SEXテクニック

カラオケでセックスしても大丈夫!? セックスしやすいカラオケ店まとめ

カラオケ セックス

 

カラオケでセックスしたい!

 

未成年はカラオケくらいしか行くところがないでしょう。

 

成人男性も、いきなりラブホに誘うよりカラオケのほうがハードルが低いからカラオケでセックスしたい、と思うかもしれません。

 

だけど、カラオケでセックスするには大きなデメリットがあります。

 

そのデメリットと、比較的セックスしやすいカラオケ店の見極め方などを紹介しましょう。

 

カラオケでセックスする人が多い理由

 

カラオケ セックス

 

カラオケでセックスする人は、多いです。

 

特に未成年に多い傾向がありますが、成人男女もよくカラオケでセックスしています。

 

どうして、わざわざ危険をおかしてまでカラオケでセックスするのか…。

 

その理由をまとめてみました。

 

 

未成年で金も場所もないから

 

未成年…特に中高生は、セックスをする場所がありません。

 

特別な事情がない限り、中高生は実家暮らしです。

 

実家でセックスするのは、非常に大きな危険を伴います。

 

共働き&シフト制で土日にまったく人がいない時間帯があるのなら話は別ですが、大抵は誰かいますからね。

 

じゃあラブホ…と思っても、お金がありません。

 

少ないお小遣いから遊ぶ金を捻出しなければならず、遊ぶ相手は恋人だけではないですよね。

 

中高生はセックスするための金も場所もないから、苦肉の策としてカラオケ店を使います。

 

 

女性を連れ込むハードルがラブホより低いから

 

成人男性も、カラオケをセックスの場所として使いがちです。

 

その理由のひとつが、女性を連れ込むハードルの低さにあります。

 

ラブホに入るということは、セックスをする目的があるということですよね。

 

露骨すぎて女性が恥ずかしがって入ってくれなかったり、まだそういう関係ではない女性だとそもそも引かれてしまったりします。

 

カラオケなら「歌おう」という理由で入れますし、二人きりの密室で少しずつエロい雰囲気に持っていくことも可能です。

 

だから、カラオケでセックスするんですよ。

 

 

スリルを味わえるから

 

カラオケで行うセックスには、スリルがあります。

 

誰かに見られたらどうしよう? 店員に見つかったらどうしよう?

 

そういうドキドキ感を興奮に変えて、普段のセックスよりも高い快感が得られるんです。

 

羞恥プレイが好きな女性なら、なおさらですよね。

 

スリルを求める人にとって、店員にバレるかもしれないというデメリットは興奮の材料にしかなりません。

 

だから、デメリットがあってもカラオケでセックスするんです。

 

 

カラオケ中にムラッときたから

 

セックス目的でカラオケに入る人もいますが、そうじゃない人もいます。

 

普通に歌うつもりでカラオケに入ったけど、途中でムラムラしてしまい、セックスに至るケースもありますよね。

 

ムラムラしたなら一度切り上げてラブホに行けばいいのにというのが正直なところですが、移動中に互いの気持ちが冷める可能性があるので、そのままサクッとセックスしちゃうわけです。

 

カラオケでセックスするデメリット

 

カラオケ セックス

 

カラオケでのセックスは、確かに魅力的です。

 

低予算でセックスでき、未成年でも利用しやすく、スリルもある…。

 

飲み物も食べ物もありますしね。

 

だけど、カラオケでのセックスには大きなデメリットがあります。

 

 

衛生面がよろしくない

 

カラオケは、セックスするにはあまり衛生的ではない場合があります。

 

カラオケ店の掃除は、人が居なくなった後にテーブルを拭いて、消毒液をシートにまくくらいが大半です。

 

もちろん、閉店後などにきっちりとした清掃を行うときもあるでしょう。

 

ただ、あなたが入る前には誰かが使っていて、清掃は簡単なものになっているかもしれません。

 

肌を晒し、粘膜を晒すには衛生面に不安がありますよね。

 

 

未成年の場合、バレたら保護者に連絡が行く

 

未成年がカラオケでセックスしているのが店員にバレた場合、地獄が待っています。

 

未成年に対しては、「保護者または学校への連絡」を店側が行うんです。

 

未成年は自分たちで責任が取れないため、保護者か教師に身柄を引き取ってもらわないといけないんですよ。

 

「親や教師はやめてください!」と抵抗するでしょうが、その場合は警察を呼ばれます。

 

警察を呼ばれた場合、警察が保護者と学校に連絡するんです。

 

保護者が来た後、場合によっては「監視カメラ映像の確認と削除」が行われます。

 

保護者に、自分たちのセックスを晒してしまうわけです。

 

母親は泣き、父は子を殴り、警官がそれを止め、当事者たちは呆然と…。

 

まさに生き地獄ですよね。

 

 

成人の場合、バレたら損害賠償もありえる

 

成人の場合は、バレたら自己責任になります。

 

注意とか出禁とかで済めばまだマシです。

 

最悪の場合、損害賠償請求をされる可能性も否定できません。

 

カラオケルームでセックスをしたことにより、その部屋を入念に消毒・清掃しなければならなくなります。

 

その際、ルーム1部屋がしばらく使えないんです。

 

1部屋分の利益損失の損害、休業補償などの名目で損害賠償をされるかもしれません。

 

また、カラオケでのセックスは公然わいせつ罪が成立します。

 

カラオケ店の対応によっては、公然わいせつ罪という名目で警察の世話になりかねません。

 

公然わいせつ罪は、6ヶ月以下の懲役・30万円以下の罰金などに処される可能性があるんです。

 

バレなければ良いのかもしれませんが、バレたときのリスクはセックスの快感と比べ物にならないほどに高いんですよ。

 

正直、割に合いません。

 

どうしてもカラオケでセックスしたいなら?

 

カラオケ セックス

 

基本的に、カラオケでのセックスはオススメしません。

 

あまりにリスクが高すぎます。

 

そもそもカラオケは歌う場所であり、セックスをする場所ではありませんから。

 

それでも、どうしてもカラオケでセックスしたいのなら、せめてバレにくいように以下のことに気をつけましょう。

 

 

監視カメラのないカラオケを選ぶ

 

全店が、全部屋に監視カメラを設置しているわけではありません。

 

監視カメラを設置する費用も、維持する費用もバカにはなりませんからね。

 

全部屋に設置するとなると、大変です。

 

そのため全部屋ではなく数部屋にのみ監視カメラを設置する店もありますし、入り口と通路にだけ設置して、部屋の中は通りがかった際に目視で確認するだけの店もあります。

 

カラオケでセックスしたいなら、部屋に監視カメラのない店舗を選びましょう。

 

部屋に監視カメラがない店舗かどうかは、ネットの口コミで見分けられます。

 

カラオケでセックスした情報、セックスしている人がいた情報、監視カメラの情報を掲示板やSNSで共有している人がいるんですよ。

 

そういう情報を見つけられれば、監視カメラの有無がだいたいわかります。

 

それか、実際に入って確かめるかですね。

 

全部屋は確かめられませんが、部屋に入ったときにカメラがあるかどうかくらいは確かめられます。

 

天井付近に、明らかにカメラらしきものが取り付けられているんです。

 

監視カメラと言っても、隠しているわけではありませんから。

 

女性をカラオケ店に連れ込んで、カメラがあればセックスは諦めましょう。

 

 

セックスしやすい部屋を選ぶ

 

監視カメラの有無以外にも、セックスしやすい部屋とそうでない部屋との違いがあります。

 

セックスしやすいのは、こういうタイプの部屋です。

 

  • フラットシート
  • ドアの窓にシールが貼ってあるなど、見えにくくなっている
  • 部屋の照明がかなり暗くなる
  • DVD/Blu-rayが見られる
  • コンセプトルームがある

 

フラットシートがあると、セックスしやすいです。

 

無理のない体勢でセックスできますし、扉の小窓からは低い位置が見えにくいですから。

 

そのまま朝までぐっすり寝るのも、アリでしょう。

 

さらに、ドアの窓もチェックしておくと良いですよ。

 

大きい磨りガラスのようになっている扉は、NGです。

 

小窓タイプが良いでしょう。

 

もっと言えば、小窓にシールが貼られていたりして見えにくくなっている部屋が良いです。

 

そして、部屋の照明。

 

部屋の照明をマックスまで落としても、全然暗くならないカラオケルームもあります。

 

部屋の照明を消すことができ、そこそこ暗くなる部屋の方が外から見えにくく、セックスしやすいです。

 

また、ムードを盛り上げるという意味でセックスしやすい部屋の特徴があります。

 

DVD/Blu-rayが見られると、二人でゆっくりくつろぎながら自然にセックスに移れるでしょう。

 

部屋で二人で居るような感覚になりますからね。

 

コンセプトルームも、雰囲気を盛り上げるには効果的です。

 

カラオケによっては、「電車風」「ホームシアター風」「銭湯風」「昭和の和室風」など、さまざまな部屋が用意されています。

 

以上の点をチェックし、セックスしやすい部屋を選ぶようにしましょう。

 

 

脱衣など派手なセックスをしない

 

カラオケでセックスするときは、家やラブホで行うような派手なセックスはしないほうが良いです。

 

全裸なんて、もってのほか。

 

バレたときに取り繕うことができませんし、人から部屋の中を覗かれたときにセックスしているのが丸わかりになりますからね。

 

カラオケでセックスしたいなら、着衣セックスにしましょう。

 

もっと言えば、オーラルセックスに留めるくらいがちょうどいいかもしれません。

 

 

片付けを忘れずに!

 

カラオケでセックスした後の片付けは、大事です。

 

使用済みゴムを灰皿に入れて出たり、そのまま放置して出たりする人がいます。

 

これでは「僕たちセックスしました」と言っているようなものです。

 

次にあなたが同じ店舗に行けば、店員は要注意人物としてあなたをマークしますよ。

 

最悪、「以前迷惑行為したので出禁です」と受付で言われてしまう可能性もあります。

 

カラオケでセックスするなら、痕跡を残さないようにしてください。

 

だからと言ってソファの裏に隠すとかは、ダメです。

 

一番良いのは持ち帰ることですが、持ち帰るのは抵抗があるでしょう。

 

次点で良いのは持ち込みOKな店でコンビニ袋で飲食物を持ち込み、その袋に他のごみと一緒に入れ、口を縛ってロビーやドリンクバーにあるゴミ箱に入れることでしょうか。

 

比較的セックスしやすいカラオケ店まとめ

 

カラオケ セックス

 

ネット上で「比較的セックスしやすい」と言われているカラオケ店を、いくつかまとめてみました。

 

以下の店であれば確実にできるわけではありませんが、他の店を選ぶよりもセックスできる確率は上がりますよ。

 

 

カラオケルーム歌広場

 

カラオケルーム歌広場は、東京を中心とした関東圏に店舗を展開しているチェーン店です。

 

関東以外だと、仙台クリスロード店しか店舗がありません。

 

地域限定チェーンではありますが、歌広場は利便性が高いんですよ。

 

さらに、監視カメラがない店舗が多いんです。

 

扉の窓にも歌広場のキャラクターの顔が貼られていて、部屋の中身がほとんど見えないようになっています。

 

歌広場であれば、安く歌えてセックスも楽しめる可能性が高いです。

 

 

パセラ

 

パセラは、東京・神奈川・大阪に店舗があります。

 

東京は銀座、赤坂、六本木、渋谷、新宿、池袋、上野、秋葉原です。

 

神奈川は横浜だけで、大阪は天王寺と難波に店があります。

 

パセラはどの部屋も雰囲気がよく、フラットルームもあるんです。

 

言うなれば「ラブホテルの雰囲気そのままにカラオケを作っている」感じですね。

 

セックスしやすい雰囲気があります。

 

女性ウケもかなり良いので、連れ込んだ女性のテンションも上がりますしね。

 

さらに歌わない料金プランもあり、歌っていなくてもあまり不思議がられません。

 

カラオケモニターにDVDやPC、ゲーム機などをHDMIで繋げて楽しめます。

 

二人きりで色々楽しみつつ、ムードを高められますよ。

 

しかも、フードがうまい! 系列店にレストランもあるからか、カラオケクオリティを超えたフードメニューがたくさんあります。

 

楽しく、飯もうまく、セックスもしやすいんです。

 

 

コートダジュール

 

コートダジュールは全国展開しているカラオケ店。

 

24時間営業と、こだわられたフードメニュー、持ち込みOKなところが魅力的ですよね。

 

部屋の雰囲気・清潔感ともに良い。

 

しかも、内装は女性が喜びそうな高級感あふれる感じで、連れ込んだ女性のテンションを上げることもできます。

 

VIPルームはホームシアター感のある内装で、ソファがかなり広々としていてセックスがしやすいです。

 

しかも、照明も暗め。

 

こういうコンセプトルームがしっかりとあるので、ムードを高めつつセックスに持っていきやすいです。

 

また、監視カメラは全店の全部屋に設置されているわけではありません。

 

むしろ、ネットの口コミを見る分には「カメラがついていない部屋が多い」可能性が高いです。

 

 

チェーンじゃない小規模店

 

カラオケ店というと、チェーン展開されている大規模な店を思い浮かべる人が多いでしょう。

 

だけど、チェーン店じゃないカラオケもあります。

 

小規模だけど地元の住民に愛されているような感じの…。

 

そういう小規模店舗は、監視カメラを設置していない可能性が高いです。

 

全室に監視カメラを設置するだけの余裕が、ありませんからね。

 

だから、あえて小規模なカラオケを狙うのもアリです。

 

カラオケでのセックスは自己責任で!

 

カラオケ セックス

 

カラオケは、セックスする場所ではありません。

 

歌ったり、みんなで盛り上がったり、ゆったりと映像を見たりするための場所です。

 

カラオケでセックスしたいのなら、自己責任で行いましょう。

 

そして、バレないための工夫をしっかりと行ってください。

 

バレにくいカラオケ店を選び、セックスしやすい部屋を見極め、無理そうなら諦める。

 

セックスした後は、しっかり片付けて痕跡を残さないようにする。

 

それだけのことを守れるなら、自己責任の範囲内で、カラオケでのセックスを楽しみましょう。