jメール ログイン 履歴

Jメールはログイン履歴が無い?代わりにログインユーザー機能を使う方法

出会い系サイトの中には、「何時何分にログインした」という履歴が表示されるサイトがあります。

 

この表示で相手のログイン時間を把握し、スムーズにやり取りしたり脈なし判定したりできるんです。

 

「ログイン履歴が結構前なのにすぐ返信来るから業者だ」というふうに、業者判定することもできます。

 

そんな便利なログイン履歴の表示ですが、Jメールにはあるのでしょうか?

 

今回はJメールで相手のログイン時間を把握する方法や、自分のログインの隠し方などについて紹介していきます。

 

\今なら1000円分無料/

Jメール(無料)公式サイトはこちら

 

Jメールのログイン履歴は残る?ログイン時間を把握する方法とは

 

jメール ログイン 履歴

 

Jメールのログイン履歴は残るのかどうか、気になっている人もいるでしょう。

 

ログイン履歴が残れば気になる人の活動時間を割り出すことができますし、アクティブユーザーだけを狙って効率よくアプローチをかけることもできます。Jメールはどうか、見ていきましょう。

 

Jメールはログイン履歴が見られない

Jメールは、ログイン履歴が見られません。

 

他の出会い系サイトでは、プロフィール検索などをすると名前の近くに何時何分にログインしたということが表示されます。

 

一方、Jメールは、プロフィール検索をしてもプロフィールページを開いても確認することができません。

 

実際に、プロフィール検索をしてみましょう。

 

jメール ログイン 履歴

 

どこにも、時間を示す数字が書かれていません。じゃあ他にログイン時間を把握する方法はあるのかでしょうか? 次項から説明していきます。

 

ログインユーザー検索で大体の把握はできる

Jメールには、ログインユーザー検索機能があります。これは、ログイン時間順にユーザーを検索できる機能です。この機能を使えば、だいたいのログイン時間を把握することができます。

 

実際に使ってみましょう。

 

まず、Jメールにログインしてトップページにアクセスします。スクロールして「相手を探す」という項目をチェックしましょう。

 

jメール ログイン 履歴

 

左下にある「ログインユーザー」をタップします。

 

jメール ログイン 履歴

 

すると、登録している地域のユーザーがログイン時間順に表示されるんです。

 

ここに「5分以内」と、大まかなログイン時間が書いてあります。5分以内と表示されている人は、現在ログイン中の可能性が非常に大きいです。5分刻みで時間が増えていき、15分以内などであれば現在ログインしていない可能性もあります。

 

この時間は「ログインした瞬間」に更新されるため、表示される時間に関係なく現在ログイン中の可能性もありますよ。

 

足跡などから察することはできる

自分に足跡をつけてきた人をチェックすると、何時に足跡を付けたかがわかります。

 

jメール ログイン 履歴

 

上記のように、7月7日15時13分に足跡が付いていますね。この足跡から、「この人はこの時間にログインした」ということがわかります。

 

とはいえ、足跡だけでは「いつも何時頃にJメールにログインするのか」まではわかりません。

 

ただ、メッセージを見ればログイン時間の傾向を把握しやすいです。

 

メッセージボックスには、相手から来た最新のメッセージのみが表示されます。最新のメッセージを開いて「過去のやり取り」をタップすると、メッセージ履歴の閲覧が可能です。

 

jメール ログイン 履歴

 

メッセージ履歴を見てみると、すべてのメッセージの送信時間がわかります。

 

7月29日16時19分、7月29日19時11分、7月30日10時22分にメッセージが来ていますね。ここから、午前・夕方にログインしているということがわかります。

 

夕方16時過ぎから19時過ぎまでに開きがあるので、17時・18時台にはログインしない可能性が高いでしょう。

 

このメッセージ履歴は回数が少なく情報量が少ないですが、もう少し回数を重ねれば傾向ももっと絞り込みやすいです。

 

Jメールのログインユーザー機能のメリット・活用方法とは?

 

jメール ログイン 履歴

 

Jメールのログインユーザー機能について軽く紹介しました。これを使えば「5分前」「10分前」などの大まかなログイン履歴をチェックすることが可能です。

 

それ以外にも、この機能にはさまざまなメリット・活用法があります。

 

業者の見分けに使える

ログインユーザー機能を使えば、業者を見分けやすいです。

 

一般人は、そんなに長い間Jメールにログインしません。長くても数十分程度でしょうし、多くの人は15分程度でJメールを閉じる傾向があります。

 

メッセージに返信して閉じる、掲示板に募集して閉じる、少しプロフィール検索をして閉じる…。

 

普通はちょっとアクションを起こして閉じるので、長時間ログインしている人は少ないです。

 

一方業者は、とても長時間ログインしています。仕事としてJメールを使っているため、メッセージにすぐ反応できるよう常にログイン状態にしているんです。せっかくカモを釣り上げても、逃してしまっては元も子もありませんからね。

 

メッセージを送ってきた人をログインユーザー機能を使って探し、ログイン時間がかなり前になっている場合は業者の可能性が高いです。30分以上前の場合は、業者を疑いましょう。

 

遡れなかった場合も、ログイン時間が長いということなので業者の可能性が高くなります。

 

また、そもそもログイン履歴が前すぎる人にはアプローチをしないというのも手です。

 

アクティブユーザーだけ狙い撃ちにできる

ログインユーザー機能に表示される「5分以内」の人のプロフィールをチェックするようにすれば、アクティブユーザーだけ狙い撃ちにできます。

 

Jメールは会員数が多いもいのの、退会していないだけで現在は利用していないユーザーも多いです。プロフィール検索などでそういう人を見つけてメッセージを送っても、返信は来ません。時間とポイントの無駄です。

 

ログインユーザー機能を使えばアクティブユーザーだけをチェックできるので、効率的です。

 

自分を表示させない設定にすると業者からのメールが減る

ログインユーザー機能は、業者も使っています。

 

業者はログインユーザー機能で片っ端からアクティブユーザーに「いいね」したり、メッセージを送ったりしているんです。

 

ログインするとすぐにメッセージが来たりするのは、そのため。近年はいきなりメッセージが来ることが減ってきていますが、無いわけではありません。

 

いきなりアプローチをかけてくる人は業者だ、と判断することは簡単です。

 

ただ、業者からのアプローチが来るだけで鬱陶しいですよね。健全な出会いの邪魔になってしまいます。

 

そこで、自分を表示させない設定にしましょう。

 

jメール ログイン 履歴

 

トップページ右上に表示される歯車マーク「各種設定」から、「プロフィール変更」をタップします。

 

jメール ログイン 履歴

 

下部に「公開設定」があるので、ここからログインユーザーに表示するかどうか選びましょう。

 

jメール ログイン 履歴

 

非公開にチェックして「更新」を押すだけです。これで、ログインしただけで業者からアプローチされることは減ります。

 

プロフ検索と今日の彼氏・彼女も非公開にしておくと、業者のアカウントに足跡を付けない限り業者からアプローチが来ることはほとんどなくなるでしょう。

 

脈の有無を判定できる

ログインユーザー機能を使えば、脈の有無を判定できます。

 

メッセージを送信した後、しばらく返信が来ないことがありますよね。そのとき、相手がログインしていれば脈があまり無いと判断することができます。

 

もちろん、ログインユーザー機能では「現在ログインしているかどうか」を100%把握することはできません。それでも、何分前にログインしたかどうかはわかります。

 

たとえば21時30分にメッセージを送り、22時30分時点で「10分以内にログイン」と表示されていれば、「10分前にログインしたけど返信はしていない」ということがわかりますよね。

 

あなたに気があればメッセージを返すでしょうから、脈が無いまたは薄いということがわかります。

 

脈が無いとわかれば切り替えて次へいけるので、脈の有無を判定する意義は大きいですよ。

 

Jメールのログインに関するよくある質問

 

jメール ログイン 履歴

 

Jメールのログイン履歴などに関して語ってきましたが、まだまだ語れていないことがいくつかあります。

 

細々としたことをQ&Aとしてまとめて紹介するので、わからないことがある人は参考にしてみてくださいね。

 

ブラウザに履歴を残さずログインできる設定はある?

Jメールにログインしたことをブラウザの履歴に残したくない、という人もいるでしょう。

 

ワクワクメールには履歴に残らずログインできる設定がありますが、Jメールには一切ありません。Jメールのログイン方法は、トップページから行う通常のログインとFacebook連携によるログインに二通りだけです。

 

履歴を残したくない場合は、ブラウザの閲覧履歴を逐一消去するしかないでしょう。

 

閲覧履歴の消去方法は、各ブラウザによって異なります。Google Chromeの場合は右上「…」ボタンから「履歴」をクリックし、「消去」を選ぶだけです。

 

ただ、Jメールの閲覧履歴のみを消去することはできません。選択した時間帯の閲覧データすべてが消えるので、注意しましょう。

 

また、全ての閲覧履歴を消すとパートナーにかえって怪しまれる可能性もあります。パートナーにスマホやPCを見られる危険性がある場合、一定の時間帯のみの履歴を消去するようにしましょう。

 

時間指定ができないブラウザの場合は、消さないよりは全て消すほうが良いです。

 

Jメールの利用バレ防止機能はある?

Jメールの利用バレを防止する機能は、ありません。

 

これもワクワクメールには、あります。ワクワクメールが用意した検索サイトに擬態したフェイクサイトのショートカットをホームに作っておき、そこからログインすることで利用バレ防止が可能です。

 

Jメールの場合、サイトを使っている知人友人などにバレたくない場合は、公開設定をすべて非公開にし、あまり踏み込んだことをプロフィールに書かないようにするなどの対策を取るしかありません。

 

スマホを勝手に人に見られる可能性がある人は、アプリ版を使わないようにすると良いでしょう。

 

アプリがあるとすぐにバレてしまいますから。そのうえでJメールをブックマークしないようにし、閲覧履歴を消去するとJメールを使っていることがバレることはなくなります。

 

FacebookでログインするとFacebookに履歴や通知は残る?

Jメールには、Facebookと連携してログインできる機能があります。これは通常のログイン情報(メールアドレスとパスワード)ではなく、Facebookを経由するだけでログインできるという機能です。

 

ログイン時の入力を簡略化してくれるだけのもので、Facebookに勝手に「Jメールにログインしてます」とログイン履歴を投稿されることはありません。

 

jメール ログイン 履歴

 

Facebookでログインできるようにするには、各種設定から「ソーシャルログイン設定」を選びます。上記画面で「Facebookでログイン」というボタンをクリックしましょう。

 

すると、Facebookアカウントが表示されます。そこでFacebookのログイン情報を入力し、ログインするだけで設定可能です。今後はFacebookアカウントを使用してJメールにログインできるようになります。

 

ログインできないんだけどどうすればいい?

ログインできないときは、とりあえずメールアドレスとパスワードが正しいかどうか確認しましょう。

 

正しいはずなのにログインできない場合、まず試すべきはパスワードの再設定です。「パスワードを忘れた方はこちら」というボタンから、再設定手続きを行いましょう。たいていは、これでログインできるようになります。

 

それでもダメな場合は問い合わせをしましょう。

 

また、メンテナンス中などはログインができなくなります。メンテナンスしていないかどうかSNSなどで情報を集めるのも手です。

 

アカウント強制停止処分を食らったことがある場合は、二度と同じアカウントでログインできなくなります。

 

Jメールはログイン履歴が無い!工夫して把握したり隠したりしよう

 

jメール ログイン 履歴

 

Jメールには、詳細なログイン履歴を表示する機能がありません。相手が何時何分にログインしたかはわからないのですが、ログインユーザー機能を使えば何分前にログインしたかはわかります。

 

大雑把な表示ではあるものの、アクティブユーザーのみを狙ったり脈なし判定したりするのに使えますよ。

 

自分のログイン履歴を隠すこともできます。

 

ログインユーザー機能や各種設定を使い、自分なりに工夫してログイン履歴を把握したり隠したりしましょう。

 

\今なら1000円分無料/

Jメール(無料)公式サイトはこちら