SEXテクニック

【寝バックのやり方】コツと注意点を知って気持ち良い寝バックを楽しもう!

寝バック

 

普段のセックスにマンネリだという人や、バックポジションが好きな人にオススメの体位・寝バック…。

 

寝バックは男性にとっても気持ちよく、女性にとっても膣内イキしやすい魅惑の体位なんです。

 

寝バックを普段のセックスに取り入れれば、セックスの快感は何倍にも増すでしょう。

 

それほどまでの魅力を秘めている寝バックですが、ちゃんと気持ちよくなるにはちょっとしたコツが必要です。

 

そこで、寝バックの正しいやり方やコツ、注意点、寝バックが気持ちいい理由など、寝バックに関する全知識を紹介しましょう。

 

寝バックが男女ともに気持ちいい体位である理由

 

寝バック

 

寝バックは男女ともに気持ちよくなりやすい体位なんです。

 

普段のセックスに取り入れている人はあまりいないかもしれませんが、慣れれば普段のセックスに取り入れることで快感はこれまでの何倍にもなります。

 

寝バックが気持ちいいのには、次のような理由があるんです。

 

理由1.奥まで挿入できる

 

寝バックは女性の膣内の奥まで挿入しやしんです。

 

正常位よりも密着度が高く、女性の膣と男性のペニスの根本がガッチリ合わさることで、より深く挿入できるようになります。

 

しかも、体重がかかるから奥まで入れるのに力を入れる必要もありません。

 

理由2.Gスポットとクリのダブル刺激

 

女性の膣の奥にはGスポットという性感帯があります。

 

女性が膣内イキするためには、Gスポットを刺激する必要があるんです。

 

手マンで刺激するのはGスポットの位置さえ理解していれば簡単ですが、挿入でコツンコツンと刺激するのは難しいんですよ。

 

挿入時だとGスポットの位置がわかりにくいですし、そもそもGスポットまで届きにくいですから。

 

寝バックは簡単にGスポットに届きます。

 

それどころか、小さい人以外は子宮口にまで届くんですよ。

 

しかも、クリトリスにも刺激がくわわるんです。

 

これにより、女性がイキやすくなります。

 

理由3.ポルチオ開発がしやすい

 

女性の膣内にはポルチオという性感帯があります。

 

これは膣内の奥にあるんですよ。

 

Gスポットよりも深いところに…。

 

正常位でポルチオに届くようなペニスを持っている人は少ないでしょう。

 

寝バックなら、ポルチオにも届きやすくなります。

 

このポルチオという性感帯は、開発すればGスポットよりも深く強い快感が得られるんです。

 

子宮口の近辺で腰をじっくり動かすことにより、ポルチオを刺激し、開発できます。

 

そうすれば女性は感度が高くなり、イキやすくなるんですよ。

 

理由4.膣内がよく締まる

 

寝バックは正常位より締まりが良いです。

 

膣がよく締まるのは両足を閉じているからでしょうね。

 

よく締まるということは、ペニスへの刺激がとても強いということです。

 

しかも、女性にとっても締まりが良ければペニスにこすられる面積が増えるので気持ちよくなりやすいんですよ。

 

男性も女性も、寝バックは感じやすいんです。

 

理由5.密着度が高い

 

セックスは、パートナーと密着することによる肌の感触やぬくもりなどが気持ちいいですよね。

 

寝バックは男性が女性の背後から覆いかぶさるようにして挿入・ピストンする体位のため、正常位よりも密着度が高くなり、パートナーの体温を感じやすくなります。

 

密着感が高いと女性は安心しますし、気持ちいいです。

 

肉体的にも精神的にも気持ちいいのがバックの魅力なんですよ。

 

理由6.体勢が楽だから長くセックスできる

 

寝バックは、とにかく体勢が楽です。

 

女性はうつ伏せで寝転がるだけだし、男性は自重を使って挿入するだけですからね。

 

上体を起こした上体だと男性側がややきついですが、それでも正常位と比べると楽です。

 

男性も女性に密着すれば、とても楽になります。

 

体勢が楽な体位だから、長く続けられるんです。

 

体勢がきついと、どれだけ気持ちよくても集中できなかったり、短時間で終わってイケなかったりしますからね。

 

寝バックにはそういうことがありません。

 

理由7.恥ずかしがり屋でも関係ない

 

男性に感じている顔やイッている顔を見られるのは恥ずかしいという人もいます。

 

そんな人とのセックスでおすすめなのが、寝バックです。

 

寝バックは顔を見られることがないため、どれだけ感じていてもイッていても気にする必要がありません。

 

余計なことに気を遣わなくても良いからこそ、女性もイキやすくなるんです。

 

寝バックをする際の注意点

 

寝バック

 

寝バックはとても気持ちがいい体位ですが、寝バックをする際には注意点があります。

 

次の4つの注意点を念頭において、寝バックに励みましょう。

 

注意点1.激しくピストンしすぎるとすぐ抜ける

 

寝バックは、ペニスが抜けやすいんです。

 

男性が女性に覆いかぶさるようにして密着していると、腰だけを動かすことになります。

 

しかも、入っている部分が見えません。

 

そのため、激しくピストンしすぎると感覚がつかめず抜けてしまうことがあるんです。

 

女性の膣の構造によっても抜けやすくなっている場合があります。

 

こればかりは、一度試してみないとわかりません。

 

どうしてもすぐに抜けてしまう場合は、無理せず違う体位に変えましょう。

 

何度も抜けて挿入してを繰り返すと萎えますからね。

 

それに、抜けた後に挿入し直す際、間違ってアナルにペニスが当たることがあります。

 

そのままズイッと挿入しようとすると、女性は激痛を感じるので気をつけましょう。

 

注意点2.お尻・太ももの肉が多いとやりにくい

 

寝バックはお尻や太ももが邪魔になることがあるんです。

 

スレンダーな人だと全く問題はありませんが、お尻の大きな人や太ももにお肉がしっかりめについている人の場合は、挿入が浅くなることがあります。

 

最悪の場合、膣にすら届かないこともあるんです。

 

また、お腹にお肉のある女性の場合は、うつ伏せ状態で男性に体重をかけられると苦しくなります。

 

注意点3.お互いに早くイってしまう

 

寝バックは女性をイカせやすい体位です。

 

それはとても良いことなんですが、女性が早くイッてしまうことがあります。

 

遅漏の男性だと女性がイッたあともピストンを続けることになり、場合によっては女性が痛みを感じてしまいかねません。

 

男性も同じく「正常位より締まりが良くなる」ため早くイキやすいので、遅漏でも早漏でもない人は問題ありませんが…。

 

遅漏の人は女性に負担をかけやすく、早漏の人は女性を満足させられず終わります。

 

注意点4.身長差が大きいと難しい

 

パートナーとの身長差が大きい場合、腰の位置が合わずに挿入しづらかったり、挿入できてもピストン運動がしづらかったりします。

 

腰の位置を無理やり合わせようとしたら、女性の頭が男性の胸あたりにきてしまって体勢が安定しないんですよね。

 

男性が女性より背が低い場合も、イマイチ安定しない…。

 

互いの身長差が程よくなければ難しいのが、寝バック最大の難点ではないでしょうか。

 

気持ちいい寝バックのやり方とコツ

 

寝バック

 

寝バックは通常のバックや立ちバックなどに比べて、難易度が高い体位です。

 

気持ちよく寝バックを楽しむには、正しいやり方やコツを知っていなければなりません。

 

次の6つのコツを踏まえて、寝バックでパートナーと一緒に気持ちよくなりましょう。

 

コツ1.枕やクッションを敷く

 

枕やクッションを使うと寝バックはとてもやりやすくなります。

 

女性のお腹の下あたりに置いて高さを出し、女性の腰が少し浮いた状態にするんです。

 

こうすると女性が無理をせずともお尻の位置が高くなり、挿入しやすくなります。

 

身長差が大きい場合でも、こうして高さを調整すればすんなり挿入できる場合もありますよ。

 

しかも女性の体の負担も軽減できるんです。

 

家の場合はクッション、ホテルの場合は枕を使いましょう。

 

コツ2.男性が上体を起こしてピストンする

 

寝バックは基本的に男性が女性に覆いかぶさり、平行になる体位です。

 

ただ、この状態でピストンをすると挿入部が全然見えませんし、腰だけ動かすという若干の高等テクニックを求められてしまいます。

 

せっかく気持ちがいい体位を楽しんでいるのに、何度も抜けて挿入してを繰り返すと白けてしまいますよね。

 

そうならないために、男性が上体を起こしてピストンするのがオススメです。

 

上体を起こせば挿入部分を見ることができますし、寝た状態よりも体の多くの部分を使ってピストン運動をすることができます。

 

女性がうつ伏せの正常位のような感覚になるため、寝バック初心者でもやりやすいですよ。

 

ただ、だからといってあまり激しくしてしまうと、やはり抜けやすくなるので程々にしましょう。

 

コツ3.ゆっくりピストンする

 

寝バックは激しくやると抜けやすいので、ゆっくりピストン運動をするのが基本です。

 

それに、男性が背後から急に激しく攻めると、女性にとっては少し不安なんですよ。

 

恐怖を感じますし、痛みを感じてしまうこともあります。

 

ゆっくりじっくりピストンすることを心がけましょう。

 

コツ4.奥付近で浅いピストンを心がける

 

寝バック最大のコツは、浅いピストンをすることです。

 

浅いと言っても、挿入が浅いのはダメですよ。

 

寝バックは女性のGスポットに程よく届くところや、女性の奥(ポルチオ性感帯)に届くところが大きなメリットです。

 

挿入が浅いとメリットが台無しになってしまいます。

 

挿入は深くして、ピストンの動きを浅くするんです。

 

正常位の場合、ペニスを一旦挿入口近くにまで戻して、また奥に突き刺すという動きをしている人もいるでしょう。

 

そうじゃなくて、奥付近にとどめたままコツ、コツ、とピストンするんです。

 

こうすることで抜けにくくなります。

 

さらに、Gスポットやポルチオをリズミカルに攻められるようになるんです。

 

コツ5.挿入が難しいときはバック挿入から移行させよう

 

どうしても寝た状態での挿入が難しい場合は、バックから寝バックに移行すると良いですよ。

 

まず、女性に四つん這いになってもらい、挿入します。

 

バックの挿入なら難易度はそんなに高くありません。

 

そうして少しバックでのセックスを楽しんだ後、ペニスを挿入したまま女性を押し倒して、女性にうつ伏せになってもらいます。

 

こうすれば自然と寝バックができる上に、寝バックの挿入難易度が下がりますよ。

 

また、通常のバックだけでなく、横向きで挿入する側位バックから寝バックに移行するのもオススメです。

 

コツ6.十分すぎるほど濡らしてから挿入しよう

 

寝バックは膣の奥にまで届きやすいのがメリットですが、奥まで挿入されたことがない女性にとってはデメリットになることがあるんです。

 

刺激に慣れていない状態だと、痛かったり良さがわからなかったりします。

 

包茎の人はわかりやすいでしょう。

 

鬼頭の刺激にまだ慣れていなかったあの頃、鬼頭を刺激すると痛かったのではないでしょうか。

 

乳首も開発されれば気持ちいいけど、されていないと痛いですよね。

 

奥まで手マンされたことがない人、奥まで挿入されたことがない人には負担になります。

 

少しでも負担を減らすため、十分すぎるほど濡らしてから挿入することが大切です。

 

前戯は、自分が思っている倍は時間をかけましょう。

 

男性は前戯を短く済ませがちですが、女性は意外と前戯に時間をかけて欲しいと思っているんです。

 

また、ローションを使うのも効果的ですよ。

 

まとめ

 

寝バック

 

寝バックは男性にとっても女性にとっても、気持ちよくなりやすい体位です。

 

女性はGスポットとポルチオを刺激され、膣内イキしやすくなります。

 

膣内イキはクリトリスでイクよりも深く強い快感が得られるため、膣内イキさせられると女性からの好感度は高くなりますよ。

 

男性は膣内が普段よりキツく締まるため、気持ちがよくなります。

 

ただ、気持ちが良い体位だからこそ互いにイクタイミングに気を遣ったり、互いの体に負担をかけすぎないようにしたりといった工夫が必要です。

 

寝バックは互いの顔が見えないため、ひとりエッチしているような錯覚に陥ることがあります。

 

お互いに気持ちよくなるため、独りよがりにならず、気遣いは忘れないようにしましょう。