その他

【彼女の作り方まとめ】女性との出会い方と好意を持たれる方法とは?

彼女 作り方

 

「彼女ができない…」

 

「彼女なんて、どうやって作ったらいいんだ?」

 

社会人になると、彼女がなかなかできなくなりますよね。

 

まず出会い方がわからなくて、出会えない。

 

出会ったとしても、その出会いを彼女に繋げることができなくて、彼女ができない…。

 

そんな彼女の作り方がわからない人のために、女性との出会い方や女性から好意を持たれる方法などを紹介しましょう。

 

彼女の作り方1.【モテる男の条件】

 

彼女 作り方

 

彼女を作るには、モテる男の条件をいくつか満たしている必要があります。

 

すべて満たしているのが一番良いですが、難しいなら最低でも3つは満たしておきましょう。

 

そんなモテる男の条件は、以下のとおりです。

 

 

清潔感がある

 

モテる男は、清潔感が命。

 

女性が男性と出会ったとき、最初に見るのが清潔感なんです。

 

髭が整っていなかったり、髪に寝癖があったり、服装が汚く見えたりするのは印象最悪。

 

髭は剃り、眉毛は整え、髪型もしっかり作りましょう。

 

服装は柄物をあまり使わず、無地のアイテムで構成すると清潔感が出やすいですよ。

 

さらに、靴もしっかり洗ったり磨いたりしておきましょう。

 

女性は案外、男性の靴を見ています。

 

そして、笑顔!

 

笑顔は清潔感を何倍にも高めてくれます。

 

 

知識がある

 

彼女 作り方

 

知識がある男性は、モテます。

 

知識が豊富な男性は、女性に対して色々なことを教えられますからね。

 

たとえば、相手の趣味が食なら美味しい店を教えることで、好感を得られます。

 

相手が映画好きなら映画知識で語り合えるし、相手がカフェ好きなら雰囲気の良いカフェを教えられますよね。

 

だから「食と趣味」に対して知識を持っている人は、特にモテます。

 

知識をしっかりと養いましょう。

 

 

自立している

 

自立している男がモテるというより、自立していない男がモテないんです。

 

自立していない男を好むのは、ダメ男好きな女性くらいでしょう。

 

ここで言う自立というのは、生活面・経済面・心理面すべてを含みます。

 

生活面で言えば、一人暮らしをしていて生活力があることが大切です。

 

自炊をし、自分で掃除をしていると好印象になります。

 

経済面に関しては金持ちである必要まではなく、親に経済的援助をしてもらわなくても十分に生活している程度でOKです。

 

心理面は他者に依存しすぎず、子どもっぽくなさすぎないことが大切。

 

子どもっぽい部分があるのは男性的には仕方がないことかもしれませんが、大人な普段の態度とのギャップ程度でなければダメです。

 

 

自信がある

 

彼女 作り方

 

自信がない男はモテませんし、モテたとしてもそれに気付けません。

 

自信がない人は、ふとした拍子に自分を卑下しがちです。

 

自分でも気付かないうちに「自分なんて」と思っているため、そういう態度や言葉が出てしまうんですよ。

 

しかも、卑下するあまり相手に失礼なことを言ってしまうこともあります。

 

あなたの友人、あなたのことを好いていてくれる人は、あなたが好きだから一緒にいるんです。

 

そんな人に「自分なんて」と思ったり言ったりしてしまうのは、相手の好意を否定することに他なりません。

 

そんな無自覚で相手の好意を否定してしまう人が、モテるはずがないでしょう。

 

自信を得るのは難しいと思うかもしれません。

 

ただ、自信は意外と簡単に身につきます。

 

少なくとも、態度や言葉にあまり出ないくらいにはできるんです。

 

その方法には、たとえば次のようなものがあります。

 

  • 人からの好意を実感する
  • 自分が嫌いではないと思いこむ
  • 自分の過去を否定しないようにする
  • 自分の好きなところを1つだけでも良いから持つ

 

自信を持つための最も効果的な方法は、人からの好意を実感することです。

 

人からの好意を実感するには、誰かが自分のために何をしてくれたのかを振り返るのが効果的ですよ。

 

相手が何かをしてくれるということは、あなたに少なからず好感を抱いているということ。

 

特に友人など、利害関係のない人たちの行為は好意につながっています。

 

さらに、自分が嫌いではないと思いこむようにしましょう。

 

自分が好きだと思いこむのは難しいですが、嫌いではない程度なら意外と簡単です。

 

そうして自己暗示をかければ、次第に自信がついてきます。

 

そして、自分の過去を否定しないことです。

 

過去があるから今の自分があり、今の自分があるから未来の自分があります。

 

自分の過去を否定するという行為は、今の自分の否定です。

 

だから、過去を否定すると自信が無くなるんですよ。

 

また、自分の好きなところを1つだけでも良いから持つことも大切です。

 

他人に褒めてもらったことのあるところを好きになるようにすると、自信に繋がりやすいですよ。

 

 

優しく誠実

 

彼女 作り方

 

優しく誠実な男は、モテます。

 

相手が落ち込んでいるときに話を聞いて共感したり励ましたり、優しい人はそういうことをサラッとできますからね。

 

意識していなくても、女性からプラスイメージを持たれることができます。

 

それに、優しい人は店員さんにも横柄な態度を取りません。

 

女性からマイナスイメージを持たれることは、自然と避けるんです。

 

だから、優しい人はモテます。

 

誠実な人がモテるのは、単純に「浮気しないだろう」という安心感があるためです。

 

彼女の作り方2.【女性と出会う方法】

 

彼女 作り方

 

どれだけモテる男の特徴を持っていても、女性と出会う機会がなければ意味がない! そこで、彼女を作ることを前提に女性と出会う方法をいくつか紹介しましょう。

 

 

恋活アプリを使う

 

家にいても、どこにいても、いつでも使える恋活アプリが出会いのきっかけには便利です。

 

恋活アプリはその名前の通り、恋人候補と出会うことを前提としています。

 

アプリのシステムすべてがその前提をもとに作られているので、恋人候補と出会うのには最適なんです。

 

しかも恋活アプリは若い女性も大勢使っていますし、分母も大きいので出会いやすいですよ。

 

そんな恋活アプリですが、実は結構たくさんあります。

 

何を使えば良いのかわからないかもしれませんが、最初は「ペアーズ」と「タップル」を使っていれば問題はありません。

 

特に人気で評価の高いアプリですし、登録者も多いので出会いやすいですから。

 

そうして恋活アプリを攻略していけば、女性と出会えますよ。

 

 

趣味に対してアクティブになる

 

彼女 作り方

 

前提として勘違いしてはいけないのが、アクティブな趣味を持つことはあまり重要ではないということです。

 

インドア趣味だとしても、アクティブに動けば出会いに繋がります。

 

読書とアニメを例にして説明しましょう。

 

この二つは特に、動かないイメージがありますよね。

 

本はひとりで読むもので、アニメも家で見るものです。

 

その認識は間違っていませんが、読書とアニメ趣味でもアクティブに動けば出会いにつながるんですよ。

 

読書の場合は、読書会があります。

 

さまざまな場所で、さまざまなテーマで読書会が開かれているんです。

 

SNSで「読書会」と検索すると、たくさんの情報が出てきます。

 

それに参加表明をし、参加すれば読書好きの女性と出会えるんです。

 

アニメの場合は、イベントがあります。

 

イベントに行けば女性も大勢いますし、そこから仲良くなって出会いに繋がることもあるんです。

 

アニメイベントをきっかけに結婚した人も、多いですよ。

 

そういう風に趣味に対してアクティブになるメリットは、同じ趣味を持つ女性と出会えることにあります。

 

同じ趣味の女性と出会いたいなら、趣味に対してアクティブになりましょう。

 

これが、現実世界で女性と出会う最もおすすめな方法です。

 

 

街コンなどの出会いの場に顔を出す

 

趣味の場に出かけることに比べるとおすすめしにくいですが、街コンなどの出会いの場に顔を出すのも良いでしょう。

 

少なくとも、数回は行っておくべきです。

 

街コンなどに参加している女性から、女性が好む男性像を学ぶことができますからね。

 

それに、嫌でも女性と接することになるので、女性との接し方も勉強できます。

 

街コン自体に実りがなくても、勉強できるから行っておくべきなんです。

 

それに、勉強するつもりで行って相手ができたら万々歳ですからね。

 

 

SNSで仲の良い女友達を作る

 

彼女 作り方

 

SNSで仲の良い女友達を作れば、出会いに繋がることがあります。

 

ただ、完全に1:1の関係になると出会いにくいです。

 

会うときは最初から二人きりになってしまい、ハードルが上がるんですよ。

 

同じ趣味やテーマで語らっているグループのうちのひとりと、特に仲良くなることをおすすめします。

 

グループであれば飲みに行く話やオフ会の企画を比較的気軽に立ち上げられるので、ハードルが圧倒的に下がるんです。

 

しかも、特に仲良くなっている女性とは大人数で会っても二人で話す機会も生まれやすくなります。

 

グループで会うと、仲の良い人で固まりがちですからね。

 

他の出会い方に比べると時間がかかるので、今すぐに彼女がほしいわけではない人には、おすすめです。

 

彼女の作り方3.【女性の恋愛対象になる方法】

 

彼女 作り方

 

先程モテる男の条件について語りましたが、それらはすべて外見や内面に関するものでした。

 

今回はさらに踏み込んで、女性の恋愛対象になるにはどういう行動をしたらいいのか、について語ります。

 

 

相手を特別扱いする

 

女性は相手の態度に敏感です。

 

自分との接し方、自分以外の人との接し方とを比べる傾向があります。

 

それらを比べたとき、自分以外の誰かが贔屓されていると感じれば不快になり、自分が他人より贔屓されていれば特別扱いしてくれるのだと好感を抱くんです。

 

だから、女性はよく「あの子だけ贔屓してる!」「男性が贔屓されてる!」と声を荒げるんですよ。

 

その心理を利用し、相手を少し特別扱いすることで相手から意識され、恋愛対象に入ることができます。

 

あまり差をつけすぎると他の誰かから反感を買いトラブルに発展しかねないので、周囲に人がいないときにさりげなく特別扱いすると良いですよ。

 

たとえば職場なら、こっそりと差し入れをしたり残業を手伝ったりすると効果的です。

 

 

自分から好意を伝える

 

彼女 作り方

 

女性に恋愛対象として見られたいのであれば、自分が恋愛対象に見ているということを伝えましょう。

 

人には、返報性の原理があります。

 

これは自分が受けた感情を相手に返したい、と無意識に考えるという原理です。

 

だから自分を嫌いだろう人のことを嫌いになり、自分と仲良くしようとしてくれる人と仲良くしたいと思うんですよ。

 

だから、あなたから好意を伝えることで相手の好意を引き出すことができます。

 

 

接触の回数を増やす

 

彼女 作り方

 

心理学の法則に、単純接触効果というのがあります。

 

これは、「最初は興味が無かった人や物でも、何度も接触しているうちに良い感情が生まれる」という法則です。

 

そのため、恋愛において「接触する時間」よりも「接触する回数」のほうが重要だと言われているんですよ。

 

女性に恋愛対象として見られたいのなら、接触の回数を増やしましょう。

 

趣味を通じた出会いや職場での出会いを彼女づくりに繋げたいなら、とにかく会う回数を増やすことが大切です。

 

ネットを通じた出会いであれば、メールを重ねましょう。

 

それだけで、相手から少なからず良い感情=好意を引き出すことができますよ。

 

 

相手の間合いなどを真似する

 

相手の間合いなどを真似することで、ミラーリング効果が得られます。

 

ミラーリング効果とは、自分と同じような仕草や表情をする人や似た雰囲気を持つ人に好感を抱く、という心理効果のことです。

 

逆に「好感を抱いている相手のことを真似してしまう」という効果でもあります。

 

次のようなことをすると、ミラーリング効果を得るのに効果的ですよ。

 

  • 相手が飲み物を飲むタイミングで、自分も飲む
  • 相手が足を崩したタイミングで、自分も崩す
  • 相手からのメールの分量や頻度に合わせてメールをする
  • 相手の気持ちに共感(同調)する

 

ただ、いずれも自然と真似するようにしましょう。

 

露骨に真似しすぎると、相手は真似されていると感じ、不快になることがあります。

 

あくまで、真似していることを意識させず、相手の無意識に訴えかけることが大切なんです。

 

そうしてミラーリング効果を最大限発揮できれば、相手からの好意を引き出しやすくなりますよ。

 

彼女の作り方を実践して、素敵な出会いをものにしよう!

 

彼女 作り方

 

ここまで、彼女の作り方を紹介してきました。

 

モテる男の条件を3つ以上は満たしているという前提であれば、どの出会い方でも彼女は作れます。

 

最もおすすめな出会い方を挙げるとするならば、恋活アプリと趣味にアクティブになることです。

 

そうして出会ったら、今度は相手から恋愛対象として見られるように努力しましょう。

 

さまざまな心理効果を駆使すれば、難しいことではありません。

 

それからは優しく誠実にを心がけてデートを重ねていくことで、彼女はできます。

 

ここまで紹介した彼女の作り方を実践し、素敵な出会いをものにしましょう。