SEXテクニック

セックスにおけるクリトリスの重要性と基本知識

セックス クリ

セックスの時、クリトリスの場所がわからなくなることがある。

 

クリトリスってそもそもどんな役割があって、セックスでどれくらい重要なのかピンと来ない。

 

そんな人は意外と多いのではないでしょうか?

 

クリトリスは、セックスする上で非常に重要な役割を持ち、相手の女性を満足させるためには場所や触り方の基本知識は必須です。

 

クリトリスの場所がわからなくて焦ってしまうと、経験が浅いことがバレてガッカリされることもあるかもしれません。

 

そこで今回は、クリトリスの場所や触り方を解説し、セックスでクリイキさせる方法をまとめて紹介していきます。

 

クリトリスの場所がよくわからない人や、クリトリスでいかせて相手を満足させたい人は読んでみてください。

 

クリトリスってなに?

 

クリトリスは、人間の体で唯一性的興奮に特化した部分です。

 

刺激することによって性的興奮を得られる事以外の役割はありません。

 

ほぼ全ての女性が性感帯としていて、クリトリスを刺激することで興奮度が増し、愛液が出てくる人も多いです。

 

クリトリスでオーガズムを得ることを外イキ、膣内でオーガズムを得ることを中イキなどとも表現します。

 

気持ち良さに関しては中イキの方が上ですが、中イキさせるためにはまずは外イキをさせて感度をアップさせるのが一番の近道です。

 

また、男性として生まれるとしたらペニスになるはずだった場所とも言われています。

 

ペニスと同じように普段は皮を被っていて、刺激を与えると充血して勃起状態になります。

 

クリトリスの位置

 

セックス クリ

 

クリトリスの位置は、小陰唇が重なった膣口の上部にあります。

 

コリっとした突起物なので、膣口辺りに手を当てて、上に滑らせるようにするとわかりやすいでしょう。

 

非常に繊細な場所なので、いきなり強い刺激を与えても痛みしか感じません。

 

クリトリスの場所がわからない場合は触れながら相手に聞くのはベストな行為ではありません。

 

関係性によっては良いですが空気が壊れかねないためです。

 

場所がわからない時は、肛門付近から陰毛に向かって撫でるように愛撫しましょう。

 

こうすることで場所がピンポイントにわからなくとも自然に刺激ができます。

 

つい強く触れがちな人は、聞き手と逆の手の小指と薬指で触るなど、力が入りすぎないように工夫しましょう。

 

クリトリスの特徴

 

クリトリスを攻める前に、クリトリスの特徴について把握しておきましょう。

 

痛みを与えてしまうとその後に濡れにくくなってしまうこともあるので、爪は短く切っておきましょう。

 

 

誰もが感じやすい、万人が持つ性感帯

 

クリトリスは、女性のほぼ全員が性感帯として当てはまります。

 

オナニーをする場合も基本はクリトリスを刺激して行われますし、挿入でなかなか感じにくい人でもクリトリスでの刺激であればイケる可能性は高くなります。

 

挿入前に一度クリトリスでイカセることを意識してセックスすると、挿入後の感度もアップして満足度が高まるでしょう。

 

イッた経験のない女性の場合でも、クリトリスであればイケる可能性は高いです。

 

経験が浅い女性やパートナーをイカせてあげたいと考えているのであれば、まずはクリトリスでイケるように挑戦してみましょう。

 

 

人によって大きさに差がある

 

クリトリスは男性のペニスと同じように人によって大きさに違いがあります。

 

平均で5mm~8mm程度で刺激によって勃起すると1cm近くになることもあります。

 

大きいからといって感度が良いわけではないですが、指や舌で刺激を与えやすくなるメリットがあります。

 

勃起した様子が見てみたい人は、1度クンニをしながらよく観察してみましょう。

 

 

皮に包まれている

 

クリトリスは普段皮に包まれています。

 

仕組みとしては、男性のペニスと同じです。

 

これを無理矢理むいて強い刺激を与えても痛いだけなので、最初は皮の上から優しく刺激を与えてあげましょう。

 

唾液や愛液で濡らした指で徐々に触れるのがコツです。

 

セックスの時にクリトリスを攻める手順

 

セックス クリ

 

セックスが始まっていきなりクリトリスを攻めるのはあまり有効ではありません。

 

中には喜ぶ人もいるかもしれませんが、一番刺激が強い場所に最初に触れてしまうと繊細な感覚がなくなってしまいます。

 

 

キス

 

クリトリスを攻める前に、じっくりとキスの時間を取りましょう。

 

キスによって脳内をエロモードに変換することで、女性側のスイッチが入って濡れやすくなり、全身の感度が上がります。

 

 

胸への愛撫

 

キスの次は胸を愛撫しましょう。

 

上半身をほぐしきってからクリトリスの刺激に移った方が感度が上がっていて、よりイキやすくなります。

 

胸を愛撫する時もいきなり乳首を刺激せず、焦らすのが重要です。

 

 

下着の上からクリを刺激

 

キスと胸への愛撫が済んだら、次は下着の上からクリトリスを刺激してみましょう。

 

いきなり触れてしまうと刺激が強すぎるので、快感よりも痛みが上回ってしまう可能性が上がります。

 

この時点で下着が湿っていればクリイキはすぐそこです。

 

 

クンニによる刺激

 

下着を脱がして指で刺激を続けても良いですが、下着の上からたっぷりと刺激を与え続けたのであればクンニをしてみましょう。

 

あまり同じ刺激を与え続けても新鮮味がないので、変化をつける必要があります。

 

舌であれば唾液によって滑りが良くなるので痛みを与えやすく、お互いに興奮度も増しやすいでしょう。

 

クリイキさせるには

 

セックス クリ

 

挿入してからイカセせる中イキに対してクリトリスに刺激を与えてイクことをクリイキと呼びます。

 

中でイカせる前段階として、クリトリスでイカせられる様になりましょう。

 

 

位置を把握して、弱い刺激を与える

 

まずはクリトリスの位置を把握しましょう。

 

人によって微妙にズレがあるので、過去の経験を頼りにするだけでなく、ゆっくり焦らすように探しましょう。

 

ポイントはとにかく優しく触ること。

 

軽く撫で続ける程度でも充分です。

 

 

濡らす

 

皮を向いて直接触る前に、濡らした指で触ることを意識しましょう。

 

唾液で濡らすか、すでに膣工が濡れていれば愛液を馴染ませましょう。

 

そうすることで摩擦がなくなって痛みが弱くなります。

 

濡らすためにクンニから入るのも有効です。

 

舌と唾液によって指よりも痛みを感じさせる率くは低くなります。

 

 

円を描くように触れる

 

セックス クリ

 

クリトリスの触り方は、円を描くように触れることで適度な刺激を与えやすくなります。

 

焦らしながら指で円を描き、キスや胸への愛撫を同時にすることでより感度を上げられます。

 

 

ローターなど大人のおもちゃを使った刺激を与える

 

クリトリスへの刺激になれてきたら、ローターを積極的に取り入れて見ましょう。

 

オナニーでクリトリスへの刺激に慣れている場合は、ローターを使うことで面白いようにイカせられます。

 

 

クリトリスと膣内を同時に刺激する

 

クリトリスを刺激しながら膣内に指を入れることで、より刺激を与えやすくなります。

 

クリトリスは突起部分が外部に出ているだけで、実際には内部に広く繋がっています。

 

膣の入口から2~3cmの上部を合わせて刺激すると効率良くクリトリスを刺激できます。

 

この部分をGスポットと呼びます。

 

Gスポットへの刺激が好きな女性に対しては、挿入時もGスポット付近を刺激するよう工夫してみましょう。

 

 

クンニをする

 

ローターの次にクリトリスでイカせる方法として、クンニがあります。

 

クンニには様々な方法がありますが、手っ取り早くイカせたいのであれば徹底的にクリトリスを攻めましょう。

 

唇でクリトリスを固定し、舌を素早く上下に動かすことで指とは違った刺激を与えられます。

 

唾液によって滑りやすくなるので指よりも簡単にイカせられる可能性が高くなります。

 

クリイキさせやすくするためのコツ

 

セックス クリ

 

手順通りに攻めてもクリトリスでイカせられない場合、開発の期間が足りていないか別の問題があるかのどちらかです。

 

じっくりと長い期間をかけて刺激を与え続け開発するのも良いですが、時々何か欠けている部分がないか振り返ってみましょう。

 

 

オナニーによる開発

 

クリイキをしてもらうのに手っ取り早いのが、女性側が定期的オナニーをすることです。

 

オナニーで普段からクリトリスを刺激することで感度が上がり、女性側がイク感覚を覚えられます。

 

コツさえ身に付けられればクリトリスでイクのはそこまで難しくはないので、会えない期間にオナニーを覚えてもらうと良いでしょう。

 

ただ、オナニーをして欲しいと頼みにくい人が大半でしょう。

 

そんな時はオナニーをお互いに見せあうプレイなどを提案し、オナニーに対するハードルを下げられれば頼みやすくなります。

 

 

ムード作り

 

女性がイクかどうかは、ムード作りにかかっています。

 

いつも男性の自宅でセックスをしている場合は、部屋が散らかっていないか、アイドル関連のポスターが貼り付けられていないか、嫌な匂いが充満していないか改めて見直してみましょう。

 

マンネリ防止のために時々は質の良いホテルに行くか、車でのセックスに挑戦してみるのもおすすめです。

 

また、ムード作りは場所だけでなくセックスの導入部分が良くないことも考えられます。

 

流れが自然かどうか、お互いにセックスを望んでいるかどうかを改めて見直してみましょう。

 

 

クリ以外にかける前戯の時間を伸ばす

 

クリトリスでイカせられないのは、クリトリス以外の前戯が原因のことが考えられます。

 

クリトリスでイカせたいあまり、すぐにクリトリスに触ってしまっては気分が盛り上がることはありません。

 

クリトリスだけに集中するのではなく、普段触れない場所も積極的に刺激しましょう。

 

背中や内ももなど、思わぬ場所に性感帯を発見できるかもしれません。

 

 

ローションを使う

 

指でクリトリスを愛撫すると、摩擦の強さから上手く刺激できない可能性があります。

 

愛液で濡らしてからでも良いですが体質によってはなかなか濡れにくい女性もいます。

 

自分の唾液をつけるのを嫌がる女性もいるかもしれません。

 

そんな時は、ローションを使って愛撫してみましょう。

 

ヌルヌル感で滑りが良くなり、興奮度も倍増します。

 

少量を指に垂らすくらいであれば、ベッドが汚れる心配はありません。

 

まとめ

 

今回は、クリトリスの場所や触れ方、イカせ方のコツまで詳しく解説していきました。

 

クリトリスは最も重要といっても過言ではないほど万人に通用する性感帯の1つです。

 

パートナーをより深く満足させたいと考えているのであれば、クリトリスの場所や触り方を習得しておくに越したことはありません。

 

痛みを感じさせないようじっくり体をほぐしてから指や舌でクリトリスを刺激して、パートナーを満足させてあげましょう。

 

始めてセックスする相手を攻める時も、クリトリスへの愛撫は非常に重要です。

 

セフレを作る最適なおすすめアプリ

クリトリスに対しての知識を深めたら、セフレを作って試したくなりますよね。

そこで、セフレを作りたい方や即日会いたい方向けに、おすすめのマッチングアプリ・出会い系アプリを紹介します。

紹介したアプリはどれも遊び・セフレ目的のユーザーが多く、運営実績が長い有名なサービスなので絶対登録しておいて間違いありません! ​

PCMAX

PCMAX

PCMAXは運用歴20年を超える老舗サイトで、1,500万人以上の会員数を誇るモンスター級の出会い系サイトです。

会員の年齢は幅広く、なかでも10代後半~20代の若い層が多め。

他のサイトよりもアダルト色が強めなので、ライトな出会いやセフレを求める書き込みが多く、気軽に交流できます。

PCMAXのオススメポイント

  • 遊び目的の会員が多く、セフレ作りに適している。
  • 女性のアクティブユーザーが多い。
  • 機能がシンプル。SNS感覚で使いやすい。

 

\今なら1000円分無料/

PCMAX(無料)公式サイトはこちら

ハッピーメール

ハッピーメール

累計会員数は2,500万人と業界最大級なので、比例して出会える確率が高めです。

恋愛相手を求めるユーザーが多いイメージですが、実際のところはセフレやヒミツの関係を持ちたいユーザーの方が多い傾向です。

プロフィールの閲覧にポイントを使わなくていいので、効率的に出会えるのも嬉しいところです。

ハッピーメールのオススメポイント

  • セフレ探しから婚活まで、業界最大級の幅広い会員数がいる。
  • サイトの認知度が高く、安心安全に利用できる。
  • プロフ閲覧が無料でお金をかけずに出会いを探せる!

 

\今なら1200円分無料/

ハッピーメール(無料)公式サイトはこちら

ワクワクメール

ワクワクメール

2020年の時点で会員数の累計800万人を超え、アクティブ会員も多いのがワクワクメールです。

20代女性の会員数が圧倒的に多く、掲示板への投稿数も多いのでセフレ探しにぴったり。

アプリ内ゲームやログインボーナスで無料ポイントを大量に稼ぐことができるので、工夫すればポイント購入せずに出会える可能性も!

ワクワクメールのオススメポイント

  • 掲示板への投稿が無料!積極的に出会いを探せる。
  • 無料ポイントだけでも十分出会える可能性がある!
  • 会うまでに時間を掛けたくない人にピッタリ!

 

\今なら1000円分無料/

ワクワクメール(無料)公式サイトはこちら