出会い系テクニック

意外と簡単⁉女子大生をセフレにする方法とコツを徹底的に紹介します!

女子大生 セフレ

「女子大生はセフレにできる?」

 

「女子大生をセフレにしてみたいけど、難しいんじゃない?」

 

そんな疑問を抱いている人もいるのではないでしょうか。

 

まずは安心してください。

 

女子大生は、意外とセフレにしやすいんです。

 

もちろん、出会う場所を探求したり、セフレにするために工夫したりすることは必要ですけどね。

 

そこで、女子大生と出会いやすい場所や女子大生をセフレ化する方法・コツを紹介しましょう。

 

女子大生はセフレにしやすい? その理由を説明します

 

女子大生 セフレ

 

女子大生はセフレにしやすい、という説があります。

 

女子大生を狙う人が多いのは、それだけ女子大生というステータスが魅力的だということもありますが、効率が良いということでもあるんです。

 

じゃあどうしてセフレにしやすいのか? その理由をじっくり説明します。

 

 

性に興味がある人が多いから

 

女子大生は、性に興味関心がある人が多いんですよ。

 

大学生になると、高校時代までのしがらみが無くなります。

 

クラスというしがらみも、毎日同じ時間に投稿するというしがらみも…。

 

地元を出た人は、地域のしがらみもありません。

 

結構開放的になるんです。

 

だからか、女子会ではエロトークが多くなりがちなんですよ。

 

彼氏とセックスしたとか、彼氏のあれが小さいとか大きいとか…。

 

色んな話を聞いているうちに興味が大きく膨れ上がり、強い好奇心に成長します。

 

性に対する強い好奇心から、セフレという関係も受け入れてくれる可能性が高いんです。

 

 

一番割り切りセックスしやすい時期だから

 

大学時代は、最も割り切ったセックスをしやすい時期です。

 

一人暮らしを始める人も、多いですよね。

 

家や家族から解き放たれて、自由になります。

 

高校時代に比べると時間の融通がきくようにもなり、バイトもやりやすくなるでしょう。

 

学部にもよりますが、人生で最も自由がきく時期だと言えますよね。

 

本来なら「責任が生じ始める時期」でもあるんですが、この自由さから人間が最も無責任に振る舞える時期だとも言えるのではないでしょうか。

 

実際、無責任な振る舞いをする大学生は多いですよね。

 

そういうニュースは、跡を絶ちません。

 

無責任に振る舞いやすい時期だから、セックスへの好奇心が強い人は割り切ったセックスにも応じてくれる可能性が高いというわけです。

 

 

大人に憧れやすい時期だから

 

大学生は、自分自身が大人への第一歩を踏み出したと感じがちです。

 

高校生の頃は周囲に「子供と大人の間」なんて言われたりしますが、大学生になると周囲には「大人なんだから」「大人として」と言われるようになります。

 

実際、大学2年生になれば20歳を超えるわけですからね。

 

だけど実際は、まだ学生という身分で、親にも頼らざるを得ません。

 

自立した大人とは、言い難いです。

 

大人に限りなく近いけれど、自分はまだ大人にはなりきれていないという現実が大学生にはあります。

 

だからか、大学生は大人への憧れが強くなりがちなんですよ。

 

子供であることが嫌だと思っている人は特に、そんな自分を誤魔化すために大人の世界に身を置きたがる傾向があるんです。

 

だから社会人と関係を持ちたがる人も、います。

 

セフレなんて、大人に夢見がちな女子大生が考える「大人の世界」そのものですしね。

 

 

好奇心を同年代で満たせなくなるから

 

女子大生は性に関して、好奇心が旺盛な人が多いです。

 

正確に言えば性に関してだけでなく、さまざまなことに好奇心を働かせる傾向があります。

 

それなりに時間の融通がきいたり、お金の融通もきいたりしますからね。

 

これまで満たせなかったものをここぞとばかりに、満たそうとするのでしょう。

 

その旺盛な好奇心を、最初は手近なところで満たします。

 

性に関して言えば大学の男性たちですね。

 

ただ、手近なところで基本的な好奇心を満たせば満たすほど、更に深くまで踏み込みたくなってくることがあります。

 

趣味に例えてみるとわかりやすいかもしれませんね。

 

最初はただゲームを楽しくプレイするだけで良かったけど、そのうちに「もっと強くなりたい」「もっとやり込みたい」という欲求が出てくることがあるでしょう。

 

それと同じです。

 

そういうとき、もう同年代では欲求も好奇心も満たせなくなります。

 

そして、大人と関係を持とうとすることがあるんです。

 

女子大生と出会える場所を紹介します

 

女子大生 セフレ

 

女子大生は好奇心が旺盛で、性に対してもおおらかになり、大人の世界への憧れを抱いている傾向がある…。

 

だから女子大生はセフレにしやすいということですが、どれだけセフレ化しやすくても出会えなければ意味がありませんよね。

 

そこで、女子大生と出会いやすい場所を紹介しましょう。

 

 

出会い系サイト

 

出会い系サイトで出会うのは、王道中の王道ですよね。

 

恋活目的のマッチングアプリではなく、多目的な出会い系サイトを使うのが肝です。

 

セックスをしたいと考えている女性は、ペアーズなどの真面目なアプリは使わず、ハッピーメールなどの古くからある出会い系サイトを使います。

 

女子大生が結構大勢利用しているので、かなりオススメです。

 

ただ、アダルト掲示板で募集している人は避けるべきですし、アダルト掲示板で募集して女子大生を探すのは避けるべきでしょう。

 

アダルト掲示板にいる女子大生は、援助交際目的の人ばかりなんですよ。

 

まず、飲みや遊びで募集をかけましょう。

 

すると、結構色々な人からメールが来ます。

 

パパ活目的の人、タダ飯目的の人、ただ暇すぎて仕方がない人など本当にさまざまです。

 

メールを2通くらい送り合って、相手の目的を見極めましょう。

 

パパ活目的の人は、会う候補から除外するべきです。

 

会うべきなのは、タダ飯目的の女子大生と暇を持て余している女子大生。

 

要は「小遣いを要求してこない人」ですね。

 

パパ活など金銭を目的に男と会う人は、割りと簡単にセックスするものの、継続的な関係になるのは難しいです。

 

継続できたとしても、お金を渡す関係からは抜け出せません。

 

それよりも、お金を目的としていない普通の女子大生とデートをして、仲良くなってホテルに行く方がセフレにしやすいですよ。

 

 

SNS

 

出会い系サイトではなく通常のSNSでも、女子大生と出会える可能性があります。

 

SNSの良いところは、趣味を通じて女子大生と出会えるかもしれないところです。

 

同じ趣味を共有する仲であるため、実際に会う前から仲良くなりやすいんですよ。

 

一度仲良くなっている状態であれば、あなたの実際の見た目がどうであれ、あまり悪印象にはなりません。

 

せいぜい「あの人こういう感じだったんだ」くらいのものです。

 

内面で勝負をかけられるので、外見に自信がない人にはSNSが良いでしょう。

 

ただし、最初からエロを売りにしているアカウントに近づくのはあまりオススメできません。

 

実際にオフパコをする人もいますが、ごくわずかです。

 

大勢の男性からアプローチを受けていますからね。

 

特別仲良くなるのが、難しいです。

 

おすすめなのは、オフで出会う可能性のある趣味界隈のアカウントを狙うこと。

 

近年はVtuber応援アカウントや2.5次元ミュージカルファン、地下アイドルオタク、地下バンドオタクなどが盛んに出会っている傾向があります。

 

Vtuberというのは、バーチャルYoutuberの略で、2次元のガワを使って配信している人たちのことです。

 

女性ファンが多いVtuberの応援アカウントを作り、同じようなアカウントをフォローしていけば女子大生と出会える可能性があります。

 

2.5次元ミュージカルというのは、漫画やゲームなどを原作としたミュージカルです。

 

「刀剣乱舞」「忍たま乱太郎」「テニスの王子様」あたりが、男女ともにファンが多い界隈になります。

 

そういう界隈で勝負を仕掛ければ、可能性はあるでしょう。

 

 

交際クラブ

 

女子大生 セフレ

 

交際クラブは、登録している女性と男性とを引き合わせてくれる場所です。

 

男性会員は、女性と出会うためにセッティング料金を支払います。

 

そして実際に会い、食事をしたり買い物をしたりするわけです。

 

パパ活に使われることもありますが、コネクションを作りたい女子大生が使うこともあります。

 

後者の女子大生を狙えば、セフレ化することもできるでしょう。

 

コネクションを作りたい理由は、就職のためだったり将来の夢のためだったりさまざまです。

 

そこに漬け込めば、意外と簡単にホテルに連れ込めますよ。

 

コネ目的で交際クラブを利用している女性は、金と権力に弱いです。

 

そのいずれか、または両方を相手に示せば、女子大生をセフレ化しやすくなります。

 

ただ、金も権力もあまり無い人にはオススメできません。

 

 

ダーツバーなど「ダーツ」ができるところ

 

意外かもしれませんが、ダーツは女子大生と出会うのに結構役立ちます。

 

お酒を覚えて、大人の遊び方も少しずつ覚えようとしている女子大生がダーツバーなどにいることが多いんですよ。

 

休日の昼間だと、ラウンドワンのダーツコーナーにも女子大生らしき人は大勢います。

 

ダーツの練習をしている女性ひとり客も、多いです。

 

そういう人と隣の台になれれば、対戦を挑まれることがあります。

 

ダーツの対戦は、人と仲良くなりやすいんですよ。

 

ダーツは互いに声を掛け合うのがマナーだ、と言われています。

 

「ナイスワン!」「ナイストライ!」などですね。

 

そうして声を掛け合ううち、一体感が生まれてきます。

 

それが仲良くなる下地になるんです。

 

そして、「また一緒にやりましょう」と連絡先を交換することも多々あります。

 

ダーツを始めたからと言ってすぐに出会えるわけではありませんが、趣味でダーツをしていれば女子大生と出会うチャンスは結構あるんです。

 

女子大生と出会うきっかけづくりのひとつとして、オススメですよ。

 

女子大生をセフレにする方法を紹介します

 

女子大生 セフレ

 

女子大生をセフレにするための「出会いの場」を紹介してきましたが、ただ出会うだけではセフレにまではできません。

 

そこで、女子大生をセフレにする方法・コツを紹介しましょう。

 

 

女子大生を「とっておきの店」に連れて行く

 

女子大生と食事をするときは、とっておきの店に連れて行きましょう。

 

女子大生が普段は来ない、または来れないような店がベストです。

 

大人の世界に対する憧れや、さまざまなことに対する好奇心から、高確率で好印象が得られます。

 

少なくとも、嫌な顔をされることはありません。

 

そして、「どんなところなんだろう」という好奇心から、誘いに乗ってくれる可能性も高いです。

 

断られにくい誘い方であり、好印象を得られるデートにもなり一石二鳥。

 

そこで女子大生とお酒を飲み、仲良くなればその日にホテルに行くことも夢ではありませんよ。

 

 

就職相談に乗るなどして尊敬を得る

 

社会人の最大の強みは、社会経験です。

 

就職活動を経て就職をし、大変な思いをしながらも仕事を続けているというのは女子大生と対するときには良い武器になりますよ。

 

大学生共通の悩みに、「将来の不安」があります。

 

その中身は就職だったり夢を叶えられるかどうかだったり人それぞれですが、将来に不安があるのは共通しているんですよ。

 

モラトリアムに身を投じながら、周囲の大人たちは常に数年先の近い将来という現実を突きつけてきますからね。

 

その不安を和らげてあげたり、アドバイスをしてあげたりしましょう。

 

相手が求めてきたときにサッと就職相談に乗り、社会人だから言えることを言うんです。

 

そうすれば、相手は少なからずあなたのことを尊敬してくれます。

 

そして、尊敬している人となら体の関係になって良い、と思ってくれる可能性が高いです。

 

 

程よく「大人」として扱う

 

女子大生のことを、程よく大人として扱いましょう。

 

間違っても、小馬鹿にしたり子供扱いしたりしてはいけません。

 

自分が自立した大人ではないということは、大学生である彼女ら自身が一番よくわかっています。

 

わかっているけれど、その事実を変えることはできません。

 

だから少しでも大人に近づこうとしています。

 

そんなとき、大人から小馬鹿にされたり子供扱いされたりしたら、どう感じるでしょうか。

 

イライラしますよね。

 

だから、大人として扱いましょう。

 

ただ、自分のほうが年上であり社会的立場も上であるということは、常に意識してください。

 

女子大生を大人として扱うというのは、あなたの周囲の大人と同等に扱うということではありません。

 

同時に年下としても扱い、可愛がり、デート代は全部奢りましょう。

 

それが「程よく大人扱いすること」です。

 

 

セフレ化するまで金は惜しまない

 

女子大生をセフレにしたいなら、お金を惜しんではいけません。

 

デート代は全て出すのが、当たり前です。

 

相手はバイトくらいでしか、お金を稼げませんよね。

 

バイトも学業と両立させなければならず、シフトにたくさん入ることもできません。

 

どう頑張っても、バイト代は月に5万円から10万円程度です。

 

そんな人に金を出させるわけにはいきませんよね。

 

それに、金払いが悪い社会人とわざわざ関わる理由は、女子大生にはないでしょう。

 

社会人と関わる大きなメリットは、金払いが良いことですからね。

 

性に対する好奇心を満たせることと、大人の世界に足を踏み入れられることはその次に位置しています。

 

毎回ブランド物を買い与えるまではしなくても良いですが、多少は買い物をしたりすることも必要でしょう。

 

セフレ化するまでは、そういう投資を惜しまないことが大切です。

 

セフレ化してからは、デート代とホテル代だけで構いません。

 

女子大生はセフレにしやすいけど「包容力」が必須!

 

女子大生 セフレ

 

女子大生は、確かにセフレにしやすいです。

 

大人への憧れ、性への好奇心、ある程度の自由…。

 

大学時代は、割り切ったセックスをするには都合の良い時期ですからね。

 

だけど、女子大生をセフレにするなら包容力が必須です。

 

相手の相談に乗る包容力と、経済面でサポートする包容力…。

 

それらがない大人は、女子大生は相手にしてくれません。

 

経済面・精神面の包容力を相手に与えることを意識して、女子大生と仲良くなり、セフレ化しましょう。