SEXテクニック

セックスの平均時間はどれくらい?満足できるセックスの時間を知ろう

セックス 平均時間

「みんなどれくらいの時間セックスしてるんだろう?」

「俺はもしかしたら、短いのか?」

「長すぎて女性の負担になってないかなあ」

セックスの時間に関して、不安に感じている人もいるでしょう。

 

女性は男性よりイクのに時間がかかるため、セックスが短すぎると不満に感じてしまいます。

ただ、長すぎても女性の体に負担がかかり、セックスが苦痛になるんです。

 

セックスの時間は短すぎても長すぎてもダメ…。

じゃあ、世界中のカップルはどれくらいの時間、セックスしているのでしょうか?

 

今回は、世界中のカップルのセックス平均時間や理想的なセックスの時間、早漏の人や遅漏の人が時間を調整する方法などを紹介します!

世界のセックスの平均時間は?満足してる?【調査結果を紹介】

セックス 平均時間

セックスは男性の射精で終わることがほとんどです。

そこで、さまざまな機関がセックスの平均時間を調査しています。そんな調査結果を紹介しましょう。

イギリスの調査だと…

イギリスのLovehoneyという大人のおもちゃメーカーが、4,400人の顧客を対象としてセックスの平均時間を調査しました。

 

結果、平均は19分。

そのうち10分間は前戯残り9分が挿入から射精までの時間です。

 

調査対象となったカップルの52%は、このセックス時間に満足していると答えました。

一方で、男性の23%と女性の19%は満足していないと答えたんです。

満足していない理由は「短いから」とのこと。

このことから、「もっと長くセックスしていたい・繋がっていたい」と感じるカップルが多いことがわかりますね。

オランダの調査だと…

セックス 平均時間

オランダ・ライエンブルグのハガ病院と、ユトレヒト大学薬学研究所が男性の平均挿入時間を共同調査しました。

 

対象となったのは、オランダ、イギリス、スペイン、トルコ、アメリカ5か国の18歳以上の男性500人です。

調査方法はカップルにストップウォッチを渡し、4週間にわたってセックスの時間を計測させるというものです。

挿入時にストップウォッチをスタートさせ、射精に合わせてストップウォッチを止めます。

この調査では前戯の長さは計測していません。

 

面倒な調査ですし、調査による緊張感などもあるでしょうから、必ずしも普段通りとは限りません。

ただ、これが現状で最も有効な計測方法なんです。

 

500人の平均を取ったところ、挿入してから射精までのセックス平均時間は5分4秒でした。

 

なお、年齢によって差があり、18~30歳は6分5秒と平均より長く、51歳以上は4分5秒と平均より短かったんです。

 

また、最短記録と最長記録も報告されています。

最短は33秒。

三擦り半とまではいかないものの、挿入して少し腰を振ってすぐに射精という感じですね。紛れもない早漏…。

 

一方、最長は44分です。凄い…。

 

ただ、セックスが長引くと女性は痛みを感じることもあるので、そういう女性だと長すぎて苦痛でしょうね。

女性が理想とする前戯の時間は?

セックス 平均時間

セックスの平均時間に関する調査をまとめると、挿入してから射精までは5分以上10分以内という結果になりました。

前戯の平均に関しては10分です。

 

ただ、この研究だと女性が思う理想の前戯の時間がわかりませんよね。

そこで、女性が思う前戯にかける理想の時間を紹介しましょう。

 

女子SPAが行ったアンケート調査によると、理想とする前戯の時間は11~20分と答えた人が32.5%、21~30分と答えた人が28%、6~10分と答えた人が28%だったとのことです。

平均にすると「理想は18.2分」になります。

 

同時に挿入の理想も調査されていますが、これは平均14.4分です。

 

セックス 平均時間

出典:女子SPA:女子にとって理想的な前戯は平均18.2分!【女性200人調査】

 

前戯と挿入共に、世界各国の調査結果よりも長い時間を女性は求めていることがわかります。

中には、前戯・挿入にそれぞれ2時間くらいかけるのが良いと答えた女性もいるんです。

まあ、これは少数派ですけどね。

 

女性には「性交痛」というものがあります。

長い間前戯されすぎても、挿入されすぎても、膣内が痛くなってしまうんです。

これは愛液が乾いて膣内が乾燥することで起こることが多いんですよ。

性病の人も、性交痛が生じることがあります。

女性を満足させたいなら、しっかりと前戯を行うことが大切ですが、前戯も挿入も長すぎるとよくありません。

 

まとめると、セックスの平均時間は19分程度だけど、日本人女性が理想とするセックスの平均時間は1回あたり32.6分ということになります。

 

なお、「二回戦・三回戦としていたい」という場合なら、1日のセックスの時間はさらに伸びるでしょうが、トータルの時間に関する調査研究はありません。

単純計算するなら、1回あたりの平均時間に回数をかけると、1日のトータルセックス時間が出るでしょうね。

【セックスの平均時間】についてのTwitter投稿まとめ

れまで紹介してきたセックスの平均時間は、世界各国のカップルを対象としています。

ただ、セックスに関する価値観は国が違えば異なるものです。

日本人カップルはセックスの平均時間についてどう考えているのかが問題ですよね。

 

そこで、ツイッターからいくつかセックスの平均時間に関するツイートを抜粋して紹介しましょう。

セックス 平均時間

引用元URL:https://twitter.com/KMP_VR/status/1138034077129248769

セックス 平均時間

引用元URL:https://twitter.com/yukito19h/status/1133888368851296256

 

ツイッターだと30~60分が平均になりそうですね。

また、ツイッター上では各国の調査結果に対して疑問の声が多数挙がっています。

「本当に?」「短くない?」と、自身のセックスがもう少し長いことや、短いセックスは不満だということが議論されているんです。

【早漏の人へ】セックスの時間をなるべく長引かせるには?

セックス 平均時間

各国の調査結果によるセックスの平均時間は短めですが、ツイッター上では30~60分とやや長めであり、30~60分程度のセックスを求めている人が多いことがわかりました。

早漏の人にとっては、少し厳しい現実ですよね。

そこで、早漏の人がセックスの時間を長引かせる方法を紹介しましょう。

前戯でイカせてから挿入する

挿入してから射精までの時間が短いなら、前戯でイカせてから挿入すればいいんです。

そうすれば、女性がイケなかったという最悪の事態を避けられます。

 

前戯でイカせるには、とにかくクリトリスとGスポットを攻めることが大切です。

クリトリスが性感帯だと感じる女性にとって、クリトリスは特にイキやすい場所なんですよ。

敏感な場所なので、優しく舌先や指の腹で攻めてあげると、女性はかなりイキやすくなります。

実際、オナニーをするときクリトリスばかり弄っている女性は多いです。

 

Gスポットは、女性の膣内にある性感帯。

手のひらを上に向けた状態で指を挿入し、第二関節あたりまで入ったら指を曲げてみてください。

すると、指に壁のようなものが当たります。そこがGスポットです。

Gスポットは膣内イキをするのに欠かせない存在。

相性が良い長さ&持続時間のペニスだと、挿入してイカせることもできますが、早漏男性には難しいでしょう。

 

あらかじめ指でGスポットを攻めてあげれば、挿入時間は短くても膣内イキさせることができます。

筋トレして体力をつけよう

早漏は、筋トレで改善できます。

鍛えると効果的なのは、骨盤底筋です。

この骨盤底筋は内臓を支える役割を持っていますが、射精にも関係があるんです。

 

骨盤底筋を鍛えることで早漏を治療する研究が載っている論文があります。

 

この研究では、骨盤底筋に電気刺激を与えることで、トレーニングを行っているんです。

被験者はトレーニングを行う前、膣内挿入時間が40.4秒でした。

トレーニング後には、挿入時間が161.6秒にまで延びたんです!

つまり、約40秒から約2分41秒になったということ。

 

もちろん、一般の人が電気刺激を与えるトレーニング法を行うのは難しいでしょう。

そこで、骨盤底筋を鍛える体操を紹介します。

 

肛門あたりをきゅっと引き締め、緩め、引き締め…を数回繰り返しましょう。

次に、ぎゅうっと強く締めてから3秒間キープします。

3秒後にゆっくり緩めてください。

これを数回繰り返します。

 

この時間や回数をだんだん増やしていけば、トレーニング強度が調整できますよ。

寸止めで射精コントロールを身に着けよう

射精感が早く訪れたとしても、そこから射精を我慢することができれば、射精のタイミングをある程度コントロールできます。

 

普段から寸止めオナニーをしていれば、射精を我慢する方法を感覚で掴むことができますよ。

ただ、寸止めオナニーをしすぎると体に負担がかかります。

尿道口や睾丸が痛くなることがあるので、ほどほどにしておきましょう。

 

また、寸止めをした後には必ず、射精してください。

射精しそうで射精しないのが、一番体に負担がかかるんです。

【遅漏の人へ】挿入時間をなるべく短くするには?

セックス 平均時間

早漏ならセックスの時間を長くしなければなりませんが、遅漏の人はなるべく挿入時間を短くすることが大切です。

そうでないと、女性の体に負担をかけてしまい、気持ち良いセックスができなくなりかねませんから。

理想のセックスの平均時間程度にまで短くするには、次の3つの方法が効果的です。

しっかりと前戯を行う

前戯をしっかり行うことで、挿入時間を短くすることができます。

 

遅漏はイキにくいのが問題なんですよね。だから、ついつい挿入時間が長くなりすぎてしまうわけです。

それなら、女性からしっかりと前戯をしてもらい、前戯で十分射精感を高めることで挿入時間を短くすることができるのではないでしょうか。

ただ、自分だけしっかりとした前戯を求めてはいけません。

まずは、男性から女性にしっかり前戯を行いましょう。

その後で、「俺にもしてほしい」と頼むのが効果的です。

刺激の高いオナニーを避ける

普段から刺激の強いオナニーをしていると、遅漏になりやすいです。

要は、強い刺激に慣れ過ぎているんですよ。

挿入時の刺激は、実はあまり強くありませんよね。

柔らかい膣内に包まれることで、弱めの刺激が持続する感覚が得られるのがセックスというものです。

もちろん、相手の膣内の締め付け具合によって刺激の強度は変わりますが。

 

オナニーは、大抵刺激が強すぎます。

特に、床オナニー、オナホオナニー、足ピンオナニーをしている人は要注意です。

これらは膣内よりも明らかに刺激が強いため、この刺激で慣れていると膣内でイキにくくなります。

最悪の場合、膣内で全くイケなくなることもあるんです。

 

以上のような刺激が強すぎるオナニーをしている人は注意しましょう。

オナ禁をする

オナ禁をすると、射精のタイミングが早くなります。

オナ禁によって「刺激がない状態が続く」ことで、セックスの刺激が新鮮に感じるんですよね。

さらに、精子が溜まっていることにより、早く排出しようとする生理的な動きもあります。

 

セックス前にはオナ禁をしましょう。

セックスの頻度が高いなら、セックス以外で射精しないようにするのも効果的です。

 

ただ、精子は無限に溜まり続けるわけではありません。

射精して精巣が空になると、精液が完全に充填されるまで3日間かかります。

これ以降はどれだけオナ禁をしても、精液の量は増えません。

オナ禁をするなら、3日間が最も有効です。

結局は「自分たちにとって一番良いのは何分か」が一番大事!

セックス 平均時間

セックスの平均時間に関する研究では、挿入してから射精までは5~10分、前戯は10分が平均ということでした。

ただし、日本人女性のほとんどはこの平均時間では満足できません。

ツイッター上では、この平均時間以上のセックスを望んでいる声が男女ともに多数あります。

 

結局、セックスの平均時間にとらわれすぎるのではなく、パートナーと相談してお互いに満足できるセックス時間を探求するのが良いのではないでしょうか。