風俗店

池袋のおっぱぶ(セクキャバ)は最高!? おすすめ4店舗を厳選紹介します

池袋 おっぱぶ

 

池袋には、たくさんのおっぱぶ(セクキャバ)があります。

 

おっぱぶ(セクキャバ)は、「おっぱいを触れるキャバクラ」のことです。

 

キャバのように女の子とお酒を飲みながらも、キャバよりも濃密にイチャイチャできます。

 

池袋にあるおっぱぶ(セクキャバ)は、どこも魅力満点!

 

そんな池袋のおすすめ店舗を4つ、厳選して紹介しましょう。

 

添い寝しながら触れる!【大江戸】

 

池袋 おっぱぶ

 

大江戸は、おっぱぶ(セクキャバ)にしては少しだけ珍しい「添い寝」ができる店です。

 

フラットシートはあっても、寝転がるのが基本スタイルな店ってあまりありませんよね。

 

だから人気があるのでしょう。

 

そんな大江戸の魅力などを、紹介します。

 

 

料金・営業時間など

 

池袋 おっぱぶ

 

早朝6時から営業していて、6時から17時なら40分4000円という圧倒的なコストパフォーマンスを誇っています。

 

しかも、女の子のドリンクも飲み放題なんです。

 

たいていのおっぱぶ(セクキャバ)は、女の子のドリンクは最低1000円します。

 

大江戸は、かなり良心的ですよね。

 

ただ、元から安い分、HPクーポンなどはありません。

 

17時以降でも5000円、21時以降でも6000円…。

 

ただ、指名の場合は早朝の入店であっても料金は9000円になります。

 

指名すると途端に料金が高くなるのが、イマイチな点でしょうか。

 

 

女の子・サービスのレベル

 

HPを見ただけでは、女の子のレベルは全くわかりません。

 

ほぼ全員、写真NGなんです。そのうえ、写メ日記もないんですよ。

 

それどころか、3サイズも紹介文もありません。正直なところ、HPを見る意味はないですね。

 

見るべきなのは口コミサイトでしょう。実際の女の子のレベルは、マチマチです。

 

在籍数が多いので当たり外れはそれなりにありますが、当たりの子はかなりルックスが高い。

 

フリーの場合、たいてい1人目で好みが大きく分かれそうな子が来て、2人目はキレイ系が来るという感じになっています。

 

延長を促すための策略ですが、1人もキレイ系の子が来ないということはないので、そういう意味では安心感がありますよ。

 

女の子は2回転です。20分ごとに女の子が入れ替わります。

 

そして、添い寝主体のサービスはかなり素晴らしいです。

 

ものすごく、積極的にディープキスしてくる子ばかりなんですよ。

 

そのためか、入店時は「トイレ」に行くように促されます。

 

トイレには口臭予防用グッズが置いてあるんです。

 

これは「キス多めだから口臭呼ぼうしといてね」という、ボーイの心遣いでしょうね。

 

シートには足を伸ばして座れます。女の子が来ると、まずは隣に座ってきて、徐々に添い寝になる感じです。

 

それから女の子が馬乗りになってくることもあります。

 

女の子に襲われているような雰囲気が、エロいんです。もちろんおっぱい触り放題。

 

向こうも乳首や耳を攻めてきたり、ズボン越しにあそこを触ってきたりします。

 

また、これは真偽が不明ですが、「抜くこともできる」という噂があるんです。

 

そういう噂が出るくらいに、寛容な店だということですね。

 

まあ、セクキャバで抜くということは「パンツの中が汚れる」ということなので、大変ではあります。

 

期待しないのが良いでしょう。期待して行くのなら、アルコールティッシュと替えのパンツを持参して行くのがオススメです。

 

 

大江戸のおすすめ度は?

 

大江戸はHPの不親切さが目立つものの、店のサービスは親切そのもの。

 

ボーイの接客態度が悪いということは決してありませんし、店内のつくりがおざなりということもありません。

 

むしろ店内は徹底的に和風なつくりになっていて、かなり凝っています。

 

和の雰囲気の空間で和服美女と戯れるという、非日常のエロスがそこにあるんです。

 

そんな大江戸のおすすめ度を5段階で表すとすれば、星4つといったところでしょうか。

 

池袋 おっぱぶ

 

171-0021

東京都豊島区西池袋1-42-1ファーストアベニュー2F

 

ネグリジェ! パジャマ!【彼女の部屋】

 

池袋 おっぱぶ

 

彼女の部屋は、彼女の部屋にお邪魔したようなお店というコンセプトのおっぱぶ(セクキャバ)です。

 

ネグリジェやパジャマを着た女の子と、イチャイチャできます。

 

そんな彼女の部屋について、もう少し詳しく紹介しましょう。

 

 

料金・営業時間など

 

池袋 おっぱぶ

 

昼営業で40分6000円とやや高めですが、ホームページ限定クーポンを使えば40分4000円になります。

 

21時以降はクーポンを使って5000円です。

 

セット料金がやや高めの店は、たいていクーポンがあるのが良いですよね。

 

ただ、指名するときは2000円追加でかかりますし、クーポンはフリーじゃないと使えません。

 

毎回フリーで行くと決めているのであれば、かなりお得です。

 

池袋 おっぱぶ

 

夜はセット料金が8000円、クーポンありで5000円。割引率が高いですよね。

 

また、1万円追加で「マル秘 彼女の部屋」を選べます。

 

これはいわゆるVIPルームです。

 

通常の席と違うのはカーテンなどの仕切りがあり、店員に見張られにくいこと。

 

通説では、おっぱぶ(セクキャバ)はVIPルームだと抜き率が高いとされています。

 

 

女の子・サービスのレベル

 

キャストのレベルは、高いです。清楚系もいれば、ギャル系までいます。

 

どちらかというと清楚系が多いですね。

 

中には垢抜けない感じの子もいて、素人感がある女性が好きな人にはぴったりなのかもしれません。

 

衣装はネグリジェの割合が高いので、そのまま触るだけで素肌に触れたような気持ちよさが楽しめます。

 

密着するだけで興奮するくらいです。

 

ただ、女の子によっては結構NGがあります。

 

たとえば「彼氏がいるからキスだけはNG」とか、「お尻と太もも触られるの苦手だからNG」とかですね。

 

特にキスNGはおっぱぶ(セクキャバ)で遊ぶときには致命的なので、そこはイマイチだと言わざるを得ません。

 

それでも、サービスは全体的に良いです。

 

清楚系な子が透けているネグリジェを着て、恥ずかしがりながらお触りに反応してくれる。

 

清楚な女の子が彼氏にだけ見せるエロい面を垣間見ているような気持ちになれるのが、彼女の部屋の魅力です。

 

 

彼女の部屋のおすすめ度は?

 

お店のコンセプトは、かなり良いです。

 

価格帯も良心的で、VIPルームのような選択肢があるのも魅力的ではあります。

 

女の子のレベルも高めで、サービスも良好。

 

一方でコンセプトに合わないような致命的なNGがあったり、彼氏がいることを簡単にカミングアウトする子がいたりするのはマイナスポイントです。

 

そんなこんなで彼女の部屋のおすすめ度は、星3つ。

 

清楚系の子が好きな人や、ネグリジェが好きな人にはオススメですよ。

 

池袋 おっぱぶ

 

171-0014

東京都豊島区池袋2丁目48

 

OL・お姉さんが好きなら【丸の内】

 

池袋 おっぱぶ

 

池袋なのに、丸の内。

 

そんなある種矛盾しているような店名のおっぱぶ(セクキャバ)が、あります。

 

OLコスチュームに身を包んだ女の子と遊べる、OLをコンセプトとした店なんですよ。

 

そんなおっっぱぶ(セクキャバ)・丸の内について、紹介します。

 

 

料金・営業時間など

 

池袋 おっぱぶ

 

セット料金は、時間によって細かく分けられています。

 

Openの13時から15時までは6000円、15時~18時までは7000円、18時~21時までは8000円、21時以降は9000円です。

 

本指名は3000円と高めですが、場内指名は相場どおり2000円。

 

同伴は80分で、セット料金プラス1万5000円払うことになります。

 

セクキャバの同伴は、よほど入れ込んでいる子くらいしか発生しない希少イベントなので、ここはあまり気にする必要はないでしょう。

 

料金が全体的にやや高めですが、東京のキャバクラ情報を集めたナイツプラスに、割引チケットが用意されています。

 

割引チケットのページには、丸の内のHPからもアクセス可能です。

 

メルマガでも割引情報が出ることがありますし、Twitterでも「本日は何時までフリー5000円」などの情報が出ます。

 

セット料金そのままで利用することは、あまりないかもしれません。

 

そして、飲み放題メニューが豊富なのが魅力的。

 

セット料金がやや高くても、納得できるほどです。

 

サッポロビール、ウイスキー、各種サワー、焼酎。

 

サワーは青りんご、レモン、グレフル、巨峰があります。

 

焼酎はロックと水割りの他に、緑茶ハイやウーロンハイまであるんですよ。

 

特にありがたいのが、ビール。

 

東京都内だとビール飲み放題じゃないおっぱぶ(セクキャバ)もありますし、飲み放題でも銘柄がわからないことがほとんどです。

 

味的に第三のビールを使っているのではないか、というところも多い。

 

そんな中「サッポロ」と書かれているだけでも安心できます。

 

また、女の子のドリンクは通常だと1000円一律です。

 

スペシャルドリンクとして澪とカフェドパリがありますが、これらは2000円。

 

スペシャルという割り値段は抑えめで、しかもそれ以外は一律料金なので、いちいち「それ何円?」と聞く必要はありません。

 

 

女の子・サービスのレベルなど

 

キャストのレベルは、総じて高いです。

 

OLをコンセプトとしているためか、お姉さん系の女性が多い傾向があります。

 

年齢層は20代前半から後半までがメインです。

 

清楚系・ロリ系が好きな人には合いませんが、お姉さん系・セクシー系が好きな人にはぴったりですね。

 

巨乳の子もちらほらといます。

 

さらに、顔の可愛さよりも「愛想」と「体」で勝負している子が多いです。

 

もちろん、顔が可愛いのは前提として、ですけどね。

 

女の子によっては結構積極的で、いろんなことができてしまいます。

 

店内は落ち着いた雰囲気で、高級クラブチック。

 

全体的に黒で統一されていて、白いのはテーブルと女の子のシャツや肌くらいです。

 

遮蔽物はあまりなく、座高が高めの人なら余裕で他の席の様子も少し見えます。

 

薄暗いのでバッチリではありません。

 

安心して、好きなだけイチャイチャできますよ。

 

 

丸の内のおすすめ度は?

 

丸の内はセット料金が高いものの、クーポンの種類は豊富です。

 

新規限定フリーで40分5000円になる割引もありますし、他の割引情報もメルマガやTwitterを追っていれば手に入ります。

 

あと、これは裏技的なものですが、「たまに来るだけ」なら新規として扱われることが多いので、新規限定クーポンが使えるケースが多いんですよ。

 

もちろん、そうじゃない場合もあるので試す際は自己責任でお願いします。

 

女の子のレベルは総じて高く、サービスは濃厚とまでは言えないまでも良好。

 

ただ、女の子によってできる範囲が結構変わります。

 

結局のところ、丸の内最大の魅力は「ビール」でしょうね。

 

ビール飲みたい! だけど女の子ともイチャイチャしたい! そんなときの選択肢のひとつに加えてみれば、良いのではないでしょうか。

 

そんなビール好きにぴったりな丸の内のおすすめ度は、星3つです。

 

池袋 おっぱぶ

 

171-0014

東京都豊島区池袋2-10-1 大晃第3ビル3F

 

ここはミスコンか?【ミスキャンパス】

 

池袋 おっぱぶ

 

ミスキャンパスはS級現役女子大生を口説けるセクキャバ、というウリ文句の学園系おっぱぶ(セクキャバ)です。

 

そんなミスキャンパスの魅力などについて、詳しく紹介しましょう。

 

 

料金・営業時間など

 

池袋 おっぱぶ

 

13時から15時は40分6000円で、遅い時間になるごとに料金が高くなり、最終的には21時以降9000円という料金になります。

 

本指名は3000円と相場より高めで、場内指名は相場どおり2000円…。

 

ここまで通しで読んでくれた方なら気づいたでしょうか。

 

丸の内と、料金体系が同じなんですよ。そう、ミスキャンパスは丸の内の系列店です。つまりビールはもちろん、サッポロ。

 

焼酎もウイスキーもサワーもあり、しかもミスキャンパスにはブランデーまであります。

 

とことん、酒好きに優しいグループ店ですよね。

 

そして、よく見れば「延長80分」の文字があります。

 

これはかなり珍しいんですよ。

 

これだけの長さを延長で独占しようとすれば、キャスト層に厚みがなければなりません。

 

在籍数が多く、出勤人数も多く確保されており、その状態が恒常的に続かなければこんな長時間の延長は設けられないんです。

 

指名被りがあれば途中退席することもあるかもしれませんが、それでも普通はなかなか80分の延長はできませんよ。

 

また、キャバクラ情報サイト・ナイツプラスを見れば、40分5000円になるクーポンがあります。

 

フリーで初回1セット限定で使えるものですが、「一見さんしか使えない」とは書いていないので、入店の度に使えるのでしょうね。

 

40分5000円になるのは18時まで、18時以降は40分6000円になります。

 

それでも割引率は高いので、フリーで入るならこのクーポンを提示しておきましょう。

 

 

女の子・サービスのレベル

 

現役女子大生を口説ける店とだけあって、年齢層は19~22歳までとなっています。

 

徹底されていますね。

 

女の子のタイプは幅広いですが、ギャル系はあまりいません。

 

清楚系女子大生や、キレイ系女子大生、お姉さん系女子大生などが多い傾向があります。

 

女の子のレベル自体は特別高いわけではありません。

 

平均的でしょう。

 

特徴的なのは、なぜかEカップの子が多いことです。

 

現実的に「頻繁に出会う巨乳」というのは、たいていD~Eなんですよね。

 

Fはたまにいて、G以上になるとなかなか出会えません。

 

風俗だと結構いるんですけどね。

 

カップ数までなぜかリアルです。

 

本当に、現役女子大生をスカウトしてきているのかもしれません。

 

そうでなくても、リアリティを追求するのが店の方針なんでしょうね。

 

サービスはあまり統一感がなく、女の子によってマチマチです。

 

積極的にキスをする子もいれば、キスより乳首責めに夢中になる子もいます。

 

明らかなサービス地雷な子は、ほとんどいません。

 

 

ミスキャンパスのおすすめ度は?

 

ミスキャンパスは、本当に大学を歩いていそうな美人が多いです。

 

キャンパスで見かけたら何度か見てしまいそうで、人知れず恋に落ちてしまそうな…。

 

そんな女の子とお酒を飲みながら楽しく会話しつつ、エロも楽しめるのが良いですね。

 

クーポンも太っ腹ですし、何よりもビールがサッポロです。

 

多数の在籍と出勤人数を確保できている、安心感のあるお店…。

 

そんなミスキャンパスのおすすめ度は、星4つです。

 

池袋 おっぱぶ

 

171-0014

東京都豊島区池袋2-10-1 大晃第3ビル4F

 

池袋のおっぱぶ(セクキャバ)総括

 

池袋 おっぱぶ

 

池袋の袋は乳袋、と馬鹿なことを言いたくなるほどに池袋のおっぱぶ(セクキャバ)はどこも魅力的。

 

安定的に経営が続いている店が多く、推しの店ができたのにすぐに潰れるということはなかなかありません。

 

池袋は、おっぱぶ遊びの安心感がある街ですね。

 

今回紹介した店はどこも人気で、おすすめ。

 

どこで遊ぶか迷ったら、ぜひ、行ってみてくださいね。