Jメール 出会える

Jメールで出会える攻略法17選! プロフィール・掲示板の使い方を解説

Jメールは出会えるのか? という疑問を抱いている人もいるのではないでしょうか。

 

Jメールを使って出会うには、テクニックが必要です。なんとなく利用して、なんとなくメールを送るのではお金を無駄に使ってしまいます。

 

Jメールのシステム、女性の心理などを知って効率よく使わないといけません。

 

そこで今回は、プロフィール、掲示板、メッセージの3段階に分けて17通りの攻略法を紹介していきます!

 

\今なら1000円分無料/

Jメール(無料)公式サイトはこちら

 

Jメールで出会えるプロフィール攻略法6選

 

Jメール 出会える

 

Jメールで出会うには、とにかくプロフィールが大事です。プロフィールが整っていない人にメールを送ってくる女性は、全員業者だと考えましょう。

 

そこでまずは、Jメールで出会えるプロフィールの攻略法を7つ紹介します。

 

他撮り風の自撮り写真で好印象に

他撮り風の自撮り写真とは、他人が撮ったように見える自撮り写真のことです。人に撮ってもらえる場合は、素直に撮ってもらいましょう。

 

男性の自撮りは、女性ウケが悪いですから。

 

他撮り風の自撮り写真を撮るには、準備が必要です。三脚または、セルカ棒を用意します。Amazonで1000円~2000円程度の安物で構いません。

 

三脚を使う場合、三脚にスマホを固定してカメラをセルフタイマーで起動し、少し離れたところから撮るだけです。

 

場所が家だと自撮りだとバレますし、生活感があると女性ウケが悪いので外にしましょう。

 

ポイントは、なるべく全身が入るようにしつつ顔がハッキリ見える写真を撮ることです。女性が見たとき、あなたがどんな人かを判断できるような写真でなければ意味がありません。

 

セルカ棒を使う場合、セルカ棒を持っている腕を映さないようにします。セルカ棒を思い切り伸ばし、距離を開けるようにしましょう。そして目線を外して撮るだけで、他撮り風に見えます。

 

また、より女性ウケを重視したい場合は自分以外をメインに据えると良いですよ。たとえばコーヒーを飲んでいるなら、コーヒーがメインに見えるように構図を整えます。趣味をしている写真であれば、趣味のものがメインになるようにしましょう。

 

「興味あること」はピュア系だけにする

 

Jメール 出会える

 

Jメールのプロフィールには、「興味あること」という項目があります。これは、利用目的と趣味を設定する項目です。

 

恋愛、趣味友、アニメ、セックスフレンドなど色々ありますよね。

 

この「大人の関係」「セックスフレンド」「不倫・浮気」などの、アダルト系の項目は設定しないようにしましょう。アダルト系の項目を設定しているだけで、女性ウケは最悪になります。

 

たとえセックス目的だとしても、セックスをするそのときまで「セックスしたい」ということを相手に悟られてはいけません。

 

基本プロフィールは全て埋めておく

 

Jメール 出会える

 

Jメールは、他の出会い系サイトに比べてプロフィールが簡素です。

 

簡単な項目しかないので、全て埋めておきましょう。上記画像は名前と年齢以外、スカスカですよね。どんな人なのかが全くわからず、女性は興味を持ってくれません。

 

プロフィールは少しだけ盛る

プロフィール項目を盛る人は多いでしょうが、盛り方には細心の注意をはらいましょう。

 

すぐバレてしまうような盛り方、バレたときに険悪になるような盛り方はNGです。

 

たとえば年収ですが、300万円の人が500万円と言ってもすぐバレます。バレたとき、大幅に盛っていればいるほど相手の落胆も激しいです。

 

気持ち分だけ、少し盛る程度にしておきましょう。

 

Jメール 出会える

 

たとえば、ルックスは「さわやか」「ビジュアル系」など抽象的な項目を設定できます。おすすめは「さわやか系」「癒やし系」です。

 

これ以外は人を選びすぎるものが多いんですよ。一方、さわやかな人と癒やし系な人は大多数の女性にウケが良いです。

 

スタイルは「細身」「標準」「ぽっちゃり」「ぽちゃぽちゃ」など、少し細かく設定できます。これは実際の体型を自己評価したときより、1段階細めで記載しておきましょう。

 

自己PR文は短く簡潔に

自己PR文は、短く簡潔にが基本です。特にJメールはサイトのデザイン的に長いとブラウザで読みづらくなってしまうため、短いほうが良いんですよ。

 

読んでもらえないと意味がないので、読みやすいことを心がけましょう。

 

200文字前後が、Jメールで最後まで読みやすい文章量です。デフォルトでは箇条書が設定されていますが、全て削除して自分で文章を組み立てましょう。

 

記載する内容は、「挨拶」「仕事」「休日の過ごし方」「趣味」などが基本となります。最後に「こういう人がいたらいいな」という希望を簡潔に書いて、「よろしくお願いします」で締めると良い感じです。

 

公開設定をいじっておく

プロフィール設定に、公開設定という項目があります。

 

Jメール 出会える

 

ログインユーザー、プロフィール検索、今日の彼氏に表示するかどうかを選べるんです。

 

これは、基本的に全て非公開にしておくことをおすすめします。これらの機能から辿ってくる人は、業者が多いです。業者に引っかかる可能性を少しでも消しておくため、非公開にしましょう。

 

Jメールで出会える掲示板の使い方4選

 

Jメール 出会える

 

プロフィールを設定したら、今度は掲示板を使いましょう。ただし、掲示板は何も考えずに使っているとお金を無限に無駄にするツールです。

 

そこで、Jメールで出会える掲示板の攻略法を4つ紹介します。

 

1日1回ピュア掲示板に投稿する

掲示板投稿は、1日1回無料です。これを使って、1日1回は掲示板に投稿しましょう。掲示板に投稿すれば、それだけ女性があなたを知る機会が増えますよ。

 

投稿するのは、ピュア掲示板に限定しておきましょう。

 

アダルト掲示板を利用する女性は、全員業者か援助交際目的の女性だと思っておいてください。

 

実際は素人も極稀にいるかもしれませんが、可能性は低いです。女性は同性だけの場では性に関する話をおおっぴらにしますが、異性がいると性の話を避ける傾向があります。

 

そのうえ、セックスがしたいと思っていてもなかなか人には言えないものです。アダルトな欲望をうちに秘めていたとしても、それを最後の最後まで女性は隠し通します。

 

アダルト掲示板は見ない

アダルト掲示板は、投稿しないだけでなく見ないようにすることが大事です。

 

アダルト掲示板にいる女性はほぼ全員業者か援助交際目的の女性なんですよ。

 

掲示板投稿内容は1件閲覧するごとに10円かかります。無限にお金を無駄にしてしまうので、最初から見ないようにすることが大切です。

 

誘い飯掲示板は見ない

 

Jメール 出会える

 

Jメールには、誘い飯掲示板というジャンルがあります。名前の通り、ご飯に誘ったり誘われたりするための掲示板です。

 

ここは、パパ活の温床になっています。奢ってご飯をするだけの募集も無くはないものの、少数派です。女性を募集する女性の書き込みも、多い傾向があります。

 

あまり見ないほうが良いでしょう。

 

掲示板から足跡を付けてくれた人だけを相手候補にする

掲示板に投稿すると、足跡を付けてすぐメールを送ってくる女性がいます。このような女性は、十中八九業者です。

 

一般女性は、出会い系で自分からアプローチをかけない傾向があります。女性というだけでも日頃から複数の男性のアプローチを受けるので、出会い系では女性は選ぶ立場にあるんです。その状況からわざわざ自分からメールを送るのは、避けます。

 

女性からメールが来たら業者だと思え、という認識が広がったことも理由になっているでしょうね。

 

お相手候補として考えるべきなのは、掲示板から足跡を付けてくれた人だけです。

 

掲示板に投稿するのも業者、掲示板からメールをくれるのも業者。となると、後は足跡だけつけてメールを送ってこない人しか選択肢がないんですよね。

 

Jメールで出会えるメッセージの攻略法7選

 

Jメール 出会える

 

プロフィールと掲示板を活用することで、何人かの女性がお相手候補として挙がってくるでしょう。

 

そこで重要なのが、メッセージの送り方です。今度は、Jメールで出会えるメッセージの攻略法を7つ紹介します。

 

ガツガツしないこと

出会いに焦ってガツガツとしてしまう人がいますが、これはNGです。すぐに連絡先を交換しようとしたり、すぐに会う約束を取り付けようとしたりしてはいけません。女性は、心に余裕のある男性に惹かれる傾向があります。既婚者や恋人持ちがモテるのは、そのためです。

 

ガツガツせず、余裕を持ってメールのやり取りを続けましょう。仲良くなることを、まずは優先してください。急がばまわれです。

 

以下は、後述するNG例も含んだ「NGの極み」とも言えるメールとなっています。参考にしてみてくださいね。

 

Jメール 出会える

 

下ネタを送らないこと

下ネタメールを送るのは、NGです。アダルトな関係に誘導するために、多少の下ネタやエロネタはOKということをアドバイスする人もいますが、女性の心理を考えると絶対にNGなんですよ。

 

女性は、相手を異性として見ていない場合を除いて男性とセックス関係の話はしたがりません。

 

女性にももちろん下心はありますが、男性と違い行為をした後も下心を持っていたことは隠し通す傾向があります。男性からのアダルティな会話も不快感がある場合が多いです。

 

ファーストメールは挨拶と共通点のアピールが大事

Jメールにおいて、最初の1通目のメールはとても大切です。ここで外してしまえば、返信が来ないまま終わってしまいます。

 

ファーストメールは、まず挨拶から始めましょう。ネットでの付き合いは、リアル以上に誠実さと礼儀が大切です。顔が見えないコミュニケーションですから。敬語で挨拶をしてください。

 

そこに、メールをした理由を付け加えます。これは、相手との共通点に興味を持ったという話をすると効果的です。

 

人は自分と共通点がある人に、興味を抱くという心理があります。全く異なる人を好きになるという心理もあるのですが、それは第二印象以降の話です。

 

ネットだと第一印象で興味を持ってもらえないと終わってしまうので、違うことをアピールするのは有効だと言えません。

 

また、以下のようなファーストメールはNGです。

 

「はじめまして! よければ、お話しませんか?」

 

ものすごく簡略化していますが、このようなメールを送る男性はとても多いんですよ。

 

このメールのダメなところは、相手に興味を持った理由を書かず、自分が相手としたいことだけ書いているところです。

 

自分の「これがしたい」を優先する自己中心的な男というイメージを持たれてしまい、返信に繋がりません。

 

敬語からタメ口に移行するタイミングは相手に合わせる

当たり前ですが、Jメールでは敬語でやり取りを始めることが大切です。最初からタメ口だと、全く相手にされません。親しみをもたせたいなら砕けた丁寧語くらいが、一番ちょうど良いでしょう。

 

ただ、距離感を縮めるためにタメ口に移行したいですよね。

 

タメ口に移行するタイミングは、相手に合わせると効果的です。相手がタメ口にしてきたら、こちらもタメ口にしてみてください。同じタイミングで距離感を詰めることで、相手により親近感を抱かせやすくなります。

 

共感で好感度を上げる

女性と仲良くなるのに手っ取り早い方法は、相手の話に共感することです。

 

共感と言っても、「わかります」と言うだけではダメ。女性にとって共感を示すというのは、簡単に言えば相手の話を要約して感情の代弁で締めることです。

 

たとえば、「仕事で先輩にすごく嫌味を言われて、言い返したかったんだけど先輩だし、なかなか言い返せなかったんだよね」という話が送られてきたとします。

 

これに共感を示すには、このような文章を打つことになるでしょう。

 

「あー、嫌味言われるとしんどいよね。立場的に言い返せないのも悔しいし」

 

「嫌味を言われて言い返せなかった」という風に、話を簡潔にまとめます。そのうえで、「嫌味を言われたこと」と「言い返せなかったこと」に分け、それぞれの相手の感情を読み取るんです。

 

その読み取った内容を要約すれば、共感を示す文章になります。

 

ミラーリングで親密度を上げる

ミラーリングとは、親近感を抱いていたり好意を抱いていたりする相手の言動、仕草などを鏡のように真似してしまう心理学的行動のことを指します。

 

ここから転じて、相手の言動や仕草を意図的に真似することで、相手に好感を抱かせる心理学的テクニックとして使えるんです。

 

Jメールにおいても、ミラーリングは大いに有効ですよ。メールの場合は分量、文体、返信頻度を真似することでミラーリングが成立します。これだけの単純なことで、相手に好感を抱いてもらうことができるので、試すしかないでしょう。

 

誘うときは「遊んでくれませんか?」

女性を誘うとき、遊び慣れている人ほどNGな誘い方をしていることが多いです。

 

遊び慣れている人がよく言うのは、「遊ぼうよ」「会おうよ」など。遊ぶことは既に決定しているという口ぶりをします。こうすることで逃げ道を塞ぐというテクニックがあるんですが、多くの場合逆効果です。

 

上から目線のように感じてしまい、女性は引きます。

 

Jメールにおいて効果的な誘い方は、「一緒に○○に行ってくれませんか?」などの提案・お願いする形です。

 

たとえば、気になる店があるけど一人じゃ入りづらいので「一緒に行ってくれませんか?」という誘い方ですね。

 

この方が女性は「可愛らしい」と感じ、一緒に行ってあげたくなる傾向があります。

 

Jメールは本当に出会える? 口コミを紹介します

 

Jメール 出会える

 

Jメールを利用して出会えた人、出会えなかった人の口コミを見てみましょう。

 

23歳 男性Yさんの口コミ

広告で見て、半信半疑で登録。Jメールって…妙に古臭いデザインだけど、本当に出会えるのか?と思っていました。

 

不安だったので攻略法をネットで調べ、無料ポイントを200受け取っていざ実践!

 

無料ポイント内で出会えるとまではいきませんが、2000円課金しただけでLINE交換ができました。実際に会うこともできて満足です。

 

35歳 男性Sさんの口コミ

バツイチ子なし、趣味はガンプラのみ。仕事ばかりして、休日には積みプラを崩すという典型的非モテ中年な私です。

 

Jメールを使って恋人を作ろうと思ったところ、最初は全然ダメでした。お金を要求されるばかり…。

 

ただ、使い続けるうちに出会えない人の見分け方も見えてきたところで、良縁に恵まれました。今も、Jメールで知り合った人と交際しています。

 

19歳 男性Nさんの口コミ

年上好きなので、年齢層が比較的高めというJメールに登録しました。

 

若さというアドバンテージを活かそうと思ったんですが、これが勘違い。同年代以外は受け付けないという人が多かったからか、2か月使っても出会えませんでした。

 

攻略法さえおさえていればJメールは出会える!

 

Jメール 出会える

 

Jメールは、攻略法さえしっかりとおさえていれば出会えるサイトです。

 

中には出会えなかったという口コミもありますが、短期間で見積もりすぎていたり戦略が甘かったりしたことが背景にあるケースも多いのではないでしょうか。

 

コツコツ信用を稼いで好感度を上げていくことが肝心なので、期間は長めに考えておくことが必須となります。

 

そのうえで、攻略法をしっかりと実践すれば出会える確率を高めることができますよ。

 

\今なら1000円分無料/

Jメール(無料)公式サイトはこちら