出会い系テクニック

田舎でマッチングアプリを使って出会えることはあるの?車は必要?

マッチングアプリ 田舎

マッチングアプリを使ってみたいけど、田舎では出会えないのではないかと不安になる人は多いのではないでしょうか?

 

人がいない田舎だからこそアプリを使って出会いを探したいけど、アプリ自体に人がいなければ出会いにはつながりません。

 

そこで今回は、田舎で使うマッチングアプリの現状や、注意点を解説していきます。

 

田舎に住んでいてマッチングアプリを使ってみようか迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

 

田舎のマッチングアプリの現状

 

それでは早速田舎のマッチングアプリの現状に関して解説していきます。

 

アプリ選びさえ間違えなければ田舎でも出会える可能性は充分にあります。

 

 

利用者が多いアプリなら会える

 

田舎だとしても、マッチングアプリを使って出会うのは充分可能です。

 

ただこれは、利用者の多いアプリ限定です。

 

最新のアプリや、変わり種の機能が付いたものは都市部でしか使えません。

 

田舎で出会いを狙ってマッチングアプリを使うのであれば、利用者の多い、人気のものに絞りましょう。

 

また、マッチングアプリや出会い系アプリの中には、無料で利用できるものがあります。

 

これは、一部例外を除いてほぼ全てが悪質なアプリと捉えておいて問題ありません。

 

男性の利用量が無料だからといって、知名度の低いアプリを女性が使うメリットはありません。

 

そのため無料アプリには、お金を使わずに出会いたい男性と男性をだまそうとする業者だけが存在している状況で、実質出会うのは不可能に近いのです。

 

無料でも出会えるアプリは、「tinder」くらいでしょうか。

 

こちらは海外発祥なこともあり、使い勝手が独特です。

 

 

田舎だからこそネットで出会いを求める?

 

田舎だと出会うためのイベントも少なく、かと言ってなかなかナンパをする勇気がある人は多くありません。

 

結果的に出会いを求める男女が行き着くのが、ネットでの出会いです。

 

ネットでの出会いに掲示板やジモティーが注目されることもありましたが、あまり効率が良いとは言えません。

 

相手がどんな人なのか、何歳なのかがわからないですし、そもそも人自体が多くありません。

 

田舎で出会いを求めるなら、マッチングアプリが便利です。

 

 

遊ぶ場所が少ないからこそ、いきなり家デートが成立しやすい

 

田舎でのマッチングアプリでは、初回から家デートが成立しやすいメリットがあります。

 

遊ぶ場所が少ないからこそですね。

 

真剣な恋人探しや婚活をするならあまり関係ないですが、セフレ探しが目的であれば田舎でのマッチングアプリは充分機能します。

 

田舎のマッチングアプリだと知り合いが表示される?

 

マッチングアプリ 田舎

 

田舎で人が少ないと、知り合いが表示されないか心配になる人は多いのではないでしょう。

 

人口の多さと田舎度合いにもよりますが、さほど心配する必要はありません。

 

不安な人は、知っている人に見られても困らないようなプロフィール設定にしておきましょう。

 

田舎で知り合いが多く、知り合い同士Facebookで繋がっている場合限定ですが、Facebook登録でマッチングアプリを始めることで、知り合いバレを防止できます。

 

Facebook登録からアプリを始めることで、Facebookですでに友達登録されている相手はアプリ上では表示されないように出来ているためです。

 

田舎だと車は必要になる?

 

マッチングアプリ 田舎

 

田舎でのマッチングアプリを満喫するためには車が必要なのか解説します。

 

 

デートプラン次第では車が必要

 

田舎でマッチングアプリを満喫するのに車が必要かどうかですが、マッチングアプリの利用目的により異なります。

 

食事をして最終的にセックスするのが目的かつ、駅周辺にラブホテルがないのであれば車なしでのマッチングアプリ攻略は難しくなるでしょう。

 

距離を縮めて良いムードになっても、ラブホテルに移動している間に気持ちが冷めてしまう可能性が高いからです。

 

無いよりはあった方が良いですが、ラブホテルの位置を把握できているか自宅が駅から徒歩圏内にあるのであれば特に無くても問題ありません。

 

 

お酒を飲むデートが中心になるなら無くても良い

 

飲み屋街まで出る、もしくは駅前の居酒屋デートがメインとなることを想定しているのであれば、車はまったく必要ありません。

 

マッチングアプリにはお酒好き同士が出会いやすいコミュニティが存在し、飲み友達から発展させたいと考えている人は多いです。

 

お酒を飲むことを最初のハードルに設定しているのであれば、車がないことを心配する必要はありません。

 

田舎でおすすめのマッチングアプリ

 

マッチングアプリ 田舎

 

利用者が多く、田舎でも使いやすいマッチングアプリを紹介していきます。

 

田舎で使うマッチングアプリを選ぶ時は、利用者が多いかどうかを重要視しましょう。

 

 

ペアーズ

 

ペアーズは、国内でも最大規模を誇るマッチングアプリです。

 

累計会員数は1,000万人を超え、毎日8,000人の新規登録者がいるほどです。

 

とにかく人が多いので、田舎での出会いも期待しやすくなります。

 

好きな物が同じ人同士で集まれるコミュニティ機能が充実しているため、趣味を共有できる相手が見つかりやすいでしょう。

 

利用者の年齢層は20代後半~30代前半がメインになります。

 

利用目的は婚活よりの恋活が中心です。

 

 

tinder

 

tinderは、海外発祥のマッチングアプリです。

 

tinderのポイントはGPS機能をオンにすることで、家が近い人を探せる点にあります。

 

田舎だと家が近いだけでも親近感が湧きやすく、話は盛り上がります。

 

家が近いとデートの予定も立てやすく、やり取りを始めてから会うまでのスピードも早くなりがち。

 

機能は制限されるものの、メールのやり取りは無料で出来るので、サブとして使うにもぴったりです。

 

婚活の相手探しに利用する人はほぼ皆無で、遊び目的や飲み友達探しの人が多くなります。

 

純粋な恋愛や婚活がしたいのであればあまりおすすめはできません。

 

 

ハッピーメール

 

ハッピーメールは、マッチングシステムのない、ポイント制の出会い系アプリです。

 

会員数は抜群に多く、累計で2,500万人を突破しています。

 

ハッピーメールの特徴としては、恋人探しや婚活をする人が少なく、多くの人がセックス目的で利用している点です。

 

そのため、サクッと遊びたい人に向いています。

 

月額料金がかかることはなく、メール1通50円が基本料金です。

 

月額が発生しないことから、他のアプリと合わせて使うのにも便利です。

 

今回紹介した中でも、最もライトな層が利用しています。

 

セフレが欲しいと考えているのであれば、使いやすいアプリとなるでしょう。

 

田舎でおすすめのデートプラン

 

マッチングアプリ 田舎

 

田舎でマッチングアプリを使うにしても、デートプランがイメージ出来ない人は多いかと思います。

 

ここでは、知り合ってからの初回デートからの立ち回りを紹介します。

 

 

駅前の居酒屋

 

1つ目のおすすめデートは、駅前の居酒屋です。

 

女性と中間地点の駅がベストですが、お互いの最寄り駅に居酒屋が1件もない場合はターミナル駅まで移動しましょう。

 

お酒を飲むことで緊張が溶けて、お互いに本音で話しやすくなります。

 

綿密なデートプランを練る必要もなく、「もっと話してみたいので、とりあえず飲みに行きませんか?」と気軽に誘いやすいのもポイント。

 

 

家に呼ぶ

 

いきなり家に呼び出すのは抵抗がある人が多く、女性からしてもありえないと考える人は多いですが、マッチングアプリには様々な人がいます。

 

セックスがしたくて登録した人は、丁寧に口説かれるよりもいきなり家に呼ばれる方が都合が良い場合も多いです。

 

成功するためには顔写真を公開して、素性や雰囲気を相手にイメージしやすい状態を作り出す必要がありますが、誘ってみると意外とすんなりOKをもらえることは少なくありません。

 

 

ドライブ

 

車があるのであればドライブデートがおすすめです。

 

車内は密室で距離も近いですし、自然と心理的な距離も近くなります。

 

B級グルメを楽しんだり、夜景スポットに行ってみたりと車があればグッと行動範囲が広がるでしょう。

 

ただ、密室での長時間デートになるので心を許せる相手と行きましょう。

 

事前に電話で距離を縮めておくのが重要です。

 

 

都市部で待ち合わせ

 

相手とお互いに田舎に住んでいるからといって、必ずしも近場で待ち合わせする必要はありません。

 

電車移動で遊ぶ場所の多い駅に移動できるのであれば、都市部で待ち合わせするのも1つの手です。

 

特に田舎に住んでいる人は、電車で1時間程度の移動であれば許容範囲内の場合があります。

 

行動範囲が狭いと自然と出会える機会も減ってしまうので、田舎でマッチングアプリを使うのであればなるべく行動範囲を広く取りましょう。

 

田舎でマッチングアプリを使う場合の注意点

 

マッチングアプリ 田舎

 

最後に、田舎でマッチングアプリを使う場合の注意点をまとめました。

 

田舎でも充分出会いに繋がるマッチングアプリですが、使い方を間違えると出会えなかったりストーカー被害に繋がってしまう場合があります。

 

 

アプリ選びは慎重に

 

田舎でマッチングアプリを使う場合、最も重要なのはアプリ選びです。

 

アプリ選びを間違えてしまうと、出会いに繋がらないためです。

 

マッチングアプリの普及率が高くなり、結婚の決め手となる場合も多いです。

 

しかし最新のアプリやひねりの効いた機能が入ったアプリは都市部でも相手を見つけるのは難しく、出会うのは難しくなります。

 

そのため田舎で使う場合は尚更出会えることはありません。

 

田舎で使うマッチングアプリを選ぶ際は、知名度と登録者の数を優先しましょう。

 

 

行動範囲を広げること

 

マッチングアプリでは住んでいる場所での検索が可能なアプリがあります。

 

なるべく近場で会いたいと考えている人は多いですが、同じ市や区で絞ってしまうと、表示される人は限定されてきます。

 

なかなか出会えないと思ったら徐々に行動範囲を広げましょう。

 

隣接する市に広げ、それでも出会えなければ電車や車で1時間~1時間半以内で行ける場所まで行動範囲を広げることをおすすめします。

 

 

利用目的を明確にしておく

 

マッチングアプリを始める場合は、利用目的を明確にすることをおすすめします。

 

利用目的によっては選ぶアプリを変えるべきですし、プロフィールの雰囲気も変える必要があるためです。

 

堅い雰囲気のしっかりしたプロフィールでは婚活には向いていても遊び目的の女性とはマッチングしにくくなります。

 

色々な女性と遊びつつも、良い人が見つかったら付き合いたいと考える男性は多いですが、自分が作るプロフィールによって近づいてくる女性も変化することを覚えておきましょう。

 

 

家に呼ぶ相手に注意する

 

マッチングアプリの中には、既婚者であることを隠して利用する人は少なくありません。

 

不倫目的の女性は話が早いことも多く、メッセージの段階でセックスすること前提で話をしてくる場合も多いです。

 

自宅に呼んで家を知られてしまうと、後からトラブルに巻き込まれるリスクが上がります。

 

不倫がバレるトラブルもありますし、女性側がストーカー化してしまうケースも考えられます。

 

自宅に招き入れる場合は、相手との信頼関係が築けてからにしましょう。

 

まとめ

 

マッチングアプリ 田舎

 

今回は、田舎でのマッチングアプリの使用に関して、おすすめのアプリや注意点、デートコースに関して解説しました。

 

田舎ではマッチングアプリを使っても出会えないと思われがちですが、そんなことはありません。

 

社会情勢的にも出会いのイベントや合コンの機会が少なくなり、その影響でネットでの出会いに注目が集まっています。

 

寂しさからメッセージのやり取りをする相手が欲しいと考える女性は多いので、田舎だから出会えないと決めつけず、登録者の多いマッチングアプリから始めてみましょう。