SEXテクニック

女性を喜ばせるセックステクニックを伝授!順を追って徹底解説します!

セックステクニック

セックスは、単に気持ちよさを追求するだけでなく、ある意味ドラマのようにお互いの愛情を確かめ合う行為として行う場合があります。

自分だけが気持ちよくても、相手に不快な思いをさせるだけですので、しっかりとセックスをする上でのテクニックを身に着けておきたいものです。

ここでは、童貞や処女の方だけでなく、すでにベテランの粋に達した方にも再確認してもらいたい【セックスをする上でのテクニック】を伝授します。

まずは準備を怠らないこと

目の前にかわいい女性がいると、すぐにでも襲いたくなる気持ちはわかりますが、セックスをする前にしっかりと行いたいことがあります。

主な準備とは、身を清潔にすることとコンドームやアダルトグッズを用意することにあります。

体を清潔にすることを忘れずに

セックステクニック

セックスをしている中で、非常に気になるのが臭いです。

臭いも興奮を呼ぶ要素ではあるのですが、不快な臭いがすると相手をげんなりさせてしまうものです。

特に注意したい臭いは、体臭と口臭です。

 

体臭は、特に中年になってくる時になるものですが、若い人でも汗の臭いが気になるケースがあります。

体臭はフェロモンに近い要素もあるのでプラスに作用するケースもありますが、特に加齢臭は女性にとって不快に感じるものですので、セックスをする前に体を洗ってから臨みましょう。

 

口臭については、好ましいと思っている方は非常に少ないもので、絶対にケアすべきです。

口臭にも種類があって、食べガスが原因になっている場合、虫歯や歯周病によって発生する場合、内臓に疾患がある場合、タバコやコーヒーなどを摂取することで発生します。

食べかすやタバコ臭の場合は、歯磨きするだけで除去することができます

一方で、内臓疾患や虫歯などの場合は歯磨きだけでは除去することができない場合が大半です。

日常生活でも不快に思われる可能性があるので、治療することをおすすめします。

 

また、臭いという観点だけでなく清潔にするという意味では手もしっかり洗ってください

セックスでは相手の膣をいじる行為もするわけですが、膣はデリケートなもので汚れた手で手マンなどをすると膣内を傷つけることがあります。

また、手マンにおいては爪のケアも重要で、なるべく深爪にしておきましょう。

コンドームやアダルトグッズを準備する

セックステクニック

セックスをする時に必需品と言えるのがコンドームです。

コンドームは、ペニスに付けるゴム状のもので、主な目的としては避妊するため、そして性病を防止する目的で使用します

通常、妊娠は膣内に射精して起こるのですが、生でセックスしているうちにカウパー液が出てきてそこに精子が混ざっている可能性があり、妊娠するという例もあります。

また、生セックスでは外だしと呼ばれる、お腹や胸などに射精することになるのですが、射精のタイミングを誤ってしまうと膣内に出てしまったりして妊娠してしまう可能性があるのです。

 

生セックスは確かに気持ちいいのですが、相手を妊娠させては困る場合や、性病にかかりたくない場合はコンドームを準備しましょう。

コンドームは、ドラッグストアやコンビニエンスストアで気軽に購入することができます

また、つぶつぶが付いた特殊なコンドームもあって、より女性を気持ちよくさせることができます。

 

アダルトグッズについては、例えば相手がとてもエッチな女性でより強い快楽を求めている場合は、バイブやピンクローターなどのグッズがあると便利です。

また、処女の場合はなかなか濡れにくいということもあって、ローションは必需品です。

ローションは、通常のプレイでも十分使用する価値がありますので、用意しておくことをおすすめします。

場所の確保も重要

セックステクニック

セックスをする上で、場所の確保も重要です。

どちらかが一人暮らしであれば、自宅でのセックスも良いですが、様々な事情によって自宅ではできないというケースもあります。

そんなときは、ラブホテルやビジネスホテルでのセックスが視野に入ります。

 

ラブホテルは、最近では女子会プランがあったりと集団で利用できるホテルも増えていますが、本来はセックスをする場所として活用されています。

通常のホテルと違って、宿泊するのではなく休憩という使いみちがあり、30分単位で利用できるところが多いのが良いですね。

また、ビジネスホテルでもデイユースプランを打ち出すホテルが増えていて、セックス目的で利用することもできるようになりました。

 

もっと手軽にセックスしたい場合や、不倫などでひっそりとセックスしたい場合には、カーセックスという方法もあります。

ただ注意したいのは、外に見えるようにセックスしてしまうと公然わいせつ罪に問われる可能性があります。

また、狭い車内でのセックスを強いられるために、じっくりとプレイできないのが難点ですね。

まずはムードを作っていく

場所が決まって身支度を整えたら、まずは女性とセックスするムードを作り上げましょう。

アダルトビデオを見ながらまったりしたり、恋愛ドラマを見ながらソワソワしながら相手との距離を徐々に縮めていきます。

 

相手も徐々に体を近づけてきたら、キスをするのが良いでしょう。

キスは、いきなりディープキスするのではなく、最初はフレンチキスでライトに唇を合わせる程度からスタートしてください

すると、女性も目を閉じてムードに浸るような感じになるので、徐々に激しさを増していきます。

 

そして、このタイミングで上着を脱がして胸を揉むなどの行為を行います。

もし相手に拒否反応を示されても、少し強引に攻めてみてください。

それでも拒否される場合は、本気で嫌がっている可能性もあるので注意が必要です。

相手が体を許したら、更に脱がして胸をダイレクトで揉んだり乳首を摘みましょう。

 

すでに何回もセックスしている相手であれば、ここでいきなり下着越しで膣周りをいじるのも良いでしょう。

この段階で、部屋の照明を暗くするのがベターです。

ただし、女性によっては明るい部屋でセックスしたいという方もいるので、相手の様子を伺ってくださいね。

前戯をじっくり行う

セックスを成功させるために重要なのが、前戯です。

如何に前戯を行えるかどうかで、セックスが成功するかどうかが決まります。

キスや胸を触るのも前戯ではありますが、より膣周りを攻めたり実際に指を入れるなどの行為によって、相手を本気モードに持ち込ませます。

上半身から下半身に徐々に移行する

セックステクニック

前戯の最初のステップとしておすすめのテクニックは、指で体をなぞったり舐めたりする行為です。

ただ、いきなり膣を弄り倒すのではなく、首辺りから徐々に背中やお腹、そして太ももに移行して膣周りに進む方法がおすすめできます。

 

多くの人は、耳の後ろ側に性感帯があるのですが、そこを指でなぞったり舐めたりするとゾクゾクっとして気持ちいいのです。

また、ふっと息を吹きかけてみるのも良いでしょう。

そして、背中までゆっくりとなぞるようにして触ってみて、太ももをいじります。

あえて、ここでやめるような素振りを見せると、女性側からすると焦らされてると思って興奮する場合がありますよ。

乳首は性感帯の一つ!

セックステクニック

胸は、膣と同じくらい重要なポイントで攻めがいのあるポイントです。

胸の中でも、特に乳首はとても感じやすく乳輪周りが性感帯という女性も多いです。

乳首を攻める際には、まずは指で転がすようにして責めるのがおすすめです。

その後、口で頬張ってみたり吸ってみるのも良いでしょう。

舌で転がすと、また違った快感を生み出すことができるのですが、絶対に歯で噛むなどの強い刺激は与えないでくださいね。

クンニは重要なプレイ

セックステクニック

ここまできたら、本丸の膣周りを攻めましょう。

最初に行うとよいのがクンニです。

その理由としては、まだ完全に濡れきっていない可能性があり、いきなり指入れなどの行為を行うと膣を炒めてしまう可能性があるためです。

クンニを行う際にも、まずはクリトリス周辺をじっくり舐めてみてください。

舐めるだけでも、激しく反応して一気に濡れる場合もありますよ。

 

そして、膣内に舌を入れてみてください。

小陰茎をしっかり開いて行うと、より奥まで舌が届けることができます。

舌入れと同時に、クリトリスを指でいじるとより強い興奮を得ることができます。

指マンで強い刺激を与える

セックステクニック

ある程度舌で攻めたら、手マンをしてみてください。

手マンをする際には、まずは一本の指でゆっくりと膣内に入れてください。

膣内には、Gスポットと呼ばれる性感帯があり、概ね奥まで指を入れた時に、指の第二関節当たりにあるイボイボがある場所を指します。

Gスポットを刺激すると、強い快感を得ることができるので、指をくねくね動かしてしっかりと攻めましょう。

 

相手の反応を見ながら、指の本数を徐々に増やしていきますが、一般的には2本指で行うのがおすすめです。

激しく出し入れてして刺激を与えていきますが、抜き差しするよりは膣内に指を入れた状態で前後に手を動かすやり方の方が、途切れることなく刺激を与えることができますよ。

本番時に使えるテクニックは?

十分に前戯を行ったら、いざペニスの挿入となります。

ただペニスを挿入するだけでは味気ないので、次に取り上げる点に着目して行うようにしてください。

まずは正常位で行うのがベター

セックステクニック

セックスをする際に重要となるのが体位です。

日本では48手と呼ばれる、様々な体位があるのですがやはり最初に行いたいのが正常位です。

正常位のメリットは、自分のペースを作りやすい点にあります。

他の体位の場合、リズムを取るのが大変でなかなかうまく腰を振れない場合があるのですが、正常位は比較的リズムが取りやすいのが良いですね。

 

また、胸を揉んだりクリトリスを指で刺激するなどのプレイを同時に行うことができます。

まだセックスの経験が浅い方や、付き合い始めでセックスの相性がわからない相手とのセックス時には、様子見の意味も含めて正常位からスタートしてください。

 

単調なリズムですと相手も飽きてしまう可能性があるので、たまに奥まで突いた状態で止まって胸を揉んだり、強弱を付けてピストン運動するなどのリズムの変化を付けるのがおすすめです。

いろいろな体位を楽しむ

セックステクニック

正常位だけでなく、途中で様々な体位を試してみるのもおすすめです。

代表的な体位としては、騎乗位、バック、対面座位などがあります。

それぞれにメリットがありますが、膣と肛門との距離が2~4cmの女性が大半なのですが、4cmより遠ければ上付き、2cmより近ければ下つきと呼ばれています

 

もし上付きの場合は正常位などの対面向き、下付きはバック向きとなりますので、相手の体型などを考慮して用いる体位を決めることも重要です。

また、疲れてきたら騎乗位で女性側が上になってもらうなどで、体力を回復させる時間作りもしたほうが良いでしょう。

なるべく一緒にフィニッシュを迎える

セックステクニック

相手との相性もありますが、なるべく女性と一緒にイクことを考えて、バランスを取りながらセックスを進めます。

女性が絶頂を迎えたかどうかは、声の出し方と膣の動きである程度わかります。

イッた瞬間、女性はまるで息が抜けるような声を出すと同時に、膣もぐぐっと締まった状態となります。

もしその前にイク!と言っても、演技である可能性があります。

 

ある程度女性の反応を見極めつつ、自分自身もイクタイミングを見計らいます。

そして、ここぞというタイミングで激しくピストン運動をしてフィニッシュを迎えます

もしコンドームを付けていない場合は、奥の方でしっかり中出しするかペニスを抜いて外出ししてください。

終わった後の対応も重要

セックスが終わった瞬間、どこか達成感が生まれるものですがそこで満足してはいけません。

終わった後の対応によっては、そのセックスが良い思い出になるかどうかが決定します。

さり気なく拭いてあげるのも重要

例えば外だしした際には、体に付着した精子を拭き取らなければなりません。

その場合は、男性側から優しくティッシュで拭き取ってあげるのがマナーです。

また、ここでさり気なく「ごめんね」などの優しい言葉をかけてあげるのも良いでしょう。

 

精子だけでなく、膣周りも愛液で濡れてしまっている状態ですので、拭いてあげるのも良いですが、女性によっては自分で行いたいという方もいるので、その場合はティッシュを渡してあげてください。

会話でコミュニケーションを図る

終わって下着を着たりシャワーを浴びるなどした後に、会話するというのも重要な行動となります。

もし終わってすぐに帰るなどの行動を起こすと、体目当てであったと言う印象を与えてしまいます

セフレとのセックスならまだしも、愛している女性にそのような悲しい思いをさせるのは絶対にいけません。

いわゆるピロートークで、他愛もない会話でも良いのでコミュニケーションを取るようにしましょう。

まとめ

セックスをする上では、準備段階から終わった後のコミュニケーションを含めると、1時間以上はかかる結構大変な行為となります。

軽い気持ちで行うのではなく、最後まで手を抜かずセックスを楽しんでほしいですね。