ハッピーメール 映画

映画ハッピーメールは出会い系アプリが舞台。その口コミや評価は?

映画ハッピーメールは出会い系アプリが舞台。

 

その口コミや評価は?

 

2018年8月25日に公開された映画「ハッピーメール」。

 

元AKB48の野呂佳代さんが主演したことで話題となりましたが、気になるのは出会い系サイトの「ハッピーメール」と名前が同じことです。

 

果たして関連性はあるのか?

 

また、映画の口コミや評価はどうなのか?

 

この記事ではこれらの点について紹介します。

 

\今なら1200円分無料/

ハッピーメール(無料)公式サイトはこちら

 

映画ハッピーメールのキャスト

 

ハッピーメール 映画

 

まずは映画「ハッピーメール」のキャストから紹介します。

 

比較的低予算で制作されたといわれるこの映画。

 

それだけに登場人物も少なめになっています。

 

 

主要キャスト4人は紹介

 

映画「ハッピーメール」には4人の主要登場人物がいます。

 

クセのある人物ばかりですが、一体誰が演じているのでしょうか。

 

 

野呂佳代(相田 楓 役:主演)

 

野呂佳代さん演じる楓はアラサーで人気のカリスマネイリストですが、アニメオタクという一面を持っています。

 

野呂佳代さんは映画初主演でしたが、オタクという難しい役を見事に演じ切っており、口コミでも高評価を獲得。

 

そのおかげか2019年に配信された同名のWEBドラマでも主演を務めています。

 

 

 

 

竹財 輝之助(古川 浩介 役)

 

古川 浩介は医師でイケメンという恵まれた条件ながら、実際には恋愛に不器用な人物。

 

鉄道オタクで自宅に大量の鉄道モデルを持っています。

 

そんな古川 浩介を演じるのは竹財 輝之助さん。

 

「仮面ライダー剣」で俳優デビューし、映画「未来予想図」では女優松下奈緒さんの相手役を務めました。

 

現在ではモデルとしても活躍。

 

「Gainer」「CanCam」「MISS」などの雑誌でその姿をみることが出来ます。

 

 

小林 涼子(久野 あすか 役)

 

久野 あすかは地味なOL。

 

アラサーながら恋人もおらず自宅と会社を行き来するだけの生活を日常を送っています。

 

その久野 あすか役には小林 涼子さん。

 

劇中の地味な人物とは違い、実際には子役でデビューした後、「砂時計」や「魔王」といった話題作に出演。

 

現在では雑誌「ニコラ」のモデルを務めています。

 

 

佐野 和真(山下 慎之介 役)

 

山下 慎之介は地下アイドルの熱烈なファン。

 

すでにアラサーですがなかなか現実の恋に目がいかない男性です。

 

この山下 慎之介を演じるのは佐野 和真さん。

 

渋谷の駅前でスカウトされるほどのルックスと演技力を生かして数々のドラマや映画に出演。

 

若手俳優で結成されたダンスユニット「Jamming Flow」の元メンバーでもあります。

 

 

その他のキャスト

 

主要4人以外のキャストは以下の通りです。

 

  • つるの 剛士(杉林 拓巳 役)
  • リアルアキバボーイズ(山下 慎之介のオタク友達 役)
  • 奥村 秀人(アツシ 役)
  • 吉田 早紀(ルル 役)
  • 池田 裕子(栗本 美沙 役)
  • 北原 帆夏(結花 役)
  • 白石 まゆみ(チカ 役)

 

つるの剛士さんは友情出演となっています。

 

また、オタクを演じるリアルアキバボーイズは本映画の主題歌「Rock&Beat」も担当しています。

 

映画ハッピーメールのあらすじ

 

ハッピーメール 映画

 

映画「ハッピーメール」の舞台は秋葉原。

 

AKBカフェ前、アキバ・ブリッジ、UDXアキバ広場など駅前周辺施設で撮影が行われました。

 

そんな映画「ハッピーメール」のあらすじは、

 

恋に不器用な4人(楓、浩介、あすか、慎之介)があることをきっかけにマッチングサイトを通じて出会い、幸せに近づいたり遠ざかったりを繰り返す…

 

というもの。

 

恋愛が苦手な4人ですがその想いはピュア。

 

そのピュアな想いをユーモアをまじえて描いたラブコメになっています。

 

見どころは各自がマッチングサイト内で送信するメッセージ。

 

心の声や字幕を上手く使って感情がリアルに表現されています。

 

マッチングサイトで恋をしたことがある人ならば共感する部分も多いことでしょう。

 

また、アニメや鉄道、アイドルなど秋葉原でお馴染みのオタク文化も巧みに描かれています。

 

コミカルな映画だけにオタク文化に馴染みのない人でもすんなり劇中の世界に溶け込めますよ。

 

出会い系サイト「ハッピーメール」との関連性

 

ハッピーメール 映画

 

映画ハッピーメールでは主要登場人物の4人がマッチングアプリを通じて知り合います。

 

このマッチングアプリが出会い系サイトの「ハッピーメール」です。

 

主演の野呂佳代さんは出会い系サイト「ハッピーメール」のイメージキャラクターも務めており、現実と映画がリンクした形となっています。

 

また、出会い系サイト「ハッピーメール」を運用する株式会社アイベックが映画「ハッピーメール」に協賛。

 

そのため「ハッピーメールの宣伝のようだった」と感想を述べる人も少なくありません。

 

もっとも、実際の出会い系サイト「ハッピーメール」と映画で描かれるマッチングサイト「ハッピーメール」とではサイトの使われ方に違いがあります。

 

実際の出会い系サイト「ハッピーメール」はセックス目的の男性とお金目当てに売春を行う女性が主なユーザー。

 

つまり、恋愛目的の出会いよりもアダルトな出会い(俗に言う「割り切り」)が多いサイトです。

 

一方、劇中の「ハッピーメール」はマッチングアプリと呼ばれ、実際よりもピュアで真剣に恋活する人用のサイトとして描かれています。

 

ネットを通した出会いの悪い部分も描かれてはいるのですが、それでもかなりクリーンに表現されているのは間違いありません。

 

 

タイミングが悪かった映画ハッピーメール

 

前述のとおり、劇中の「ハッピーメール」はクリーンさを誇張して描かれています。

 

そこには協賛する運営会社のイメージ戦略が見え隠れするのですが…

 

運の悪いことに、制作発表のタイミングで出会い系サイト「ハッピーメール」に関するスキャンダルが公表されました。

 

それは現職の県知事が出会い系サイト「ハッピーメール」で知り合った女子大学生に金品を渡して交際していたというもの。

 

いわゆる援助交際です。

 

女性が18歳以上であったことから法的には問題ありませんが、一般的に決して良いイメージとはいえません。

 

また、出会い系サイト「ハッピーメール」では援助交際は禁止されています。

 

こうしたことから実際のでは出会い系サイトと映画を差別化することとなり、映画の方には「Happy Mail」という英語表記が追加されました。

 

 

映画ハッピーメールの口コミ・評価

 

ハッピーメール 映画

 

野呂佳代さんが初主演だったり実在する出会い系サイトが題材だったりと何かと話題を読んだ映画「ハッピーメール」。

 

実際に鑑賞した人達はどのような感想をもったのか?

 

以下ではその口コミや評価をご紹介します。

 

 

泣ける

 

ラブコメとして作られた映画「ハッピーメール」ですが、意外に多かったが「泣ける」という口コミです。

 

ネタバレになるので詳しくは書けませんが、主人公達が少しずつ成長して迎えるラストが感動を呼ぶようです。

 

 

野呂佳代さんの演技が良い

 

アイドルから女優に転身する人は大勢いますが、演技力に関して酷評されることが多いのも事実。

 

その点、映画「ハッピーメール」での野呂佳代さんの演技は高く評価されています。

 

「自然体だった」「予想以上に上手だった」といった賞賛ばかりで悪い口コミは見当たりません。

 

その他のキャストの演技力に関しても軒並み高評価。

 

そのため安心して鑑賞できる映画といえます。

 

 

低予算な感じは否めない

 

キャストの演技が評価されている一方で、映画としての全体的な仕上がりには不満が出ています。

 

「地方ローカル局の深夜ドラマ」「携帯小説っぽい」といった指摘がいくつもあるのが残念な点です。

 

 

出会い系はこんなに純粋なものじゃない

 

劇中のマッチングアプリ「ハッピーメール」に違和感を覚えた人が多いようです。

 

映画と出会い系サイトの関連性の章でも触れましたが、実際の出会い系サイト「ハッピーメール」は売春がメインのサイト。

 

この点に関する表現が劇中では浅かったことが違和感の原因といえます。

 

 

まとめ

 

この記事では映画「ハッピーメール」についてご紹介しました。

 

実在する出会い系サイト「ハッピーメール」を題材にした映画ですが、実態とは異なる形で描かれています。

 

そのため出会い系サイト「ハッピーメール」を知る人は違和感を覚えているかもしれません。

 

ただし、主演の野呂佳代さんをはじめ、キャスト陣の演技力は高く評価されており、安心して鑑賞できる映画です。

 

映画と出会い系サイトの両方を体験し、あえてそのギャップを楽しんでみるのも面白いですよ。

 

\今なら1200円分無料/

ハッピーメール(無料)公式サイトはこちら