Jメール ママ活

Jメールはママ活向きの出会い系サイト? ママ活をする方法と成功のコツ

出会い系を使ってママ活をしたい、という男性も少なくはないでしょう。

 

パパ活が流行した後になって出てきたのが、ママ活です。男性が女性に援助してもらう、今までありそうでなかった関係性となっています。

 

Jメールは数ある出会い系の中でも、比較的ママ活向きだと言われているんです。

 

今回はそんなJメールがママ活向きだと言われている理由や、ママ活を成功させる方法・コツを紹介しましょう。

 

\今なら1000円分無料/

Jメール(無料)公式サイトはこちら

 

ママ活の基本を紹介! 相場は? 女性はなぜママになるのか

 

Jメール ママ活

 

まずは、ママ活の基本について紹介します。

 

ママ活の相場、ママ活をする女性の心理などなど…。ママ活を成功させるのに必要な前提条件となっています。

 

ママ活をしたいのなら、しっかりと覚えておきましょう。

 

ママ活ではママが求めていることをする

ママ活では具体的に何をするのかというのは、ママによって異なります。基本的には、食事がメインのデートです。

 

食事だけだったり、食事込みで買い物などのデートだったり…。買い物はママがママ活男子にプレゼントを選んだり、個人的な買い物に付き合わせたりすることが多いです。

 

ただ、ママが求める場合はセックスもする傾向があります。

 

ママ活においては、基本的にママの立場の方が上です。パパ活は男性があまり口を出せませんが、ママ活はお金を出すママが徹底的に上になります。そのため、ママが求めない場合はセックスはしません。

 

逆に言えば、求められた場合は断るのが難しいということです。

 

ママ活の相場はパパ活より低い

ママ活の相場ですが、パパ活よりも少し低いです。パパ活の場合、食事だけでも1回あたり5000円が最低ラインとなります。

 

それでも細客だと言われるほどです。一般的には5000~1万5000円、1日デートの場合は1時間5000円程度となっています。

 

月固定の定期であれば10万円以上というケースも少なくありません。

 

一方ママ活は、食事だけの場合は3000円から1万円となっています。1日デートをするとしても、1時間あたり3000円、月固定の場合も5万円からというのが相場です。

 

また、ママ活の場合は現金で手当が貰えないケースも珍しくありません。高めの食事をおごってもらうだけ、買い物に付き合って何か買ってもらうだけという関係も往々にしてあります。

 

もちろん、ママとの関係性がより親密になれば手当がもらえるようになったり、額がアップしたりすることもありますよ。

 

女性がママになるのは満たされない心を埋めるため

ママになる女性の心理は、基本的に心を満たすためです。

 

ママになりたいと思っている女性は、満たされない心を抱えている傾向があります。

 

仕事で忙しくて寂しい、自分が夢を諦めたから誰かの夢を応援したい、男性のサポートで承認欲求を満たしたい…。

 

さまざまな種類の欲求不満を、ママ活にぶつけているんです。

 

また、推しのアイドルに貢ぐ感覚でママ活をする人もいます。たまたま出会った人を応援したくなり、自分なりの応援方法としてご飯をおごったりお小遣いを与えたりするんです。

 

ただ、このタイプのママはリアルで出会った人に対して貢ぐ傾向があるので、出会い系にはあまりいません。

 

先述の心を満たすためという目的と、推しに貢ぐ感覚とが複合した心理を抱えたママが、出会い系には多いです。

 

Jメールはママ活に向いている! その理由とは

 

Jメール ママ活

 

Jメールはママ活に向いているという声があります。その理由が知りたいという人もいるでしょう。

 

Jメールがママ活に向いていると言われているのは、以下の3つの理由があるためです。

 

女性の平均年齢が高い

Jメールは、他の出会い系サイトと比べると女性の平均年齢が高いです。実際に掲示板を見てみると、よくわかります。

 

Jメール ママ活

 

20代もいるものの、10代はほとんどいませんね。30代以上の募集が目立ちます。プロフィール検索をしてみても、このようになるんです。

 

Jメール ママ活

 

やはり、30代以上が多いということがわかります。

 

ママ活に応じるのは、基本的に30代以上の女性です。30代でもまだ若い方で、実際は40代からがボリュームゾーンとなっています。

 

女性の平均年齢が高いJメールは、ママになる可能性のある女性が多いということですね。

 

競争相手が比較的少ない

Jメールの平均年齢が高いのは、女性だけではありません。女性が特に顕著なだけで、男性の平均年齢も若干高めです。

 

18歳から24歳までの男性は、他の出会い系と比べると少ない傾向があります。

 

ママ活で求められているのは、18歳から20代後半までの若い男性です。

 

応援する、サポートすることで心を満たすというのがママの心理ですから。応援してあげたいと思うような、夢を持った若者が対象となります。

 

つまり、ママ活の競争相手が比較的少ないということです。

 

誘い飯掲示板がある

Jメールには、誘い飯掲示板という機能があります。

 

Jメール パパ活

 

ピュア掲示板、アダルト掲示板と並んでメニューに表示されていますね。誘い飯掲示板は、一緒に食事に行く相手を募集するための掲示板です。男女ともに閲覧・投稿を行うことができます。

 

Jメール ママ活

 

このように、男女が入り乱れて投稿していますね。もちろん、女性の投稿のみ表示することもできます。

 

一緒に食事をしたい、ご飯に連れて行ってくれる人を募集という言葉が並んでいますが、中には「奢るので飲みに行きましょう」と募集する女性もいるんです。

 

このような投稿をチェックして吟味し、メールを送ることでママを見つけやすくなります。

 

奢り奢られることを前提としてご飯に誘う専門の掲示板があるというのも、Jメールがママ活向きだと言われている理由です。

 

Jメールでママ活する方法とコツを紹介します!

 

Jメール ママ活

 

Jメールは出会い系サイトの中ではママ活向きということでしたが、実際にJメールでママ活を成功させるにはコツが必要です。

 

そこで、Jメールでママ活する方法とコツを紹介しましょう。

 

誘い飯掲示板で検索をする

ママ活をするのであれば、使うべき掲示板は誘い飯掲示板一択です。

 

誘い飯掲示板の方が、ピュア掲示板よりも業者が少ない傾向がありますし、よりママ活に近い募集内容が多くなりますから。

 

誘い飯掲示板の検索機能は、いたってシンプルです。

 

Jメール ママ活

 

ジャンルでは、ご飯の系統を指定できます。肉、鍋、麺、和食、洋食、カフェ、バー、居酒屋などジャンルはさまざまです。

 

指定しても良いですが、ここは指定しないほうがママ活に近い募集が見つかりやすいでしょう。

 

あとは都道府県と年齢を設定するだけです。

 

年齢は、ママ活をする人が多い35歳以上に指定しましょう。これで、20代のパパ活募集は省けます。指定した年代にもパパ活募集はいるものの、探せば「おごります」などの募集も見つかるでしょう。

 

誘い飯掲示板で募集をする

自分で募集をするときも、使うのは誘い飯掲示板です。Jメールはピュア掲示板よりも誘い飯掲示板の方が、業者からのメール率が下がります。

 

業者は基本的にアダルト関係で男性を釣ってくるので、ご飯しか想定していない掲示板はあまりチェックしない傾向があるんです。

 

Jメールは1日1回、掲示板投稿が無料になります。その権利を使って、投稿しましょう。

 

ただし、毎日投稿していると鬱陶しいと思われてしまうため、ある程度時間を空けて募集することをおすすめします。

 

タイトルは「ご飯行きましょう」よりも、「ご飯に連れて行ってくれる方いませんか?」などの方が有効です。

 

このような書き方をしていると、パパを探している女性からの連絡が来なくなります。

 

応援してあげたいと思わせるプロフィールを作る

ママ活をするのに最も大切なのは、プロフィールなどのあなたのことがわかるコンテンツをしっかりと充実させているかどうかです。ママ候補の女性にとって、相手は誰でも良いわけではありません。

 

女性は「この人を応援したい」という気持ちがあってはじめて、ママになります。応援することで心の穴を埋めるわけです。

 

そのためには、応援したいと思わせられるプロフィールを作る必要があります。

 

自己紹介文には、日頃何をしているのかを書きましょう。学生なら何を学んでいて、将来は何がしたいのか。将来のために何をしているのかを書くと、効果的です。

 

社会人なら「仕事で疲れて癒やしを求めてはじめました」と、利用目的を書くと良いでしょう。そのうえで、この先どのような仕事がしたいのかを書き、そのために何をしているのかを書くと良いです。

 

清潔感がありエネルギッシュな写真を載せる

顔写真がなければ、絶対にママ活はできません。顔がわからない人を応援したいとは、なかなか思えないものです。

 

近年はVtuberなど素顔ではない人を応援するという文化もありますが、あれはキャラクターをその人の顔として認識して応援しているため別となります。

 

顔写真ですが、これは何でも良いというわけではありません。プロフィール同様、応援したいと思わせる必要があります。

 

ポイントとなるのは、清潔感と活力です。

 

清潔感は髪とヒゲを整え、シンプルな服装に身を包み、笑顔で写真に写っていれば出すことができます。

 

問題は活力ですが、これは趣味を楽しんでいる様子などを写すことで表現可能です。

 

女性は暗い男性よりも、楽しく活動的な男性の方を応援したくなります。暗い過去を持っていたり悩みがあったりするのも応援したくなるポイントではあるものの、それらは「普段は元気」という前提があって成り立つものです。

 

普段の元気さを、写真でアピールしましょう。

 

日記で普段の生活を綴る

Jメールには、全ての機能を無料で使える日記コンテンツがあります。これは男女ともに利用する人が多いです。

 

日記はそれ自体が楽しめるコンテンツであるのと同時に、あなたに興味を持ってプロフィールを見た人に、あなたのことをよりよく知ってもらうためのコンテンツでもあります。

 

ママ活において、女性にどれだけ自分の人となりを伝えられるかは大事です。

 

ママ活がリアルで行われることが多い理由が、相手のバックボーン・考え・価値観・生活を知っているほうが応援したいと思えるということが挙げられます。

 

自分の生活、考えていることなどを日記に綴っておきましょう。

 

ママの話をしっかり聞いて共感する

ママ活をする女性は、寂しさなど何かしらの満たされない心を抱いていることが多いです。

 

応援する人に自分を投影させてそれを満たしたり、単にお金を払ってでも話を聞いてほしかったりします。

 

そのため、女性の話をしっかりと聞いて共感してあげることが大切です。

 

女性を喜ばせるための共感には、法則があります。

 

それは、相手の話の要約をして相手の感情を代弁することです。相手の話をしっかりと聞いていれば、相手がどんな感情で話しているのかが見えてきます。

 

例えば仕事の愚痴なら、一般的には「腹が立った」「悲しかった」「疲れた」などが考えられますよね。あとは、話の中にある情報からどの感情なのかを推察すると絞り込むことができます。

 

相手の性格がわかってくると、性格と話の内容を照らし合わせるだけで話の中に隠れている感情が見えてきますよ。

 

Jメールでママ活募集をした人の体験談! 成功例・失敗例を見てみよう

 

Jメール ママ活

 

Jメールでママ活を募集した人の体験談を紹介します。

 

19歳 男性Mさんの体験談

勉強に部活に忙しくしている大学生な自分には、とにかくお金がありませんでした。

 

大学の勉強とは別に、将来やりたいことのための勉強もあるんで全然バイト入れられないんですよね。おまけに一人暮らし…。そんなとき、Jメールの日記で仲良くなった人がご飯を奢ってくれるようになりました。

 

気づけば物を買ってくれたり、誕生日には勉強の参考になる本を買ってくれたり。最終的にはお小遣いを貰って、それで生活してました。これがママ活か!

 

21歳 男性Rさんの体験談

私は、しがないフリーターです。バイトからの社員登用の道しか無い仕事を選んだ結果、高卒でもう何年もバイトしてます。

 

生活が厳しくなりママ活を始めたんですが、なかなかうまくいきませんね。掲示板にも毎日投稿して、ブログにも仕事の話を綴って、結構やってたんですが。どうもダメみたいです。

 

一度ご飯を奢ってもらったきり、何もなかったので退会しました。

 

20歳 男性Hさんの体験談

僕は高卒で風俗店勤務をしています。最近はIT業界に転職するために勉強の毎日。過去に一度、働いている年上の女性にご飯を奢ってもらったりお小遣いを貰ったりしてました。

 

Jメールは普通に「たまにご飯に行って癒やされたい」くらいの気持ちでしたが、メッセージで互いの話をするうちに、応援したいと言ってくれる女性がいたんです。

 

今、その人は僕のママになっています。あ、ママ活という意味で。

 

Jメールはママ活向き! だけど期待し過ぎは禁物

 

Jメール ママ活

 

Jメールはママ活向きの出会い系サイトですが、体験談にも失敗例があったように誰でもママ活が成功するわけではありません。

 

成功例を見るに、失敗した人はガツガツしすぎていたのかもしれませんね。

 

掲示板は毎日ではなく、たまに。日記は本当にコンテンツを楽しむつもりで書くくらいが、ちょうどよいのかもしれません。

 

まずはプロフィールを充実させるところから、ママ活をはじめてみましょう。

 

\今なら1000円分無料/

Jメール(無料)公式サイトはこちら