出会い系テクニック

【タイのセックス事情】タイ女性は生が基本? タイ女性とセックスする方法も紹介

タイ セックス

タイは性にオープンだ、とネットなどでは言われています。

 

実際、かなり幅広い風俗がありますし、アジアだけでなく世界中から風俗目的で人が来る国なんですよね。

 

じゃあタイの女性のセックスはどんな感じなのか…?

 

今回はそんなタイのセックス事情と、タイ女性のセックスの特徴、タイの風俗の種類について紹介していきます!

 

タイ女性のセックス事情を詳しく紹介します

 

タイ セックス

 

タイのセックス事情について調べると、「タイの女性は生セックスが基本」というパンチのある言葉が目に飛び込んできます。

 

その真偽と理由を、さまざまな観点から説明しましょう。

 

 

タイ女性は生でセックスする人が多い

 

タイ女性は生セックスすることが多いというのは、本当です。

 

風俗だとゴム装着が基本だったりしますが、プライベートのセックスだと生も多いんですよ。

 

生じゃなきゃ嫌だという趣向の人が多いというよりも、ゴムの有無は気にしていないという感じです。

 

その証拠となるような話などを、これからじっくりと語っていきます。

 

 

タイは10代女性の妊娠率が高い

 

タイ保健省の副大臣によると、タイ女性の初体験の平均年齢は、15歳~16歳だということです。

 

これ自体はそんなにおかしな話ではないでしょう。

 

中3~高校生ということなので、日本でもこれくらいの年齢なら初体験を済ませていても不思議ではありません。

 

問題なのは、コンドームの使用率です。

 

15歳~16歳で初体験を済ませたタイ女性のうち、コンドームを使用したのは55%となっています。

 

約半数の女の子は、ゴムを着けずにセックスしているわけです。

 

実際、タイはアジアで最も10代の妊娠率が高い国なんですよ。

 

タイ保健省の統計によると、2012年には80万人の新生児が生まれたそうです。

 

この80万人中13万人が、15歳から19歳が生んだ子でした。

 

タイの出生率自体は下がっているものの、未成年者の妊娠経験は増えており、問題になっているんですよ。

 

このことからも、タイ女性がコンドーム着用の有無をあまり気にしていないことがわかりますね。

 

 

タイは性教育が殆どないし、規制も激しい

 

タイは性教育が、かなり遅れています。

 

日本でも、性教育については度々議論されますよね。

 

子供にわざわざ性的知識をつけさせて興味を呼び覚ますのはいかがなものか、と消極的な人も未だ多いです。

 

近年は逆に、未成年の妊娠を防いだり性犯罪を抑止したりするために、早めにしっかりとした性教育を受けさせるべきだという論調が強まっています。

 

タイではどうか…。

 

タイは、前者の「消極的な考え」が主流です。

 

テレビで女性の肌にモザイクをかけたり、アニメで露出の激しい服装をしている子に対して規制をかけたりしています。

 

保健体育の教科書でも、日本だと男女の体の違いや二次性徴に関することをイラストで表現していることがありますが、タイだと全くありません。

 

日本は「適した年齢になったら、最低限の知識はつけさせる」という性教育をしていますし、性表現の規制についても「ゾーニング」という手段が用いられていますよね。

 

タイは「最低限必要な教育」さえ、されているとは言えません。

 

だから、コンドームの必要性を理解する前に性に興味を持ってしまい、行為に及んでしまうわけです。

 

 

タイ人男性がゴムを使いたがらない

 

海外だと、コンドームがコンビニなどでどこでも買えるわけではないというケースも、結構あります。

 

日本は、本当にどこでも買えますよね。

 

コンビニ、ドラッグストア、ドンキなどなど…。

 

さまざまな種類のコンドームが買えます。

 

一方、ピルは手軽には手に入りません。

 

だから妊娠予防のためにコンドームを使うのが主流ですし、無ければすぐ買いに行けるので、無いからと言って生でセックスすることは避けようとする人もいます。

 

タイはどうかというと…。

 

タイも、コンビニでコンドームが普通に手に入るんです。

 

ただ、タイの男性がゴムを使いたがらない傾向があるんですよ。

 

理由は、息子のサイズがバレるのが嫌だからです。

 

要は男のプライドを守るため、ですね。

 

しかも、タイは日本よりピルが手に入りやすいんです。

 

だから、ゴムじゃなくてピルを使えばいいかという思考になるんですよ。

 

日本人とタイ人とは親和性が高いそうですが、性事情は結構違いますね。

 

生セックス万歳と思うかもしれませんが、さまざまな事情が複雑に絡まりあった結果なので、あまり手放しには喜べないでしょう。

 

もし、リスクを避けたいと思うなら、タイ人女性とセックスするときにはコンドームを持参したほうが良いかもしれません。

 

タイ女性のセックスの特徴まとめ

 

タイ セックス

 

タイは生セックスをする人が多いということを、さまざまな観点から語ってきました。

 

それ以外のタイの女性のセックス事情を、これからじっくりと、かつ簡単に紹介していきます。

 

 

回数が多い

 

タイ人女性は、かなりタフです。

 

1週間のセックス回数が、とても多いんですよ。

 

平均で週15回だというのだから、驚かされます。

 

週15回ということは、毎日するとしたら1日2回以上という計算に…! 凄いですよね。

 

女性の性欲と体力もそうですが、それに応えるパートナーも凄いです。

 

ドエロイなあと思うかもしれません。

 

実際、ワンナイトでセックスする分には性欲が強いのは大いに結構なことですよね。

 

だけど付き合うとなると、大変そうです。

 

連続で複数回することもありますし、朝に1回、夜に1回と分けることもあります。

 

特に朝に求められると大変ですよ。

 

仕事がある日でも、普通に朝から求めてきますから。

 

絞り尽くされないよう、精のつく食事をしなければ身が持ちません。

 

 

恋愛において「セックス」を重視する

 

タイの女性は、恋愛においてセックスをかなり重要視します。

 

実際、恋愛において体の相性は大切ですよね。

 

それを見極めるため、付き合う前にセックスするという人も日本には結構います。

 

だけどそれは「セックスができることが大事」というより、「好きになった人と体の相性が良いか確かめたい」という気持ちのほうが強いでしょう。

 

タイの女性は、少し違います。

 

セックスの相性が良い人と付き合いたい、という気持ちが強いんです。

 

顔? 性格? それより体だ、という感じですね。

 

そのためか、離婚理由に「セックスレス」を挙げる人が多いんです。

 

とことんセックスに貪欲だ、ということですね。

 

 

セックスは淡白だけど本能的

 

回数が多く、恋愛において体の相性を何よりも大事にする傾向があるタイの女性…。

 

これだけ性に貪欲だと、セックスはかなり情熱的なのではないかとイメージしてしまう人もいるでしょう。

 

だけど実際は、淡白です。

 

1回のセックスにかける時間は、短くて10分程度だと言われています。

 

長くても20分程度です。

 

イギリスの大人の玩具メーカーが調査したところによると、世界の男女カップルの平均セックス時間は19分とのこと。

 

前半10分が前戯で、後半9分が挿入から射精までにかける時間だそうです。

 

日本は20分程度で終わるのが35%程度で、30分以上1時間未満が37%程度だと言われています。

 

タイは10分から20分なので、日本と比べるとかなり短いですね。

 

全世界と比べると「少し短いくらい」でしょうか。

 

さらに、タイの女性は愛撫に時間をかけてほしいとか、色んな体位をしたいとか、そういうことは考えない傾向があります。

 

タイの女性が最優先しているのは、イクことです。

 

そのため、イクことだけをとことん追求したセックスになります。

 

セックスに愛情表現などはあまり求めないため、淡白になりがちなんです。

 

だけど、イクことだけを追求するため本能的ではあります。

 

イクために自分から動いたり、相手に要望したりするんです。

 

ワンナイトでセックスするなら淡白だけど本能的というのは、楽しそうですよね。

 

 

自己中心的で奉仕はしたがらない

 

タイ人女性はセックスにおいてイクこと、つまり自身の快楽を重要視するということでした。

 

そのためか、タイ人女性は少し自己中心的なところがあります。

 

男性に奉仕するようなことは、あまりないんです。

 

フェラなどは、あまりしてくれません。

 

だけど自身は濡らすために短めの前戯を要求してくるんですよ。

 

ただ、風俗で働いている女の子や個人の売春婦は、結構しっかり奉仕してくれます。

 

そこは仕事だからということで、割り切っているのでしょうね。

 

タイ女性とセックスする方法まとめ

 

タイ セックス

 

ここまで、タイ女性のセックス事情をあれこれ語ってきましたね。

 

淡白だけど本能的で、回数が多くセックス重視の恋愛をする…。

 

そして、ゴムの有無を気にしないということでした。

 

じゃあそんなタイ女性とセックスする方法は? ということで、タイの風俗について紹介します。

 

 

ゴーゴーバーに行く

 

タイの風俗と言えば、ゴーゴーバーです。

 

店内には大きなステージがあり、ステージ上ではセクシーな衣装で躍る女性がいます。

 

店によって下着だったり全裸だったり上裸だったり、さまざまです。

 

踊っていない女の子はフロアを巡回しています。

 

気に入った女の子を自分の隣に座らせることも、可能です。

 

お酒も楽しめます。

 

大胆なショーパブみたいなものですね。

 

それだけでなく、ゴーゴーバーでは女の子を持ち帰ることができます。

 

持ち帰るタイミングは、特に決められていません。

 

ゴーゴーバーは基本的に時間制ではないので、ワンドリンクでずっと店内にいることもできます。

 

好きなタイミングで気に入った子を連れ出し、セックスできるんです。

 

ショートだと2時間程度、ロングだと朝まで一緒にいられます。

 

料金相場は、以下の通りです。

 

  • ビール1杯:120THB~150THB(約420円~520円)
  • レディースドリンク:200THB~220THB(約700円~760円)
  • ペイバー:700THB(約2400円)
  • ショート:2000THB~3000THB(約7000円~1万円)
  • ロング:3500THB~5000THB(約1万2000円~1万7000円)

 

ペイバーというのは、持ち帰る際に店に支払う料金です。

 

つまり、ショートなら約1万円から1万2,400円かかるということですね。

 

 

マッサージパーラーに行く

 

マッサージパーラーは、日本で言えばソープに近いです。

 

店に入ると、女の子が目の前に並んでくれます。

 

並んでいる女の子の中から直接指名して、プレイルームに移動してセックスするわけです。

 

セックスする前に軽くマッサージを受けることが多く、身も心も癒やされます。

 

女の子のレベルはゴーゴーバーのほうが高いですが、平均くらいはありますよ。

 

ゴーゴーバーに比べると「普通の子が働く」という印象があります。

 

中にはモデル並の子もいるので、じっくり選ぶのが肝心です。

 

ただ、女の子のレベルによって料金が変わるので注意しましょう。

 

相場は、90分2,000THB(約7,000円)です。

 

ゴーゴーバーと比べると少し割高感がありますが、サクッとセックスしたいときには重宝しますよ。

 

 

テーメーカフェに行く

 

テーメーカフェは、簡単に言えば出会いカフェです。

 

日本にも出会いカフェがありますが、日本とは少し違います。

 

日本だとマジックミラー越しに女の子を選び、指名すると二人きりで話すことができるという感じですよね。

 

テーメーカフェは、ひとつのフロアに男女が入り乱れています。

 

酒を注文してウロウロしながら女の子を物色する男がいたり、逆に男を物色する女の子がいたり…。

 

結構カオスな空間です。

 

ここに来る女の子は、十中八九個人売春婦となっています。

 

出会いカフェと言いつつ個人売春の温床となっているのは、日本と同じですよね。

 

個人なので美人も普通の子も、地雷っぽい子も入り乱れています。

 

ただ、ゴーゴーバーなどに比べると素人感が強い子が多いので、素人感のある女の子と遊びたいときには重宝しますよ。

 

料金は交渉次第ですが、相場は2,500THB(約8,700円)です。

 

タイ女性のセックス事情まとめ

 

タイ セックス

 

タイ女性は生セックスが多いというよりも、ゴムの有無にこだわらないと言ったほうが正しいです。

 

性教育がほとんどされていないような状況で、ゴムの必要性を理解しないまま性に興味を持ち、ゴムを気にしないのが当たり前になっています。

 

若い子ほど、その傾向があるんです。

 

風俗だとゴムありが基本ですが、ゴムが切れれば生でも良いやと考える子も多いんですよ。

 

生セックスに期待するのも良いですが、スマートに遊ぶならゴムを持参したいところです。

 

日本にいながらタイ女性と確実にセックスする方法は無いに等しいので、タイ女性とセックスしたいならタイの風俗に行くと良いでしょう。

 

セフレを作る最適なおすすめアプリ

海外の風俗はとても楽しいし、外国人とのセックスも楽しい…。だけど、欲を言えばあまり金をかけず、日常的にセックスできれば…と思うときもあるでしょう。そういうときにセフレがいれば、相手に困りません。

そこで、セフレを作りたい方や即日会いたい方向けに、おすすめのマッチングアプリ・出会い系アプリを紹介します。

紹介したアプリはどれも遊び・セフレ目的のユーザーが多く、運営実績が長い有名なサービスなので絶対登録しておいて間違いありません!

PCMAX

PCMAX

PCMAXは運用歴20年を超える老舗サイトで、1,500万人以上の会員数を誇るモンスター級の出会い系サイトです。

会員の年齢は幅広く、なかでも10代後半~20代の若い層が多め。

他のサイトよりもアダルト色が強めなので、ライトな出会いやセフレを求める書き込みが多く、気軽に交流できます。

PCMAXのオススメポイント

  • 遊び目的の会員が多く、セフレ作りに適している。
  • 女性のアクティブユーザーが多い。
  • 機能がシンプル。SNS感覚で使いやすい。

 

\今なら1000円分無料/

PCMAX(無料)公式サイトはこちら

ハッピーメール

ハッピーメール

累計会員数は2,500万人と業界最大級なので、比例して出会える確率が高めです。

恋愛相手を求めるユーザーが多いイメージですが、実際のところはセフレやヒミツの関係を持ちたいユーザーの方が多い傾向です。

プロフィールの閲覧にポイントを使わなくていいので、効率的に出会えるのも嬉しいところです。

ハッピーメールのオススメポイント

  • セフレ探しから婚活まで、業界最大級の幅広い会員数がいる。
  • サイトの認知度が高く、安心安全に利用できる。
  • プロフ閲覧が無料でお金をかけずに出会いを探せる!

 

\今なら1200円分無料/

ハッピーメール(無料)公式サイトはこちら

ワクワクメール

ワクワクメール

2020年の時点で会員数の累計800万人を超え、アクティブ会員も多いのがワクワクメールです。

20代女性の会員数が圧倒的に多く、掲示板への投稿数も多いのでセフレ探しにぴったり。

アプリ内ゲームやログインボーナスで無料ポイントを大量に稼ぐことができるので、工夫すればポイント購入せずに出会える可能性も!

ワクワクメールのオススメポイント

  • 掲示板への投稿が無料!積極的に出会いを探せる。
  • 無料ポイントだけでも十分出会える可能性がある!
  • 会うまでに時間を掛けたくない人にピッタリ!

 

\今なら1000円分無料/

ワクワクメール(無料)公式サイトはこちら