出会い系テクニック

床上手な女性の特徴を徹底解説! 床上手になる素質のある人とは?

床上手 女性 特徴

セックスには、上手い下手がありますよね。

 

「床上手」という言葉があるくらいですから、セックスが上手い女性は男性にとって需要が大きいのでしょう。

 

「床上手になりたい」と思う女性もいるかもしれません。

 

男性は床上手な女性を探したい、と思うことがあるでしょう。

 

そこで、床上手な女性の特徴を徹底的に解説していきます!

 

そもそも床上手って何? どういう人を言うの?

 

床上手 女性 特徴

 

床上手って、今はあまり使わない言葉ですよね。

 

使うにしても、その定義などをあまり知らずに使っている人も多いのではないでしょうか。

 

まずは、床上手の意味を正しく理解し、床上手の女性の魅力について再確認しましょう。

 

 

床上手の意味と定義

 

床上手とは、「床あしらいが上手なこと」「閨房の技術があること」だと辞書では定義づけられています。

 

さらに、床あしらいが上手な様や人も指す言葉でもあるとのことです。

 

まあ辞書の定義は小難しいので、簡単にするために言葉を分割して見ていきましょう。

 

床には、「寝床」という意味があります。

 

病気などで寝込むことを「床に伏せる」とも言いますよね。

 

現代的に言えば「ベッド」です。

 

上手はそのままで「達者なこと」ですよね。

 

さらに、床あしらいというのは遊女などに対して「床での客のあしらいがうまいこと」を指す言葉です。

 

そして、閨房は寝室を指します。

 

これらを合わせて考えると、床上手とは「セックスの技術が達者であること」「ベッドでの振る舞い方が上手いこと」「ベッドでの異性の喜ばせ方がうまいこと」だと言えるわけです。

 

ただ単にエロいとかセックスが気持ちいいとかではない、ということを念頭に入れておきましょう。

 

 

なぜ「床上手」と言うのか

 

床上手という言葉は、江戸時代にはあったんです。

 

江戸城には「大奥」という場所がありました。

 

大勢の女性がいる、男子禁制の区画です。

 

ある程度の身分のある女性と、将軍家の子女、それらの御殿女中たちが生活していました。

 

大奥にいる女性の中には、将軍に夜のお相手に選ばれる人もいたんです。

 

将軍の相手をしに行くことを「床の間に行く」と言いました。

 

女性たちは将軍に呼んで貰えるようになろうと、テクニックを磨いたんですよ。

 

それは大奥の中では必要なスキルとして発展し、ゆくゆくは「嫁入りのスキル」と見なされるようになっていきます。

 

そういうところから、セックスの技術が達者な人のことを床上手と呼ぶようになったそうです。

 

 

床上手の女性のどこがいいのか

 

床上手な女性の魅力は、さまざまです。

 

まずは、単純にセックスが気持ちいいこと。

 

人一倍テクニックがあるので、何度もイカされそうになります。

 

一度床上手な人を抱くと、なかなか離れられなくなるほどの求心力があるんです。

 

さらに、床上手な女性は男性を立てるのも上手なんですよ。

 

単にテクニックがあるだけでなく、振る舞い方や喜ばせ方が上手いのが床上手ですから。

 

うまく甘えてくれますし、褒めてくれるので、精神的充足感も得られます。

 

肉体的・精神的両面から満たされるのが、床上手の女性の最大の魅力ではないでしょうか。

 

【注意!】床上手な女性の特徴に、外見は関係ない

 

床上手 女性 特徴

 

これから床上手な女性の特徴を紹介していきます。

 

その前に、ひとつ知っておいてほしいことがあるんです。

 

ネットで床上手な女性の特徴を調べると外見的特徴がたくさん挙げられているのがわかりますが、実際のところ、床上手な女性の特徴に外見は一切関係ありません。

 

ネットで挙げられている外見的特徴は、たとえばこんな感じです。

 

  • スタイルが良い
  • ぼってり唇
  • 美人すぎない
  • 胸が大きい
  • 肌がしっかり手入れされている
  • 大人っぽい

 

これ…男性から見てエロく見えるだけなんですよね。

 

床上手がスタイルが良いとは限りませんし、ぼってり唇も関係ありません。

 

ぼってりしている人は、エロくてもエロくなくてもぼってりしています。

 

床上手はベッド上での男性のあしらい方がうまい人であり、男性の主観的に見てエロい人ではありません。

 

「あしらい方がうまいかどうか」は、外見でははかれませんよね。

 

性格や行動なども一概には言えないものの、少なくとも若干の根拠くらいは示せます。

 

外見に関しては根拠も何もありませんので、外見で女性を床上手かどうか判断するのはやめましょう。

 

また、床上手になりたい女性は、外見を磨くのも大事ですが、中身を磨くことも忘れずに…。

 

床上手な女性の特徴【性格・メンタル編】

 

床上手 女性 特徴

 

床上手な女性の特徴として、性格やメンタル関係のものがいくつか挙げられます。

 

こういう性格やメンタルをしている人は、床上手である可能性があり、床上手になれる素質があると言えるのではないでしょうか。

 

 

献身的

 

献身的な女性は、床上手の素質があります。

 

床上手というのは、男性を喜ばせる技術が高い人や状態を指す言葉ですから。

 

男性に尽くしたいという願望がある人や、なぜだかいつも好きな人には尽くしがちな人は床上手になりやすいんです。

 

それはベッドの上だけとは限りません。

 

普段から女性のことをしっかり観察すると、献身的かどうかはわかります。

 

自分のことよりも他人のことを優先させていたり、嫌な顔ひとつせず飲み会で他人を立てたり…そういうところをしっかり見ましょう。

 

 

好奇心が旺盛

 

好奇心が旺盛な人も、床上手になりやすいです。

 

好奇心が旺盛な人は、さまざまなことを知りたがります。

 

わからないことがあるとわからないままにせず、自分で調べたり人に聞いたりするんですよね。

 

さらに言えば、体験できることであれば体験しようとします。

 

それは性に関しても同様です。

 

思春期の頃から好奇心が旺盛だった人は、性に関する疑問や興味が湧く年頃になると自分で調べようとします。

 

性に関する興味関心の大きさは、意外と男女差があまりありません。

 

当時体験できる自慰行為などはそのとき体験し、大人になってからも好奇心が尽きなければセックスに関してもさまざまなことを試しているのではないでしょうか。

 

そうして試すうちに床上手になるのは、自然なことですよね。

 

 

適応力・順応性が高い

 

高い適応力や順応性を持つ人は、大抵のことをそつなくこなします。

 

最初は人並みに不出来ですが、知識を得てやり方を心得た後はすぐに対応するんですよね。

 

仕事場にも、趣味の場にもそういう人がいるでしょう。

 

性に関しても、それを教える人がいれば、高い適応力や順応性を持つ人はその技術に適応していくのではないでしょうか。

 

 

ノリが良い

 

ノリが良い人は、人と一緒に楽しむ意識が高い人だと言い換えることができます。

 

一緒にいる誰かと楽しみたい、精一杯盛り上がりたい。

 

そう思うからこそ、相手のノリに合わせたり自らテンションを上げたりして、行動できるんです。

 

本当にノリが良い人は、ノリが悪い人とも案外うまくいきます。

 

この「一緒に楽しもう」という意識がベッドの上にも向けられているのであれば、その人は床上手になる、または床上手である可能性が高いです。

 

自分が気持ちよくなることを前提に、相手も気持ちよくなってもらおうと考えますからね。

 

そのために自分にできることを精一杯やるから、男性を喜ばせることができるのではないでしょうか。

 

 

自分の仕草などに対するこだわりが強い

 

自分の仕草や振る舞い方などに対して、とてもこだわりが強い人がいますよね。

 

こだわり方は人それぞれで、綺麗な所作を目指す人もいれば、男勝りな振る舞い方を目指す人もいます。

 

いずれにせよ、自分自身のキャラクターや世界観があり、それに沿った仕草や振る舞い方・生き方をしようとしているわけです。

 

それはおそらく、ベッドの上においてもそうではないでしょうか。

 

セックス中も自分が思う振る舞い方や仕草を研究し、それを実践する…。

 

もちろん、その全てが男性が喜ぶものではないかもしれませんが、少なくとも男性ウケを意識して振る舞い方を研究している人は男性が喜ぶ振る舞いをするでしょう。

 

そういう人は、床上手だと言えるのではないでしょうか。

 

床上手な女性の特徴【行動編】

 

床上手 女性 特徴

 

床上手な女性の特徴は、行動にも表れます。

 

性格と同じく一概には言えないものの、こういう行動をする人は床上手である可能性が高く、床上手になる素質があるのではないでしょうか。

 

 

上手に甘えるし、甘えさせる

 

女性に甘えられると嬉しいという男性は多いでしょう。

 

逆に、自分が甘えたいときにさりげなく甘えさせてくれる女性にも男性は好感を抱くものですよね。

 

特に甘えたいときに素直に「甘えたい」と言える男性は少数派でしょうし、女性主導で男性のプライドを傷つけずに甘えさせられる女性は、男性にとってありがたいものです。

 

日常的にも、セックスのときにも…。

 

上手に甘えられるし甘えさせられる女性は、男性の変なプライドやダメさ、感情表現・言外の意思表示方法などをよく知っています。

 

そうでなければ、上手に甘えることも甘えさせることもできません。

 

だから、男性を喜ばせるための技術もあるのではないでしょうか。

 

 

人のことをよく見ている

 

床上手な女性は、人のことをよく見ている人が多いです。

 

人付き合いは相手があってのものですよね。

 

相手のことをしっかり見て相手がどう感じているのかに思いを巡らせなければ、上手に人と付き合えません。

 

セックスでも同じことです。

 

男性に愛撫しているとき、男性がよく感じている場所や触り方を探るため、相手をしっかり観察しないといけません。

 

そうして観察する人は愛撫しているとき以外も、相手をしっかり観察して相手の喜びそうなことを考えるんです。

 

だから、床上手な女性は人のことをよく見ています。

 

 

経験豊富

 

単純な話ですが、経験が無いと床上手にはなれません。

 

何に関してもそうですが、知識だけあっても意味がありませんよね。

 

仕事も知識を得てから実践し、経験を重ねていくことで身につきます。

 

知識だけあっても実践方法を知らなければ、何もできません。

 

床上手な女性は、ほとんどが経験豊富です。

 

特定の男性と回数を重ねてきた人、または複数の男性と体を重ねてきた人が床上手になります。

 

 

ボディタッチのタイミングが上手い

 

女性からのボディタッチに、男性は少なからずドキッとします。

 

些細なボディタッチでも、タイミングが絶妙ならついついドキドキするし、ドギマギもするし、嬉しくなっちゃうんですよね。

 

ボディタッチは、タイミングが命です。

 

さりげなく、効果的な場面でボディタッチしてこそ男性は喜びます。

 

そのタイミングを知っていて実践するのが上手い人は、男性を喜ばせるツボを知っているんです。

 

つまり、床上手である可能性が高いということではないでしょうか。

 

 

日常的に「演じている」

 

男性はあまり日常的に演じることはないでしょう。

 

あるとしても、仕事のときに本音を隠して愛想よくするくらいですよね。

 

一方女性は、結構日常的に演じている人がいます。

 

誰に対しても愛想よくしたり、嫌なことがあっても顔色を変えなかったり、関わる人によってキャラクターを大幅に変えたりするんですよ。

 

友達相手にだってそうですし、恋人にだってそうです。

 

恋人と一緒にいるときの顔と、友達と一緒にいるときの顔、仕事の顔、店員に向ける顔、タクシー運転手に向ける顔…。

 

たくさんの顔を持っています。

 

友達と一緒にいるときの顔なんて、「誰といるか」によっても変わったりしますしね。

 

そういう「演じている」女性が本当に素になるのは、一人で居るときと結婚後くらいです。

 

日常的に演じている女性には、さらに「夜の顔」もあります。

 

セックスをしているとき特有の甘い空気感などを出そうと、演じているんです。

 

どうして演じるのかというと、相手を喜ばせるためであり、自分が快適に過ごすためでもあります。

 

だから演じている女性は、床上手である可能性があるんです。

 

床上手は人の素質にあり! なるのは難しいが探すのは難しくない

 

床上手 女性 特徴

 

これまで床上手の人の特徴を性格・メンタル、行動に分けて紹介してきました。

 

結局のところ、床上手になるかどうかは素質なんですよね。

 

献身的だったり好奇心旺盛だったりするから夜の技術を学び、床上手になります。

 

普段から男性のことを意識して行動するから、床上手になるんです。

 

小手先の性技だけなら身につけるのは簡単ですが、本当に床上手になろうとすると難しそうですよね。

 

ただ、男性が床上手な女性を探すのは難易度が比較的やさしいです。

 

床上手な女性の特徴に当てはまる人を探し、アタックをかけ、セックスに持ち込みましょう。

 

そうすれば、床上手な女性と出会える可能性は高くなりますよ。