Jメール

Jメールの口コミ・評判は?割り切り・援デリばかりで真剣な出会いはない

出会い系サイトの一つであるミントC!Jメール(以下、Jメール)は、業界最大級のサイトとうたわれています。

 

ただし、会員の口コミをみると、「Jメールは割り切りばかり」「業者しかいない」という悪い評判が目立ち、その実態が気になるところです。

 

そこでこの記事では、Jメールの口コミや評判をご紹介しつつ、編集部が実際に利用してそれらの真偽を検証した結果をご紹介していきます。

 

\今なら1000円分無料/

Jメール(無料)公式サイトはこちら

Jメールの概要

 

Jメール

 

まずはJメールの概要からご説明していきます。

 

出会いサイト初心者でJメールの利用を検討している人は、運用歴や基本的な使い方、料金などのチェックし、登録するかどうかの判断に役立ててください。

 

 

運用歴

 

Jメールを運営しているのは、福岡県に本社をおく有限会社エムアイシー総合企画です。

 

2000年のサービス開始以来地道に改善を重ね、現在ではFacebookと連携できるほどに社会的な信用を高めています。(信用力の低いサイトはFacebookと連携できません)

 

福岡公安委員会への届け出も済んでいるので、安心して利用できる出会いサイトの一つといえそうです。(届け出番号:第90080006000号)

 

 

システム

 

Jメールの対象者は18歳以上の男女(高校生を除く)です。

 

また、会員としてやり取りをするには、身分証明書による年齢を行う必要があります。

 

これによって児童が守られるだけでなく、いかがわしい業者の登録を減らす効果もあります。

 

 

出会い方

 

Jメールで出会うためには、以下のような流れがもっともポピュラーです。

 

  1. 年齢確認後、プロフィールを作成する
  2. 掲示板を閲覧する、または掲示板に投稿する
  3. メールのやり取りをし、デートのアポをとる

 

上記の他に、プロフィール検索から自分の好みの人を探すという方法もあります。

 

いずれにせよ、一般的な出会い系サイトと同じで、非常にシンプルかつ簡単に出会うことができるサイトです。

 

ちなみに、JメールにはWEB版とアプリ版があります。

 

一つのアカウントで両方を利用できますが、機能、コンテンツなどが充実しているのはWEB版の方です。

 

 

料金体系

 

Jメール

 

Jメールの料金体系は「ポイント制」となっています。(女性は無料です)

 

1ポイント=約10円で購入できる他、新規登録ボーナスやログインボーナスとして無料で貰えることもあります。

 

会員はこうして獲得したポイントを使って、「メールを送る」「掲示板投稿を閲覧する」などの行動を行っていきます。

 

なお、以下は主な行動のポイント消費例です。

 

  • プロフィールの閲覧   1ポイント
  • プロフィール写真の閲覧 3ポイント
  • 掲示板への投稿     5ポイント
  • 掲示板投稿の閲覧    1ポイント
  • 受信したメールの閲覧  0ポイント
  • メールの送信      7ポイント

 

Jメールの消費ポイントは他の大手出会い系サイトより若干高いものが多いようです。

 

特にメールの送信は、ほとんどの出会い系サイトが5ポイントであるのに対して、J

 

メールは7ポイントとなっています。

 

なので、Jメールで女性とやり取りするときは、少ないやり取り回数でアポをとる、ということを意識してください。

 

 

課金について

 

Jメール

 

Jメールの課金方法には、銀行振込やコンビニ決済など、様々な方法があります。

 

それらのなかで、利便性やボーナスポイントの量、手数料などを考慮すると、クレジットカード決済がもっともおすすめです。

 

(通常時はさほどでもありませんが、キャンペーン中になると非常に交換率が良くなります)

 

<クレジットカード決済時の交換率>

 

  • 3000円 310P(通常時) 470P(キャンペーン時)
  • 5000円 520P(通常時) 710P(キャンペーン時)
  • 10000円 1200P(通常時) 1450P(キャンペーン時)
  • 20000円 2500P(通常時) 2950P(キャンペーン時)

 

通常時の交換率は他の出会い系サイトに劣りますが、キャンペーン時の交換率は他の出会い系サイトを大きく上回っています。

 

消費ポイントの多いJメールではありますが、キャンペーン時のボーナス量を考慮すると、差し引きでむしろお得になるかもしれません。

 

 

会員の利用目的

 

Jメール

 

Jメールには「メル友恋愛掲示板」と「アダルト掲示板」の2種類があります。

 

このことから、純粋に恋活をしている人と、セックス目的で登録している人がいると思われますが…

 

この二つの掲示板を見比べてみると、アダルト掲示板に投稿される数の方が圧倒的に多くなっています。

 

しかも、メル友恋愛掲示板のなかにも、あきらかにセックスを目的とした投稿がたくさん含まれています。

 

それを考えると、Jメールは割り切りばかりという口コミも、あながち間違いではないのかもしれません。(後半で検証しています)

 

ちなみに、割り切りは援助交際(援交)、円、大人の関係などとも表現されます。

 

また、デリヘル業者が女性会員に扮しているケースも多く、こうした業者のことを援デリ(または援デリ業者)と呼びます。

 

このように、呼び方は違いますが、男性がお金を払ってセックスすることに変わりはなく、いずれも本質的には売春といえます。

 

 

セックス目的といってもタダではない

 

セックス目的で利用している人が多いと思われるJメール。

 

女性と出会ってセックスできるのは間違いないのですが、残念ながらタダでできるわけではありません。

 

というのも、Jメールでセックス相手を募集している女性の本当の目的はお金だからです。

 

つまり、Jメールでは、売春・援助交際の告知が行われているわけです。

 

「セフレ募集」や「恋人を探してます」「イチャイチャしたい」などなど、投稿のタイトルは様々ですが、いずれの場合もやり取り中にお金を要求されます。

 

「日本で公然と売春できるサイトがあるの?」と疑う人もいるかもしれませんが、それがJメールを含む多くの出会い系サイトの実態なのです(この件に関しては、後述する口コミの欄でもご紹介していきます)

 

Jメールの特徴(会員数、男女比、年齢層)とは

 

Jメール

 

Jメールを利用するにあたっては、その特徴を把握しておくことも重要です。

 

そこで、Jメールの会員数や男女比、年齢層をご紹介しておきます。

 

 

Jメールの会員数の推移

 

Jメールの会員数は2020年の時点で累計600万人を超えています。

 

その推移については不明ですが、出会い系サイトの多くが近年になって会員数を伸ばしていますから、Jメールも伸びているのではないでしょうか。

 

ちなみに、会員の累計数を他の大手出会い系サイトと比べてみると…

 

  • ハッピーメール 2000万人
  • PCMAX     1400万人
  • ワクワクメール  800万人
  • Jメール     600万人

 

となっています。

 

上記の4サイトはいずれも同時期にサービスを開始しているのですが、今のところJメールが一番少なくなっています。

 

とはいえ、ここで紹介したのは業界トップクラスの大規模サイトばかりです。

 

出会い系サイトは無数にあり、100万人に満たないものも多々ありますから、Jメールも大規模サイトの一つといって良いでしょう。

 

 

Jメールの年齢層

 

Jメール会員の年齢層は公表されていません。

 

ただし、出会い系サイト業界全体をみても、また、編集部が実際にJメールを利用した印象でも、男性は20代から40代、50代まで年齢に偏りがなく、女性は20代が圧倒的に多いようです。

 

もっといえば、女性は18歳、19歳もいます。

 

そして、これらの若い女性がお金を目的に援助交際相手を募集しているわけですから、「若い女の子とセックスしたい」という男性にはとても良いサービスといえるでしょう。

 

 

男女比

 

Jメールでは、男女比も公表されてはいません。

 

ただし、男女比を公表している他の出会い系サイト(例えばYYCなど)が軒並み男7:女3となっていますから、Jメールも同等の比率になっていると考えられます。

 

Jメールの口コミ・評判をご紹介

 

Jメール

 

それでは、Jメールに関する口コミ・評判を、良いものと悪いものに分けてご紹介していきます。

 

どれも実際にJメールを利用している会員からの指摘ですから、とても参考になるのではないでしょうか。

 

 

良い口コミ・評判

 

Jメールに関する良い口コミ・評判をネットで調べてみても、実はあまりでてきません。

 

そんななか、美味しい思いをした男性から相手の女性に関する口コミがいくつか投稿されていたので、ご紹介しておきます。

 

 

可愛くてスタイルの良い女性もいる

 

「2ヶ月ぐらいメールして先月飲みにいけた。写真より美人で好みだった」  

「何人かと会いました⤴今もたまに会ってHしてますよぉ。ホテル別2万」  

出典:爆サイ

 

出会い系サイトをセックス目的で利用する男性にとって、「可愛い女性がいるのか?いたとして、いくら払えば良いのか?」という点が気になるところでしょう。

 

これに関してハッピーメールやPCMAXなどでは、「可愛い子と会いたいなら30,000円以上は必要」と言われていますが…

 

Jメールの口コミをみると、20,000円前後でルックスの良い女性と出会っている男性もいることが分かります。

 

メールの送信に要するポイントが高いJメールですが、女性に渡す金額が少ないのであれば、試してみる価値は十分にあるでしょう。

 

もっとも、どの出会い系サイトであれ、ルックスが良い女性というのは少数しかいません。

 

さらに、プロフィール写真は大幅に加工されています。

 

なので、女性のルックスレベルに関しては、「会ってみるまで分からない」ということを覚えておきましょう。

 

 

悪い口コミ・評判

 

良い口コミが少なかったのとは対象的に、悪い口コミ・評判はネット上にたくさん投稿されています。

 

それらのなかから代表的なものをご紹介します。

 

 

出会えるのは割り切りばかり

 

割り切りしかいないじゃん、しかも初回ほべつ2ゴムあり」

「ここ最近使い始めたけど、10人ぐらいコンタクト取ったけど、全員業者

「業者でない人っている?今から遊ぼはほぼ全員業者」

出典:爆サイ

 

Jメールには割り切り目的の女性が多いとご紹介しましたが、それらの女性のほとんどは援デリ業者だと言われています。

 

それでもセックスできることに変わりはないのですが、「素人女性と出会って恋愛関係に発展させていきたい」という人には期待外れといえるでしょう。

 

 

ポイントゲッターが多い

 

「ここ誰も逢えないよ。業者ポイントゲッターばかり」

「全てポイントゲッターだからポイントなんか買っても無駄」

出典:爆サイ

 

援デリ業者が多いといわれるJメールですが、実はポイントゲッターも大変多いようです。

 

Jメールの女性会員は、男性からのメールに返信したり投稿した動画を視聴されたりすることで、報酬として商品券などに交換可能なポイントを貰える仕組みになっています。

 

この報酬のみを目当てに活動する女性会員のことを「ポイントゲッター」あるいは「キャッシュバッカー」と呼びます。

 

こうした女性は気があるようなメールを熱心に送ってきますが、決してデートをすることはありません。

 

なので、引っかかってしまった男性にとっては単にポイントを失っただけということになってしまうのです。

 

ポイントゲッターはメル友恋愛掲示板の方に大勢いるようですので、Jメールで恋活をしている男性は気を付けるようにしましょう。

 

 

サイトが使いにくい

 

「Jメール、最近アプリ版がかなり刷新したけど使いづらいね」

「最近システムトラブルばっかやな」

出典:爆サイ

 

Jメールのアプリ版はシステムトラブルが多いようです。

 

なかには、「最初の登録ができない」「課金が反映されない」といった意見もあり、安定して操作できる他社のアプリよりも使いにくいと言われています。

 

万が一、何らかのトラブルが発生した場合は、以下の連絡先からサポートセンターに問い合わせください。

 

 

  • 電話:0570-032-280
  • メール:office@mintj.com

 

編集部が実際に利用して検証

 

割り切り目的の女性や援デリ業者ばかりだといわれているJメール。

 

では、一体どのくらいの確率で割り切りや援デリになるのでしょうか。

 

そこで編集部では、実際にJメールを利用し、割り切りや援デリの確率を調べてみました。

 

 

アダルト掲示板の場合

 

Jメール

 

まずは、アダルト掲示板の「今すぐ遊ぼ」というジャンルから検証していきます。

 

検証方法は、「今すぐ遊ぼ」で表示された投稿の一番上から20件目までメールし、そのやり取りのなかで金額を提示されたら割り切りか援デリと判断。

 

逆に、金額の提示がなく、簡単に会うアポがとれたら純粋な出会いと判断していきます。

 

 

アダルト掲示板の検証結果

 

Jメール

 

編集部は「今すぐ遊ぼ」の検索結果上位20件に「こんばんは^^今日これから会えますか?」とメールしてみました。

 

すると、18人から返事があり、そのすべてが「OK」という返事でした。(返事無しが2人)

 

そこで、その18人に対して「何か条件はありますか?」と尋ねたところ、18人全員が金銭を要求してきました。

 

一番安い人で12,000円、一番高い人は25,000円でした)

 

この金額から考えて、セックスありで会うことは間違いないでしょう。

 

つまり、返事のあった18人全員が割り切り・援デリだったということになります。

 

時間帯や地域によって多少の差はあると思いますが、アダルト掲示板の「今すぐ遊ぼ」では、かなりの確率で割り切り・援デリになると考えてよいでしょう。

 

 

メル友恋愛掲示板の場合

 

Jメール

 

アダルト掲示板での検証に続き、メル友恋愛掲示板の方でも検証を行いました。

 

この検証に使用したのは、メル友恋愛掲示板のなかでもっとも真剣に恋活している人が多いと思われる「恋人・友達募集」のジャンルです。

 

 

メル友恋愛掲示板の検索結果

 

アダルト掲示板の時と同様に、検索結果上位20人に「こんばんは^^今日これから会えますか?」とメールしてみたところ、19人から「会えますよ」と返事がありました。(返事無しが1人)

 

その後、「何か条件はありますか?」と尋ねてみたところ、結果は以下のようになりました。

 

  • 割り切り・援デリとして金額の提示があった・・・16人
  • 食事だけという条件で金額の提示があった・・・・1人
  • 既読にはなったが連絡が途絶えた・・・・・・・・2人

 

ご覧の通り、割り切り・援デリが突出して多くなっています。

 

アダルト掲示板の時よりは若干割合が下がるものの、メル友恋愛掲示板にも割り切り・援デリ目的で利用している女性が大勢いるようです。

 

以上のことから、「Jメールは割り切り・援デリばかり」という口コミは概ね正しいということが分かりました。

 

まとめ

 

この記事では、Jメールの口コミや評判を中心に、「Jメールは割り切り・援デリばかり」という噂について検証しました。

 

その気になる検証では、アダルト掲示板、メル友恋愛掲示板共に割り切り・援デリが非常に多いということが分かりました。

 

また、検証中には確認できませんでしたが、Jメールには報酬目当てのポイントゲッターも大勢いるようです。

 

ただし、20,000円ほどの予算があれば可愛い女性とセックスできることもあるです。

 

なので、Jメールは割り切りや援デリが多いと分かった上で利用する分には、遊びやすいサイトといえるのではないでしょうか。

 

\今なら1000円分無料/

Jメール(無料)公式サイトはこちら