イククル 通報

イククルで通報するべき人の特徴と、通報に関する注意点を紹介します!

 

イククルは、ユーザーを簡単に通報できるようになっています。

 

通報内容はイククルのサポートセンターに届き、調査および処分を行ってくれるんです。

 

サポートセンターは24時間365日稼働しているので、いつ通報しても良いんですよ。

 

それに運営も積極的にサイトを見回り、違反者がいれば利用停止処分にしています。

 

イククルは安全な出会い系サイトだ、と言えるでしょう。

 

ただ、必ず利用停止になるわけではありませんし、誰彼構わず通報しても良いわけではありません。

 

そこで、利用停止になるケースと、通報に関する注意点を紹介しましょう。

 

イククルでユーザーを通報する手順まとめ

 

イククル 通報

 

イククルでユーザーを通報するには、まず相手の掲示板投稿画面かプロフィールページかメールボックスかに、アクセスします。

 

各ページの下部に「サポートに通報する」ボタンがあるので、クリックしてください。

 

すると通報に関する説明画面が開かれるので、それを読んだ上で「サポートに通報する」をクリックしましょう。

 

そして通報内容を選び、通報内容の詳細を記載し、「通報する」をクリックすれば通報完了です。

 

通報内容は「他サイトへの勧誘」「他人の画像掲載」などわかりやすくなっていますが、それだけでは運営が判断に迷ってしまいます。

 

運営に対応して欲しいときは、詳細を記載するようにしましょう。

 

たとえば他サイトに勧誘された場合は、次のように通報すると良いですよ。

 

通報内容は「他サイトへの勧誘・広告」にします。

 

詳細には、相手から送られてきたサイトのURLを載せましょう。

 

そうして「最初のメールでいきなりURLが送られ、アクセスしてみると別の出会い系サイトでした」と文章を添えて、通報ボタンを押せば完璧です。

 

通報したらすぐに利用停止になるのか?

 

イククル 通報

 

通報した場合、すぐに利用停止になるとは限りません。

 

通報したときは、サポートセンターが通報内容に基づいて調査を行います。

 

たとえば「他人の画像を掲載している」として通報した場合、それが本当かどうかを調査するんです。

 

それが真実だった場合は、該当者に警告や処分を行います。

 

あまりに悪質でなければ、一度目は警告で済むことが多いです。

 

警告を無視して同じことを繰り返せば、今度は利用停止になります。

 

また、あまりに悪質な行為は警告も通告も行わず、調査後すぐに利用停止になることもあるんです。

 

どちらにしても、サポートセンターが調査を行う時間がかかります。

 

サポートセンターは24時間稼働しているので、何時に通報してもかかる時間は変わりません。

 

こういう人は通報しよう!【利用停止になる行動まとめ】

 

イククル 通報

 

イククルでは簡単にユーザーをサポートセンターに通報できますが、誰彼構わず通報すれば良いというわけではありません。

 

それに、通報しても利用停止にならないケースもあります。

 

そこで、通報したら十中八九利用停止になる、または2度目から利用停止になるケースを紹介しましょう。

 

以下のような人は、迷わず通報することをオススメします。

 

逆に言えば、以下のようなことをすると利用停止になるかもしれないので、気をつけましょう。

 

 

他者に対する誹謗中傷

 

通報画面の「通報内容」に、誹謗中傷という項目があります。

 

それに、利用規約には「登録者や第三者の誹謗中傷、または名誉を傷つける行為」に該当すれば勧告なしに投稿内容の削除や利用停止処分を行う、という記載があるんです。

 

あなたを誹謗中傷したり、他者を誹謗中傷したりしている人を見たら通報しましょう。

 

このとき、メールだと当事者間のトラブルだと判断される場合もあります。

 

最も利用停止になりやすいのは、「掲示板や日記など」に誹謗中傷や他人の名誉を傷つける書き込みをしている場合です。

 

 

個人情報の掲載

 

自分の個人情報を一口コメントや掲示板投稿に載せるのは、規約違反です。

 

イククルはメールのやり取りでポイントを消費する仕様になっています。

 

運営にしてみれば、メールは一番の収益源なんです。

 

プロフィールでLINE IDなどを掲載することを許してしまえば、運営の妨げになります。

 

それに、そもそも誰でも見られるような場所に個人情報を掲載するのは危険ですからね。

 

運営の利益のためにも、ユーザーの安全のためにも、禁止しているんです。

 

もちろん、他者の個人情報を掲示板で晒すのもNGですよ。

 

ただ、仲良くなってから相手と連絡先を交換するのは禁止されていないので、そこは安心してください。

 

 

パパ活・援助交際

 

イククルではお金のやり取りが絡む投稿は禁止されています。

 

利用規約にはないものの、あからさまにパパ活や援助交際をしている人は、見つけ次第利用停止にしているんです。

 

だから掲示板投稿などで金銭の交渉をするのは、NG。

 

メールだと大目に見られていますけどね。

 

ただ、実際にはイククルでパパ活や援助交際をしている人が大勢います。

 

これは隠語を使って隠れ蓑にしているためです。

 

パパ活だと「助けてくれませんか」「サポートしてくれませんか」など、言い回しを工夫しています。

 

援助交際だと「条件」という言葉を使っている人が多いです。

 

 

勧誘や販売など営業目的の利用

 

利用規約に、「勧誘・販売などの営業目的での利用」を禁止するという文面があります。

 

俗に言う「業者」のほとんどが、これに当てはまるんです。

 

援デリはデリヘルの営業目的で利用しています。

 

他サイト誘導業者も他サイトの勧誘目的で利用していますし、ビジネス勧誘業者も名前にある通り「勧誘」や「営業」目的です。

 

これを理由に通報することで、業者を利用停止処分に追い込めます。

 

業者の掲示板投稿は非常にわかりやすいです。

 

援デリは掲示板には「金銭のやり取りは不要」と書きますが、初メールの返信で「最初だけ2万円欲しい」と金銭を要求してきます。

 

この流れを通報内容の詳細に記載して通報すれば、対処してくれるでしょう。

 

勧誘業者はURLを送ってきます。

 

そのURLを記載して「他サイトに誘導された」と通報すれば、対処してくれますよ。

 

考え方を少し変えて「営利目的(金銭を得る目的)がダメ」という捉え方をすれば、パパ活や援助交際もこれに当てはまりそうですね。

 

 

18歳未満との性行為を呼びかける内容の投稿

 

利用規約に「公序良俗、法律、法令に反する投稿」という記載があります。

 

18歳未満との性行為を呼びかける内容の投稿は、これに該当するんです。

 

18歳未満との性行為だけで必ずしも法律上の問題に問われるわけではありませんが、少なくとも公序良俗には反していると考えられますしね。

 

それに、18歳未満との援助交際(児童買春)は禁止されています。

 

そもそも18歳未満の利用は禁じられているので、呼びかけたところで応えはありません。

 

 

イククルの運営や利用を妨害する内容の投稿

 

イククルの運営や利用を妨害する内容の投稿はNGだと、利用規約に記載されています。

 

ただ、少しわかりにくいですよね。

 

運営や利用を妨害する行為というのは、たとえばイククルの運営に不利益になる悪口やデマを流布することを指します。

 

掲示板に「ここはサクラばかり!」と書いたり、日記に「運営クソ」と書いたりするのはダメだということです。

 

視野を広げれば、他にもさまざまな行為が当てはまりそうですね。

 

他サイト勧誘も「利用を妨害している」と捉えることができるでしょう。

 

 

宗教活動や選挙活動

 

イククルにはなかなかいませんが、宗教活動や選挙活動はNGです。

 

掲示板に宗教関係の投稿をしたり、メールで宗教勧誘したりしている人がいれば通報しましょう。

 

イククルで宗教勧誘したところで効果が薄いので、やっている人はほとんどいませんが…。

 

選挙活動なんて、絶対にいませんよね。

 

 

見た人が不快に思うような内容の投稿

 

利用規約に「見た人が不快に思うような内容の投稿はNG」だと書かれています。

 

非常に範囲が広いですよね。

 

何が不快なのかは人によって基準が変わりますし、それをいちいち削除したり利用停止にしたりしていればキリがありません。

 

この項目に関しては、複数人に通報されなければ運営は動かないのではないかと考えられます。

 

掲示板を投稿するときも、メールをするときも、見る人が不快に感じないかどうかを常に考えましょう。

 

通報に関して注意すべきことまとめ

 

イククル 通報

 

通報すれば不快なユーザーや業者を利用停止に追い込める可能性があります。

 

あなたが不適切な行為をすれば、利用停止になることもある…。

 

だけど、通報には注意するべきことがあるんです。

 

通報する際は、以下のことに注意しておきましょう。

 

 

キャッシュバック目的の利用は別に禁じていない

 

イククルはキャッシュバック目的の利用を禁止していません。

 

それに、そもそも「キャッシュバック目的の利用」を証明するのは難しいんですよ。

 

会う気がなくダラダラとメールをしているとしても、「メル友が欲しい」と言われればそれまでです。

 

意図は本人にしかわからないのでそれ以上追求できません。

 

キャッシュバッカーに遭遇して通報したとしても、運営が対処してくれる可能性は非常に低いです。

 

 

個人間のトラブルに関して通報しても意味がない

 

イククルは個人間のトラブルに関しては、対応しません。

 

ほとんどの出会い系サイトがそうです。

 

利用規約を見てみても「こういう投稿がNG」と書かれているだけで、当該行為をメールで行った場合については記載されていません。

 

メールでも悪質な行為は利用停止処分になる可能性が高いですが、イククルは「個人間のトラブルには不干渉」だと決めているので、悪質な行為以外はスルーされます。

 

会ったときのトラブルも同じです。

 

約束をドタキャンされたとか、会ったときになにかのトラブルに巻き込まれたとか…。

 

そういう場合は通報しても無意味です。

 

個人間のトラブルに関しては、通報するよりブロックしたほうが良いでしょう。

 

相手のプロフィールページとメールボックスの下部に、「無視リストに追加」ボタンがあります。

 

それをクリックして「登録」をするだけで簡単にブロックできるんです。

 

ブロックすれば、あなたが解除するまでは2度とあなたにアプローチすることができません。

 

具体的に言えば、メールも送れないしプロフィールも見れないし日記も見れない状態になるんです。

 

また、個人間のトラブル以外でも「利用規約に反していないけど不快だった場合」には、無視リストを活用することをオススメします。

 

通報と無視を上手に使い分けましょう。

 

 

悪質すぎると利用規約違反じゃなくても利用停止になる

 

イククルの利用規約はかなり簡素です。

 

利用規約はあくまでも、こういう行為をすると利用停止処分にする可能性が高いという目安でしかありません。

 

利用規約自体結構あいまいですし、利用規約に書いていない行為や利用規約から想像しにくい行為でも通報された場合に運営が対応する可能性があります。

 

その行為があまりに悪質だった場合は、利用停止になることもあるでしょう。

 

常に、自分のサイト上での行動に注意することをオススメします。

 

 

嘘の通報をしても効果がない

 

先述しましたが、通報をするとサポートセンターが通報内容の真偽を調査します。

 

運営が対応するに値する行為であり、なおかつ通報内容が真実だった場合のみ運営は対応するんです。

 

そのため、嘘の通報をしても意味はありません。

 

相手に嫌がらせをする目的で通報機能を使うことはできないんです。

 

何もしていないのに「通報してやる」と脅されても、安心ですね。

 

それどころか、虚偽の通報を行うと通報者に対し、厳しい処分を行う場合があると、通報する際の説明画面に記載されています。

 

厳しい処分には利用停止も含まれているでしょう。

 

脅されても安心ですが、あなたも嘘の通報ができないということなので、十分に注意してくださいね。

 

利用規約を守りつつ、違反者は通報していこう!

 

イククル 通報

 

イククルで利用停止にならないためには、利用規約を守り、他のユーザーを著しく不快にさせないように気を配るのが効果的です。

 

もし、イククル運営に注意されることがあれば、当該行為を2度と行わないようにしましょう。

 

そして、他のユーザーが利用規約違反をしていたり、悪質な迷惑行為をしていたりしたら、迷わず通報することをオススメします。

 

通報するべき人とそうでない人とを見極め、通報すべき人はどんどん通報し、イククルを健全な出会いの場所にしましょう。