風俗店

【池袋の立ちんぼ最新事情!】池袋の立ちんぼ出没スポット・特徴・傾向まとめ

池袋 立ちんぼ

 

池袋には、昔から立ちんぼが大勢います。

 

近年は落ち着きつつありますが、それでも立ちんぼ出没情報があとをたちません。

 

池袋は昔も今も、立ちんぼのメッカ!

 

東京で立ちんぼ探しをしたかったら、まずは池袋に行くのが鉄則です。

 

そんな池袋の立ちんぼが出没する場所や、池袋の立ちんぼの傾向、特徴などを紹介しましょう。

 

そもそも「立ちんぼ」って何?

 

池袋 立ちんぼ

 

立ちんぼを辞書で調べてみると、「ずっと立っていること、またはそのような状態の人」と出てきます。

 

ここで言う立ちんぼも似た意味です。

 

街中に立って売春を行う女の子のことを、立ちんぼと呼びます。

 

池袋だけじゃなく、日本中の繁華街・歓楽街にいるんです。

 

近年はほとんど見ませんが、昔は京都の河原町近辺にも立ちんぼがいました。

 

全国的に見れば、立ちんぼは日本人が少ないです。

 

アジア系、フィリピン人が多い傾向があります。

 

近くを通りかかると「オニイサン、キモチイイヨ」「オニイサン、チョトイイ?」などと話しかけてくるんですよね。

 

これからそんな立ちんぼ…特に「池袋の立ちんぼ」に限定して、語っていきます。

 

池袋の立ちんぼ出没スポット一覧! ここに行けば会えるかも?

 

 

池袋と言っても、さまざまなスポットがありますよね。

 

実は池袋は立ちんぼがとても多い地域で、北口・西口・東口の主要なスポットには立ちんぼが潜んでいるんです。

 

そんな池袋の立ちんぼ出没スポットをまとめてみました。

 

 

池袋駅北口ホテル街

 

ラブホテルが立ち並ぶホテル街には、立ちんぼが大勢います。

 

声をかけてすぐにホテルに入れる合理的な場所なので、全国共通でホテル街には立ちんぼがいるんです。

 

もちろん、全てのホテル街に出没するわけではありませんが…。

 

特に池袋駅北口のホテル街は、立ちんぼがいることが多いです。

 

池袋北口を出てから線路沿いに少し歩くと、横道があるんですよね。

 

その横道に入ればラブホ街で、立ちんぼは主にラブホ街の入り口近辺にいます。

 

 

池袋北口の日高屋付近

 

池袋北口は、ラブホ街以外にも立ちんぼが出没する場所があるんです。

 

それは、日高屋付近…。

 

安くてちょうどよい美味しさで人気の日高屋にまで、立ちんぼがいるんですよねえ。

 

日高屋の前に手すりがありますが、この手すりに腰掛けてスマホをいじっている女性がいれば立ちんぼの可能性が高いです。

 

ここは同じ立ちんぼが使うことが多く、ここでタイプの女性と出会えなければしばらくはずっとタイプの女性とは出会えないでしょう。

 

前の立ちんぼが消えてから新しい立ちんぼが使うようになり、また消えたら新しくなり…の繰り返しですから。

 

 

池袋西口公園

 

池袋西口公園はホテル街や日高屋付近よりも、大勢の立ちんぼが同時に出没する可能性が高いスポットです。

 

日高屋の前は1人か2人しか使えませんが、池袋西口公園なら待ち合わせにも使われる広い場所なので大勢が同時に使えるというわけですね。

 

ただ、深夜でもずっと立っていたり座り込んでいたりする女性が多いです。

 

立ちんぼだと思って声をかけると違っていた、ということもよく起こります。

 

ただ待ち合わせをしているだけだったり、時間を潰しているだけだったり、ゲームをしているだけだったり…。

 

声をかけるときは注意が必要です。

 

 

中池袋公園

 

中池袋公園は、一昔前には援交目的の女子高生が集まっていました。

 

中には女子中学生までいた、という噂もあるほど盛り上がっていたスポットです。

 

立ちんぼの情報を共有する掲示板などでは必ず「中池袋公園」の名前が挙がりましたから。

 

ただ、現在の中池袋公園は援交目的の女子高生はほとんどいません。

 

近年は中池袋公園はオタク女子の聖地になっています。

 

アニメイトもありますし、池袋を舞台にした作品も多いですしね。

 

中池袋公園で集まってグッズ交換やフリマをしたりしている光景を、よく見ます。

 

オタク女子が援助交際をするために立ちんぼをしているというケースが、近年は多い傾向があるんです。

 

他の地域の立ちんぼに比べて地味な格好をしているため見分けにくいですが、立ちんぼ探しに一度くらいは立ち寄りたいスポットではあるでしょう。

 

 

池袋駅前公園

 

池袋駅前公園は、茂みのブロックに腰掛けて援助交際を持ちかける立ちんぼが出没します。

 

立っていないので「座りんぼ」かもしれませんけどね。

 

まあそういう言葉は現在ないので、立ちんぼと呼ぶことにします。

 

池袋駅前公園は年齢層がやや高めです。

 

近づく男性をチラリと見るだけで、女性から声をかけるようなことはあまりしていません。

 

視線に気づいた男性が「何してるの?」などと声をかけ、交渉が始まるというケースがほとんどです。

 

 

池袋ビックカメラの裏周辺

 

池袋に限った話ではありませんが、大きな家電量販店の裏や百貨店の裏などには立ちんぼが出没することがあるんです。

 

冒頭に語った昔京都にいた立ちんぼは、マルイ裏を客引きの場所にしていました。

 

池袋で言えば「ビックカメラの裏」ですね。

 

ここは0時を超えないと立ちんぼが出てこないので、時間帯には気をつけましょう。

 

 

乙女ロード近辺

 

池袋にある腐女子の聖地…乙女ロード。

 

女性向けアニメグッズやBL同人誌などを売る店舗が集まっています。

 

乙女ロード周辺のオタク女子がグッズを買ったりするために行く場所ですが、ここにも立ちんぼが出没することがあるんです。

 

立ちんぼの層は主にオタク女子。

 

お金の使い道はグッズ購入のため、と地域性が強いです。

 

ネット上の立ちんぼ出没情報も多いですが、同じ人が定期的に立ちんぼをしているわけではないので、遭遇率は低めだと考えられます。

 

池袋に出没する立ちんぼの特徴と傾向まとめ

 

池袋 立ちんぼ

 

池袋における立ちんぼ出没スポットをまとめてきました。

 

そこでも各エリアに出る立ちんぼの特徴や傾向を軽く語りましたが、ここではさらに詳しく「池袋全体の立ちんぼの特徴と傾向」について紹介します。

 

 

他の地域に比べて20~30代の日本人が多め

 

全国的に、立ちんぼは日本人があまりいません。

 

たとえば大阪梅田の歓楽街・ホテル街にいるのは、ほとんどが中国系・フィリピン系です。

 

極稀に日本人女性が出没しますが、年齢層は見た目年齢50代ほどとかなり高め…。

 

他の地域もアジア系と熟女がダントツに多いんです。

 

一方池袋は、20~30代の日本人女性が多い傾向があるんですよ。

 

池袋は男女ともに若者が集まりますからね。

 

それでいて渋谷ほど賑やかではなく落ち着いていて、立ち止まっていてもあまり違和感がありません。

 

治安も渋谷や新宿に比べると圧倒的に良く、立ちんぼをするにはうってつけなんです。

 

だから日本人女性が多く立ちんぼをしに来るのではないでしょうか。

 

 

学生もそれなりに多い

 

池袋の立ちんぼの年齢層は、20~30代がメインです。

 

場所によっては熟女もいます。熟女が多いのは池袋駅前公園ですね。

 

ただ、中には学生もいるんです。

 

特にオタク女子が集まるエリアには、グッズを買うお金があまりない学生立ちんぼが出没する傾向があります。

 

ただそういう人は突発的に立ちんぼをするため、必ず会えるわけではありません。

 

学生立ちんぼに関しては「運が良ければ会えるかもしれない」という程度に考えておきましょう。

 

 

フィリピン女性・中国女性の客引きも多い

 

池袋にはフィリピン女性や中国人女性の客引きも多いです。

 

立ちんぼと同列に語られることもあれば、「ポン引き」と別で語られることもあります。

 

これはラブホ街の手前あたりが出没スポットです。

 

こういう立ちんぼはほとんどが積極的に声をかけてくるので、すぐに立ちんぼだとわかります。

 

声をかけられてついていくと、看板を出していないマッサージ屋にたどり着くことが多いです。

 

看板を出している店もありますけどね。

 

マッサージだけで3000円、手コキだけで5000~6000円、とプレイ内容によって追加されていく感じです。

 

本番する場合は結局2万円くらいは取られます。

 

池袋の立ちんぼを見分けるポイント

 

池袋 立ちんぼ

 

池袋には立ちんぼもいますが、普通に立ち尽くしているだけの女性も大勢います。

 

そこで、池袋に出没する立ちんぼを見分けるポイントを紹介しましょう。

 

 

一人で立ち尽くしている

 

立ちんぼは個人商売です。マッサージの客引き以外は、誰かに指示されてやっているわけではありません。

 

援デリのように元締めがいるわけでもなく、完全フリーです。

 

だから立ちんぼは基本的には一人きりで立ち尽くしています。

 

それに、大勢でいるより一人でいるほうが男性に声をかけられやすいですからね。

 

客付きを良くするために一人でいるんです。

 

 

男性が近くをゆっくり通ると近寄ってくる

 

立ちんぼは稼ぐためにセックスをしています。

 

そのため、ただ待っているだけの立ちんぼは少ないです。

 

特に池袋は、一部エリアを除いて女性から積極的に声をかけてくることが多い傾向があります。

 

稼ぐために積極的に声をかけるんです。

 

男性が近くを通りがかると、近寄ってきます。

 

特に男性が女性のほうを見ていると、近寄ってくることが多いです。

 

ただ、近年は取り締まりが強化されているので、目立つ場所では声をかけてきません。

 

ラブホ街入り口など、あまり目立たない場所にいる立ちんぼだけ声をかけてきます。

 

 

露出が多め

 

立ちんぼは男性を誘惑するため、露出が多い服を着ることが多いです。

 

夏は暑いこともありますし、露出激しめの薄着が多いんですよ。

 

冬はコートを着てはいますが、下半身を見ればミニスカートにタイツというスタイルが多いです。

 

なるべく暖を取りながらも、体のラインを完全に隠すことはしません。

 

 

客引き系の立ちんぼは一人でニコニコしている

 

日本人女性の立ちんぼはそんなことないんですが、客引き系の立ちんぼは一人でニコニコと立っていることが多いです。

 

一人で立っているのになぜかニコニコと微笑んでいるため、すぐに立ちんぼだとわかります。

 

池袋で立ちんぼと遊ぶメリットはある?

 

池袋 立ちんぼ

 

池袋には風俗もありますし、出会い系を使えば援交女子とすぐに会えます。

 

そんな池袋で立ちんぼと遊ぶメリットはあるのかということについて、お話しましょう。

 

 

低価格でプレイできる

 

池袋にいる立ちんぼの相場は、若い子なら本番ありで1万5千円~2万円です。

 

ソープに行くよりも安く手軽に本番ができますね。

 

本番なしフェラだけなら1万円くらい、手だけなら数千円というケースも多いです。

 

熟女の立ちんぼならフェラでも数千円という場合もあります。

 

低価格でプレイできるのが、立ちんぼの魅力です。

 

出会い系でポイントを使わなくても良い分、出会い系の援助交際より安上がりですよ。

 

 

実際に見て話して女の子を選べる

 

風俗店だとパネル写真を見て女の子を選ぶ店がほとんどですよね。

 

「良さげ!」と思って指名してみたけど、実際はパネル写真とは全く違っていた…ということもよくあります。

 

それで「今日は失敗だったなあ」なんて思うわけですよね。

 

それが立ちんぼだと実際に見て、話しながら女の子と遊ぶかどうかを選べます。

 

交渉をしているときにも「愛想が良いか」「どんな話し方をするか」などがわかるので、地雷かどうかを判別しやすいんです。

 

それが立ちんぼの魅力でしょう。

 

ただ、風俗にも「実物指名」の店があるので、そういう店には敵わないかもしれませんね。

 

池袋で立ちんぼと遊ぶときに注意すべきこと

 

池袋 立ちんぼ

 

池袋で立ちんぼと遊ぶメリットは大きいですが、池袋で立ちんぼと遊ぶときには注意するべきこともあるんです。

 

そんな注意点3つを紹介しましょう。

 

 

未成年も稀にいるので注意!

 

池袋は昔、未成年の立ちんぼが大勢いました。

 

今は比較的少なくなってきているとはいえ、まだ完全にいなくなったわけではありません。

 

未成年も稀にいます。大学生です、と嘘をついて援助交際をしているのでなかなか気づけないんです。

 

どことなく幼い印象を受けたら、遊ばないようにするという対策が必要ではないでしょうか。

 

 

立ちんぼが絡む事件も稀に起こる

 

立ちんぼ絡みの事件が過去に起きているんです。それは池袋に限った話ではありません。

 

池袋以外の例を出せば「東電OL殺人事件」「愛媛乳児5人殺害事件」などが、立ちんぼ女性が被害者または加害者になった事件として知られています。

 

なかなか起こるものではありませんが、事件に巻き込まれる可能性が全く無いとは言えません。

 

気をつけたほうが良いでしょう。

 

 

性病を持っている人も多い

 

事件に比べると、性病は身近な話しです。

 

立ちんぼ女性は風俗店と違い、定期的に検査を受けていない人も多いです。

 

症状が出れば検査して治療してもらうでしょうが、自覚症状が無かったり軽かったりすると検査しない女性もいます。

 

それは一般女性でも同じことです。

 

彼氏などから貰っていても自覚症状がなくて知らない内に病気を持っている人がいます。

 

立ちんぼ女性と遊ぶ場合、性病リスクは一般女性とセックスするよりも何倍にも跳ね上がると思いましょう。

 

立ちんぼ女性は、一般女性よりも大勢の男性とやっていますからね。

 

それも不特定多数の…。

 

池袋の立ちんぼ事情まとめ:リスクを理解して慎重に遊ぼう!

 

池袋 立ちんぼ

 

池袋の立ちんぼ事情を紹介してきました。

 

北口にも東口にも西口にも、立ちんぼが出没するスポットはたくさんあります。

 

今回は紹介していないスポットでも、たまに立ちんぼが出ることがあるんです。

 

だけど、立ちんぼにはリスクがつきもの…。

 

どうしても立ちんぼ遊びがしたいのであれば、リスクを理解した上で慎重に遊びましょう。

 

そして、たまには性病検査に行くことも大切ですよ。