風俗店

風俗のルール・マナーを業態ごとに徹底解説! 違反すると怖い?

風俗 ルール

風俗には、さまざまなルールやマナーがあります。

 

業態ごとに異なるルールもあれば、全ての風俗店で共通しているルールもあるんです。

 

そんなルールを知らずに利用すると、知らないうちにアウトな行為をしていた…ということにもなりかねません。

 

そこで、風俗初心者の方のために、風俗のルールやマナーを徹底的に紹介します!

 

全風俗で共通しているルールについて説明します

 

風俗 ルール

 

まずは、全ての風俗店で共通している基本的なルールについて簡単に説明していきます。

 

これらのルールに抵触するようなことは、普通に遊んでいればありません。

 

それでも、念の為知っておきましょう。

 

 

撮影禁止

 

風俗は基本的に、撮影禁止です。

 

カメラを構えただけで、女の子に怒られます。

 

たまに「女の子を映さなければ撮っても良い」と解釈して、部屋の写真などを撮る人もいますが、ダメです。

 

店内は全て、撮影禁止となっています。

 

ネットの記事などで内装の写真を掲載しているのは、取材のために許可を取っているからです。

 

一般の人の撮影は、固く禁じられているので気をつけましょう。

 

また、録音もNGです。

 

 

女の子の嫌がる行為の禁止

 

たいていの店では、「暴力・暴言・過度なサービスの要求など、女の子の嫌がる行為」と書かれています。

 

暴力を振るう人はなかなかいませんが、暴言を吐く人は結構いるんですよ。

 

ブス、ブサイク、下手くそ、などですね。

 

風俗に限らず、お金を払った相手には何を言っても良いと勘違いしている人は一定数います。

 

だけど勘違いしてはいけません。

 

お金を払ってサービスを受けているため、客と嬢とは契約上対等な立場です。

 

人間同士、相手を傷つけることは言わないようにしましょう。

 

そして、相手がどんなことを嫌がるのかを想像するようにしてみてください。

 

以下、実際にあった「女の子の嫌がる行為」の例です。

 

反面教師にしましょう。

 

  • プレイ時間終了後、デリの迎えが来るまでの間、「また抜いて」と言われた
  • 「唇を舐めてほしい」としつこく言われた
  • 飲食物の口移しを強要された(客から嬢へ)
  • 高速手マン
  • ハードSMプレイの要求(SM店ではない)
  • 風俗嬢を下に見るような発言をされた
  • 事前にシャワー浴びたからと、接客中のシャワーを拒否された

 

シャワーに関してだけ、補足しておきます。

 

風俗で女の子と一緒にシャワーに入るのは、女の子の安心のためです。

 

事前に浴びたと言われたとしても、本当に綺麗に洗えているかはわかりませんからね。

 

それと、性病の有無の確認でもあります。

 

見た目でわかる性病は多くはありませんが、一応シャワーも予防の一環になっているんです。

 

 

同業者と思しき方の利用の禁止

 

これはほとんど形骸化しているルールですが、風俗は同業者の利用を禁じています。

 

引き抜き対策ですね。

 

ただ、同業者だと見分けるのは実際は難しいです。

 

働いている地域の店に行くようなことをしなければ、まずバレません。

 

同じ地域の店だと、顔が知られている可能性が高いですからね。

 

その理屈で言えば、デリヘルの店員は十中八九バレないということになります。

 

 

暴力団関係者と思しき方の利用の禁止

 

これも形骸化してきていますが、風俗は暴力団関係者の利用を禁じています。

 

今は、ほとんどの風俗店は暴力団の人と関係を持ちません。

 

ケツモチ文化は廃れていますし、暴力団が風俗を経営することもありませんからね。

 

ケツモチ文化があった昔も、暴力団員が客として来るのは嫌がられていました。

 

女の子が怖がるためです。

 

また、実際には暴力団じゃなくても「入れ墨がびっしりある」「顔に傷がある」などの特徴のある人は、入店を断られます。

 

 

泥酔状態での利用禁止

 

泥酔している状態で風俗店に入ると、入店を断られます。

 

デリヘルでも、女の子の判断で帰ることがあるんですよ。

 

泥酔状態での利用を禁止しているのは、単純に迷惑だからです。

 

泥酔して吐いたり、説教したり、泣いたり、勃たなくなったりする客が多いんですよ。

 

そういうのは迷惑になるので、利用を禁止しているわけです。

 

ほろ酔い程度だったり、酔っていたとしても表面上は素面と変わらなかったりすれば、大丈夫ですよ。

 

 

衛生上好ましくない方の利用の禁止

 

風俗には、衛生上好ましくない方の利用を禁止するルールがあります。

 

まあ…平たく言えば、清潔感のない人、汚い人、臭い人は利用できないということです。

 

普通に働いていて、ひげも毎日剃って、シャワーも毎日浴びて、綺麗な服を持っていれば問題ありません。

 

 

性病、または性病の疑いのある方の利用の禁止

 

当たり前ですが、性病にかかっている人は風俗を利用できません。

 

女の子に移ってしまいますからね。

 

性病の疑いがあると思われた場合も、同じです。

 

チンコにぶつぶつがあるとか、体に薔薇疹があるとか、そういう身体的特徴が見られれば、すぐに帰らされます。

 

風俗ジャンルごとのルールについて説明します

 

風俗 ルール

 

風俗全体のルールを説明したところで、ジャンルごとに異なるルールについて説明します。

 

全体のルールよりは種類が少ないですが、これから語るルールは絶対に守ってくださいね。

 

 

ヘルス系

 

店舗型ヘルス(ファッションヘルス)、デリバリーヘルス、ホテルヘルスなど「ヘルス系」の風俗店は、本番禁止です。

 

これらは全て、合法のサービスのみを提供しようとしていますから。

 

日本では性交類似行為(フェラなど)は禁止されていませんが、本番(セックス)は売春にあたるため禁止されているんです。

 

結果的に本番をしなくても、何度もしつこく本番をせがんだり強要したりするのもダメですよ。

 

 

ソープランド

 

ソープランドは、本番が禁止されていません。

 

法律的には禁止なんですけどね。

 

ちなみに、よく「ソープは風俗店として届け出をしていない」と語る人がいますが、これは間違いです。

 

ソープは性風俗店の浴場業として、営業しています。

 

風呂場のある個室で、性的な行為をすることは認められているんです。

 

本番は売春になるため、本当はダメ。

 

店側は「客と女の子とが勝手にしていること」という建前を掲げ、本番サービスを提供しています。

 

それで見逃されてきた歴史があるということと、売春が行われているのを立証するのが難しいということで、警察には見過ごされているんです。

 

また、生セックスについては、店ごとにルールが異なります。

 

出来る店もあれば出来ない店もあるので、気をつけましょう。

 

 

ちょんの間

 

ちょんの間も、本番行為が禁止されていません。

 

ちょんの間というのは、飛田新地のようなところです。

 

20分くらいでパパッとセックスするだけの、風俗店ですね。

 

「ちょっとの間で事が終える」ということから、ちょんの間と呼ばれています。

 

ソープと違い、ちょんの間は風俗店として営業していないんです。

 

旅館または料亭として営業をし、仲居と客とが勝手にセックスしているという建前を作っています。

 

これもソープと同じ理由から、見逃されているのが現状です。

 

また、ちょんの間は「地域全体が撮影禁止」になっています。

 

通りの写真を撮るだけで、注意されるので気をつけましょう。

 

 

ピンクサロン

 

ピンクサロン(以下、ピンサロ)は、キャバクラのようなオープン席でフェラを行う店です。

 

オープン席と言っても、「立たなければ見えない」くらいの仕切りがあります。

 

シャワーが無いので、素股・アナル舐めなどは禁止されていることがほとんどです。

 

店によっては、女の子の下半身へのお触りが禁止という場合もあります。

 

ピンサロは店による独自ルールなども多いので、細かいルールは店のHPなどを確認しましょう。

 

 

セクキャバ

 

セクキャバは、女の子に隣に座ってもらい、お酒を飲みつつキスや胸へのお触りができる店です。

 

営業形態的に抜きができないので、抜き行為が全て禁止されています。

 

店によってはVIPルームで暗黙の了解として、抜きが行われることもありますが、そういう店は例外です。

 

さらに、客と女の子ともに下半身の露出が禁止されています。

 

露出せず、射精しなければ、女の子によっては軽くチンコを触ってくれることもありますよ。

 

ズボンの上からだったり、ズボンの中に手を入れてパンツ越しだったり、直だったりさまざまです。

 

そういうギリギリのラインを攻めてくる女の子とたまに出会えるのが、セクキャバの魅力だったりします。

 

ただし、女の子の下半身へのお触りは絶対禁止です。

 

触らせてくれる女の子は、ほとんどいません。

 

また、「胸を触るのがメイン」というところから、女の子の体を傷つけないために爪切りが義務化されています。

 

爪が長い場合は、待合室にある爪切りで切っておかなければなりません。

 

店によっては「手指の消毒」「口内の消毒」も、義務付けられていたりします。

 

風俗のルールを破るとどうなる? 違反者の末路について説明します

 

風俗 ルール

 

これまで、風俗のルールについて詳しく語ってきました。

 

店ごとに細かい違いがありますが、これで基本的なルールについては完璧です。

 

だけどもし、ルールを破ってしまったら? どうなるのか気になる人もいるでしょう。

 

そこで、ルール違反者に対する店の対応として、よくあるものをまとめてみました。

 

 

厳重注意される

 

あまり悪質ではないと判断された場合、厳重注意で済むことがあります。

 

済むと言っても、待合室や事務所で説教されるので、結構しんどいです。

 

厳重注意になるのは、女の子を過度に傷つけたりしなかったけどルールには違反している、という場合がほとんど。

 

たとえば軽い暴言くらいなら、厳重注意と、その子の指名NGくらいで済みます。

 

あまりにもひどい場合は、対処も重くなるので気をつけましょう。

 

 

出禁になる

 

悪質だと判断された場合、出禁になります。

 

これは女の子の指名NGではなく、店自体の出入り禁止です。

 

出禁になるときの対応は、業態によって異なります。

 

デリヘルは、予約時の電話番号を出禁リストに入れ、同じ電話番号から電話がかかってきた場合に「お客様は出禁になっております」と告げるんです。

 

店舗型の場合は、事務所に連れて行かれます。

 

対応は店によってさまざまです。

 

写真を撮られて事務所に掲示されたり、名刺を控えられたり…。

 

名刺が無ければ、身分証明証のコピーを取られます。

 

出禁になるのは、無断キャンセルを繰り返した場合や、女の子に対する過度な暴言を行った場合などです。

 

 

事件化する可能性もある

 

本番禁止の店で無理やり本番をした場合は、事件化する可能性があります。

 

単純にレイプですからね。

 

女の子が店に報告をし、身柄をおさえられた後、話が進みます。

 

店によっては罰金の支払いを求めてくることがありますが、この罰金は法的根拠のない値段になっていることが多く、殆どの場合は無効です。

 

たいていは、訴えるという話になっていきます。

 

事件化しないようにするには、示談金を支払うしかありません。

 

強要しただけで結果的に本番をしなかった場合は、10万円以下で済むことが多いです。

 

女の子が強く拒絶しなかったものの、合意は得ず本番を行った場合には10万円から20万円が相場となります。

 

女の子が強く拒絶したのに本番をした場合には、20万円から30万円くらいになるケースが多いです。

 

コンドームの使用の有無などによっても、示談金は変わってきます。

 

中には100万円になったケースもあるので、本番強要はくれぐれもしないようにしましょう。

 

ちなみに、しつこくせがんだ後に女の子が折れて本番したとしても、女の子が店に訴えかけた場合「合意が無かった」として処理されることもありますよ。

 

風俗はルールを守って楽しく遊ぼう!

 

風俗 ルール

 

風俗にはさまざまなルールがありますね。

 

違反すると、厳重注意または出禁になることがあります。

 

悪質な本番強要、盗撮などの場合は示談金を支払わなければならないことも。

 

ただ、普通に風俗嬢をひとりの女性として尊重していれば、ほとんどのルールには抵触しません。

 

人と人との触れ合いだということを忘れず、彼女と接するときのように風俗嬢に接することを心がけましょう。

 

そして、風俗のルールを守って楽しく遊んでくださいね。

 

セフレを作る最適なおすすめアプリ

風俗はとても楽しい…。だけど、欲を言えばあまり金をかけずにセックスできれば…と思うときもあるでしょう。そういうときにセフレがいれば、相手に困りません。

そこで、セフレを作りたい方や即日会いたい方向けに、おすすめのマッチングアプリ・出会い系アプリを紹介します。

紹介したアプリはどれも遊び・セフレ目的のユーザーが多く、運営実績が長い有名なサービスなので絶対登録しておいて間違いありません!

PCMAX

PCMAX

PCMAXは運用歴20年を超える老舗サイトで、1,500万人以上の会員数を誇るモンスター級の出会い系サイトです。

会員の年齢は幅広く、なかでも10代後半~20代の若い層が多め。

他のサイトよりもアダルト色が強めなので、ライトな出会いやセフレを求める書き込みが多く、気軽に交流できます。

PCMAXのオススメポイント

  • 遊び目的の会員が多く、セフレ作りに適している。
  • 女性のアクティブユーザーが多い。
  • 機能がシンプル。SNS感覚で使いやすい。

 

\今なら1000円分無料/

PCMAX(無料)公式サイトはこちら

ハッピーメール

ハッピーメール

累計会員数は2,500万人と業界最大級なので、比例して出会える確率が高めです。

恋愛相手を求めるユーザーが多いイメージですが、実際のところはセフレやヒミツの関係を持ちたいユーザーの方が多い傾向です。

プロフィールの閲覧にポイントを使わなくていいので、効率的に出会えるのも嬉しいところです。

ハッピーメールのオススメポイント

  • セフレ探しから婚活まで、業界最大級の幅広い会員数がいる。
  • サイトの認知度が高く、安心安全に利用できる。
  • プロフ閲覧が無料でお金をかけずに出会いを探せる!

 

\今なら1200円分無料/

ハッピーメール(無料)公式サイトはこちら

ワクワクメール

ワクワクメール

2020年の時点で会員数の累計800万人を超え、アクティブ会員も多いのがワクワクメールです。

20代女性の会員数が圧倒的に多く、掲示板への投稿数も多いのでセフレ探しにぴったり。

アプリ内ゲームやログインボーナスで無料ポイントを大量に稼ぐことができるので、工夫すればポイント購入せずに出会える可能性も!

ワクワクメールのオススメポイント

  • 掲示板への投稿が無料!積極的に出会いを探せる。
  • 無料ポイントだけでも十分出会える可能性がある!
  • 会うまでに時間を掛けたくない人にピッタリ!

 

\今なら1000円分無料/

ワクワクメール(無料)公式サイトはこちら