出会い系テクニック

誤解も多い!?割り切りでセックスする方法を紹介

割り切り

割り切りと聞くと、どこかドライな印象を持つ方が多いのではないでしょうか?

確かに、割り切りという言葉の意味には後腐れないという意味もあるのですが、セックスにおける割り切りは人によって捉え方が大きく異なる場合があります。

 

では、セックスにおける割り切りとは一体どのような意味を持っているのでしょうか?

ここでは、割り切りの意味合いや実際にどのようにして割り切りでセックスできるのかについて紹介します。

 

割り切りの意味は?

 

割り切り

 

まずはじめに、セックスにおける割り切りという意味について紹介します。

 

大きく、割り切りと聞くと体だけの関係などという意味と金銭が絡んでセックスするという意味

 

がありますが、主に後者の金銭が絡んでセックスするという意味で割り切りと呼ばれています。

 

体だけの関係と少し似ているのですが、恋愛感情がなくてもお金目当てでセックスする場合も割り切りと呼ばれています。

 

お金目当てと聞くと、ぱっと思い浮かべることが多いのが援助交際です。

 

援助交際と何が違うの?と思うかもしれませんが、似ているようで実は大きな違いが存在しています。

 

最も違うのは、割り切りの場合は個人で行う事が多いのに対し、援助交際の場合は組織が絡んでいることが多いという点です。

 

援助交際では、仲介役がいてお金を払う側の男性と、お金がほしい側の女性を引き合わせて、会ってセックスします。

 

仲介者は、仲介料を徴収して女性側に金銭を支払うスタイルが多いです。

 

割り切りのメリットとデメリットは?

 

割り切り

 

割り切りは、援助交際にも似たスタイルで行われるので、デメリットもあるように感じます。

 

では、割り切りではどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

ここでは、具体的なメリットとデメリットを紹介します。

 

セックスしたい相手を手軽に見つけることができる

 

割り切りの場合、基本的に相手側も金銭を得ることができれば基本的にすぐに出会うことができます。

 

様々な方法で割り切りを希望する女性を見つけることができるのですが、見つけたら比較的セックスするまでに手間がかかりにくいのが特徴です。

 

これが出会い系やオフパコであれば、実際に会ってもセックスまで持ち込めなかったということもあるのですが、割り切りの場合は女性側もある程度の覚悟を持って行っているので、セックスに持ち込める可能性が高まります。

 

また、割り切りで出会った女性はセフレにもうまく発展させやすいという特徴もあります。

 

お互いを干渉せずに関係を持てる

 

どんな真面目な男性であっても、ちょっと脱線したく鳴ることもあるものです。

 

火遊びしたい場合、手軽に関係を持つことができる割り切りはとてもありがたい存在です。

 

また、女性側もあくまでも金銭を得ることができればそれだけで良いので、それ以上の関係を要求してきません。

 

よって、既婚者同士などのリスクの高いシチュエーションでも、比較的安全にセックスをすることができます。

 

女性側にとってはお小遣い稼ぎになる

 

女性側にとっては、割り切りでセックスすることでお小遣い稼ぎをすることができます。

 

セフレの場合は、単にセックスを楽しみたいという方が多いのに対して、割り切りでは金銭が主な目的となっています。

 

後述しますが、一回のセックスでそこそこの金額を得ることができるので、お金に困っている方にとってはとても助かるのです。

 

自分自身で男性を選べる

 

こちらも女性目線でのメリットとなりますが、割り切りであってもやはりセックスする相手をある程度選びたいものです。

 

例えば、風俗で働く場合はお客様がキャストを選ぶことはできても、キャスト側から相手を選ぶことはできません。

 

ただ、割り切りの場合は出会うまでの間にある程度相手を選ぶことができますので、嫌な相手とセックスしなければならないリスクを回避しやすいのが魅力的です。

 

犯罪になる可能性がある

 

割り切りで最も怖いのが、18歳未満の女性とセックスして児童買春となって逮捕されるという点です。

 

相手が18歳以上だと言っても、実際には18歳未満であってセックスしてしうともうその時点でアウトとなります。

 

よって、割り切りする相手は絶対に18歳以上であることを確認した上で行うことが重要です。

 

脅迫などの犯罪に巻き込まれる可能性がある

 

割り切りだけではないのですが、出会い系全般でもセックスビジネスに目をつけた犯罪集団がいるものです。

 

うまくおびき寄せておいて、セックスした後に見知らぬ方が登場して因縁を付けられて、そのまま金品を奪われるという犯罪も少なくありません。

 

もし、既婚者であったり立場ある男性である場合は、ゆすりの材料となって単発ではなく継続的に脅迫されてしまうというケースもあります。

 

割り切りの場合、金銭が絡んでいるという事もあって、警察等にも相談しにくいという側面もあります。

 

これを逆手に取って、犯罪集団はより強い脅迫を行ってきます。

 

完全に個人間で行う割り切りであればよいのですが、少なからず犯罪に巻き込まれるリスクがある点は注意が必要です。

 

売春と判断される可能性がある

 

個人間で行う割り切りの場合は、刑事処罰に該当する行為ではありませんが、そこに第三者が絡むことで売春と判断されてしまうリスクがあります。

 

売春の場合は、男性側だけでなく女性側も犯罪者になるので、要注意です。

 

割り切りの具体的な実施方法

 

ここでは、割り切りを行うための具体的なステップについて解説します。

 

しっかり理解して行うことで、トラブルなく割り切りすることができます。

 

割り切りできる女性を探す場所を探す

 

割り切り

 

世の中には、割り切りを希望している女性が数多くいるのですが、その女性と出会うことができなければ割り切りを行うことはできません。

 

よって、まずは割り切り女性を探す場所を見つけることが重要となります。

 

主な割り切りの女性を探せる場所としては、次のようなところがあります。

 

出会い喫茶

 

割り切り女性を目の前にしながら、自分好みの女性を選べる出会い喫茶は割り切りにおいて人気のスポットです。

 

出会い喫茶では、男女が別々の控室にいて、マジックミラー越しに女性を選ぶことができます。

 

出会い喫茶は、男性側は有料となりますが、マジックミラーは女性側からは見ることができず、あくまでも男性側のみがチェックできます。

 

お気に入りの女性がいたら、男性側から指名してツーショットで会話できます。

 

この会話の流れから、割り切りでセックスすることが可能となっています。

 

SNS

 

オフパコなどでも頻繁に活用されているのがSNSです。

 

SNSでは、性的な目的ではなくても利用できるのですが、割り切りするためだけに利用しているというユーザーも多いです。

 

その場合、正規アカウントではなく裏アカウントと呼ばれるものを所有している場合が多いです。

 

主なツールとしてはツイッターがありますが、最近ではLINE掲示板も用いられることが多いです。

 

LINE掲示板は、不特定多数のユーザーとやり取りできるものであり、広く割り切りしたい方を募集する事ができます。

 

ただ、不特定多数という点がデメリットにもなり、犯罪集団のターゲットとなったりするリスクもあります。

 

出会い系サービス

 

出会い系サービスの中でも、割り切り関係を持ちたいというユーザーを見つけることができます。

 

基本、出会い系サービスでは年齢確認を徹底してるので、援助交際に発展しにくいという点が魅力的です。

 

ただ、サクラも多くそもそもセックスにまで持ち込むことがかなり大変であり、また費用がかかるというのも難点です。

 

コミュニケーションを取って相手との距離を縮める

 

割り切り

 

いくら割り切りの関係であったとしても、女性側にとっても性病や中だし、未払いなどのリスクがあるのである程度素性を知った上で割り切りしたいという方が多いです。

 

よって、しっかりと女性側とコミュニケーションを取っておくことが重要です。

 

SNSなどの不特定多数にコミュニケーションを取るのではなく、ダイレクトメッセージなどの個人間で様々な話題で盛り上がると、ぐっと相手との距離が縮まります。

 

ただ、恋愛と違って割り切りの場合はさほど深入りしすぎない方ががうまくいく傾向にあります。

 

実際に割り切り可能かを見極める

 

割り切り

 

ある程度、相手も割り切りを希望している場合であっても、ドタキャンされるという場合もあります。

 

よって、コミュニケーションを取る中で割り切りを本気で望んでいるかどうかをチェックすることが重要です。

 

さり気なくエッチな話題を振ってみて、ノリ具合などでチェックすることができます。

 

もし本気度が高そうならば、実際に会うことを提案しましょう。

 

それでノッてくればかなり芽があると言えますが、ただ冷やかしの場合もあるので注意してください。

 

会ってセックスする

 

割り切り

 

お互いが相思相愛の状態であれば、後は実際に会ってセックスすることになりますが、ラブホテルを利用する場合は基本男性持ちで費用を負担することになります。

 

ホテルで身支度をして、いざセックスをすることになりますが、注意したいのが金銭を渡すタイミングです。

 

通常、セックスが終わった後に渡すのが一般的ですが、女性側にとってはやり逃げされるのを嫌って先払いを求めてくる可能性があります。

 

その要求に応じて先払いした場合、逆にお金を持ち逃げされるというケースも想定されます。

 

女性の様子などを伺いつつも、基本は後払いとするのが無難です。

 

金銭の相場は?

 

割り切り

 

割り切りする上で悩むポイントとして、金額があります。

 

女性側から30Kで…と持ちかけられても、それが高いのか安いのかが分かっていなければ意味がありません。

 

基本的に、割り切りにおいては15,000円から30,000円が相場となっています。

 

ただ、明確な決まり事はないので値切ったりすることも可能です。

 

ただ、セックスした後に決めるのではなく、ある程度事前に交渉した上で支払うようにしてください。

 

プレイ内容によって相場が異なる

 

割り切りでは、セックスではなく前戯だけ行ったり逆にSMなどのハードプレイを行う場合もあります。

 

フェラチオだけの場合は「〇〇プチ」などの隠語が用いられることが多く、ホテルではなくネットカフェなどで行う場合もあります。

 

フェラチオだけであれば、10,000円程度とリーズナブルな価格で割り切り可能です。

 

SMプレイはかなりハードな内容を含めることも多いので、通常の割り切りよりも価格が上昇する傾向にあります。

 

高い場合は40,000円程度が相場となっていて、セックスだけの割り切りよりも高くなります。

 

更に、スカトロなどのハードプレイを含む場合、更に上昇し手50000円程度が相場となってしまいます。

 

その他では、3Pなどの複数プレイはより高く80,000円程度かかります。

 

但し、そもそも割り切りは密かに行うもので、3Pでの割り切りを募集してくる女性は援交デリバリー業者である可能性もあるので、注意が必要です。

 

まとめ

 

割り切りは、男性側にとっては金銭的負担がかかりますが、通常の出会い系やオフパコ以上にセックスまで持ち込みやすいという特徴があります。

 

一方で、形的に援助交際となってしまう可能性もあるので、慎重に行うことをおすすめします。