SEXテクニック

本当にできるものなの?潮吹きのやり方を伝授します

潮吹き やり方

アダルトビデオを見ていて、不思議に思うのが潮吹きです。

あれほどまでに派手に液体が飛び散るのは衝撃的なのですが、実践してみてもなかなかうまく再現できないとお嘆きの方が多いのではないでしょうか?

では、潮吹きはどのようにすればうまく行うことが出来るのでしょうか?

ここでは、潮吹きについて詳しく解説します。

潮吹きとは一体なに?

潮吹き やり方

まずはじめに、潮吹きとは一体どんなものなのかについて紹介します。

潮吹きは、実はまだ謎な部分が多いものとして未だに研究が続いています。

潮吹きは女性器をいじることでオーガズムを感じる際に、まるでクジラが潮を噴いているかのように女性器から液体が飛び散るさまを表した言葉です。

 

基本的に潮は無臭に近い液体なのですが、尿にはツンとしたアンモニア臭を感じる場合があります。

潮吹きすると、挿入をする際に摩擦を少なくするために役立つという側面もありますが、これは愛液と同じようなイメージで捉えることができます。

 

主にアダルトビデオでは頻繁に見られるプレイで、見た目の迫力があって男性で言う射精のような視覚的に刺激してくれるものであります。

潮吹きすることのメリットは?

潮吹き やり方

潮吹きは、男性にとっても女性にとってもメリットがある行動とされています。

主なメリットとしては、先に紹介した膀胱などに細菌が入ることを防止するという効果がありますし、挿入しやすいという特徴もあります。

男性側に感じるメリットしては、単純に女性がイッたことを可視化できるという効果があります。

 

男性の場合は射精することでオーガズムを迎えたことが一目瞭然でわかりますが、女性の場合はなかなかオーガズムを迎えたことがわかりにくいものです。

例えば、喘ぎ声が明らかに変化したり体がビクついたり、膣が痙攣するなどがありますが、それ以上にわかりやすいバロメーターとして潮吹きがあります。

 

潮吹きさせると、男性にとっては自分がしっかりとしたテクニックを持っているんだ!という自信にもつながりますので、男性側にとってもメリットがあるのです。

潮吹きすることのデメリットは?

潮吹き やり方

潮吹きは、メリットだけでなくデメリットも多く存在しています。

しっかりとデメリットも理解した上で、実践することが望まれます。

主なデメリットとして、次のような項目があります。

シーツやベッドが汚れる

潮吹きは、先に紹介したとおり基本的には一度の放尿で排出される尿と同じ量が分泌されることがあります。

少量であれば多少手が濡れる程度ですみますが、尿と同じ量を潮吹きとして放出すると、シーツやベッドがずぶ濡れになってしまいます

あらかじめタオルなどを敷いておいても、この量では間に合いませんよね。

 

バスルームなどで行えばよいですが、ベッドで行う場合は汚れることを覚悟で行う必要があります。

また、少量である場合は尿に近い臭いなどもしますので、ベッドやシーツが濡れなくても臭いが気になってしまいます

しつこすぎると嫌われる可能性も

潮吹きは男性にとって自信を与えるプレイである一方で、あまりに潮吹きばかりさせていると女性側としてうんざりしてしまう可能性があります。

調子に乗らない程度に行う必要があるという点には要注意です。

セックス前に疲れてしまうことがある

潮吹きは、女性にとってはオーガズムを迎えた瞬間を意味します。

男性でも、何度もオーガズムを迎えることによってペニスが疲労し勃起しなくなることがあります。

女性も同じで、疲労でもうセックスする体力がなくなってしまうという可能性があります。

 

また、潮吹きさせるために激しく手マンで責めると、膣内にもダメージが及ぶことがあります。

よって、潮吹きもほどほどに行う方が肉体的には良いのです。

潮吹きは2種類ある

潮吹き やり方

潮吹きには、主にクジラ型と水たまり型という2種類が存在しています。

それぞれに特徴があって、女性の好みなどに応じてどちらを選択するかを選ぶことも重要です。

派手さを追求したクジラ型

クジラ型は、まるでクジラが潮を吹いているかのようなイメージの潮吹きです。

アダルトビデオで頻繁に見られるのがクジラ型となります。

ただ、実際にクジラ型の潮吹きを素人が行うのはまず不可能です。

というのも、基本的に潮はおしっこと同じ量しか出ないものであり、大量の潮を吹かせるということは多くの水を事前にがぶ飲みしている場合が大半です。

 

また、派手に手マンして潮吹きさせることになるのですが、これが必ずしも女性にとって気持ちいいプレイかどうかと言われればNoと言わざるを得ません。

むしろ痛みが強い場合もあるので注意が必要です。

地味ながらも気持ちいい水たまり型

水たまり型は、さほど派手に女性器から液体が飛び出るというイメージではなく、水道からチョロチョロと水が出てくるようなイメージで吹き出します

じんわりと出てきて、知らないうちに下着やシーツなどが濡れてしまうという事が多いのです。

 

女性側としては、感じている中で自然と溢れ出てきたというイメージとなります

派手さではクジラ型にはおとりますが、気持ちよさで言えば断然水たまり型がおすすめです。

潮吹きの実践法を紹介

潮吹き やり方

では、実際に潮吹きをどのようにすれば良いのかを、準備から実施後まで含めて詳しく解説します。

目からウロコの情報も多くありますよ。

男性側の準備を怠らないように

まず、男性側の準備としてしっかりと爪を切っておきましょう。

基本、潮吹きは手マンで発生することになりますが、ある程度激しめのプレイが要求されます。

激しく手マンすると、膣には少なからずダメージが発生するものです。

よって、爪は深爪するくらいに念入りに切ってください

また、尖った部分がないように研ぐことも重要です。

 

そして、手洗いも重要なポイントです。

菌等を手洗いによって落として、きれいな状態としてください。

女性側の準備は?

潮吹き やり方

潮吹きでは、女性側の準備も重要な要素です。

具体的に何をすればよいのかと言うと、単純に潮吹き前に水を多く摂取しておくという方法が有効的です。

愛液の分泌には細胞水分量が関連しており、飲水によって愛液が出やすくなり、これが潮吹きにつながるということになります。

場所の準備

潮吹きは、普通のセックスと違って周囲が汚れるというリスクがあります。

よって、潮吹きによって汚れても良いような場所を選ぶ必要があります。

例えば、ベッドに捨てても良いシーツやタオルを敷いておくであったり、バスルームで行うというのも有効的です。

冬場にバスルームでプレイするのは寒いので、予め暖房で暖めておくなどの配慮も必要ですよ。

前戯を念入りに行う

潮吹きさせるためには、腟内がしっかりと湿った状態とすることが重要です。

通常のセックスと同様に、まずはキスからスタートして、徐々に下半身に向けて愛撫してください

もちろん、指だけでなく舌や息なども活用して、女性を興奮させるようにしてください。

これによって、単純に濡れてくるという効果だけでなく女性側がリラックスするという効果ももたらしてくれます。

 

前戯で重要なのが、あえて事前に一度オーガズムを与えるという点です。

一度の刺激だけで潮吹きするのは結構難しく、またオーガズムによって女性がリラックスしやすい傾向にありますので、どんな方法でも良いので一度イカせるのも良いですよ。

Gスポットを責めることで潮吹きが可能

潮吹き やり方

潮吹きは、主に膣内にあるGスポットを刺激することで発生する現象です。

Gスポットは膣内の中間あたりにイボイボした感触があるエリアに存在する性感帯で、子宮近くにあるポルチオと並んで性感帯として有名な部位となります。

 

Gスポットの刺激には、手マンが最も有効的なテクニックです。

最初は、Gスポットをゆっくりと指で触るようにして刺激しましょう。

徐々に女性側も感じ始めて愛液もより多く分泌されてくるので、指の本数を増やしていきます。

そして、こねるようにしてGスポットを徐々に強めに刺激していきます。

 

ここで重要なのが、アダルトビデオのように激しい手マンは行わないことです

気持ちいいどころか、膣内が傷ついて痛みが発生する可能性もあるので要注意ですよ。

Gスポットは念入りに、時間をかけて刺激していきますが、イキそうになると女性が激しく反応を始めます。

 

この際に、女性側にとってはおしっこが漏れそうな感触を得ることがあります

実は、これが潮吹きの合図なのです。

人間の本能として、おしっこを漏らすのは恥ずかしいことであるとインプットされていて、自己防衛として我慢する傾向があります。

ただ、これはおしっこではなく潮吹きの合図ですので、「漏れそう!」と女性が声を出してもあえて手マンを行ってください

 

ある意味、ここからが潮吹きに向けての本番で、Gスポットを念入りに責めましょう。

すると、膣内から徐々に液体が噴出してきますので、そのまま手マンを続けると更に勢いよく液体が出てきて潮吹きが完了します。

Mスポットを責めることでも潮吹きできる

潮吹き やり方

性感帯と聞くとGスポットが容易に思い浮かべるものですが、膣周辺で快感を感じる敏感な神経としては、腹側の膣壁から外性器、クリトリスにかけての範囲に集約されています。

これらの神経の近くであり、肛門と膣の周りを取り囲んでいるのが8の字筋とも呼ばれている、膣の締まりや肛門の収縮などを司る筋肉があります。

 

この筋肉の近くにMスポットと名付けられた未知の快感スポットがあります。

女性をM字開脚させて指を挿入すると届きやすいことからMスポットと命名されていて、うまく刺激することで潮吹きさせることができます。

 

ただ、Gスポットと違って準備段階が必要です。

はじめにクリトリスの上部から大陰唇と小陰唇の中間あたりにかけてゆっくりと涙型の円を描くようにソフトタッチで撫でていきます。

1周5秒くらいのゆったりしたペースで刺激することで、8の字筋の血行が活発化して膣が柔らかく濡れてほぐすことができます。

 

その後、膣内に中指を第一関節まで挿入して軽く膣壁を愛撫すると、Mスポットに指が当たって強い刺激を手軽に与えることができて、やがて潮吹きさせることが可能です。

ペニスで潮吹きさせる

潮吹き やり方

いきなりは難しいものの、ある程度女性側の感じやすいスポットが把握できているのであれば、ペニスで潮吹きさせることも十分可能です。

スタンダードな方法としては、女性を仰向けの状態にして足をV字に広げさせた状態で挿入します。

 

その後、女性の足首を持ってピストンしていきます。

女性側にとっては辛い体勢となりますが、これによって男性のペニスの角度が通常とずれることで女性のGスポットにペニスの先が当たり、愛液が分泌され潮吹きしやすい状態を作り出せます。

潮吹きは体調などによっても変化する

潮吹きは、おしっこと同じ感触であるために、我慢してなかなかできないという方がいます。

ただ、一度その感触を覚えると潮吹きさせやすい体質に変化します。

ただ、潮吹きはその日の体調によって出にくい時があります

そんな時に、無理やり潮吹きさせようと必要以上に手マンしてしまうと、膣に傷をつけてしまうリスクがあるので、いつもどおりヤッてもでない場合は、その日は我慢するという判断も必要です。

まとめ

潮吹き やり方

潮吹きは、主にGスポットを刺激することで発生する生理現象です。

その成分はほぼ尿と同じですが、尿と違ってどこか神聖なイメージがあります。

愛情表現しても楽しめる潮吹きは、適度な頻度で行うことでより楽しいセックスライフを送るためにもぜひ実践したいテクニックです!