出会い系テクニック

セフレと彼女の大きな違いとは?本命彼女になるためのテクニックを伝授

セフレ 彼女

セフレと聞くと、どうしても軽い関係というイメージがありますよね。

 

逆に、彼女ともなれば結婚を意識して深い関係にもなることが多いのですが、セフレだけの関係から彼女に昇格することもできます。

 

では、セフレと彼女の大きな違いはあるのでしょうか?

 

ここでは、セフレと彼女の違いや、女性側が本命彼女になるためのテクニックを伝授します。

 

セフレと彼女の違いは?

 

セフレ 彼女

 

セフレと彼女は、大きな違いがあるのは事実です。

 

ここでは、セフレと彼女で異なるポイントについて詳しく解説します。

 

 

セフレだけにする事

 

セフレ 彼女

 

男性側にとって、セフレは残念ながら都合の良い女性というイメージで取り扱う傾向にあります。

 

よって、彼女と違ってぞんざいに扱うことが多いのです。

 

具体的には、次のような行動を取ることが多いです。

 

 

急に呼び出す

 

セフレの場合、体だけの関係ということになるので、ちょっと暇ができてセックスしたくなった場合、呼び出すことが多いです。

 

前もって連絡しておくのではなく、「今から来れる?」など急な呼び出しも多いのです。

 

女性側からすれば、全く準備していない状況でもで向かわなければならないのでけっこう大変なのです。

 

特に、家族を持っていたり子供がいる女性の場合は、どのような理由を付けて出かけるのかも問題となります。

 

ただ、女性側もセックスしたいという欲望によって、無茶振りとも思える呼び出しにも対応することが多いです。

 

 

連絡は会うとき以外は行わない

 

男性にとっては、セフレは性的な欲求を満たしてくれる対象となります。

 

こまめに連絡をとって日常で話す必要はないと考える人が圧倒的に多いです。

 

連絡は会うときにするものだと考え、会ったらエッチをするというルーティンが確立されていると言えます。

 

女性の場合は、たとえカラダの関係だけの男性が相手であっても普通に会話をしたいと思うものです。

 

それでも、男性はそういった慣れ合いは避けて、会う約束をするために最小限連絡をとるという違いが見られます。

 

このギャップに耐えれず、セフレ関係を解消する女性がいるのも事実です。

 

 

返事は後回しになって遅くなる

 

合コン等において、連絡先を交換しても脈がないと思えば連絡すら取らないことがありますよね。

 

セフレとの連絡では、まるで脈なしの異性との連絡を取るかのように返信は基本的に遅いのが一般的です。

 

セフレへの返信については、仕事やプライベートがある程度一段落つけた段階で送るため、基本的に連絡が数日単位で遅れることがあります。

 

見てはいても返信はしない、返信が来たらセックスを求めてくる場合が大半となります。

 

それでいて、会いたい時にはすぐにでも来るように急かすことが多いのですが、女性側としては気が休まることができませんね。

 

 

おごってあげない

 

本命彼女の場合は、男性側としても大切にしている感じをアピールするために食事を誘ったりちょっとしたプレゼントを贈ったりするのが当然の行動となります。

 

ただ、セフレに対しては基本そのようなお金がかかるような行動は取りません。

 

男性側としては、セフレ側も体を求めているので、相思相愛の仲だと感じていて、ラブホテル代もワリカンで払ってもらうこともあります。

 

 

自分の素性を隠す

 

セフレ関係を持つ場合、セフレだけをキープしている場合と彼女や妻がいる男性も多くいます。

 

もし彼女や妻がいる男性である場合は、セフレは絶対に隠しておく必要があるのです。

 

もしバレた場合、離婚なども視野に入りますし、仮に許してもらったとしてもそれなりのペナルティを受ける必要があります。

 

また、セフレとの関係も絶たなければならなくなる可能性が高いです。

 

よって、男性側としては恨みを買うなどトラブルに巻き込まれたら困るために、本名を筆頭に住所や職業、年齢など特定されるような情報は一切教え無いことが多いです。

 

普通に生活している中でセフレに出会った場合はすべてを隠すことは困難となりますが、出会い系サービスなどで知り合ったセフレに対しては、個人を特定されるような情報は明かず隠すのが一般的です。

 

ひどい場合は、本名を偽る、住んでいる場所も異なる住所を教えるなど、嘘を付くこともしばしばあります。

 

 

淡白なセックスとなる

 

愛し合うカップルの場合、まずはムード作りから始まってキス、前戯を行ってセックスを行うものです。

 

女性の場合は、スローセックスが利用でいつまでもその余韻を楽しみたいものですが、セフレの場合は面倒な前戯などそっちのけで、本能のままに挿入したがる傾向にあります。

 

セフレの多くが、会って食事にも行かずにいきなりホテルに向かって、前戯も時間をかけずなるべく早く挿入する男性が多いです。

 

ムードなど関係なく、セックスをして気持ちよくなりたいだけという、愛のない行動をしてしまいがちです。

 

男性側としては、相手を挿入によって気持ちよくさせていて、自分自身も気持ちよくしてもらうという、ギブアンドテイクが前提となった関係と考えている方が多いのが事実です。

 

 

深い話は絶対にしない

 

好きな彼女とは、逐一あった出来事などを話して会話を膨らませがちですが、セフレの場合はとにかく素性を明かしたくないので話の内容も淡白となります。

 

うっかり自分の事がバレてしまうと、後で痛い目にあってしまうので、とにかく男性側としては言葉を選んで会話する傾向にあります。

 

 

知り合いに紹介しない

 

セフレとの関係は、親しい知人にも明かさないものです。

 

また、会う際にもバレたくないという意識が働き、駅や商業ビルなどの人が多く集まる場所で集合することはまずありません。

 

 

セフレにはしないこと

 

セフレ 彼女

 

では、逆にセフレだけにしない行動も多くあります。

 

ここでは、女性目線でセフレにはしないと感じられる行動について紹介します。

 

 

プレゼントを欠かさず行う

 

セフレには金をかけないと説明しましたが、セフレかどうかを見分ける重要なポイントがプレゼントの有無です。

 

自分が大切に思う女性に対しては、男性は贈り物を積極的に行うものです。

 

セフレにはラブホ代さえ出さない男性が多いのに、本命に対してはプレゼントで高価なものを買うケースも多く見られます。

 

身銭を切って購入することもしばしばあります。

 

女性側からすれば、男性からプレゼントを貰ったとすれば、恋愛感情を抱いてもらっているということを自覚することができます。

 

自分はセフレ候補ではない!と安心材料になるポイントとなります。

 

 

食事をおごる

 

女性の社会進出が続く中で、女性側の収入も増えていて金銭的に困っていないケースがおいです。

 

それでも、男性側とすれば食事代くらいは出したいと思うものです。

 

もし、おごってくれる男性であれば、セフレではないと確信できるのです。

 

なるべく女性の気を引きたい男性としては、大好きな相手とは高価だとしても一緒においしいものを食べたくなるものです。

 

もし食事をおごってもらえれば、セフレ対象外だとひと安心できてお互いの愛情が高まります。

 

 

キスしてくれる

 

キスは定番の愛情表現ですが、男性側としては意外と重く感じている場合が多いです。

 

酔った勢いでキス…というのは実は少なく、セックスは誰とでもできるのに、キスは好きな人としたいと思うものです。

 

よって、セフレとはキスをしないという傾向があります。

 

仮に外出先などでキスしなくても、セックスが終わった後に放心状態になっている男性がキスをしてくるのは、愛されている証となります。

 

これで、セフレでは無いことを実感できるのです。

 

 

記念日を大事にする

 

愛し合うカップルの場合、交際に発展した記念日や初めてセックスをした日などを記念日とするものです。

 

他にも、小さな事でも何か祝う日を設定しているカップルも多く見られます。

 

本命の女性には、記念日を作って一緒に祝いたいと思う男性が多い傾向にあります。

 

複数の記念日を作って、毎月お祝いしている人も少なくないのですが、楽しい時間を共有する理由となるふたりだけの記念日が創られる時点で、愛し愛されていることを実感できます。

 

逆に、セフレの場合は記念日など関係なく、ただ会いたい時に会うだけの関係になりがちです。

 

 

会ってもセックスしない

 

セフレの場合、会ってセックスすることが前提の関係です。

 

その一方で、彼女とは会っても必ずセックスするわけではなく、デートして終わりという場合もあります。

 

男性側としては、会えばセックスがしたくなるものですが、そこを我慢して過ごすのは、女性に対して愛している証拠であります。

 

セフレになりやすい女性の特徴は?

 

女性側としても、セフレになりやすい方がいます。

 

セフレになる女性の特徴としては、次のような点が挙げられます。

 

 

依存体質

 

セフレ 彼女

 

女性では、誰かに甘えたくなるものです。

 

ただ、依存体質の人はセフレになりやすい傾向にあります。

 

依存体質の女性の特徴としては、「疲れた」や「寂しい」などのフレーズを多用しますが、男性からすれば疲れてしまうものです。

 

これによって、恋愛対象から外れて都合の良い関係になってしまいがちです。

 

男性とすれば、自分に依存していると感じれば雑に扱ってしまいたくなりますよね。

 

 

思いやりに欠ける

 

セフレ 彼女

 

デリカシーに欠ける人間と付き合うのは、かなり苦労しますよね。

 

男性としても、気遣いや思いやりに欠ける女性との付き合いは基本望まない傾向がります。

 

セフレの場合は、カラダだけの関係となるので、カラダさえ求めれば性格が悪くても気遣いが足りななくても別に構わないと割り切る事ができます。

 

 

従順な女性

 

セフレ 彼女

 

男性は、優しい言葉をかけたら素直に喜ぶなど、素直すぎて何にでも従順な女性をセフレにしたいと考えるものです。

 

自分の都合に合わせる都合の良い女性は、セフレになりやすいので要注意です。

 

セフレから本命彼女になるためのテクニック

 

女性からすれば、セフレではなく本格的に彼女として認めてもらいたくなる場合があります。

 

その場合、次のテクニックを駆使してみることをおすすめします。

 

 

態度を豹変させる

 

セフレ 彼女

 

もし男性側に本命彼女がいないときは、大いにチャンスがある方法として、態度をガラッと変えてみるのがおすすめです。

 

男性に依存しすぎない程度に、押すだけではなくたまには引いてみる駆け引きが大切となります。

 

男性とすれば、突然女性の態度が変われば、気になるものです。

 

特に、依存体質の女性の場合は、このテクニックが有効的です。

 

 

穏やかな雰囲気をアピールする

 

セフレ 彼女

 

本命彼女になるためには、相手に愛情を持ってもらうことが大事になるのでで、愛情を注がれるような穏やかな女性になるのが大事となります。

 

どうしても愚痴っぽいような話をしたくなりますが、これは聞く男性側からすればウンザリしてしまうものです。

 

会って自然と心が優しい気持ちで満たしてくれる、癒し溢れる穏やかな接し方に変えるのがおすすめです

 

言葉の端々でも性格は現れる傾向にあるので、言葉選びにも気を配るとより良いでしょう。

 

 

恋愛対象に何を求めているのかを把握する

 

セフレ 彼女

 

相手が恋愛対象に何を求めているのが分かれば、自分自身を多少押し殺してもそういう女性を演じることで相手に愛される可能性が高まります。

 

相手が求める女性像になれるように努力を怠らず、相手のニーズにピンポイントで応えることでセフレ脱却を図っていきます。

 

ある程度したたかな女性でなければなりませんが、本命になりたいのであればそれなりの苦労も必要となるのです。

 

まとめ

 

女性側としては、本気で体だけの関係を求めているのであればよいのですが、付き合いが長くなると本気の恋愛感情を抱くことがあります。

 

セフレ関係を突き詰めて考えると、惨めに思ってしまうものです。

 

その場合、本命彼女になりたいと感じる事が多いですが、今回紹介したテクニックなどを駆使すれば、本命彼女にも十分なるチャンスがありますよ!