SEXテクニック

最高の快楽で女性がメロメロ!セックスで中イキさせる方法を伝授

中イキ

女性にとってより気持ちいいのが中イキです。

中イキすると、通常の快感よりもまた違った快楽を得ることができるのですが、男性側にとってはただ責めていては中イキさせることができません。

では、どのような方法で中イキさせることができるのでしょうか?

ここでは、女性を中イキさせるための様々な方法について紹介します。

そもそも中イキとは?

中イキ

まずはじめに、中イキとは一体どのようなものであるのかについて紹介します。

中イキとは、Gスポットやポルチオと呼ばれる性感帯を刺激することで、オーガズムを得ることを指します

性感帯とは、体の中で刺激を与えることによって性的な快感を得やすい部分のことを指しています。

 

性感帯は男女を問わず個人差があるのですが、一般的には粘膜が体外に出ている部分と静脈が皮膚に近いところにある部分に性感帯があります。

女性では、クリトリスや陰唇、膣口、乳首、乳房、尿道口、肛門、耳、首などが性感帯となるのですが、中イキは膣内にあるGスポットやポルチオなどでイカせることを指すのです。

 

逆に、クリトリスなどの外部にある部分でイカせることを外イキと呼んでいます。

どちらも気持ちいいのには変わりありませんが、外イキは目に見えて性感帯がわかるので責めやすい一方で、中イキで責めるGスポットやポルチオの場所は可視化できません

よって、より中イキさせるのはかなり難しいのですが、男性側と一緒にイクことができる中イキはぜひマスターしたいテクニックです。

中イキで重要なGスポットとポルチオとは?

セックステクニック

中イキで責めることになるのがGスポットとポルチオになるのですが、一体どのような位置にあるのでしょうか?

それぞれの場所や特徴などについて深堀りしていきます。

Gスポットは比較的浅い位置にある

Gスポットと聞くと、サザンオールスターズの「マンピーのGスポット」という衝撃的な楽曲がありましたが、まさしく性感帯のGスポットのことを歌っているのです。

そのGスポットとは、女性の膣前壁にあるスポンジ状の尿道海綿体であって、コイン大ほどのエリア状に存在している性感帯となります。

 

クリトリス、尿道、膣に囲まれた構造体があて、このことをCUV構造体と呼んでいますが、これをGスポットと呼んでいます。

男性ですと前立腺に当たる腺が存在していて、また男性の精液に似た成分の分泌液がでてきます

個人差もあるのですが、5cc程度の量が分泌されて、甘い味がするのが特徴です。

 

Gスポットでは、女性の妊娠の痛みをコントロールすることができる、女性にとって非常に重要な部位となります。

ただ、唐辛子を食べると痛みをコントロールできなくなると言われています。

Gスポットの歴史としては、ドイツ人産婦人科医のエルンスト・グレーフェンベルク氏が、1950年に発表した論文で初めてその存在を明らかにしています。

従来は、女性の性器内は無感覚と思われていたのですが、この発見は大きな衝撃を与えています。

 

その発表から30年後に、アメリカの性学者であるA・ダラス氏の研究により、女性器内部の性感帯の存在が確認されたのですが、発見者の名前をモチーフとしてグレーフェンベルクスポットと命名されて、略されてGスポットと呼ばれています

 

Gスポットの位置は女性によって微妙に異なりますが、恥骨の裏側あたりの膣口から4~5cmほど入ったところの膣の前壁に存在しています。

触ってみるとざらっとした触感があり、性的な刺激を受けるとぷっくり膨らむ傾向があります

なぜ膨らむかと言うと、それは海綿体でできているからであり、男性器やクリトリスと同じイメージで膨張するのです。

ポルチオは子宮に近い位置にある

中イキ

ポルチオは、Gスポットと違って子宮頸部のうちで膣に突出した部位に存在しています。

ラテン語ではPortio vaginalis uteri(ポルティオー・ウァギナーリス・ウテリー)と呼ばれていて、この語群の初めの単語からポルチオと呼ぶのが定番となっています。

単語の意味を読み解くと、ポルティオーは名詞で部分の意味があり、ウァギナーリスとウテリーはそれを修飾する語となり、前者は形容詞で膣の、後者は子宮を意味するウテルスの属格であります。

 

ポルチオはとても繊細な器官として有名であり、気をつけて愛撫をしないと痛みを感じさせてしまうものです。

一方で、女性は一度でもポルチオイキを覚えてしまうと、ポルチオを直に刺激することなく、お腹の上から子宮めがけて体を揺らすだけでもイッてしまうというツワモノもいます。

 

非常に深い位置にあるので、通常は指で刺激するのはかなり難しい部位となります。

よって、長くて細長いペニスやバイブなどで刺激することができます。

まずは性感帯の位置を確認しよう

まだ出会ったばかりの女性をいきなり中イキさせるのはまず困難な話です。

その理由としては、女性によってGスポットやポルチオの位置が異なるためです

まずは、Gスポットやポルチオの位置を確認してから、具体的にどのように責めるかを決めるのが得策です。

 

まず、Gスポットについては仰向けとうつ伏せでそれぞれ探し方は異なります

仰向けの場合は、手のひらを上にして人差し指と中指をまっすぐ揃えて膣に挿入します。

その後、根元まで挿入して第二関節を恥骨方向に折り曲げて、指の腹を膣壁に押し当ててください。

指が当たった部分がGスポットとなりますが、恥部の上部やヘアの生え際あたりを目安とするのも良いでしょう。

 

うつ伏せの場合は、女性がを突き出した状態にして、手のひらを下にして指を挿入します。

膣前壁に押し付けるようにして、Gスポットを探していくとザラザラした感触がある部分に存在しています。

 

ポルチオについては、Gスポットよりは単純で子宮の入り口近くに位置しているのでわかりやすいです。

膣の中の奥行は個人差があるのですが、ポルチオの位置には大きな個人差は無くてポルチオ性感帯は奥の行き止まり付近にあるのです。

セックス以外での中イキ方法は?

セックステクニック

中イキは、なにもセックス本番だけでなく他の方法でも行うことができます。

主な中イキの方法としては、指マンとバイブなどのアダルトグッズによる方法があります。

指マンによる中イキ

Gスポットの探し方として、指で捜索する方法を紹介しましたが、指を使うことで場所を確かめながら中イキさせることができます。

ただし、ポルチオについては基本的に指で刺激するのは難しいので、Gスポットが中心となります。

 

指マンするためには、まずはじっくりと前戯をして膣内を濡らしましょう。

また、ムード作りをするのも重要で、焦ることなくゆっくりと行ってください。

指マンでは、必然的に力が入ってしまうのでどうしても膣にダメージを与えてしまうこともあるので、ローションを使って潤滑させてから行うと、過剰な刺激を抑制することができますよ。

また、ローションはグチョグチョというスケベな音を立てて聴覚的にも盛り上げる効果があります

 

まずは、Gスポットの場所を指で確認して、その後に指をGスポットに軽く当てて、その後離すのを繰り返します

まるでボタンを押すような感じで行うのがおすすめです。

これをじっくりと10分以上かけて行うと、女性が徐々に刺激を受けてきて、興奮し始めます。

その反応を見つつ、徐々に押すスピードを上げていくと、女性の息遣いも激しくなっていきます。

最終的に、この刺激を続けると完全に中イキさせることができます。

 

注意したいのは、アダルトビデオなどでは激しく指マンしていますが、Gスポットもデリケートなのでダメージを与える可能性があるので、あくまでも優しく行いましょう。

アダルトグッズによる中イキ

中イキ

バイブなどのアダルトグッズを使用すると、ポルチオを刺激することによる中イキも可能となります。

また、Gスポットとポルチオを同時に刺激できる形状のバイブもあります。

 

バイブを使用して中イキする場合は、通常はローションを使用して行います。

バイブは男性器と違って無機質な素材でできてますので、ローションをしっかりと塗ってから行ってください。

衛生面を考えれば、コンドームを付けるのも良いでしょう。

 

その後、バイブを膣奥まで差し込みます。

そして、バイブのスイッチを入れて刺激していきます。

バイブによっては、スイング機能などの特殊な動きをするものがあって、ただ入れておくだけで自然とポルチオとGスポットを刺激可能です。

セックスによる中イキ

女性単体で絶頂を迎えるのも悪くありませんが、やはり男性側も一緒にイキたいですよね。

セックスで中イキさせるためには、体位が重要なポイントとなります。

主な中イキさせやすい体位としては、以下があります。

  • 松葉くずし
  • バック
  • 騎乗位

基本的に、どの体位もペニスを奥まで挿入でき、ポルチオを刺激することで中イキできる体位となっています。

松葉くずし

中イキ

松葉くずしは、男性と女性が足を交差した状態で挿入する体位のことを指します。

ペニスを深くまで挿入できる体位として知られており、ボルチオを刺激されやすく中イキさせることができます。

ピストン運動で責めるというよりは、奥まで入れた状態で小刻みに上下に揺さぶることで、強い刺激を与えることが可能です。

バック

中イキ

バックは正常位と並ぶスタンダードな体位です。

男性のペニスがより深く奥まで届かせることができます。

勢い良くピストン運動してしまうと、女性が痛がることもあるので要注意です。

騎乗位

数ある体位の中でも、女性側が主導権を握ることができるのが騎乗位です。

また、他の体位と違って、Gスポットも女性が自在に刺激することもできます。

背筋を伸ばしてやや後ろにそるようにグラインドすると、ポルチオも刺激できます

男性側も突き上げるような動きをすることで、同時イキも可能となります。

まとめ

何も意識せずとも、自然と中イキさせることもできるのですが、特にGスポットはある程度意図的に刺激しないとなかなか中イキさせることができません。

通常の間隔よりも強い刺激のある中イキは、セックスマスターになるためには欠かせない要素となりますので、ぜひ実践してみてほしいですね。