その他

風俗で本番するときの注意点! 交渉のポイントも紹介します

風俗 本番

 

風俗遊びをするとき、本番できるかどうかドキドキするのも楽しいですよね。

 

最初は本番したいと思ってなくても、盛り上がってくると本番がしたくなることもあります。

 

ただ、ほとんどの風俗店において本番行為は禁止されているんです。

 

禁止されている行為をしようとすると、痛い目をみることがあります。

 

そこで、風俗で本番が禁止されている理由や、風俗で本番行為をした人の末路、安全な本番交渉の方法などを紹介しましょう。

 

まずは風俗の本番にまつわる隠語をおさらいしよう

 

風俗 本番

 

  • 基盤…本番(挿入あり)
  • 円盤…別料金を渡せば本番あり
  • 蟻…本番あり
  • 梨…本番なし
  • 完梨(鉄梨)…絶対に本番はしない
  • 只…タダマン
  • NN…生挿入、中出し
  • NS・・・生挿入、外出し
  • G着…ゴム着けて挿入

 

以上が、風俗掲示板などでよく使われる、本番にまつわる隠語です。

 

掲示板で「完梨」と書かれている嬢は、何をどうしても本番しないという固い意志を持っています。

 

下手に本番交渉をすると、ボーイに報告されてしまう可能性も否めません。

 

掲示板で完梨と書かれている嬢には、絶対に本番交渉をしないようにしましょう。

 

また、これ以降、本記事内でも以上の隠語を使うことがありますので、ご了承ください。

 

風俗で本番が禁止されている4つの理由

 

風俗 本番

 

風俗店は本番を禁止しています。

 

店の利用規約にも書いてありますし、店舗型の店なら説明も受けますよね。

 

じゃあ、風俗店が本番を禁止している理由は何なんでしょうか。その理由を3つ紹介します。

 

 

違法になるから

 

風俗で本番をするのは、売春防止法違反になります。

 

売春防止法は戦後にできた法律で、売春せざるを得ない女の子たちを危険から守るなどの目的があります。

 

売春そのものを禁止するというよりも、売春が行われやすい環境になるのを防止しようというイメージですね。

 

売春防止法では、管理売春を規制しています。

 

「売春」に当てはまるかどうかは、挿入したかどうかで決まるんです。

 

本番を禁止することで性風俗サービス自体は生き残り、風俗で働かざるを得ない女の子のことも守っているということですね。

 

本番をすると違法になり、健全な店の経営ができなくなるため、店は本番行為を禁止しているんです。

 

 

噂が広まると店が摘発されるから

 

本番行為を禁止する表側の理由は、違法だからです。

 

さらに、風俗店で本番行為が発生し、それが発覚した場合、摘発されるのは店なんですよ。

 

これは売春防止法が「売春行為の斡旋」「売春を行う場所の提供」などを禁止しているからです。

 

客は捕まりません。

 

売春防止法では「斡旋する側」を規制していますが、それを利用する側は規制していませんからね。

 

簡単には摘発はされないでしょうが、近年はただでさえ風俗店の摘発が多くなっています。

 

掲示板などで本番ができる店だという噂が広がれば、摘発されるリスクがかなり高いです。

 

そんなリスクを、まともな店は冒そうとしません。

 

 

「当たり前に本番できる」と考える客が増えるから

 

本番行為をしてしまうと、掲示板などでその噂が広がります。

 

「あの子はNN」「この店はほぼ全員基盤」など、掲示板では盛んに情報交換されているんです。

 

中には憶測や嘘もありますが、一度発信された情報は瞬く間に広がり、噂になります。

 

その噂を知った客は「本番できて当たり前」と考えるようになるんです。

 

そうすると、図々しい客が増えます。

 

本番できて当然だと考えているから、女性に執拗な本番交渉をしたり、本番できなかったときに女性の暴言を吐いたりするんです。

 

こういう客が増えると、女の子が次々と辞めていきます。

 

結果、店の経営が危うくなり、閉店に追い込まれることもあるんです。

 

だから、店は本番行為をさせません。

 

ソープとちょんの間は別に合法ではない

 

風俗 本番

 

本番ができる風俗店と言えば、ソープとちょんの間が有名ですよね。

 

ただ、厳密に言えばソープとちょんの間も別に合法ではないんです。

 

ソープランドは特殊浴場として営業許可を得ています。

 

デリヘルなどは、性風俗関連特殊営業として営業届を出しているんです。

 

これを出していなければ、違法になります。

 

性風俗関連特殊営業として営業届を出すと、本番行為をサービスにすることはできません。

 

ソープランドは特殊浴場として営業許可を出し、従業員女性と客が自由恋愛の末に勝手にセックスを始めているという屁理屈で法の目をかいくぐっているんです。

 

ちょんの間は飲食店と言いながら同じような理屈で法の目をかいくぐっています。

 

つまり、厳密に言えば「ダメ」だけど、国に容認されているグレーゾーンだということです。

 

本番をさせてくれる風俗嬢の5つの心理

 

風俗 本番

 

風俗店は本番行為を禁止していますが、それでも自分の裁量で本番を行う風俗嬢がいます。

 

どうして、禁止されている本番行為をするのでしょうか。

 

風俗嬢が本番をするのには、4つの理由があります。

 

 

手と口で射精させるより圧倒的に楽だから

 

実は、手コキとフェラで射精させるよりも、挿入して射精させたほうが圧倒的に楽なんです。

 

手コキは疲れるんですよ。

 

男のように手の上下運動に慣れているわけではありませんし、人のを手コキするのと自分のをシコシコするのとでは、疲労度も違ってきますから。

 

フェラはもちろん、とても疲れます。

 

一方、本番は正常位なら嬢が動く必要はありませんからね。

 

楽したいから本番させる、というやる気がない嬢も本番嬢の中にはいます。

 

 

チップで稼ぎたいから

 

円盤させる嬢は、チップで稼ぎたいと考えています。

 

これは店のバックだけでは満足できないためです。

 

風俗のバック率の相場は、客が払った金額の5割だと言われています。

 

高くても7割程度です。

 

格安店の場合は60分1万円程度ですが、60分相手して5000円なんですよ。

 

それでも他のバイトなどに比べると高時給ですが、絶えず仕事がある嬢は少ないです。

 

待機時間が長く、客があまりつかなければ稼げません。

 

本番は店が禁止している行為です。店に申告なんてしません。

 

円盤して稼いだチップは全部自分の懐に入ります。

 

一度これを覚えると、なかなか抜け出せないんです。

 

 

裏引きで稼ぎたいから

 

裏引きというのは、店の客と店外で会ってお金を貰うことです。

 

嬢は店の客をそのまま自分の客にしてしまえます。

 

店が関わっていないから、当然お金は全部自分のものです。

 

裏引きのほうが圧倒的に稼げるんですよ。

 

裏引きを始める前にはきっかけが必要です。

 

客に「店外で会いたい」と思わせる何かが無いといけません。

 

要は本番を裏引きの勧誘に使っているんです。

 

 

本指名客を増やしたいから

 

嬢が風俗店で長く稼ぐためには、本指名客を増やす必要があります。

 

本指名はバックが高いんですよ。

 

本指名をするとき、客が支払う金額には「本指名料」が加わります。

 

この相場は2000円です。

 

この本指名料は店の取り分がなく、全てが女の子に入ります。

 

本指名客を増やして稼ぎたいけど、まっとうなサービスと接客で増やす自信はない…。

 

だから、本番をさせるわけです。

 

風俗の本番行為には【詐欺】が潜んでいる

 

風俗 本番

 

本番をさせてくれる風俗嬢の心理を理解すると、本番嬢が必ずしも良嬢だとは言い切れないことがわかるでしょう。

 

それだけではありません。本番行為をする風俗嬢の中には、詐欺を行う「悪い嬢」もいるんです。

 

その手口を2種類紹介します。

 

 

妊娠詐欺

 

客にNNさせることで、妊娠したと騒ぎ立て、中絶費用を客に請求する妊娠詐欺の危険性があります。

 

NNした後、嬢に連絡先を聞かれたら要注意です。

 

後日、突然連絡が着て、応じたら「妊娠したから責任を取って!」と騒がれます。

 

実際には妊娠していませんが、客は中出しをしたという心当たりがあるため信じてしまうんです。

 

中絶費用として20万円くらいは請求されます。

 

加えて、慰謝料を請求されることもあるので注意しましょう。

 

 

強姦詐欺

 

合意のうえで本番しておきながら、後になって「強姦された!」と訴えてくる嬢がいるんです。

 

嬢はあなたをただ訴えるだけでなく、当然店にも報告しています。

 

こうすると店は罰金を請求せざるを得ません。

 

合意の上でなく強姦として処理されてしまった場合、示談金は数十万円から百万円になることがあります。

 

風俗で本番するとバレる? バレたときに起こる最悪なケースまとめ

 

風俗 本番

 

風俗で本番をしたことがバレることは、実はあまりありません。

 

ただ、風俗の種類によってはすぐにバレることがあります。

 

それに、万が一バレたときには最悪なケースに陥ることがあるんです。

 

 

店舗型ヘルスはバレやすい

 

店舗型ヘルスで本番をすると、バレやすいです。

 

店舗型ヘルスは部屋に覗き穴がついていて、ボーイが巡回して覗いています。

 

店によっては、部屋の中に監視カメラを設置していて、事務室から様子がわかるようになっているんです。

 

そうすることで「時間を守っているか」「時間が過ぎてるけど帰り支度を始めてるか」などを把握し、客をうまく回転させているんですよ。

 

そのため本番をするとバレてしまう可能性が高く、店舗型ヘルスで本番させる嬢はかなり少ない傾向があります。

 

 

デリヘルでもバレることはある

 

デリヘルは本番がバレにくいです。

 

ただ、客から本番交渉をした場合、デリヘルでも店側にバレることがあります。

 

嬢が本番交渉を不快だと感じ、店に報告するんですよ。

 

自分から本番させたときは報告するメリットは詐欺をする場合以外ありませんが、客から交渉された際は嫌な客を出禁にできるメリットがあります。

 

だから、ガンガン報告するんです。

 

 

バレたときの最悪なケース1.出禁になる

 

本番行為をしたことが店にバレると、出禁になります。

 

デリヘルの場合は電話番号と名前をブラックリストに入れ、同じ電話番号からかけた際に「利用規約違反のため出禁になっている」と告げられるんです。

 

店舗型ヘルスや受付型ホテヘルの場合は、顔写真が事務室に掲示されることがあります。

 

写真は監視カメラの映像から抽出したり、本番交渉や本番行為を不快に感じた嬢が隠し撮りをしたりして用意するんです。

 

他にも、本番行為をした嬢と再び遊ぼうとしてバレて、ボーイに突き出されて正面から写真を撮られることもあります。

 

また、出禁になると、その地域一帯の風俗店に情報が共有され、多くの店で出禁になることもあるんです。

 

 

バレたときの最悪なケース2.示談金を請求される

 

正直、出禁にするだけの店はかなり優しいです。

 

バレたときの本当に最悪なケースは、「制裁」「示談金請求」なんですよ。

 

制裁というのは簡単に言えば、怖い人たちに詰め寄られることです。

 

最近はそんな対応をする店は少ないものの、まだたまにあります。

 

示談金請求は本当によくあるんですよ。

 

示談金の相場は3~10万円程度ですが、本番行為をしたうえに盗撮したり無理矢理本番行為をしたりした悪質な場合には、100万円を超えることもあります。

 

示談金が支払われれば、事件化しなかったり、不起訴にしたりという対応を店は取るんです。

 

ただ、示談金が支払われなかった場合は店が客を起訴することがあります。

 

それでも本番がしたい人へ…。本番交渉の注意点

 

風俗 本番

 

ここまで風俗で本番をする風俗嬢の心理や、風俗で本番をしたのがバレたときに起こり得る最悪なケースなどを紹介してきました。

 

それらを知った上で、それでも本番がしたいという人もいるでしょう。

 

本番がしたいなら、次の3点をしっかり守って風俗遊びをするようにしてください。

 

 

本番できる前提では利用しない! できなくても良客を演じよう

 

どれだけ掲示板で「本番できる」と言われていても、本番ができる前提で利用するのはよくありません。

 

風俗店のサービスを考えれば、本番ができないのが当然なんです。

 

それを勘違いしてしまうと、嬢にとってクソ客になってしまいかねません。

 

クソ客認定されるとその嬢を指名できなくなったり、出禁になったりします。

 

本番できたらラッキー、くらいの気持ちがちょうどいいです。

 

そして、本番できなくても落胆した態度を取ったり怒ったりすることなく、良客を演じ続けましょう。

 

 

自分からは交渉しないほうがいい

 

風俗で安全に本番をするためのポイントは、自分からは本番交渉をしないことです。

 

本番をさせる嬢は、たいてい自分から本番を提案してきます。

 

本番したほうが稼げることを理解しているためです。

 

嬢が提案をしないということは、その嬢は本番をする気がないということ。

 

普段は本番をする嬢でも、客を見て「この人は本番ナシ」と決めることもあります。

 

そういう嬢にどれだけ交渉しても無駄です。

 

それに、交渉がしつこいと判断された場合、店に報告されかねません。

 

自分から交渉するのは危険しかないので、やめましょう。

 

 

掲示板に書き込まない

 

掲示板に本番に関する書き込みをしないようにしましょう。

 

あの子は本番が出来たとか、あの子は完梨だったとか…。

 

嬢もボーイも店長も、意外と店の掲示板を見ているんです。

 

暇な時間も多いですからね。

 

そういうときは掲示板を巡回して変な書き込みが無いかなどを見張っています。

 

特に店を利用した直後の書き込みは危険です。

 

書き込み内容から「あの人だろうな」とバレてしまいますから。

 

また、書き込みが噂として広がると店が不利益をこうむります。

 

気に入っている嬢が退店したり、気に入っている店が閉店したりするのは嫌ですよね。

 

書き込みはしないほうが絶対に良いんです。

 

まとめの章

 

風俗 本番

 

風俗で本番をするのは、ドキドキワクワクして楽しいですよね。

 

本当はダメと言っている場所で交渉をするからこそ、駆け引きの楽しさが生まれるわけです。

 

ただ、風俗で本番をするのには危険もたくさんあります。

 

本番をしたい気持ちはあるでしょうが、自分から執拗に交渉することなく、「本番できたらラッキー」くらいの気持ちで風俗遊びをしましょう。

 

確実に本番がしたいなら、グレーゾーンとして見過ごされているソープ、ちょんの間を利用してください。

 

それか、出会い系ですね。

 

ルールを守り、楽しく風俗遊びをしましょう!