その他

元カノをセフレにするには条件がある!? その条件とセフレ化のコツを紹介します

元カノ セフレ

「元カノとまた体を重ねたい」

 

「よりを戻したいわけじゃないけど、元カノとセックスしたい」

 

そういう感情・欲求から、元カノをセフレにしようと考えている人もいるのではないでしょうか。

 

確かに、元カノをセフレにするのは魅力的です。

 

ただ、元カノをセフレにするには条件があるんですよ。

 

今回はその条件と、元カノをセフレにするコツを主に紹介しましょう。

 

元カノをセフレにするメリットとは?

 

元カノ セフレ

 

元カノをセフレにするメリットは、意外と多くありません。

 

メリットと言えるほどの魅力は、2つくらいのものです。

 

条件について語る前に、まずはその2つのメリットを紹介しましょう。

 

 

互いのことをある程度理解し合っている

 

お互いのことをある程度は理解し合っていることが、元カノをセフレにする最大のメリットです。

 

付き合っていた期間にもよりますが、元カノをセフレにする場合は他の誰かをセフレにするより、互いの理解度は高いはずでしょう。

 

趣味趣向、価値観、考え方、仕事の忙しさなどもお互いによくわかっていますよね。

 

もちろん、性格も体のことも…。

 

そういう人と一緒にいるというのは、とても心地が良いものです。

 

元カノと一緒にいて、体を重ねる安心感は他ではなかなか得られません。

 

新鮮味はないでしょうが、元カノはセフレとしてはかなりの上玉だと言えるでしょう。

 

 

ハードルが比較的低い

 

元カノはセフレにするハードルが、比較的低いです。

 

もちろん、元カノとの関係性にもよりますけどね。

 

セフレにしやすい関係性と、しにくい関係性の違いは後ほど語るとしましょう。

 

セフレにしやすい関係性を築けていた場合は、全くの無の状態からセフレをつくるよりは簡単なことは確かですよ。

 

全くの無の状態からセフレをつくるには、まず相手を探すことから始めないといけません。

 

相手を口説いてセックスをして、付き合わずセックスはするという微妙な関係に留める工夫も必要です。

 

一方元カノは互いにある程度の信頼関係があり、セックスもしたことがあります。

 

一度はセックスをしているため、セックスに対する心理的ハードルが下がり、セフレにしやすいんです。

 

セフレにしやすい元カノとの関係性

 

元カノ セフレ

 

元カノはセフレにするハードルが低いと語りましたが、関係性によってはハードルが高くなります。

 

あなたと元カノとの関係性が、セフレにしやすいものかどうか、確かめましょう。

 

 

友達以上恋人未満になっている

 

友達以上恋人未満の距離感で元カノと仲良くしているなら、セフレにしやすいですよ。

 

友達のような関係性ではあり、付き合ってはいないけど互いに頼ったり、スキンシップを取ったりするのが友達以上恋人未満的な距離感です。

 

完全に友達に戻ったわけではない、というのが肝になります。

 

この距離感は男女ともに心地が良いんです。

 

女性は彼氏の前では素を出さない傾向があります。

 

好きな人の前では少なからず猫を被るんです。

 

付き合っているからこそ言えないこともあれば、できない態度もあります。

 

それが友達以上恋人未満の元カレ相手になると、そうでもないんですよ。

 

言えなかったことも言えて、取れなかった態度も取れるようになります。

 

少なくとも、恋人だったときよりは遠慮が無くなるものですよ。

 

この心地よさはなかなか手放せるものではありませんし、手放したいとも思えません。

 

素に近い自分を出せる相手は、貴重ですから。

 

それを維持するため、さらなる心地よさを求めるため、セックスに応じることもあるのではないでしょうか。

 

 

飲み仲間程度の関係

 

完全な友達というよりも、飲み仲間と表現したくなる関係性ってありますよね。

 

一緒に酒を飲みはするけどデートはせず、他の遊びもあまりしない…。

 

一緒に飲むことを主目的とした関係性のことを、飲み仲間と呼ぶことが多いです。

 

元カノとそういう関係性になっているのであれば、比較的セフレにしやすいですよ。

 

セフレづくりに酒はつきものです。

 

酒を飲んだとき、人は気が大きくなったり寂しくなったりします。

 

そのときの心理状況によって酔ったときの感情の振れ幅が異なりますが、元から寂しさがあったときは寂しさが膨らみ、元から楽しかったときは楽しさが膨らむ傾向があるんです。

 

要は酒は感情や欲求の増幅装置、みたいなものだということですね。

 

酔うと人が変わるのではなく、その人の本来の感情や欲求が大きく表に出るようになるという考え方です。

 

飲み仲間として元カノと一緒に飲んでいると、ときには元カノが寂しさをあらわにすることがあります。

 

そういうときに相手を支えることができれば、セックスもしやすくなるでしょう。

 

 

相談し合う間柄

 

普段はあまり会わないし連絡もしないけど、相談ごとや愚痴りたいことがあるときには連絡したり会ったりする間柄もありますよね。

 

元カノとそういう間柄になれば、セフレにしやすくなります。

 

誰かに相談をするとき、人の心は無防備です。

 

自分の心の中を相手にさらけ出しているのだから、当然と言えば当然ですよね。

 

そこで親身に相談にのれば、相手の心の隙きに入り込める可能性が高いです。

 

相手に共感し、相手と一緒に悩みましょう。

 

ときには、あなたも相手に相談や愚痴をこぼしてみてください。

 

そうすれば互いに信頼感が増し、相手の心の中のあなたの存在が大きくなります。

 

その状態で酒を交えて相談し合えば、自然と寄り添い、セックスに持ち込むこともできるでしょう。

 

そこからセフレになることも、難しくはありません。

 

セフレにしにくい元カノとの関係性

 

元カノ セフレ

 

セフレにしやすい元カノとの関係性を語ってきました。

 

その全てに共通しているのが、微妙な間柄だということです。

 

ハッキリとした友達ではなく、キープでもなく、絶縁でもない…。

 

逆に、関係が固まってしまうとセフレにしにくくなります。

 

特に、以下のような関係性になると難しいです。

 

 

元カノに相手がいる

 

元カノに既に好きな人や彼氏がいるけど仲良くしている、という状態だとセフレにするのは難しいです。

 

女性は新しく好きな人ができると、前の人のことはあまり気にしなくなります。

 

好意的に元カレのことを見ている場合は、完全に「友達」として位置づけるんです。

 

元カレだということを認識しているにもかかわらず、元カレというカテゴリから外されます。

 

完全に友達関係に戻ってしまうと、セックスするのはもう絶望的です。

 

 

共通の友人グループの一員として友人関係に戻っている

 

元カノが元々友達で、元カノを含む友人グループがあるケースも少なくはないでしょう。

 

そういう「友人グループの一員」として友達関係に戻っている場合は、セフレにできる可能性が低くなります。

 

元から友人グループの一員で、そこから恋人になり、別れた。

 

その後も同じグループの友達として仲良くできているというのは、実はかなり貴重です。

 

友人関係を一度壊して恋人になり、それでもグループは存続していることはよくあります。

 

ただ、別れた後も普通にグループが存続しているのは比較的レアケースです。

 

別れたら気まずくなり、グループからどちらかが抜けてしまうことが多いんですよ。

 

言わば今の関係性は奇跡的な関係だ、ということです。

 

それを壊してしまうのが怖いため、セックスはできない可能性が高いんですよ。

 

 

長らく会ってないし連絡を取ってもいない

 

別れてから長らく会っておらず、それどころか連絡すら取っていない状態の場合はセフレにするのは難しいです。

 

この場合、あなたは既に他の有象無象と同じような扱いになっている可能性が高いんですよ。

 

女性は上書き保存と言いますが、別れて時間が経ち、連絡すら取っていない人のことをそこまで気にかけません。

 

元カレの一人として認識してはいるものの、他人のような扱いになっていてもおかしくはないんです。

 

今更連絡したところで適当にあしらわれたり、無視されたりする可能性があります。

 

元カノをセフレにする方法・コツ

 

元カノ セフレ

 

元カノをセフレにしやすいケースと、難しいケースとをそれぞれ紹介してきました。

 

あなたとあなたの元カノの関係性が前者だったなら、セフレにできる可能性があります。

 

以下の方法・コツを用いて、頑張ってみましょう。

 

 

相手にとって居心地の良い人間になる

 

元カノをセフレにするメリットやセフレにしやすい元カノとの関係性を語ったとき、「居心地の良さ」について何度か触れてきました。

 

この「居心地の良さ」が、元カノをセフレにするときに最も大切なことなんです。

 

居心地が良いから会いたくなるし、手放したくなるし、セックスもしたくなる。

 

そしてそういう関係性を継続させたくなるというものですから。

 

だからあなたは、相手にとって居心地の良い人間になる必要があります。

 

そのためには、元カノに対してある程度は献身的になりましょう。

 

まず、元カノの悩みをしっかり聞くんです。

 

相手がスッキリするまで話を聞き、ときには気晴らしに付き合う。

 

LINEなどで相談がある素振りを見せればすぐに返信をし、ときにはこちらから電話を提案してみる…。

 

すると相手はあなたを良い相談相手と思い、連絡を取り合ったり会ったりしたいと思うようになります。

 

さらに、元カノが寂しいときには話し相手になったり飲みに付き合ったりするようにしましょう。

 

寂しさを埋めてくれる存在ほど、居心地が良い人間はなかなかいませんからね。

 

要は相手を安心させる優しさを、相手に与えようということです。

 

 

口が裂けても「好き」とは言わないようにする

 

セフレに限らず、元カノと良い関係を築きたいなら好意を口にしないことが大切です。

 

「やっぱり好きだわ」

 

「一緒にいると安心するわ」

 

「付き合っていたときは良かったなあ」

 

そんなことは口が裂けても言ってはいけません。

 

女性は元カレから好意を寄せられることを、あまり良く思わないんです。

 

女性は恋愛関係に関して上書き保存をすると言いますが、まだ誰にも上書きされていない状態でも、付き合っていたときのような露骨な言葉や態度は嫌います。

 

理屈で説明するのは難しいですが、強いて言えば女性の「追われると逃げたくなる」という心理によるものでしょうね。

 

だから、好意は口にしないようにしてください。

 

現在のあなたと元カノとの関係性から出る自然な言葉で、相手を口説くようにしましょう。

 

 

サシ飲みをする

 

自分と相手がお酒を飲めるのであれば、サシ飲みをしましょう。

 

相手にとって居心地の良い存在になれていれば、きっかけはいくらでもあります。

 

「今度飲みに行こうよ、愚痴聞くよ」

 

「たまには気晴らしも必要だと思う。俺で良ければ付き合うよ」

 

そんな感じで二人で飲みに行ければ、セフレ化まであと一歩です。

 

二人で飲みながら会話をし、お互いに素の自分をさらけ出せれば、自然とこれまでとは異なる空気になります。

 

恋人とも友達とも違う、どこか甘えたような空気です。

 

その空気に身を任せて楽しく飲んでいれば、自然と飲み会は長くなります。

 

居心地が良く「まだ一緒にいたい」と思うためです。

 

そして終電を逃すこともあるでしょう。

 

あなたの自宅が近ければ「家に行こう」という流れになり、ホテル街が近ければ「ホテルに行こう」という流れになります。

 

一番おすすめなのは、自宅が近いところで飲んで家に行くことです。

 

ホテルより家の方が心理的ハードルが低いですからね。

 

そうして家に連れ込めば、あとは流れに身を任せているだけでセックスできる可能性が高いです。

 

また、酒が入り終電を逃したことを女性は言い訳にできます。

 

元カレとセックスしたという罪悪感を言い訳が消してくれるので、今後も気まずくならずセックスできるんです。

 

しかも、一度セックスしたことでハードルが下がり、今後はますますセックスしやすくなります。

 

これで、元カノのセフレ化は完了です。

 

【気をつけて!】元カノをセフレにするときの注意点

 

元カノ セフレ

 

最後に、元カノをセフレにするときの注意点を簡単に紹介します。

 

まず言いたいのは…未練を消し去らないといけないということです。

 

元カノに未練がある状態でセフレにしようとすると、どんどん深みにハマります。

 

相手と一緒にいる幸せと心地よさから抜け出せなくなり、それどころかセフレ以上の関係を望むようになるんです。

 

そうして復縁を迫るようになれば、セフレ関係もセフレ化する以前に築いていた関係も終わりを迎えます。

 

元カノをセフレ化するのなら、未練はすっぱり消し去りましょう。

 

そして、セフレとしても執着してはいけません。

 

これは、元カノに好きな人や彼氏ができたら終わる関係です。

 

復縁はしないという覚悟と、元カノに好きな人や彼氏ができたら終わるという覚悟…。

 

この2つを胸に抱くことができなければ、元カノをセフレにしようとしてはいけませんよ。

 

あなたが相手の「居場所」になり元カノをセフレ化しよう!

 

元カノ セフレ

 

元カノをセフレ化するメリットと方法などを紹介してきましたが、結局のところ一番大切なのは「居心地の良い関係性になること」です。

 

相手にとって居心地が良い関係性でなければ、セックスはできません。

 

それどころか二人で会うことすらも難しいでしょう。

 

ただ、居心地が良いと言っても「完全な友人関係」になってはダメです。

 

居心地が良すぎて今の関係を壊したくなくなるため、セフレにはできなくなりますから。

 

居心地が良いけど関係性としては中途半端、というのがベストです。

 

そして、あなたが相手の確固たる居場所になることを目指しましょう。

 

それが、元カノをセフレにする第一歩です。