イククル ブロック

【イククルのブロック機能解説】ブロックするべき人の特徴は?

 

イククルは、簡単にブロックできる仕様になっています。

 

プロフィールページとメールボックスの下部に、ブロックできるボタンがあるんです。

 

そこをクリックして「登録する」ボタンを押すだけで、簡単にブロックできます。

 

そこで、イククルでブロックするべき人の特徴や、女性からブロックされてしまう可能性のある行動などを紹介しましょう。

 

イククルの無視リストと見ちゃイヤリストの違い

 

イククル ブロック

 

イククルには、無視と見ちゃイヤとの2つの機能があります。

 

無視リストが、一般的に言うところの「ブロックリスト」です。

 

無視リストに入れた相手は、あなたの掲示板投稿を見ることができなくなり、メールも送れなくなるんですよ。

 

さらにプロフィールや日記なども見えなくなります。

 

言ってしまえば、相手があなたにイククル上でアプローチできなくなるわけです。

 

一方、見ちゃイヤリストはリストに入れた相手があなたの掲示板投稿を見ることができなくなるというもの。

 

制限されるのは掲示板だけなので、メールは通常通り送れますし、プロフィールや日記などの閲覧もできます。

 

ブロックとは性質が異なるんですが、イククルの「ユーザーに制限をかけられる機能」として、ここでは無視リストと併せて語っていくのでご了承ください。

 

イククルで無視リストに入れるべきユーザーとは

 

イククル ブロック

 

イククルは無視リストがブロックリスト扱いになっています。

 

そんな無視リストですが、誰彼構わず入れる使い方はオススメできません。

 

無視リストに入れるべきユーザーだけに絞って、リストインしましょう。

 

イククルでブロックすべきユーザーというのは、次のような人たちです。

 

 

しつこくメールを送ってくる人

 

やり取りをするつもりもないのに、何度も何度もメールをしてくる人がいます。

 

男性ユーザーの方が女性ユーザーより多いですが、女性も男性に対してそういう行為をする人がいるんです。

 

たとえばメンヘラ女性があなたに依存して、しつこくメールをしてくることがあります。

 

一度会ってセックスした女性が、責任を取らせようと何度も何度もメールしてくることもあるでしょう。

 

こういう人がいると、快適にイククルを使えませんよね。

 

メールの通知が鬱陶しいですし、かと言って通知を切ってしまえば本命の相手からのメールにも気づけません…。

 

無視リストに入れてしまいましょう。

 

 

あなたを罵倒してくる人

 

ネット上だから相手を批難したり罵倒したりしてもいい、と思っている人がたまにいます。

 

イククルに限った話ではありませんね。

 

Twitterを見ても匿名なのを良いことに他人を罵倒する人が男女問わずいます。

 

罵倒してくるのは、あなたに落ち度があったからかもしれません。

 

その人にとってあなたの言動や行動、存在が許せなかったのかもしれない。

 

事情がなく、ただただストレス発散に罵倒をする人もいるでしょう。

 

男性をなじって自分の優位性を示す人もいます。

 

そういう人には、何を言っても変わりません。

 

無駄にストレスを抱え込む必要も、相手を変えようと労力を使う必要もないんです。

 

無視リストに入れましょう。

 

 

知り合いかもしれない人

 

イククルを使っていると、知り合いに遭遇することがあります。

 

住んでいる地域か、そこに近く遊べる場所が多い地域で掲示板を投稿したり掲示板を見たりする人が多いでしょう。

 

そうすると、同じ地域に住んでいる知り合いや同じ地域で遊ぶ知り合いに遭遇するのも当然といえば当然ですよね。

 

ただ、知り合いに出会い系を使っていることを知られるのは抵抗があるものです。

 

特に異性の知り合いには…。

 

別に相手が悪いわけではありませんが、知り合いにバレたくないならブロックしておくのが無難です。

 

 

メールの引き伸ばしがひどい人

 

イククルでメールのやり取りをしていれば、ある程度仲良くなった段階で自然と会う流れになるのが普通です。

 

出会い系サイトは通常のSNSとは異なり、会うことを前提としていますからね。

 

だけど、たまにメールを引き延ばしてくる人がいます。

 

お互いのことをまだ知り合えていないなら、お互いに質問をしたり他愛もない話をしたりするのも当然です。

 

それは引き延ばしとは言えません。

 

お互いのことを知るための話題でもなく、結構メールをしているのに会う話には応じず、ただただ中身のないメールを続けようとしてくるのが引き延ばしです。

 

そういう人は、実際に会うつもりはありません。

 

キャッシュバック制度により小遣いを得ようとしている、キャッシュバッカーである可能性が高いです。

 

キャッシュバッカーはポイントを稼ぐために、メールを引き延ばそうとするんですよ。

 

メールを無意味に続けようとしてくる人はどうせ会えないので、ブロックしてしまいましょう。

 

応じるだけ、ポイントの無駄です。

 

 

業者かもしれない人

 

イククルを使っていると、業者に遭遇することがあります。

 

掲示板には「お金要らないよー」みたいに書いてあるのに、メールしてみたら「最初だけ2万円」とお金を要求してくる援デリ業者…。

 

個人情報を聞き出そうとしてくる個人情報収集業者に、仕事の話ばかりしているビジネス勧誘業者もいます。

 

業者かもしれない人は、ブロックしましょう。

 

あなたが「この人業者じゃないか」と気づいてメールを止めたとしても、メールの保存期限が過ぎた後に名前とプロフを作り変えられては気づけず、また引っかかってしまう可能性があります。

 

ブロックしたほうが安全です。

 

イククルの見ちゃイヤリストの活用方法

 

イククル ブロック

 

イククルの見ちゃイヤリストは、掲示板閲覧にだけ制限がかかる機能です。

 

完全ブロックできる無視リストに比べて、使いみちが限定されます。

 

そもそもどういう風に使えばいいのかがわからない、という人もいるでしょう。

 

そんな人のために、見ちゃイヤリストの使い方を簡単に説明します。

 

先述したように、見ちゃイヤリストは相手があなたの掲示板投稿を閲覧できなくする機能。

 

使うべきタイミングは、「今仲良くしてる人がいるけど、掲示板を投稿したいとき」です。

 

見ちゃイヤリストに追加せずに掲示板を投稿すると、相手が不安がります。

 

「私じゃダメだったのかな」「浮気かな?」「誰でもいいのかな?」という風に、思うんです。

 

それがきっかけで会えなくなったり、会った後に関係を継続できなくなったりします。

 

相手とイククルでやり取りをしていたとしても、LINEなどに移行しているとしても、念の為ブロックしておいたほうが安心です。

 

言ってしまえば、見ちゃイヤリストは「浮気バレ防止機能」なんですよ。

 

無視リストに入れられないために【無視される男の特徴】を知ろう

 

イククル ブロック

 

あなたが無視リストに入れるべき人について説明しましたが、もちろんあなたが無視リストに入れられることもあります。

 

そこで、無視リストに入れられないために「こういう人はブロックされてしまう」という特徴を紹介しましょう。

 

 

同じ相手に何度も足跡をつける

 

同じ相手に何度も足跡をつけると、ブロックされてしまう可能性があります。

 

特に、「メールしていない段階で足跡をつけまくる」と危険です。

 

相手からすれば、「この人何度もプロフィール見てるけど、なんでメールしないの? 怖い…」という話ですからね。

 

メールをしていたとしても、あまり何度も足跡をつけるのはよくありません。

 

ただ、プロフィールを見ると足跡が勝手についてしまいます。

 

イククル上に、足跡をつけるのを避ける機能はありません。

 

そこで、プロフィールを何度も読み返せるよう、スクショしておくことをオススメします。

 

その方がポイントもかからず、足跡もつかず安心安全ですからね。

 

 

返信の催促をする

 

返信が遅いからと、催促をするのはオススメしません。

 

相手にも事情があります。

 

初メールの返信が来ないのなら、あなたが相手の求める男性像と違っていたのでしょう。

 

「この人は無いなあ」と思っている人から、返信の催促がくるのは鬱陶しいだけです。

 

催促はせず、素直に諦めましょう。

 

単にメールの返信が遅いだけというケースもあります。

 

返信が遅くなる理由は、「生活があるから」です。

 

相手にも仕事、バイト、学校があります。

 

それらが終わっても付き合いで飲みに行くこともあるでしょうし、趣味に没頭することもあるでしょう。

 

もちろん、家事もありますよね。忙しければ、返信は自然と遅くなります。

 

彼氏でもないのにその催促をするのは、おかしな話です。

 

相手に気遣いがない人だと思われてしまいます。

 

何度もしつこく催促されれば、ブロックもしたくなるでしょう。

 

 

「写真本人?」と聞く

 

イククルには、他人の写真をプロフィール画像に設定する業者がいます。

 

実は業者以外にも、他人の写真を使う人がいるんです。

 

それに騙されたという男性は多いでしょう。

 

そのためか、疑心暗鬼になって女性に直接「写真本人?」と聞く人がいます。

 

だけど、聞いたところで何になるんでしょうか?

 

肖像権を無視して他人の写真を利用するような人が、ちょっと聞かれたくらいで「本人じゃないよ」とは答えませんよね。

 

完全に無意味な質問です。それに、本人の写真を掲載している人にしてみれば失礼すぎる質問ですよ。

 

ブロックされても、何の文句も言えません。

 

写真が本人かどうかを聞くのはやめましょう。

 

疑わしいなら近づかないか、Google画像検索をして検証するかのどちらかをオススメします。

 

 

すぐに連絡先を聞く/すぐに会いたがる

 

出会い系ですぐに連絡先を教える人は、ほとんどいません。

 

すぐに会おうとする人も少ないです。

 

すぐに連絡先を教える人は個人情報収集業者の可能性が高いですし、すぐに会おうとするのも援デリか援助交際かパパ活かの可能性が高いんですよ。

 

一般女性ユーザーは、ある程度男性を見極めてからしか連絡先を交換しませんし、会おうともしません。

 

だからすぐに連絡先を聞いたり、すぐに会おうと言ったりするのは無駄です。

 

それどころか、ブロックされてしまう可能性もあります。

 

無視/見ちゃイヤに関するQ&Aまとめ

 

イククル ブロック

 

イククルのブロック機能・無視と、見ちゃイヤについて語ってきました。

 

ここまで読んでもまだ疑問があるという人もいるでしょう。

 

最後に、無視リストや見ちゃイヤリストに関するQ&Aをまとめてみたので、参考にしてみてくださいね。

 

 

無視リストに入れられたことに気づける?

 

無視リストに入れたときに「無視されました」という通知はありません。

 

ただ、無視リストに入れられたことには普通に気づけます。

 

無視リストに入れられた相手があなたにメールをしようとしたとき、プロフィールを見ようとしたとき、「◯◯さんとやりとりすることはできません」と表示されるんです。

 

その表示が出るのは無視リストに入れられたときだけなので、普通に気づけますし、バレます。

 

だけど、バレたからといってコンタクトが取れないのでどうしようもできません。

 

 

見ちゃイヤリストに入れられたことに気づける?

 

見ちゃイヤリストに入れられた場合、または入れる場合、気づくことはありません。

 

制限されるのは掲示板の閲覧だけですからね。

 

せいぜい「掲示板投稿してないなあ」くらいにしか思いません。

 

気付けるような仕様にしてしまっては、相手に掲示板投稿が知られないようにするという目的を果たせなくなりますからね。

 

 

無視リストに入れられたら弁解・挽回できる?

 

イククルはブロックされたときに弁解できない仕様になっています。

 

「ブロックされた後に一通だけメールが送れる仕様」のサイトもあるんですけどね。

 

そこで弁解することでブロック解除してもらうことも、できなくはありません。

 

それでも結局は相手の意思によるので、絶対ではありませんが…。

 

イククルにはその機能すらないので、完全に不可能です。

 

相手が気まぐれでブロックを外してくれるのを待つしかありません。

 

ブロックされたら、諦めましょう。

 

不快な人はどんどんブロックして快適な環境を作ろう!

 

イククル ブロック

 

イククルは、プロフィールの下部に「無視リストに入れる」「見ちゃイヤリストに入れる」というボタンがあります。

 

メールボックスの下部にも同様のボタンがあるんです。

 

メールをした相手も、メールをしていない相手も、自由に追加できます。

 

不快だと思った人はどんどんブロックして、快適な環境を作れますよ。

 

そして、自分はブロックされないように気をつけて立ち回り、女性との出会いを楽しみましょう!