Jメール 料金

【Jメールの料金まとめ】無料で200ポイント!一番オトクな支払い方法は?

Jメールは、優良かつ有料の出会い系サイトです。

 

利用にはいくらかの料金がかかります。優良出会い系は全て1ポイント10円というレートになっており、Jメールもその例に漏れません。

 

Jメールの料金を詳しく解説した後、全ての支払い方法を比較して一番お得な支払い方法はどれか一緒に考えてみましょう。そのうえで、Jメールで無料200ポイントを受け取る方法を紹介します!

 

\今なら1000円分無料/

Jメール(無料)公式サイトはこちら

 

Jメールで料金がかかる行動まとめ

 

Jメール 料金

 

まずは、Jメールの料金を詳しく見ていきましょう。

 

他の出会い系サイトの金額とも比較しながら、Jメールで出会うにはどれだけのポイントがかかるのか考えていきます。

 

予算の参考にしていただけると幸いです。

 

Jメールの料金表【閲覧系】

  • プロフィールの閲覧:1pt
  • 掲示板の閲覧:1pt
  • プロフ写真の閲覧:3pt
  • アルバム写真の閲覧:3pt
  • エロ写メの閲覧:4pt

 

最も基本的な機能であるプロフィールと掲示板は、閲覧だけならそれぞれ1ptです。1件ごとに10円かかります。安いと思って油断していると、すぐに無くなるので気をつけましょう。

 

プロフィールをチェックするときに写真も見ることが多いので、基本的には一人のプロフィールを見るごとに4ptかかると思っておいたほうが良いですよ。

 

Jメールの料金表【アクション系】

  • 掲示板投稿:5pt
  • メッセージ送信:7pt
  • フリーダイヤル発進:4pt/10秒
  • IP電話発信:3pt/10秒
  • 着信:3pt/10秒

 

掲示板投稿に5ptかかるのは、結構一般的です。PCMAXも同様の料金となっています。

 

ただ、メッセージ送信は他と比べて高いです。

 

優良出会い系サイトはメッセージ1通で5ptが相場となっています。相場より20円高いのがネックですね。出会うためには必ず使う機能なので、どうしても気になってしまいます。

 

Jメールの無料で使える機能

  • 足跡からのプロフ閲覧
  • 今日の彼女機能からのプロフ閲覧
  • 今日の彼女機能からのメール(1通目)
  • 1日1回だけ掲示板投稿無料
  • 画像の投稿・添付
  • プロフィール変更、写メ登録
  • 体験談の閲覧および投稿
  • 日記の投稿、閲覧、コメント

 

プロフィールの閲覧は通常1pt消費しますが、足跡と今日の彼女からアクセスした場合は無料になります。

 

1日1回だけ掲示板投稿が無料になるので、ピュア掲示板に投稿したうえで足跡を待ち、足跡をつけてくれた人のプロフィールを見て検討するという方法で相手を探すのがおすすめです。

 

さらに、日記は全機能が無料で使えます。

 

ガンガン投稿して、じっくりと閲覧しましょう。

 

Jメールの料金支払い方法徹底比較! 一番お得なのはどれ?

 

Jメール 料金

 

Jメールの料金はメッセージ送信だけ他の出会い系サイトより20円高いということでした。

 

料金が他よりかかってしまうとなると、やはりお得に課金したいですよね。

 

そこで、Jメールの料金支払い方法4つのメリット・デメリットを比べて、一番お得な支払い方法はどれか調べてみましょう。

 

銀行振込のメリット・デメリット

 

Jメール 料金

 

上記のように、銀行振込の場合はおまけポイントが付きます。2000円課金して3000円分のポイントが貯まるので、とてもお得です。

 

これはポイントアップキャンペーンの恩恵ですが、キャンペーンをしていないときが珍しいくらいですよ。

 

一番のメリットは、このおまけポイントの多さです。

 

一方、振込後の反映には時間がかかります。

 

特に土日、平日の15時以降は金融機関の関係で反映が翌営業日に繰り越されることもあるので、早くポイントが欲しいという人は使いにくいケースもあるかもしれません。

 

明細票をメールで送れば早めに対応してもらえますが、それでも時間はかかります。

 

さらに、平日午前に振り込んでも反映は午後になることもあるので気をつけましょう。

 

また、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、PayPay銀行に対応しています。これらの口座から振り込む場合は手数料がかからないものの、他の口座の場合は手数料がかかるので注意しておきましょう。

 

銀行振込のメリットとデメリットをまとめると、こうです。

  • ポイント増量額が大きい
  • 反映に1時間以上かかることがある
  • 日時によっては翌日に繰り越しになる
  • 振込手数料がかかる

 

クレジットカードのメリット・デメリット

クレジットカード決済は、最も簡単かつすぐに反映される決済方法です。決済完了後すぐに反映されるため、早くポイントを追加したいときに使うと良いでしょう。

 

利用できるブランドは、VISA・マスターカード・JCB・ダイナース・AMEXの5種類です。明細書にはJメールという名前が載ることはないので、家族など第三者にバレる心配は一切ありません。

 

Jメール 料金

 

上記のように、キャンペーン中のポイントアップ額も大きいです。

 

ただし、最低課金額が3000円となっています。もう少し細かく課金したい場合には使いにくいです。

 

クレジットカードのメリット・デメリットをまとめると、こうなります。

  • すぐにポイントが反映される
  • ポイントアップ額が大きい
  • 最低課金額が3000円

 

コンビニ決済のメリット・デメリット

  • BitCash
  • C-CHECK
  • コンビニダイレクト
  • セキュリティマネー
  • G-MONEY
  • Edy決済
  • NetRideCash

 

上記を通して、コンビニから決済することができます。

 

コンビニダイレクトを使えば、受付番号で店頭決済が可能なので出先でも課金しやすいです。他にもコンビニで購入した電子マネーが使えたりと、幅が広いのが良いですね。

 

Jメール 料金

 

上記画像は、コンビニダイレクトのポイント設定です。

 

だいたい1000円分上乗せされるようになっています。

 

キャンペーンの記載が無いため、これは常時行われる上乗せのようです。キャンペーン中のカード決済のポイントアップ額とほぼ同額なので、結構お得ですよね。

 

他の電子マネー決済に関しても、ほとんどが同様のポイント設定になっています。

 

BitCashに関してはポイント増量キャンペーンに含まれるため、キャンペーン期間中は以下のようなポイント設定になるんです。

 

Jメール 料金

 

3000円課金した際のアップ額がカードより20ptアップしています。

 

さらに、コンビニ決済はレシートを捨ててしまえば履歴が一切残りません。そのうえ、1000円からの少額決済が可能です。

 

デメリットは、コンビニに行く手間と少額の手数料くらいでしょう。

 

コンビニ決済のメリット・デメリットまとめ

  • 最低課金額が1000円と一番細かく課金できる
  • BitCashは2番目にお得
  • キャンペーン時以外ならコンビニダイレクトが一番お得
  • 履歴が全く残らない
  • コンビニに行く手間と手数料がかかる

 

Jメールカードのメリット・デメリット

Jメールには、Jメールカードという専用のプリペイドカードがあります。

 

メリットは、プリペイド式なうえに簡単に手に入れられないため使いすぎ防止になることくらいです。

 

取り扱いは一部レンタルビデオ店、書店、コンビニとなっています。

 

ただし、東京都内で14店舗、大阪で25店舗のみの取扱です。地方では、ほとんど取り扱いがありません。不便な代わりに使いすぎ防止になるということですね。

 

また、課金額は1枚3000円に固定されています。細かく調整できず、おまけポイントもありません。

 

Jメールカードのメリット・デメリットまとめ

  • 使いすぎ防止になる
  • 課金額が3000円に固定で使いにくい
  • おまけポイントがない
  • 取り扱い店舗が少ない

 

Jメールで一番お得な支払い方法と一度の課金額は?

Jメールで一番お得な支払い方法は、キャンペーン中かどうかで変わってきます。キャンペーン中にお得な順に並べると、こうなるでしょう。

  • 銀行振込
  • BitCash
  • クレジットカード
  • コンビニ決済
  • Jメールカード

 

おまけポイントが一番多いので銀行振込が、最もお得です。

 

BitCashはその次におまけポイントが多いうえに、1000円単位で課金できるのが魅力ですね。カードはそれらに比べておまけポイントは少ないですが、1番早くポイントが反映されます。

 

ポイントの反映とおまけポイントの額の大きさどちらも捨てがたく、その中間を取りたい場合はBitCashがおすすめです。

 

キャンペーンを行っていない場合は、こういう順番になります。

  • コンビニ決済
  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • BitCash
  • Jメールカード

 

コンビニ決済は常時おまけポイントがつくので、やはりお得です。クレジットカードも3000円で10ptのおまけが付きます。

 

銀行振込はキャンペーン以外のおまけポイントがありません。他も然りです。

 

キャンペーンの有無、反映速度とおまけポイントの金額、入金にかかる労力などを照らし合わせて自分に合った支払い方法を選びましょう。

 

Jメールの無料ポイントを徹底解説! お得に活用しよう

 

Jメール 料金

 

Jメールの料金と支払い方法を見てきました。お得なおまけポイントを活用するのも良いですが、それと合わせていくつかの無料ポイントも活用すると、よりお得にJメールを楽しむことができます。

 

そこで、最大200pt以上の無料ポイントが貰える方法を紹介しましょう。

 

初回ボーナスポイントをもらう

  • 会員登録:20ポイント
  • メールアドレス認証:20ポイント
  • 年齢確認:60ポイント

 

初回登録をして、Jメールの機能を使うのに必要な認証を行うだけで合計100ポイント貰えます。

 

登録方法は、まずJメールのトップページ上部にある「男性会員登録」をクリックし、フォームで登録情報を入力するだけです。入力項目は、以下のようになっています。

 

Jメール 料金

 

あとはメール認証を行い、登録が完了します。この時点で40ポイントです。

 

登録後、すぐに年齢確認が求められます。

 

「18歳以上の確認が必要です」というボタンが表示されるので、それをクリックしましょう。免許証、保険証などの身分証明書の写真を送れば、年齢確認の申込みができます。

 

年齢確認に成功すれば、さらに60pt貰えるんです。これだけで1000円分得しました。

 

毎日無料ガチャを引く

 

Jメール 料金

 

Jメールには、毎日無料ガチャという機能があります。メインメニュー「運営からのお知らせ」下部に表示されている「毎日ログインガチャ」を押して、上記の画面に飛びましょう。

 

続いて「ガチャる!」を押せば、ガチャが回せます。

 

Jメール 料金

 

これは良い当たりですね。このように、ガチャを回せばポイントや各種無料チケットなどが貰えます。ちなみに、メッセージ無料チケットが一番お得です。

 

アプリで毎日ログインする

Webブラウザ版のログインボーナスは、先程のガチャです。

 

Jメールにはアプリ版もありますが、そちらではガチャが回せません。その代わり、1日1pt貰えるログインボーナスが実装されています。

 

掲示板の閲覧等はWebブラウザ版がおすすめですが、アプリ版もとりあえずログインだけでもしておくと良いでしょう。

 

1か月でメール4通分のポイントが貯まると思うと、意外と馬鹿にはできませんから。

 

一度退会ボタンを押して100ポイントもらう

実は、Jメールは一度退会ボタンを押すと100ポイント貰えるという裏ワザが使えるんです。

 

試しに、100ポイントもらってみましょう。

 

メインメニューの最下部「ヘルプ/お問い合わせ」という項目をクリックし、ページ下の方にある「退会」をクリックします。すると、次のような退会理由のアンケートが表示されるんです。

 

Jメール 料金

 

このアンケートの答え方が重要。アンケートの「ポイントが足りない」をクリックします。続いて、「退会します」をクリックしましょう。

 

この段階で通常は退会完了になるんですが、次のような画面が表示されました。

 

Jメール 料金

 

無料で100ptサービス中とあります。ここで「100pt受け取る」をクリックすれば、100ptを受け取って退会を中断できるんです。

 

なお、この100ptを得る裏ワザは2021年7月時点でのものとなっています。今後使えなくなる可能性もあるので、注意しましょう。

 

また、1度しか使えません。

 

Jメールは料金が高めだけど無料ポイントも豊富! 財布と相談して活用しよう

 

Jメール 料金

 

Jメールの料金と支払い方法、無料ポイントについて紹介してきました。Jメールはメッセージの送信が他の出会い系より20円高いのが、ネックになります。他の料金に関しては相場通りといったところです。

 

ただ、キャンペーンによるおまけポイント、初回登録時の無料ポイントは他より多めになっています。

 

そのうえ、退会中断による無料ポイントまであるのでお得に使おうと思えば、使えるのではないでしょうか。

 

日記のコメントなどを活用して事前に親交を深めてからメッセージに移行するなど、節約しながらお得にJメールを楽しみましょう。

 

\今なら1000円分無料/

Jメール(無料)公式サイトはこちら