設定のポイントなどを紹介しましょう。

 

\今なら1000円分無料/

Jメール(無料)公式サイトはこちら

まずは「ニックネーム」について考えよう

 

Jメール プロフィール

 

Jメールのプロフィールで最初に設定する項目は、ニックネームですよね。

 

登録時点で「ニックネーム書け」と言われますから。

 

そんな最初の関門「ニックネーム」について、少し深く考えてみましょう。

 

 

ニックネームが大事な理由

 

ニックネームは、大事ですよ。

 

出会い系のニックネームなんてただの記号でしょ? と思うかもしれません。

 

確かに、仲良くなれば自然と本名を教えたりして、Jメールのニックネームで呼び合うことは少なくなりますからね。

 

ただ、ニックネームは女性が男性のプロフィールで最初に触れるものです。

 

つまり、あなたの第一印象を左右するものなんですよね。

 

ニックネームがあまりにもひどいと、それだけで避けられてしまいます。

 

だからニックネームが大事なんです。

 

 

NGなニックネームの付け方

 

こういうニックネームは全部NGです。

 

  • まっちゃん(ハートの記号)
  • 熊のぶーさん
  • 全知全能のニート
  • アソコがキョダイマックス
  • ひろくん
  • ちゃたろー(40歳)

 

ニックネームに記号をつけるのはNGです。

 

女性なら可愛いですが、男性がハートマークとかつけても痛いだけですからね。

 

あと、有名人とか有名なキャラクターとかをもじったようなものや、自分の体型を想起させるようなものは好ましくありません。

 

前者は「バカにしてるのか」と思われかねませんし、後者は体型を理由に避けられますしね。

 

あと、自虐感がどことなく痛いです。

 

ニートに関しては男のニート自体が女性ウケが悪いのでアウト。

 

そもそもニックネームに肩書とか職業とかを入れるのは、鼻につきます。

 

アソコが…に関しては、下ネタなのでNGです。

 

下心満載で危険視され、避けられます。

 

「ひろくん」は一見まともそうですが、自分のニックネームに自分で「くん」とかの敬称をつけるのは痛いです。

 

ナルシストだと思われる可能性もあります。

 

それに、相手も「ひろくん」と呼ぶべきか「ひろくんさん」と呼ぶべきか迷いますしね。

 

最後のニックネームは年相応でないためNGです。

 

 

Jメールにおいて女性ウケが良いニックネームとは

 

一番無難なのは、自分の本名(ファーストネーム)を使うことです。

 

漢字そのままで使うと堅苦しいので、ひらがなやカタカナに変換すると良いでしょう。

 

使う文字に関しては、相手にどんなイメージを与えたいのかで決めることをオススメします。

 

ひらがなは優しいイメージで、カタカナは少し男らしいイメージ、漢字は真面目で堅いイメージです。

 

ただ、本名だとありきたりすぎて埋もれてしまうかもしれないと思う人もいるでしょう。

 

それなら、「過去につけられたあだ名で面白いもの」を使ったり、好きな漫画の登場人物の名前を使ったりするのもアリです。

 

ただ、登場人物名は「改変しないこと」と「日本名のように見えること」の二つを意識してください。

 

要は「違和感がなければいい」んです。

 

Jメールのプロフィール設定のポイント

 

Jメール プロフィール

 

ニックネームが決まったら、今度はプロフィールの詳細設定です。

 

Jメールで用意されているそれぞれの項目に関して、どういう回答をするべきかをまとめてみました。

 

よければ、参考にしてみてくださいね。

 

 

地域・年齢

 

地域は、実際に住んでいるエリアまたはよく遊ぶエリアに設定しておきましょう。

 

Jメールの掲示板は、設定したエリア以外のものが見られません。

 

都道府県選びから、住んでいるエリアかよく遊ぶエリアかのどちらがいいか、しっかり考えることが大切です。

 

なお、都道府県も変更可能なので、住んでいる場所と遊ぶ場所とを気分によって変えるのも良いでしょう。

 

年齢は一度偽ると大変です。ずっと偽り続けなければならなくなりますからね。

 

正直に、実年齢を設定しておきましょう。

 

 

職業

 

職業は業界別に細分化されていますが、会社員なら「会社員」に設定しておくのが無難です。

 

業界や職業に関しては自己PRで記載しておくのが良いでしょう。

 

会社員が一番イメージしやすいし、伝わりやすいですからね。

 

文章でカバーできない部分で「○○業」と書いてしまえば、伝わりにくくて効果が薄いです。

 

フリーランスや自営業は正直に「自営業」にしておきましょう。

 

ただし、フリーターや派遣の場合は敢えて業界で設定したほうが良いですよ。

 

その方が印象がよくなります。嘘もついていませんしね。

 

 

ルックス

 

ルックスは「さわやか系」「かっこいい系」「かわいい系」「癒やし系」など、タイプ別で設定できるようになっています。

 

これは未設定が無難です。

 

たとえば自分で「かっこいい系」を選ぶと、「自分で言うなよ」と引かれてしまう可能性がありますからね。

 

未選択にしても、自己PRで「自分ではわかりませんが、人からはよく癒やし系と言われます」と、伝聞の形でアピールすることができます。

 

そのほうが、好印象ですよ。

 

 

身長

 

女性は身長に関して「165cm以上」または「170cm以上」という条件をつけて、検索することが多いです。

 

165cm以上というのは最低ライン。

 

女性にとって「低すぎず高すぎない男性の身長」というイメージがあるんです。

 

高身長を好む人は170cmを最低ラインとします。

 

あなたが163cmとか168cmとかの場合、165cmとか170cmとかに盛ったほうが良いですよ。

 

2~3cmくらい盛ったところでバレにくいですし、バレても多少なら大目に見てくれます。

 

 

スタイル

 

スタイルは次のような選択肢があるんです。

 

Jメール プロフィール

 

これは多少よく見せる程度には盛っても構いません。

 

たとえばそこそこ太ってるなら「ちょいポチャ」で、少し脂肪がある程度だったら「標準」です。

 

ガリガリの場合は「キモチ細心」にしておきましょう。

 

男は太り過ぎも痩せすぎも敬遠されます。

 

近年は痩せ型がトレンドではあるんですが、Jメールは年齢層がやや高めなので近年のトレンドはあまり通用しませんからね。

 

 

マイキャラ

 

「明るい」「面白い」「硬派」「ボケ担当」など、自分のキャラクターを設定できます。

 

これは「明るい」がベストです。

 

明るいに設定している人のほうが女性は気軽にメールを送れますし、砕けた会話もしやすいですからね。

 

硬派なのは一見良さげに見えるかもしれませんが、そもそもアダルト色がかなり強いJメールを使っている時点で硬派ではないでしょう。

 

「面白い」「頼もしい」「ボケ担当」などは、自分の首を絞めることになります。

 

そう設定しているのに面白くなかったり、いまいち頼りなかったりしたら最悪ですよ。

 

悪印象→好印象のギャップは関係を深めますが、好印象→悪印象のギャップは関係を終わらせます。

 

 

血液型

 

血液型なんて偽っても仕方がありません。普通に、あなたの血液型を選んでください。

 

血液型で性格を決めつけてくる人は、今どきはあまりいませんからね。

 

年齢層が高いとは言え、そういう迷信を盲信するほどの年齢層の人は少ないです。

 

何型でも特に影響はありません。

 

 

リッチ度

 

Jメールには年収を設定する項目がありません。代わりに、リッチ度という項目があります。

 

これは星で評価できるようになっているんですが、正直わかりにくいんですよね。

 

それに、「リッチ度」という言葉がいただけません。

 

実際に年収が高いとして、これを高めに設定していると「俺はリッチだぜ」と言っているようで鼻につきます。

 

年収が世間の平均くらいだったとして中間くらいに設定しても、いまいち伝わりません。

 

設定しないのが無難でしょうね。

 

 

 

車が無いよりは、車があるほうがモテます。

 

ただ、車を持っていない人が「持っているよ」と嘘をついても意味がありません。

 

これは正直に自分に当てはまるものを選びましょう。

 

また、「車は持ってないけどカーシェアリングとかはよく使う」という人は、未選択にして自己PRで「最近カーシェアリングにはまってます」みたいに触れておくのが効果的です。

 

 

興味あること

 

これは利用目的ですね。項目がとても多くアダルト系のものも多数あります。

 

他の出会い系だと「アダルト系の利用目的を設定するのは断固NG」なんですが、Jメールは微妙なところです。

 

素人女性もアダルト掲示板に書き込んだり、アダルトな利用目的を設定したりすることがありますからね。

 

あまりに過激すぎるものは選ばないようにすれば、問題ないでしょう。

 

アダルト系の項目で選んでも大丈夫そうなのは、「大人の関係」「セックスフレンド」くらいです。

 

あとは「趣味友」「食べ友、飲み友」「スポーツ」「カラオケ」などの趣味関係と、「なんとなく」がオススメですよ。

 

趣味関係を設定しておけば、あなたの趣味が一目瞭然になりますから。

 

それを見た女性が「私と同じだ!」と思ってくれれば、万々歳です。

 

Jメールの自己PR文の書き方・コツ

 

Jメール プロフィール

 

各種項目を設定し終わったら、次は自己PRです。

 

自己PRは自由に書くことができますが、ただ闇雲に書けば良いというわけではありません。自由の中にも制約が必要です。

 

そこで、女性ウケがいいJメールの自己PRの書き方を紹介しましょう。

 

 

箇条書きのテンプレートは全削除! 自力で書こう

 

自己PRの入力欄には、次の画像のように箇条書きのテンプレートが用意されています。

 

Jメール プロフィール

 

これは全部削除しましょう。

 

テンプレートに沿って書くと、画一的な文章になります。

 

それに一問一答みたいになって、答えも短文になってしまうんですよね。

 

箇条書きの短文では、あなたの性格や顔みたいなものが相手に伝わりません。自力で書きましょう。

 

 

文字数は400文字前後がベスト

 

Jメールの自己PRは最大1000文字まで入力できますが、長すぎても女性は読んでくれません。

 

途中までは読んでくれるのではないか、と思うかもしれませんが、恐らく一文も読んでくれないでしょう。

 

パッと見てあまりに長い文章が書いてあったら、それだけでげんなりしてしまい、ブラウザバックされてしまうんです。

 

ただ、短すぎてもあなたのことが伝わりません。

 

長すぎず短すぎずということを考えたら、400文字前後がベストでしょう。

 

 

まずは挨拶とJメールに登録した理由を簡潔に書く

 

自己PRの一文目は「プロフィールを見ていただきありがとうございます」などの、挨拶にしましょう。

 

ここで「誠実そうな人だ」という印象を与えることができます。

 

次に書くのは住んでいる地域と職業に関してです。

 

項目設定のときは「会社員」とか「業界」とかだけだったので、ここでどんな仕事をしているのかを軽く書いてください。

 

その後は、Jメールに登録した理由を一文で簡単に書きましょう。

 

 

趣味趣向に重点を置いて書く

 

挨拶と職業について、Jメールに登録した理由を書いたら次は「趣味趣向」に重点を置いて書いてください。

 

ここは他より文章量が多くなるようにしましょう。

 

「○○が趣味です」だけでなく、詳しく書いてください。

 

たとえば「お酒が好き」なら、「いつ飲むのか」「何を飲むのか」「どんな店を知っているのか」くらいは書いておきたいものです。

 

特に店を知っているかどうかに関しては、酒好き女性へのアピールポイントにもなりますから。

 

自分と同じ趣味を持つ人に刺さる文章を意識しましょう。

 

 

締めの挨拶を書く

 

最後は締めの挨拶です。趣味の話から自然と繋げましょう。

 

つなぎの言葉として優秀なのは、「仲良くなったら、ぜひご一緒できればと思います」などの誘い文句です。

 

これがあるだけで締めの挨拶に繋げられますし、読んだ相手にあなたとのデートをイメージさせることができます。

 

締めの挨拶は「気軽にメールもらえれば嬉しいです」くらいでOKです。

 

そして、「よろしくおねがいします」で終えましょう。

 

Jメールのプロフィール写真のポイント

 

Jメール プロフィール

 

残るプロフィールの項目は、写真だけです。

 

Jメールのプロフィール写真について、どういうものが良いのか、どういうものがダメなのかを簡単に説明します。

 

 

自分が映っている他撮り写真がベスト

 

Jメールのプロフィール写真は、自分が映っている他撮り写真がベストです。

 

自分の顔が映っていないものはそもそもアウト。

 

複数人が映っていてあなたがどれかわからないのも、ダメです。

 

そもそも複数人が映っている写真を勝手に使うのは、肖像権的に問題があります。

 

自分がひとりで映っている写真が一番良いですね。

 

そして、自撮りじゃなくて他人が撮った(風に見える)写真が良いです。

 

というより、自撮りがNGなんですよ。ナルシスト感がありますから。

 

 

イケメンじゃなくても、ただ清潔感と笑顔があればいい

 

Jメールにおいては、イケメンかどうかは問題ではありません。

 

むしろ、イケメンよりフツメンくらいがいいんです。出会い系において、イケメンは警戒対象なんですよ。

 

「どうしてこのサイトを使っているんだろう」「冷やかしじゃないか」「業者じゃないか」など、色々なことを考えてしまうんです。

 

特にJメールは年齢層が高めで、人妻も多い出会い系サイトなので、若いイケメンから急にメールが来ると警戒心を強めます。

 

だから、イケメンじゃなくても自信を持ってください。

 

Jメールのプロフィール写真で大事なのは、清潔感と笑顔です。それさえあれば、他には何も要りません。

 

清潔感は「髭を剃る」「眉毛を最低限だけ整える」「きれいめのファッションをする」「髪を整える」の四つで、演出できますよ。

 

 

加工は絶対にNG!

 

自撮りはナルシスト感があるからNGだと語りましたが、同じ理由で加工した写真はNGです。

 

身バレを気にして口元を隠すとか、身バレしそうなアイテムを隠すとか、それくらいの加工はOK。

 

ダメなのは「美肌加工」とか「イケメンに見えるような加工」とか、顔に対する加工です。

 

プロフィールにこだわって、Jメールにいる女性を攻略しよう!

 

Jメール プロフィール

 

Jメールはプロフィールの設定項目が少なく、シンプルです。

 

だからひとつひとつ丁寧に設定しても、そんなに時間はかかりません。

 

早くアクションを起こしたいと思うかもしれないけれど、プロフィールにこだわることこそがJメールを攻略する一番の近道です。

 

プロフィールをこだわって、Jメールにいる女性を攻略しましょう。

 

\今なら1000円分無料/

Jメール(無料)公式サイトはこちら