出会い系テクニック

銀座のおすすめ出会いスポットを厳選紹介! 銀座はどこでどう出会う?

銀座のおすすめ出会いスポットを厳選紹介! 銀座はどこでどう出会う?

大人の街・銀座…。

 

出会いというよりも高級クラブなどのイメージがあるかもしれませんが、実は銀座は出会いの聖地なんです。

 

日本一の出会いスポットと呼ばれるエリアもあり、出会いをコンセプトにした店もたくさんあります。

 

そんな銀座のどこに行けば出会いがあるのか? どうすれば出会えるのか?

 

そんな疑問にお答えしましょう。

 

銀座の出会いスポットを紹介します!

 

銀座 出会い

 

銀座には、コリドー街という出会いのメッカがあります。

 

日本一の出会いスポットとしてテレビで紹介されたこともあるんです。

 

落ち着いた雰囲気の飲み屋街なんですが、その中には出会いスポットがたくさんあります。

 

そんなコリドー街を中心として、銀座の出会いスポットを紹介しましょう。

 

 

スイッチバー

 

スイッチバーは、大阪発祥の出会いスポットです。

 

スイッチャーというスタッフに「こういう子と話したい」「あの子と話したい」と頼むことで、会話の機会を作ってくれます。

 

店全体が出会いに協力してくれる「出会いバー」なんです。

 

さらに、イェーガーが飲み放題となっています。

 

イェーガーは若者の中でパーティドリンクとして親しまれる酒です。

 

ショットで飲むのが基本で、乾杯によく使われます。

 

無料で飲み放題なので、女性との会話のきっかけにもなりますし、女性と楽しく酔っぱらえますよ。

 

そんなスイッチバー銀座店の客層は主に、女子大生・仕事帰りのOL・平日休みの人です。

 

女子大生は週末、少し早めの時間帯に来店します。

 

OLは19時以降22時までの間に顔を出すことが多く、平日休みの人は早めの時間から比較的長くいることが多いです。

 

自分の好きなタイプの人が多い時間帯を狙って行きましょう。

 

また、料金はハッピーアワー(18時~20時)にLINE予約をするとチケット6枚2,000円になります。

 

スイッチバーはチケット制で、通常はチケット6枚3,000円なんです。

 

チケットを使うことでドリンクとフードを注文できます。

 

基本的には1枚ですが、高価な酒と料理は2枚必要です。

 

入場料はありませんが、チケットを必ず買わないといけないため、全く使わずに店を出るという遊び方はできません。

 

店の情報は、以下の通りです。

 

銀座 出会い

 

https://goo.gl/maps/2KXouNRDVmEzhMug7

 

住所:東京都中央区銀座8-2 ニューギンザビル12号6F

 

電話:03-6280-6371

 

営業時間:月~木:18時~翌1時、金土祝・祝前日:18時~翌2時、日:18時~24時

 

 

相席屋

 

出会いスポットと言えば、相席屋は外せませんよね。

 

相席屋は女性は無料で飲み放題になるので、女性客が頻繁に来ます。

 

店自体が男女の出会いをコンセプトにしており、女性客を男性客の席に通すようになっているんです。

 

それで一緒に話して飲んでいるうちに、仲良くなることもできます。

 

男性は女性と違って料金がかかりますが、2時間店にいても7,000円くらいのものです。

 

キャバクラに行くことを考えれば、安いのではないでしょうか。

 

平日は10分550円で食べ飲み放題ですからね。

 

早めに見切りをつければ傷は浅く、出会えなかったうえに見切りをつけるのが遅ければ傷は深くなります。

 

まあ…ショットを頼みまくったりすると、短時間でも結構高くなりますけどね。

 

また、店の前に男性女性それぞれの人数を掲示してあるので、チャンスがありそうかどうかが入店前からわかるんです。

 

相席屋には上記のようにたくさんのメリットがありますが、一方でデメリットもあります。

 

それは、客層です。

 

相席屋は男性はほとんど100%と言って良いほど出会い目的ですが、女性は出会い目的以外の人が大勢いるんですよ。

 

タダ飯目的です。

 

だから、食べるだけ食べて、飲むだけ飲んで帰る人が多いんですよ。

 

連絡先すら交換できないことが、よくあります。

 

相手を見て「これはダメそうだ」と思ったら早めに見切りをつけ、浪費を抑えつつ効率よく過ごすようにしましょう。

 

ナンパはしたくないけど女性と出会いたい、という人にはかなりおすすめです。

 

最後に、基本情報も紹介しておきましょう。

 

銀座 出会い

 

https://goo.gl/maps/6ZAavRc9PAiLGFnq8

 

住所:東京都中央区銀座8丁目2-9 ニューギンザビルB1F

 

電話:03-6264-5396

 

営業時間:日~木曜日・祝日:17時~24時、金土・祝前日:17時~翌5時

 

 

300BAR

 

300BARは、立ち飲みバーです。

 

スイッチバーに店内の雰囲気は近いですが、スイッチバーと違って出会いを仲立ちしてくれる人はいません。

 

ただ、男女ともに大勢の客が来ます。

 

ナイトクラブの経営者もびっくりするほど多くの男女で密集しており、グループの垣根なく盛り上がっているので出会いに繋がりやすいです。

 

スイッチバーより、カジュアルに出会いを楽しめますよ。

 

300BARもスイッチバー同様チケット制ですが、1枚あたりの料金はスイッチバーより若干安いです。

 

300BARは1枚あたり300円で、男性は3枚が最低料金となります。

 

女性は2枚からです。

 

テーブルチャージはなく、チケットだけで楽しめます。

 

さらに、10枚まとめ買いすると1枚あたりの料金が低くなるうえに、チケットには有効期限がありません。

 

しかも全店舗で使えます。

 

とりあえず10枚買っておいて、ダメそうなら違う店に行くというのもアリです。

 

ちなみに全てのメニューがチケット1枚(300円)となっており、結構安く楽しめますよ。

 

客層は20代前半から30代前半がほとんどです。

 

出会い目的の女性も結構いますし、出会い目的でなくても「その場のノリで楽しく飲みたい」と考えている人も多いですよ。

 

また、店舗は銀座に3つあります。

 

最も出会いやすいと言われているのは、8丁目店です。

 

8丁目店の基本情報は、以下の通り。

 

銀座 出会い

 

https://g.page/300bar-ginza8?share

 

[8丁目店]

 

住所:東京都中央区銀座8-3-12 GINZA須賀ビルB1F

 

電話:03-3571-8300

 

営業時間:月~金:17時~翌2時、土日祝:15時~翌2時

 

なお、営業時間は「通常時」のものを記載しています。

 

2020年8月25日現在、東京都の要請により以下のように営業時間が変わっているので、注意しましょう。

 

  • 月~金曜日:17時~22時
  • 土日祝日:15時~22時

 

 

Public Stand(パブリックスタンド)

 

パブリックスタンドは、出会いをコンセプトとした立ち飲みバーです。

 

店内はHUBに近く、真ん中に円形のバーカウンターがあり、それを囲むようにして立ち飲み用のテーブルが置かれています。

 

HUBのような「スポーツバー」というコンセプトではありませんが、スポーツ応援のイベントが行われる事が多いです。

 

料金は時間無制限飲み放題形式で、男性が通常3000円、女性が通常1000円。

 

女性を安くすることで女性客を確保しているものの、冷やかし目的の人を減らすために料金は取っています。

 

相席屋より、出会い向きの客層になっているんです。

 

ドリンク1杯だけのキャッシュオン形式は1,000円と割高ですが、ここにはチャージ料金も含まれているんでしょうね。

 

また、客層は20代前半が少なめで、20代中盤から30代前半までが多いです。

 

男性客は20代後半以上がほとんどなので、20代前半だと周囲と差を付けられるでしょう。

 

出会いをコンセプトとしているだけあり、男女ともに盛り上がりやすい雰囲気になっています。

 

出会い目的でも、普通に飲みに来る目的でも優秀な店ですよ。

 

銀座 出会い

 

https://goo.gl/maps/CeHshXZaazPNPkz28

 

住所:東京都中央区銀座7-2-11 横須賀第5ビル1F

 

電話:03-6263-9551

 

営業時間:日~火曜日・祝日:18時~23時30分、水~土祝前日:18時~翌5時

 

なお、営業時間は2020年8月時点のものです。

 

時勢によって変わることがあるので、注意してください。

 

 

HUB

 

HUBはイギリス式PUBをイメージしてデザインされたバーです。

 

平日は椅子が並べられていて、週末には椅子が無い立ち飲み方式になります。

 

ナンパが行われているのは、椅子が無い週末の方です。

 

椅子が無い方が、人と人との心理的壁が薄くなりますからね。

 

相手の心に入り込みやすくなるため、ナンパもしやすくなるんです。

 

それに、各人が椅子に座って飲んでいるところに声をかけるより、適当なところで立って飲んでいる人に声をかけるほうが自然ですから。

 

パブリックスタンドとは違って料金は注文の度に支払う方式で、生ビールが1杯720円となっています。

 

ウイスキーやカクテルなども結構種類が豊富です。

 

カクテルは400円以上。

 

そこそこ高めではありますが、ビールよりはかなり安く設定されています。

 

そのためか、カクテルを飲む客が多いです。

 

客層は、料金が高めだからか20代後半以上の落ち着いた人が多い傾向があります。

 

ワイワイ騒ぐというよりも、静かに飲みつつ会話を楽しむという雰囲気です。

 

銀座 出会い

 

https://goo.gl/maps/u3GTMno19LwceYkS6

 

住所:東京都中央区銀座7丁目2銀座コリド1F

 

電話:03-3289-8733

 

営業時間:火~木曜日:12時~23時、金:12時~翌4時、土日:16時~23時

 

銀座で出会いを楽しむためのポイント

 

銀座 出会い

 

銀座で出会いを楽しめる場所を紹介してきましたが、そこに行っても絶対出会えるわけではありません。

 

少しでも出会いの可能性を高めるために、おさえるべきポイントがあります。

 

以下のポイントをおさえて、出会えるように工夫しましょう。

 

 

出会える曜日と時間帯を狙う

 

銀座には、出会える曜日と時間帯があります。

 

銀座に人が多くなるのは、なんと言っても夜です。

 

渋谷のように休日昼間から賑わう場所ではありませんし、平日の昼間は仕事をしている人ばかりです。

 

銀座は平日19時以降23時以内と、休日19時以降が最も出会いやすいです。

 

さらに店によっても、早い時間のほうが良いか遅い時間のほうが良いかが別れます。

 

たとえばHUBは一軒目に入る場所とは言いにくいので、休日なら遅めの時間のほうが人が多いんです。

 

このように曜日と時間帯を見極めるようにしましょう。

 

 

大人な雰囲気の落ち着いた服装をする

 

銀座は「ウェーイ!」とはしゃぐような人よりも、少し落ち着いた楽しみ方をする人のほうが多いです。

 

銀座は街全体を見ると高級街ですからね。

 

コリドー街は庶民的な店が多いですが、街全体の雰囲気に合わせた楽しみ方をする人が多いんです。

 

日本人の多くは周囲にうまく同調しようとする傾向がありますからね。

 

だから自然と、みんな落ち着くようになります。

 

そんな場所で出会を求めるのであれば、あなたも大人な雰囲気の落ち着いた服装を身にまとい、その服装に合った振る舞いをしましょう。

 

 

現金は多めに持って行く

 

出会いを求めて銀座に行くなら、現金は多めに持って行きましょう。

 

チケット制の店もたくさん紹介してきましたが、そういうところでもナンパが成功したら思わぬ出費が待ち構えている可能性があります。

 

ナンパしたら「二軒目行こう」がセオリーですよね。

 

場所は銀座です。

 

女の子たちも少なからず期待します。

 

その期待に100%応える必要はありませんが、少なくとも大きく外すようなことはできませんよね。

 

つまり、出会いスポット自体は安く済んでも次は多少高くなる可能性が高いということです。

 

現金を多く持ち歩かないと、思わぬ恥をかきますよ。

 

 

盛り上げ役より聞き役に徹する

 

先程「銀座は落ち着いた楽しみ方をする人が多い」といいました。

 

自然と、男性に求められる立ち回りも他の場所とは微妙に変わってきます。

 

たとえば渋谷や新宿であれば盛り上げ役を求められるかもしれませんが、銀座では下手に盛り上げようとすると浮いてしまいかねません。

 

おすすめなのは、聞き役に徹することです。

 

女性は自分の話に共感してもらえると好感を示す傾向があります。

 

しかも、銀座では落ち着いて会話を楽しむ雰囲気になりがちです。

 

会話がメインになれば、自然と女性も共感を求めて話すようになるでしょう。

 

うまく聞き役をこなすことができれば、出会いを掴める可能性は高くなります。

 

銀座での出会いを最大限楽しもう!

 

銀座 出会い

 

一昔前の銀座は若者の来る街ではなかったんですが、今ではそうとは言えません。

 

ここで紹介したようにコリドー街にある出会いスポットでは20代後半の客も多いです。

 

昔に比べればフランクな街になった銀座には、たくさんの出会いのチャンスがあります。

 

二軒目に行く店をしっかりリサーチした上で、今回紹介した出会いスポットに行って出会いを最大限楽しみましょう。