SEXテクニック

変態プレイの典型例!拘束セックスを楽しもう!

拘束 セックス

 

セックスは性癖がでるもので、中には人が思いつかないプレイを楽しんでいる方がいます。

 

ライトなものからハードなものまで、多数の変態プレイがあるわけですが、ライトなものとして拘束プレイがあります。

 

束縛は、一歩間違えればやばいプレイに発展しますが、ライトな拘束はお互い盛り上がれるものです。

 

ここでは、拘束プレイの楽しみ方について紹介します。

 

拘束プレイとは?

 

拘束 セックス

 

まずはじめに、初歩的なところとして拘束プレイについて解説します。

 

拘束プレイとは、様々な方法を用いて女性の身体の自由を奪いとって、肉体的だけでなく精神的にも陵辱するプレイのことを指します。

 

女性は拘束されることによって、物理的に抵抗できなくして男性に服従することができます。

 

これは、一歩間違うと体罰になってしまいますが、あくまでも相手の同意のもとで行うことが重要です。

 

拘束するために使う拘束具としては、アダルトショップで購入できる手錠や手枷、足枷を使用します。

 

また、身近なアイテムとしてタオルやネクタイ、紐や縄など多岐に渡ります。

 

身動きができない状態において、フェラチオなどのご奉仕プレイをさせることで征服感が高めることができます。

 

また、逃げられない状態を作り出してバイブ責めや指マンで攻め立てるのもおすすめです。

 

 

緊縛とは少し違う

 

拘束と言うと、麻縄による緊縛というプレイを連想しますよね。

 

緊縛も拘束プレイの一種となるのですが、拘束プレイが緊縛と直結しているわけではありません。

 

緊縛は相手の体に合わせた縄の用意が必要ですし、プレイ中に相手の体の血流管理をしなければならないなど、色々と考えて行わなければなりません。

 

そうしないと、相手に怪我を負わせるリスクがるのです。

 

よって、難易度が高いので初心者には向いていません。

 

拘束プレイの場合は、色々な道具を用いて相手の体を縛るプレイです。

 

よって、初心者にも簡単にできる方法もあるので、敷居が低いのが緊縛との大きな違いです。

 

拘束プレイの魅力は?

 

拘束プレイを行うと、単純に性欲を満たすだけでなく様々な効果をもたらしてくれます。

 

主な拘束プレイの魅力として、以下のような点があります。

 

 

セックス時の興奮度がアップする

 

拘束 セックス

 

拘束プレイの1番のメリットとしては、セックスの興奮度を増すことができる点があります。

 

縛られる側としては、体の自由を奪われることによって羞恥心がいつも以上にアップして興奮します。

 

また、束縛する側としては相手を自由に責めたてる事が可能となり、相手を支配しているような感覚を味わうことができます。

 

普段のセックスでは、恥ずかしくて全てをさらけ出せないという方も意外と多いのですが、拘束されることによって抵抗する事ができずに諦めて本性を剥き出しにする場合があります。

 

よって、普段とは違う相手の表情や仕草を見ることができるので、なおさら興奮する事間違いありません。

 

自分自身だけでなく、相手の新たな一面を垣間見えるのが最大の魅力と言っても過言ではありません。

 

 

セックスのマンネリ化を防止できる

 

拘束 セックス

 

束縛によるセックスは、いつもと違う刺激のあるものとなるために、セックスのマンネリ化防止にも効果を発揮します。

 

長く付き合っているカップルの場合、どうしてもセックスはマンネリ化しがちになりますよね。

 

一度マンネリ化してしまうと、それを解消することが難しくなって、そのままセックスレスになることもしばしばあります。

 

そこで、拘束プレイをすることにより、普段と違う相手の一面を見ることで、それを刺激としてマンネリ化を防いでくれる効果があります。

 

もし束縛プレイにハマることで、また違うバリエーションの束縛を試してみたくなり、セックスレス解消にも繋がりますよ。

 

 

SMプレイとしては敷居が低い

 

拘束 セックス

 

SMプレイに興味がある方は実は多いのですが、まずは道具を準備しなけばならないと思ってしまい、すぐに手が出せないという人が多いのが事実です。

 

また、プレイ道具を購入するのもどこか恥ずかしいと感じるものです。

 

いくらアダルトグッズショップとは言え、ムチやろうそくを購入する際には完全にバレてしまいますよね。

 

ただ、拘束プレイはそのような心配をする必要はありません。

 

拘束プレイの中には、猿ぐつわなどの専用の道具を使って行うこともあります。

 

ただ、初心者はいきなり専用の道具などを使用しなくても十分拘束プレイを楽しめます。

 

身近にあるタオルやネクタイなど、アダルトグッズに縁遠いもので相手を縛るだけでも背率させることができます。

 

身近にあるものですから、簡単に用意できますし、抵抗がある人でも取り入れやすい点が魅力的です。

 

女性側としても、SMプレイをしていると友人に説明するのは憚れるものですが、拘束プレイ程度であればさほど恥ずかしくないのも良いですね。

 

 

お互いの信頼関係を強められる

 

拘束 セックス

 

拘束プレイはSMプレイの一種となるわけですが、SMプレイは特殊なプレイとなるために、場合によっては受け入れてもらえないことも多々あります。

 

よって、お互いの同意の上で行う必要があるのです。

 

縛られる側は自由がなく動けない状態となるので、縛る側は自分の好きなことが可能です。

 

その時に、相手への配慮がないと、相手の嫌がることをしてしまって精神的に傷つけてしまうことも多々あります。

 

束縛される側としては、縛る側を信頼しているから同意して初めて成立するプレイです。

 

お互いを信じて相手にゆだねるという側面があるので、拘束プレイは信頼関係を強めることが可能です。

 

拘束プレイの注意点は?

 

拘束 セックス

 

束縛プレイは、SMとしてはライトなジャンルのプレイとなるのですが、絶対に相手を傷つけないように注意しながら行いましょう。

 

女性の身体を縄や器具で拘束するために、キツくし過ぎると肌に痕が付いたり傷付けたりする恐れがあります。

 

よって、拘束は若干緩めにしておく必要があります。

 

肌に負担にならないための拘束具も存在しているので、積極的に利用することをおすすめします。

 

他にも、無理な態勢を取らせるような拘束では、関節を痛めたりバランスを崩して転倒したりする可能性があります。

 

特に、首周りを責める場合は大事故に繋がりかねないために要注意です。

 

また、拘束プレイはあくまでもソフトなSMプレイとなりますので、女性に大きな恐怖感を与えたり苦痛を与えたりするのは厳禁です。

 

また、気を使っていても跡がついてしまうリスクは少なからず存在しています。

 

もし跡が残ってしまうことも考慮して、手首や首などで拘束跡が見えるところは拘束しないようにします。

 

拘束跡が見えてしまった場合、全く関係のない人からも性癖がバレてしまうので要注意です。

 

冬など服を着込む季節であれば問題無いのですが、半袖や短パンなど肌を露出する時期は細心の注意を払います。

 

プレイを行う前に、相手の要望を事前にしっかりヒアリングした上で、プレイ中にもきちんと相手の声に耳を傾けてコントロールすることが重要です。

 

束縛感を楽しむと同時に、相手への思いやりを忘れないようにしましょうね。

 

拘束プレイに必要な道具は?

 

拘束 セックス

 

拘束プレイで必要な道具としては、何度も説明している通りに特別なものは不要で、タオルやネクタイでも十分に行うことができます。

 

但し、しっかりと拘束するために、専門の拘束具などをアダルトショップやSMグッズ店で購入するのがベターです。

 

どんな道具があるかというと、SM用の紐や縄、手錠、手枷)、足枷、首輪、猿ぐつわなどがあります。

 

他にも、それぞれの拘束の仕方に特別仕様で合わせた拘束具も用意されているのでおすすめです。

 

手首と足首を同時に拘束できるタイプの道具は、プレイする上で重宝すること間違いありません。

 

ただ、拘束プレイは女性を痛めつける目的で行うわけではないので、拘束部分にファーといった柔らかい素材を使用している拘束具が多く見られます。

 

女性をカバーする道具があれば、拘束プレイへの抵抗感を減らすことができますし、身体に痕や傷などが付くことがありません。

 

束縛するための道具だけでなく、身動きの取れない女性を責め立てるバイブやローター、電マといったグッズがあるとなお良いでしょう。

 

おすすめの拘束プレイを紹介

 

ここでは、具体的にどのような拘束プレイがおすすめであるかについて紹介します。

 

自分やパートナーの好みにマッチしたプレイがきっと見つかるはずです!

 

 

手だけや足だけの拘束

 

拘束 セックス

 

まだ束縛に慣れていないカップルが行うのに向いているのが、手だけや足だけなどの拘束です。

 

束縛プレイで一番大切なポイントとしては、相手に対して恐怖感を与えない点です。

 

もし最初の段階で恐怖感を覚えてしまったり、拘束プレイの魅力を感じることができない場合、そんなに良くないプレイとと判断されてしまう可能性が高まります。

 

束縛プレイに興味を持たせたかったり、今後も楽しませたい場合は、軽く縛ってみて自由を失った状態で攻めてみましょう。

 

紐や縄もしくは手錠や手枷などを用いて、女性の手首を後ろ手に拘束してみましょう。

 

これだけでだいぶ興奮するはずです。

 

 

四肢を開いた状態で拘束する

 

拘束 セックス

 

手足などの拘束で徐々に物足りなさを感じてきたら、四肢を開いた状態で拘束するのがおすすめです。

 

四肢を開いた状態となると、相手は全く自由がなくなりより責める方からすれば好き放題できるようになります。

 

四股で拘束をする場合においては、時間をかけてゆっくり刺激したり舐めるように体を凝視して女性の羞恥心を煽ります。

 

これによって、より興奮度がアップします。

 

縛られている側としては、どれだけ恥ずかしいと感じていても身動きを取る事ができないので、ジタバタする可能性がありますが、それを楽しむのも良いでしょう。

 

但し、本気で嫌がっているようであれば、その場で開放するようにしてください。

 

専用の拘束具を使う事によって、拘束を安定させたり雰囲気を出す事も可能ですが、タオルやネクタイなどで拘束するのでも十分です。

 

 

アダルトグッズを併用して刺激を増す!

 

拘束 セックス

 

拘束プレイによって強い刺激を求める女性の場合は、拘束しながら大人のおもちゃを併用するようにしましょう。

 

拘束されて抵抗できない状態においては、縛られている側の人はされるがままの状態です。

 

そこで、ローターを当て続けたり、バイブを入れたまま連続でオーガズムを得るようなプレイを続けます。

 

あまりの快感によだれを垂らしだしたり、中には失神してしまう女性も多く見られます。

 

過激なプレイをしたい人は、拘束プレイと同時におもちゃで責める事で刺激的なプレイを楽しみましょう。

 

バイブやローターは、決して高いアイテムではありませんし普段のセックスでも用いることができるのでおすすめです。

 

 

放置や言葉責めも併用する

 

拘束 セックス

 

束縛プレイはSMプレイであって、女性側は受け手側となります。

 

よって、他のM女子が喜ぶプレイを併用するのも有効的です、肉体的には縛られていることで刺激を受けるのですが、同時に精神的に刺激を受ける放置プレイや言葉責めが有効的です。

 

縛ったまま何もすることなく、身体を見つめてあえて放置すると、何も抵抗できない女性にとって最高潮の恥ずかしめを感じさせることができます。

 

言葉責めは、男性側としては恥ずかしがってしまう人も多いのですが、ハードな言葉責めではなく「気持ちいい?」であったり「アソコが濡れてるよ」などソフトな言葉から実践するのがおすすめです。

 

縛られている方としては、身動きが取れずされるがままとなっているので次にされる行動や言葉にいつも以上の快感を覚えるものです。

 

逆に縛る側にとっては、抵抗することができずに恥ずかしがっている女性をじっくり観察できて、精神的にも余裕を持ってプレイを楽しめます。

 

まとめ

 

拘束プレイは、SMプレイの入門編としてとてもおすすめできるプレイです。

 

ただ、適切に行わなければ相手をいろいろな意味で傷つけてしまいかねません。

 

お互いの信頼関係を持って、拘束プレイを楽しみましょう。