風俗店

ヨーロッパ風俗はスゴイ! 風俗事情とジャンルなどを一挙紹介します

ヨーロッパ 風俗

日本人の旅行先として大人気のヨーロッパは、風俗遊びも人気があります。

 

金髪美人とあんなことや、こんなことができると考えるだけでも股間が盛り上がりますよね。

 

日本のブロンド風俗は地雷店が多く、優良店なんて数えるほどしかありませんし…。

 

本物のブロンド美人と遊びたいなら、ヨーロッパに行くしかないでしょう。

 

だけど、ヨーロッパの風俗遊びがどんな感じかを知らないと、行ったところで楽しみ方がわかりません。

 

そこで今回は、ヨーロッパの風俗事情、風俗ジャンルを紹介します。

 

最後には、ヨーロッパの風俗遊びが楽しい国をランキング形式で発表しますので、参考にしてみてくださいね。

 

ヨーロッパの風俗事情を簡単に紹介します!

 

ヨーロッパ 風俗

 

ヨーロッパにある風俗について詳しく紹介する前に、まずはヨーロッパの風俗事情について簡単に紹介します。

 

アジアとの違い、法律に関すること、気をつけたほうが良いことなどが気になる人に参考にしていただけると幸いです。

 

 

ヨーロッパとアジアとの風俗の違い

 

アジアだと、KTVが人気。

 

KTVは女の子を隣につけて会話と酒とカラオケを楽しみ、最後にはホテルに持ち帰ってセックスができるという店です。

 

アジアはKTVのように、「女の子と飲んだり店内で遊んだりした後、連れ出してセックスをする」というタイプの風俗店が主流なんですよ。

 

有名なタイのゴーゴーバーも、そのタイプです。

 

パパッとセックスするタイプの店は日本に多く、日本以外のアジア諸国だと「置屋」くらいしかありません。

 

そして、アジア諸国では置屋はあまりメジャーではないうえに、KTVの子と比べるとレベルが落ちるんですよ。

 

一方ヨーロッパは、どちらかと言えば置屋のような「パパッとセックスするだけの店」が多いです。

 

FKKという風俗サウナは知名度こそ高いものの、置屋などに比べると数は少ないですからね。

 

置屋とガールズバーが合体した置屋バーもありますが、飲まずに連れ出せる店も多いのでアジアのKTVとはかなり違います。

 

 

ヨーロッパの風俗・売春事情

 

ヨーロッパは近年、売春合法化の動きがあるんです。

 

実際、ドイツとオランダでは売春が合法になっています。

 

売春という項目にチェックして納税することで、健康保険も年金も保障されるんですよ。

 

一方でフランスは2016年に買春禁止法が施行され、客に罰金がつくようになりました。

 

ただ、これにより客がつきにくくなった売春婦たちは客を選べなくなり、暴力を振るう客や生で挿入しようとする客など「質の低い客」を取らざるを得なくなったんです。

 

実際、抗議も起きました。

 

しかも売春婦が減るということもなく、地下に潜って闇ビジネスと化しただけだったんですよね。

 

そのため、「買春禁止法は失敗だった」という見方がフランスでは強まっているんです。

 

合法国も多いように見えるものの、違法国も多いというのが現状。

 

合法化した国でも「店側と客側が強くなっただけ」という見方もあり、合法と違法とどちらが良いのかは手探りの段階にあります。

 

しかし、ヨーロッパは性産業がかなり大きくなっているので、合法化していくのが自然でしょうね。

 

 

ヨーロッパの風俗遊びで気をつけるべきこと

 

立ちんぼがかなり盛んで、風俗店はほとんど無いような国もヨーロッパにはあります。

 

ヨーロッパの立ちんぼはかなりレベルが高いんですよ。

 

モデルのようなスタイルで、女優のような顔をした人も結構います。

 

日本では衰退した立ちんぼですが、立ちんぼが多かったときの日本と比べても、ヨーロッパの立ちんぼは服装がかなり大胆です。

 

だから、立ちんぼと遊びたくなってしまうんですよ。

 

しかし、ヨーロッパの立ちんぼを買うのはリスクも大きいです。

 

立ちんぼは病気の感染率が高いんですよ。

 

立ちんぼは、あまり客を選り好みしない傾向があります。

 

売春違法国の町外れに立ちんぼが多いんです。

 

先述のフランスの例にあるように、違法国は客がつきにくく選り好みできません。

 

生でセックスする人も多く、客から病気をもらっている可能性が高いです。

 

立ちんぼは、おすすめできません。

 

どうしても立ちんぼで遊びたいなら、フェラ及び挿入時はゴムの着用を徹底し、帰国後しばらくしてから検査を受けるようにしましょう。

 

ヨーロッパにある風俗ジャンルをまとめて紹介します!

 

ヨーロッパ 風俗

 

これまでもFKKや飾り窓などの名前が出てきましたが、詳しくは説明してきませんでした。

 

ここで、ヨーロッパにある風俗ジャンルをまとめてそれぞれ簡単に紹介します。

 

どのジャンルが自分に合うか、考えてみましょう。

 

 

FKK

 

FKKは、簡単に言えば風俗サウナです。

 

エフ・カー・カーと読みます。

 

FKKは風呂とサウナ設備を用意した店内でセックスをする、というジャンルです。

 

日本のソープに似ていると思うかもしれませんが、これが全く違うんですよ。

 

多くのFKKには、お酒と食事が楽しめる飲食スペース、中庭、AVを垂れ流す劇場などがあります。

 

そういった娯楽設備がかなり豊富で、女の子と遊ばずとも楽しめるんですよ。

 

店内には女の子がそこかしこにいて、男たちを誘惑してきます。

 

店内で遊びながら女の子を選び、セックスができるんです。

 

しかも、女の子はたいてい裸。

 

裸に近い衣装とか、水着とかではなく、全裸です。

 

男性も、全裸またはタオルを巻いただけのスタイルで入場します。

 

中には館内着を用意しているところもありますよ。

 

店内にはさまざまなプレイルームがあります。

 

中庭があるところだと、中庭に青姦用のマットがあったりもするんです。

 

全裸でうろつき、全裸の女性の誘惑を受けながら遊ぶという開放的なスタイルは、FKKでしか味わえません。

 

また、滞在時間は特に決められていないんです。

 

その日中なら何度でも入場し直すことができますし、何度も遊ぶ人も多いんですよ。

 

プレイ時間は特に決められていませんが、「一発ヤッて終わり」くらいです。

 

お願いすれば、セックスした後に一緒に店内で遊ぶこともできます。

 

 

飾り窓

 

飾り窓は、日本の飛田新地のような「ちょんの間」に近いです。

 

大きなガラス張りの窓のある部屋の中に、女の子が下着姿で待機しているんですよ。

 

窓は通りを歩きながら眺められるように配置されており、女の子も見せつけるようにして待機しています。

 

客は窓越しに実際の女の子を見ながら遊ぶ子を選ぶわけです。

 

部屋に入り料金交渉をし、支払いをすると奥の「外からは見えない部屋」に連れて行かれます。

 

そこでセックスをするわけです。

 

時間はたいてい30分程度となっています。

 

ちなみに、大きな窓越しに下着姿の女性を眺めるという大胆なスタイルなので、売春が合法な国以外には飾り窓はありません。

 

 

置屋

 

置屋はプレイの感覚だけは、飛田新地とほとんど同じです。

 

飾り窓のように女の子がセクシーな姿で窓の前に立っているということはありませんが、店内に入ってから実物指名ができます。

 

時間はたいてい30分程度です。

 

簡易的なシャワーとベッドがあるだけの部屋で、パパッとセックスをするだけなんですよ。

 

風俗界のファストフード的立ち位置のジャンルです。

 

ただ、置屋とガールズバーが合体した「置屋バー」という業態もあります。

 

女の子が居る店内で飲むこともできるし、飲んだ後に連れ出してセックスすることもできるんです。

 

店によっては連れ出しではなく、店内に用意されたプレイルームでセックスするケースもあります。

 

こちらは比較的ゆっくりできるので、即物的なセックスが苦手な人にはぴったりです。

 

 

ストリップ

 

ストリップクラブは、店内のステージで女の子が脱ぎながら躍る姿を楽しみながら酒を飲む店です。

 

日本にもありますよね。

 

昔はもっとストリップ劇場がたくさんあったんですが、今では数が減ってきています。

 

渋谷道頓堀劇場、浅草ロック座、京都のストリップDX東寺あたりが有名です。

 

ヨーロッパにもストリップクラブがあるんですが、日本と違う点がいくつかあります。

 

日本だと踊っていない女の子がセクシー衣装でフロアを常に巡回して、客に営業をかけてくるようなことはほとんどありませんよね。

 

だけどヨーロッパだと、セクシー衣装を着た女の子がフロアを巡回し営業をかけるのが普通なんです。

 

そうして女の子を隣に座らせて一緒に飲んだり、イチャイチャしたりできます。

 

また、店によっては連れ出しができるのも特徴的です。

 

店自体が勧めているというわけではなく、女の子の判断に委ねられており、店は見て見ぬ振りという感じがほとんどとなっています。

 

 

SEX BOX

 

これまではメジャーなジャンルを紹介してきましたが、SEX BOXはマイナーです。

 

スイス特有の風俗ジャンルなんですよ。

 

レンタカーを借りてSEX BOXがある場所に行き、女の子を車に乗せてセックスすることができます。

 

レンタカーでカーセックスをするという、なかなかに面白いジャンルですよ。

 

言うなれば、風俗界のドライブスルーですね。

 

ヨーロッパの風俗遊びランキング・ベスト5! どこが一番楽しい?

 

ヨーロッパ 風俗

 

これまでヨーロッパのさまざまな風俗ジャンルを紹介してきました。

 

だけど、国ごとに主要ジャンルは異なりますし、同じジャンルでも国ごとに特色があります。

 

結局どの国に行けば楽しめるのかが、重要ですよね。

 

そこで、ヨーロッパの風俗遊びが楽しい国をランキング形式で、ベスト5まで紹介します!

 

 

1位:ドイツ

 

1位は、ドイツ!

 

ドイツで最もメジャーなのは、FKKです。

 

ヨーロッパの多くの国にFKKがありますが、ドイツのFKKは群を抜いてクオリティが高いんですよ。

 

圧倒的に規模が大きく高級感があり、美女率が高いんです。

 

まず敷地が広いんですよね。

 

敷地が広いからプレイルームの数も多くなりますし、娯楽設備の種類も豊富になります。

 

有名な店舗には広大な庭、プール、ジャグジー、バー、レストラン、仮眠室、テラスがあるんです。

 

庭では卓球を楽しめたり、茂みに入ると青姦できたりします。

 

FKK内は英語が基本なので、ドイツ語がわからなくてもコミュニケーションには困りません。

 

さらに、ドイツのFKKはヨーロッパ中の美人が出稼ぎに来るんです。

 

さまざまな人種の女性がいるということは、女性のタイプも幅広いということ。

 

ドイツのFKKに行けば、必ず自分にぴったりな女性と出会えます。

 

 

2位:スペイン

 

2位は、スペイン!

 

意外かもしれませんが、スペインは風俗大国なんです。

 

ヨーロッパ最大の売春宿と呼ばれる「Club Paradise」が、特に人気があります。

 

Club Paradiseは…凄いですよ。

 

一見して普通のストリップ劇場のようですが、中には大人の娯楽のほとんどが詰まっています。

 

定番のポールダンス、レズビアンショー、シャンパンを自らの裸体にかけながら躍る妖艶な美女たち…。

 

広いフロアにはパンチラなどで客の興味を惹くセクシー美女たちが大勢おり、ガラスケージの中にはフェラをしている女性もいるんです。

 

開放的な感じはFKKに近いですね。

 

実際、FKKにストリップが加わったような感じです。

 

レベルは全員高く、ここで遊べば失敗はあり得ません。

 

3Pもできますし、営業中の女の子へのお触りもできます。

 

触ったからと言って金を要求されることは、ありません。

 

また、Club Paradiseの女の子は徹底的に管理されており、病気のリスクもかなり低いです。

 

Club Paradiseの他にも安心して美女と遊べる店がたくさんあるので、スペインはドイツに負けず劣らずの風俗大国なんですよ。

 

 

3位:オランダ

 

3位はドイツと同じ売春合法国のオランダ!

 

オランダで有名なのは、アムステルダムにある飾り窓です。

 

飾り窓の中では世界最高峰と言われています。

 

他国にも飾り窓はあるんですが、正直レベルがいまいちだったりするんですよ。

 

だけどオランダは違います。

 

若い子が多く、レベルもしっかり高いんです。

 

さらに、オランダの飾り窓で働いている女の子は、全員政府によって管理されています。

 

オランダは売春婦を登録制で管理していて、アムステルダムにある飾り窓で働くには登録する必要があるんです。

 

登録すると定期的な性病検査が義務付けられる代わりに、健康保険や年金などの保障を受けることができます。

 

飾り窓に興味があるけど、抵抗感もあるという人でも安心して遊べますよ。

 

 

4位:イタリア

 

4位は、イタリアです。

 

日本人の旅行先としても、大人気の国ですよね。

 

イタリア料理は日本人の口に合うものが多く、食事目当てに行く人も多いです。

 

観光地も多いし、映画の聖地もたくさんあるし、何を目的にしても楽しい国ですよね。

 

イタリアは風俗産業も結構オープンなんですが、他のヨーロッパ諸国とは少し事情が異なっています。

 

他の国は「店として管理する売春」がメインですよね。

 

FKK然り、飾り窓然り、置屋然り…。

 

だけどイタリアは、立ちんぼが主流なんです。

 

女の子のレベルがかなり高く、立っている場所の近くに部屋を持っていてそこでプレイするという「気軽さ」も魅力的。

 

性病対策だけしっかりしていれば、十分すぎるほどに楽しめます。

 

また、ストリップも人気です。

 

立ちんぼより少し女の子のレベルが高めで、店内でショーを楽しめるのが魅力的。

 

店内では個室に移動して少しエロいイチャイチャを楽しめますし、女の子によっては連れ出しができるケースもあります。

 

 

5位:オーストリア

 

5位は、オーストリア!

 

音楽の都と呼ばれるウィーンには、いくつかの風俗店があります。

 

他の国に比べると派手な魅力は感じにくいかもしれませんが、オーストリアはどの店を選んでもレベルが安定しているところと、安全性が高いところに魅力があるんです。

 

しかも、都会にFKKがあるんですよ。

 

普通、FKKは郊外にあるのでアクセスがしにくかったりするんですが、オーストリアはウィーンにあります。

 

治安が良いウィーンの街で安心して風俗遊びを楽しめるのが、オーストリアを5位にしている理由です。

 

また、「GOLDENTIME SAUNCLUB」は女の子との距離感が近く、店内にいるだけで興奮しますよ。

 

FKKだけでなく置屋も置屋バーもあり、ジャンルが豊富なのも特徴です。

 

ヨーロッパの風俗は特徴的で面白い! 旅行のときはぜひ

 

ヨーロッパ 風俗

 

ヨーロッパの風俗は、どの国にも特色があって面白いんです。

 

ドイツは圧倒的規模とクオリティを誇るFKK、オランダには世界最高峰の飾り窓、スペインには最大級の売春宿…。

 

それぞれの国で得意とする分野が違うので、風俗目当てに旅行するならジャンルから国を選ぶのもアリでしょう。

 

基本的に今回5位にまで入れた国はどこも楽しみやすいので、風俗旅行でなくとも訪れた際はぜひ楽しんでみてくださいね。

 

セフレを作る最適なおすすめアプリ

海外で行く風俗はとても楽しい…。だけど、欲を言えばあまり金をかけず、日常的に自国でセックスできれば…と思うときもあるでしょう。そういうときにセフレがいれば、相手に困りません。

そこで、セフレを作りたい方や即日会いたい方向けに、おすすめのマッチングアプリ・出会い系アプリを紹介します。

紹介したアプリはどれも遊び・セフレ目的のユーザーが多く、運営実績が長い有名なサービスなので絶対登録しておいて間違いありません!

PCMAX

PCMAX

PCMAXは運用歴20年を超える老舗サイトで、1,500万人以上の会員数を誇るモンスター級の出会い系サイトです。

会員の年齢は幅広く、なかでも10代後半~20代の若い層が多め。

他のサイトよりもアダルト色が強めなので、ライトな出会いやセフレを求める書き込みが多く、気軽に交流できます。

PCMAXのオススメポイント

  • 遊び目的の会員が多く、セフレ作りに適している。
  • 女性のアクティブユーザーが多い。
  • 機能がシンプル。SNS感覚で使いやすい。

 

\今なら1000円分無料/

PCMAX(無料)公式サイトはこちら

ハッピーメール

ハッピーメール

累計会員数は2,500万人と業界最大級なので、比例して出会える確率が高めです。

恋愛相手を求めるユーザーが多いイメージですが、実際のところはセフレやヒミツの関係を持ちたいユーザーの方が多い傾向です。

プロフィールの閲覧にポイントを使わなくていいので、効率的に出会えるのも嬉しいところです。

ハッピーメールのオススメポイント

  • セフレ探しから婚活まで、業界最大級の幅広い会員数がいる。
  • サイトの認知度が高く、安心安全に利用できる。
  • プロフ閲覧が無料でお金をかけずに出会いを探せる!

 

\今なら1200円分無料/

ハッピーメール(無料)公式サイトはこちら

ワクワクメール

ワクワクメール

2020年の時点で会員数の累計800万人を超え、アクティブ会員も多いのがワクワクメールです。

20代女性の会員数が圧倒的に多く、掲示板への投稿数も多いのでセフレ探しにぴったり。

アプリ内ゲームやログインボーナスで無料ポイントを大量に稼ぐことができるので、工夫すればポイント購入せずに出会える可能性も!

ワクワクメールのオススメポイント

  • 掲示板への投稿が無料!積極的に出会いを探せる。
  • 無料ポイントだけでも十分出会える可能性がある!
  • 会うまでに時間を掛けたくない人にピッタリ!

 

\今なら1000円分無料/

ワクワクメール(無料)公式サイトはこちら