Jメール 料金

【Jメール料金大全】お得な支払い方法とポイント節約術を紹介します!

 

「Jメールを使いたいけど、料金どれくらいかかるの?」

 

「Jメールってコスパいいの?」

 

「どの支払い方法が一番オトクなの?」

 

Jメールの料金に関して、さまざまな疑問が浮かんでいる人もいるでしょう。

 

そんな人のために、Jメールの料金表とお得な支払い方法、ポイント節約術を紹介します!

 

\今なら1000円分無料/

Jメール(無料)公式サイトはこちら

Jメールのポイントを消費する機能・無料の機能まとめ

 

Jメール 料金

 

Jメールは1ポイント10円です。

 

他の老舗出会い系サイトと同じ料金レートですね。

 

ただ、各種機能で消費するポイント額は他と異なっている部分もあります。

 

そこで、Jメールのポイント消費量について説明しましょう。

 

 

ポイントを消費する機能まとめ

 

Jメール 料金

 

0~5ptなど、一部機能に料金の幅があるのが気になりますよね。

 

メッセージの投稿が0~5ptなのは、メッセージ投稿(掲示板投稿)が1日1回は無料になっているためです。

 

2回目以降は1回5ptかかります。

 

掲示板を見るのは「ピュア掲示板の投稿内容を見るのが1pt」で、「アダルト掲示板が3pt」だからです。

 

アダルト掲示板は業者が多いのであまり使わないとして、ピュア掲示板が1ptなのは良いですね。

 

プロフィールの閲覧が0ptになるのは、アプリ版だけです。

 

WEB版は1ptかかるため0~1ptと記載されています。

 

ただ、女性がつけた足跡をたどってプロフィールを見た場合は無料です。

 

また、メールが7ptかかるというところが気になりますね。

 

他の老舗出会い系サイトは、ほとんどが5ptです。

 

画像の添付で料金がかからないのは良いですが、メールに関してはコスパが良いとはあまり言えませんね。

 

 

無料で使える機能まとめ

 

Jメール 料金

 

この画像に表示されている無料機能は「無料で当たり前」のものばかりです。

 

他の出会い系でも、当たり前のように無料になっています。

 

むしろプロフィール写メ登録だけで5ptかかっていたのに驚かされますね。

 

「今だけ無料!」と書いてありますが、常にこう表示されているので今はずっと無料なのでしょう。

 

また、ここに書かれていない機能は全て無料です。

 

たとえば、日記機能ですね。投稿・閲覧・いいね・コメント全て無料で利用できますよ。

 

Jメールの決済方法のメリットデメリットまとめ【お得なのはどれ?】

 

Jメール 料金

 

Jメールにはたくさんの決済方法が用意されています。

 

それぞれの料金表とメリット・デメリットをまとめたうえで、一番お得な決済方法について紹介しましょう。

 

 

銀行振込

 

Jメール 料金

 

銀行振込は「三菱UFJ銀行」「三井住友銀行」「ジャパンネット銀行」「九州の主要銀行」と、複数用意されています。

 

振込手数料をかけたくない人にとっては、ありがたいですよね。

 

画像に赤文字で「ポイントアップ実施中」とありますが、これもプロフィール写真登録無料キャンペーンと同じく、常時実施しています。

 

もはや赤文字のポイント数がデフォルトです。

 

3000円購入して600円分ついてくるのが良いですね。

 

指定の銀行口座を用意していれば手数料が無料または安くなりますし、かなりお得にポイントを購入できます。

 

ただ、反映に1~3時間かかるので急ぎのときには不向きですね。

 

ちなみに、一番早いのはジャパンネット銀行振込です。

 

早くて30分、通常1時間くらいでポイントが反映されます。

 

 

ゆうちょ振込み

 

Jメール 料金

 

銀行振込と違い、2000円の購入ができなくなっています。

 

購入時おまけで付いてくるポイントも銀行振込より少ないですね。

 

3000円購入して100円分、10000円購入して2000円分…十分お得ではありますが、どうしても銀行振込と比べてしまいます。

 

ただ、ゆうちょ振込は送金後にサイトに通知を行えば、30分程度でポイントが追加されるんです。

 

銀行振込に比べてかなり早いですし、ゆうちょダイレクトを使えばわざわざATMにまで行く必要もありません。

 

利便性は高いですね。

 

 

クレジットカード決済

 

Jメール 料金

 

クレジットカード決済も例に漏れず、キャンペーン中がデフォルトです。

 

最低購入金額が3000円と他の決済方法に比べれば高めになっていますね。

 

おまけのポイントもゆうちょ振込に比べれば多く、お得感があります。

 

それでも銀行振込よりは少ないんですよね。

 

銀行振込のお得度が高すぎるだけですが。

 

また、利用可能カードは「VISA」「マスター」「JCB」「ダイナース」「AMEX」と幅広く、どんなカードを使っている人でも決済ができるようになっています。

 

ただ、ドル決済という点には注意しなければなりません。

 

為替相場で多少前後するので、お得なときもあれば、言うほどお得でもないときもあるわけです。

 

誰もが為替相場に敏感なわけではないでしょうから、請求が来たときにイマイチお得じゃなかったなあと落胆することになりそうですね。

 

 

Yahoo!ウォレット

 

Jメール 料金

 

Yahoo!ウォレットはYahooが提供している決済サービスで、JメールではYahoo!ウォレットを通じたクレジットカード決済のみが利用できます。

 

ほとんどクレジットカード決済と変わりませんが、カード情報がJメール運営に送信されることがないのがメリットでしょうか。

 

抵抗がある人もいるでしょうから。

 

 

コンビニダイレクト決済

 

Jメール 料金

 

1000円から購入できるのが良いですね。

 

「待ち合わせ中にポイントが無くなりそう!」というとき、コンビニが近くにあれば1000円だけ購入するというのが主な使いみちでしょう。

 

おまけポイント額はそこまでお得でもありませんし、出先以外はコンビニに行く手間がかかってしまうので便利とは言えませんしね。

 

 

電子マネー決済

 

Jメール 料金

 

画像はBitCash決済の場合ですが、どの電子マネーを使ってもポイント換金率は変わりません。

 

使える電子マネーは「BitCash」「C-CHECK」「セキュリティマネー」「G-MONEY」「Edy」「NetRideCash」の6種類です。

 

どれもコンビニなどで気軽に購入できます。

 

電子マネー決済のメリットは出先では便利で手軽なことです。

 

デメリットは出先じゃなければわざわざ電子マネー決済を選ぶ必要もないことでしょうか。

 

それに、どうせコンビニに行くならコンビニダイレクト決済のほうが楽です。

 

 

プリペイドカード決済

 

Jメール 料金

 

Jメールには、専用のプリペイドカードがあります。

 

その名も「Jメールカード」です。

 

専用カードだから色々お得なんだろうなあと思うかもしれませんが、実際はそうでもありません。

 

画像にあるとおり購入金額は3000円だけで、おまけポイントも200円分とそこまでお得感はないんです。

 

それに、Jメールカードを購入できる場所は限られています。

 

一部のレンタルビデオ店、書店、アダルトショップ、コンビニのみです。

 

取り扱い店舗は順次拡大してはいますが、どこでも手に入るわけではないので面倒なんですよね。

 

メリットがあるとすれば、使いすぎ防止になる点くらいでしょうか。

 

3000円決済しかなく一部店舗でしか買えませんから。

 

 

オススメ! お得な決済方法は?

 

ここまでの内容を総合すると、最もお得なのは銀行振込ということになります。

 

銀行振込だけ、他よりも飛び抜けてお得度が高いんですよね。

 

ポイント反映には時間がかかりますが、ジャパンネット銀行の口座を持っていればそのデメリットも抑えられます。

 

それに、デメリットを補って余りある特典があるので急ぎでなければ銀行振込を利用するべきです。

 

Jメールで無料ポイントを貰う方法

 

Jメール 料金

 

Jメールには、無料ポイントがあります。

 

どうすれば無料ポイントが貰えるのか、その行動例をまとめてみましたので参考にしてみてくださいね。

 

 

登録などの手続きを済ませるだけで最大100P

 

Jメールにアカウント登録をするだけで20pt貰えます。

 

登録後にメールボックスを開こうとすると年齢確認を求められるんですが、これを済ませると60pt貰えるんです。

 

年齢確認をしなければメールの送受信ができないので、これは必ずやらないといけません。

 

必須の行動を済ませるだけで80pt(800円分)貰えるわけです。

 

 

お友達紹介で100P

 

Jメールを友だちに紹介し、紹介を通じて登録したら100P貰えます。

 

ここまでで1800円分のポイントを稼ぐことができるんですが、友達紹介はハードルが高いんですよね。

 

出会い系を使っていることは、なるべく知人友人には知られたくないものでしょう。

 

そのハードルを飛び越えるにしては、100Pは安いです。

 

ワクワクメールは友達紹介で3000円分のサービスポイントが貰えますし、ハッピーメールも3000円分のポイントが貰えます。

 

他の老舗出会い系と比べると、しょっぱいですよね。

 

お得にJメールを使う方法【無料機能を活用しよう】

 

Jメール 料金

 

銀行振込を使えばお得にポイントが購入できて、登録するだけで800円分のポイントが貰える…。

 

それだけでも十分お得感はありますが、まだまだJメールはお得になるんです。

 

そこで、お得にJメールを使う方法を簡単に紹介しましょう。

 

 

1日1回はアプリを開く

 

アプリを1日1回起動することで、ログインボーナスが貰えます。

 

1日1ptですが、1ヶ月間毎日ログインするだけで30pt=300円分浮くのは大きなメリットだと言えるでしょう。

 

メール4回分が無料になると言い聞かせながら、面倒でもログインだけはしておくことをオススメします。

 

 

1日1回無料ガチャを回す

 

WEB版には1日1回だけ回せる無料ガチャがあるんです。

 

無料ガチャを回すには、メインメニューの下部「ポイント」の項目から「ログインガチャ」を選択してください。

 

ログインガチャをタップすると次のような画面が表示されます。

 

Jメール 料金

 

「ガチャる!」をタップすると、ガチャガチャからカプセルが出てくる演出ムービーが流れます。

 

その下に「結果を見る」と表示されるので、それをタップしたら下記のような結果画面になるんです。

 

Jメール 料金

 

この画像では掲示板無料閲覧チケットとなっていますね。

 

他にも「メール送信2通無料チケット」「掲示板を介したメール送信1通無料チケット」が手に入ることがあります。

 

ポイントを節約したいなら、絶対に回すべきです。

 

 

日記機能をガンガン活用する

 

Jメールは日記の利用が全て無料です。

 

日記を投稿すると、プロフィール検索以外でも自分の名前を検索結果に表示させることができるようになります。

 

女性の目にとまりやすくなるんです。

 

しかも、日記の内容にこだわれば「面白そう」と思ってくれた女性があなたのプロフィールを見るようになります。

 

それだけではありません。コメント機能を介して無料でやり取りができるんです。

 

出会いのきっかけを無料で増やせるので、ガンガン活用すべきでしょう。

 

もちろん、自分で投稿するだけじゃなくて女性の日記を読んでアプローチをかけるのも忘れずに…。

 

 

ボトルメール機能を使ってみる

 

ボトルメールというのは、ランダムで選ばれた異性にメールを送信する機能です。

 

これは1日1回だけ利用できます。

 

送信する相手はランダムとはいえ、条件を指定することができるので、全くタイプとは異なる人に届くということはありません。

 

送る文章も自分で作成できるので、文章にこだわれば、ボトルメールを介して好みの女性が返信してくれる可能性がありますよ。

 

※ボトルメール機能は2020年3月末でサービス終了するので、今のうちです!

 

 

今日の彼女機能を使ってみる

 

今日の彼女は、マイページに表示される「おすすめユーザー」のことです。

 

1日1回相手が変わります。

 

この相手はランダムで選出されるんですが、あなたのプロフィール内容などを基準にしっかりマッチングされるんです。

 

全く好みじゃない相手が表示されることは、あまりありません。

 

この機能を介してプロフィールを見るのは無料です。

 

1通目のメール送信も無料になるので、1日1回しっかりチェックして良さそうな人がいたらメールを送りましょう。

 

Jメールの料金まとめ! お得に使うことが攻略の鍵

 

Jメール 料金

 

Jメールの料金体系は他サイトと比べてお得とも、そうでないとも言えません。

 

お得な部分はありますが、メール送信が他より2pt高いのがネックです。

 

写真添付が無料という強みがあるので、写真を用いたコミュニケーションがしやすいのは良いですね。

 

それに、銀行振込で購入することでおまけポイントがたくさん貰えますし、1日1回の無料ガチャはかなりお得です。

 

Jメールは使い方次第でコスパが変幻自在。

 

お得な使い方をすることが、Jメールを通じて女性と出会う鍵になるでしょう。

 

\今なら1000円分無料/

Jメール(無料)公式サイトはこちら