出会い系テクニック

【今どきJKの援助交際事情まとめ】どこで、何故するのか? デメリットは?

援助交際 jk

1980年代から1990年代後半、援助交際ブームが起きました。

 

1996年に「援助交際」が流行語大賞にノミネートされるなど、本当に今では考えられないような空気感があったんですよね。

 

じゃあ今は…?

 

今回は「援助交際JKの昔と今」をテーマにし、今どきJKの援助交際事情について紹介します。

 

JKが援助交際相手を見つける方法の昔と今を解説します

 

援助交際 jk

 

JKが援助交際の相手を見つける場所・方法は、昔と今とでは変化しています。

 

そこで、現在主流の方法について説明した後で、昔は行われていたけれど今は廃れている方法を説明しましょう。

 

ただ、これらを知ったからと言って実際にJKと援交するのはおすすめしません。

 

 

今一番主流なのはSNSの裏垢

 

2020年現在最も主流な方法は、SNSの裏アカウントです。

 

たとえば、Twitterですね。

 

TwitterはFacebookやインスタグラムに比べ、サブアカウントを作りやすいため、使っている人が多いです。

 

捨てアドレスを適当に作り、そのアドレスで登録すればいいだけですからね。

 

それに、アドレスが架空のものでもアカウントを作れますし。

 

裏垢(裏アカウントの略語)というのは、知り合いなどには見られたくないことを投稿するアカウントのことです。

 

エロいアカウントだけでなく、病みを垂れ流す「病み垢」なども裏垢に含まれます。

 

裏垢を使う人の中で比較的多いのは、後者の「病み垢」の方です。

 

ストレスを抱える女の子は、かなり多いですからね。

 

こちらはネットナンパ師によく目をつけられています。

 

援助交際をしているJKが多いのは、エロ系の裏垢の方。

 

この裏垢を使ってエロい自撮りをアップして、DMを送ってきた人に援助交際を持ちかけるわけです。

 

最初から、援助交際を募集する投稿をするケースもあります。

 

 

出会い系は今どきあまり居ない

 

2000年代、携帯電話およびPCからアクセスできる出会い系サイトが流行りました。

 

2003年には出会い系サイト規制法が施行され、18歳未満の児童を性行為目的で誘う書き込みを行うことが禁止されたんです。

 

ただ、このときはまだ「18歳未満は利用できないよう、年齢確認を厳重にせよ」という記載は出会い系サイト規制法にはありませんでした。

 

年齢確認の厳格化が義務付けられたのは、2009年2月からです。

 

それまでは、18歳未満でも割と簡単に出会い系サイトに登録できたんですよ。

 

そのため、JKたちは出会い系サイトを使って援助交際の募集をかけていました。

 

1980年代にはテレクラでの援助交際が流行り、95年以降はオープン掲示板やPC向け出会い系サイトなどでの援助交際が流行り…。

 

そして2000年代、出会い系、2010年以降はSNSと、JKの援助交際は基本的にバーチャルな出会いの場で行われてきたんですよね。

 

実際行うのは勧められませんが、こうして歴史として見るのは面白いです。

 

まあ、今は年齢確認が厳格だからか出会い系で援交をするJKはほとんどいませんけどね。

 

 

JKビジネス経由も今どきは無い

 

JKビジネスは2006年頃から秋葉原を中心として発展していった業態。

 

JKが簡易マッサージをしてくれる「JKリフレ」に、JKと散歩できる「JKさんぽ」などなど…。

 

色んな店が生まれていき、当時はJKビジネス経由の援助交際も行われていました。

 

派遣型JKリフレで働いて、客に「裏オプ」と称して「本番」「フェラ」などのサービスを提供する形ですね。

 

店舗型のJKリフレなどで連絡先を交換し、後日援助交際に誘う人もいました。

 

ところが、JKビジネス自体がもう既に絶滅しています。

 

テレビなどで取り上げられるようになってから、急激に問題視され軒並み摘発されたんです。

 

現在は「女子高生風の制服を着た若い女の子が簡易マッサージをしてくれる店」がありますが、本物JKが働く店はありません。

 

 

売春組織を通じた援助交際も見かけない

 

テレクラの時代から2000年あたりまで、JKの間で援助交際ブームが起きました。

 

援助交際ブームが巻き起こったときには、個人で行っている援助交際を統括する「売春組織」が結構いたんですよ。

 

この組織は大人が運営しているケースもあれば、援助交際をしているJK同士で寄り集まってJKたちが運営しているケースもありました。

 

完全に一人きりで援助交際をするよりも安全だ、ということで結構栄えていたんですよ。

 

ところが、援助交際ブームは既に終了しています。

 

ブームが終わってもなお売春組織を運営するのは割に合わないということで、ほとんど壊滅状態です。

 

だから2020年現在において、売春組織を通じた援助交際も見かけません。

 

 

JK立ちんぼは絶滅危惧種

 

立ちんぼというのは、路上などに立って通り掛かる男たちに声をかけたり、声をかけられるのを待ったりして援助交際相手を見つける手法のことです。

 

「立ちっぱなし」を意味する「立ちんぼ」という言葉が、語源になっています。

 

JKに限らず、1980年代から2000年代までは立ちんぼが結構いたんですよ。

 

当時はまだネットも今ほど普及していませんでしたし、スマホほど便利ではありませんでした。

 

2000年代でも出会い系に疎い子は結構いたんです。

 

結局、こういうアナログな方法が一番確実だ、ということで立ちんぼは大勢いました。

 

ところが2020年現在は大人は出会い系サイトがあるし、JKにはSNSがあるということで、立ちんぼは廃れています。

 

JKの立ちんぼは今や、絶滅危惧種です。

 

今どきJKの援助交際の相場と隠語まとめ

 

援助交際 jk

 

援助交際はどういうわけか、たいてい似た料金になるんですよね。

 

さらに、援助交際には隠語の存在が必要不可欠です。

 

そこで今度は、今どきJKの援助交際の相場と、今どきJKが使う隠語をまとめてみました。

 

 

相場は1.5万円から3万円

 

一昔前はJKとの援助交際に関わらず、援助交際と言えば1万5,000円でした。

 

ホテル別1万5,000円で「ホ別イチゴ」という言葉で募集をかけるのが、スタンダードだったんです。

 

どれだけ自分に自信がある子でも、2万円くらいでしたね。

 

今どきJKの援助交際の相場は、1万5,000円から3万円の間になっています。

 

1万5,000円は共通していますが、高い人はかなり高いですね。

 

昔に比べてJKの援助交際自体がかなりレアになってきており、JKたちもその希少価値を理解しているのか高めの料金設定をしてきているんです。

 

ただ、中間の2万円はあまり見かけません。

 

2万円は援デリ業者のトレンドマークのようになっており、イメージが悪いんでしょうね。

 

 

今どきJKは隠語をあまり使わない

 

昔あった援助交際の隠語と言えば、以下のようなものがありました。

 

  • ホ別イチゴ
  • サポ
  • 割り切り/割
  • F
  • ぷち

 

これらの昔ながらの援助交際に関する隠語は、今どきのJKはほとんど使いません。

 

普通に1万5,000円でお願いします、みたいに書いていることがほとんどです。

 

こういう隠語が生まれたのは、2000年代でした。

 

当時は援助交際に限らず、ネット上でたくさんの隠語が生み出され、使われていたんです。

 

いわゆる「ネットスラング」の走りになった文化でしょうね。

 

援助交際に関する隠語も、言ってしまえば掲示板で「kwsk(詳しく)」と発言するようなものだったんです。

 

同時に、援助交際の募集が禁止されている出会い系サイトで、運営の目をかいくぐるためでもありました。

 

今どきのJKは2000年代に生み出された隠語・ネットスラングなんてほとんど知りませんし、今はSNSが主流なので使う必要性もあまりないので、使わないんです。

 

使ったとしても、「応援してくれる人」「助けてくれる人」などの簡単なものくらいですよ。

 

どちらも「援助交際募集しています」という意味で使われます。

 

投稿上ではそれくらいの記述にしておいて、詳しい話はDMで行うんです。

 

そうすれば運営の目も誤魔化せるうえに、詳しいことが何も書かれていないため「気になる」という気持ちが強くなりDMがバンバン来るようになるんですよ。

 

今どきJKが援助交際をする理由とは

 

援助交際 jk

 

昔はJKが援助交際をする理由は、結構複雑でした。

 

親に対する否定的感情があったり、学校に適応できていなかったりなどの背景があるケースが多かったんです。

 

現在でも前者の背景を持った人は多いですし、加えて「褒められたい」「温もりが欲しい」などの理由から援助交際を行う人は多いんですよ。

 

お金に関しては、実は二の次でした。

 

ところが今は、お金が一番になっている傾向があります。

 

お金が稼げるという理由で援交を視野に入れ始め、親への否定的感情、寂しさなどが背中を押して援交を始めているという感じですね。

 

昔はプロセスが逆で、親への否定的感情や寂しさなどを理由で援交を視野に入れ始め、お金が稼げるということが背中を押していたんです。

 

女の子が風俗で働く理由も「稼ぎやすい仕事だから」と昔より単純化していますし、今どきの女の子は結構合理的な考えをしているのかもしれません。

 

抵抗はあるけれど稼ぐためだ、と割り切っているのでしょう。

 

【気をつけて!】JKと援助交際をするデメリットとリスク

 

援助交際 jk

 

ここまで現代のJKの援助交際事情を紹介してきました。

 

結局、JKと援助交際をするのは絶対におすすめできません。

 

これまでも何度か「おすすめできませんが」と述べてきましたね。

 

最後に、その理由を紹介します。

 

JKとの援助交際は、違法です。

 

特に16歳・17歳のJKと援助交際をしたとなれば、児童買春・児童ポルノ禁止法による処罰の対象になります。

 

児童買春の罰則は5年以下の懲役、もしくは300万円以下の罰金、またはその両方です。

 

結構罰則が重いですよね。

 

唯一罰せられないのは、18歳のJKだった場合です。

 

JKだとしても18歳になっていれば、児童買春にはなりません。

 

通常の売買春ということになりますが、児童買春以外の売買春では「客」と「女の子」に罰則が無いんです。

 

ただ、18歳JKとの援助交際も「罰則はないだけで法律違反」ではあるので、おすすめはできません。

 

それに、相手が18歳だと言っていたとしても実際のところはわかりませんよね。

 

「JKだけど18歳になってるから大丈夫」だと言われたものの、援助交際が発覚して問題になった後で「実は17歳でした」という事実が明らかになる可能性もあります。

 

そもそも相手がネット上で実年齢を正直に言うわけがないんです。

 

悪いことをしているという自覚があるため、だいたいは、16歳だとしても18歳だと嘘をついてきます。

 

JKと援交をしようとしている時点で、その嘘に引っかかるリスクがあるわけです。

 

つまり、バレたときに罰を受けることになるリスクが付きまとうということ。

 

普通に出会い系を使って合法な人とセフレになったりして楽しむほうが、何倍も安全ですし楽しいですよ。

 

援助交際JKには手を出すな! 出会い系で合法女性と楽しもう

 

援助交際 jk

 

援助交際をするJKは昔に比べて、かなり減っています。

 

テレクラなどでJKが援助交際をしていた時代に比べると、児童買春に関する規制が厳しくなっていますからね。

 

1999年には児童買春・児童ポルノ禁止法が生まれていますし、出会い系での年齢確認の厳格化も行われていますし…。

 

しかも、売春は買った側に罰則が無いのに18歳未満になった途端に重めの罰則が加わるということで、今JKと援助交際をするメリットはありません。

 

リスクだらけです。

 

援助交際をするJKには近寄らないようにし、出会い系で安全に楽しみましょう。

 

セフレを作る最適なおすすめアプリ

援助交際って、お金がかかりますよね。実はあまりコスパが良くないですし、罰則が無いだけで法律違反ではあるし…。出会い系を使うなら、援交よりセフレを作ったほうが良いでしょう。

そこで、セフレを作りたい方や即日会いたい方向けに、おすすめのマッチングアプリ・出会い系アプリを紹介します。

紹介したアプリはどれも遊び・セフレ目的のユーザーが多く、運営実績が長い有名なサービスなので絶対登録しておいて間違いありません!

PCMAX

PCMAX

PCMAXは運用歴20年を超える老舗サイトで、1,500万人以上の会員数を誇るモンスター級の出会い系サイトです。

会員の年齢は幅広く、なかでも10代後半~20代の若い層が多め。

他のサイトよりもアダルト色が強めなので、ライトな出会いやセフレを求める書き込みが多く、気軽に交流できます。

PCMAXのオススメポイント

  • 遊び目的の会員が多く、セフレ作りに適している。
  • 女性のアクティブユーザーが多い。
  • 機能がシンプル。SNS感覚で使いやすい。

 

\今なら1000円分無料/

PCMAX(無料)公式サイトはこちら

ハッピーメール

ハッピーメール

累計会員数は2,500万人と業界最大級なので、比例して出会える確率が高めです。

恋愛相手を求めるユーザーが多いイメージですが、実際のところはセフレやヒミツの関係を持ちたいユーザーの方が多い傾向です。

プロフィールの閲覧にポイントを使わなくていいので、効率的に出会えるのも嬉しいところです。

ハッピーメールのオススメポイント

  • セフレ探しから婚活まで、業界最大級の幅広い会員数がいる。
  • サイトの認知度が高く、安心安全に利用できる。
  • プロフ閲覧が無料でお金をかけずに出会いを探せる!

 

\今なら1200円分無料/

ハッピーメール(無料)公式サイトはこちら

ワクワクメール

ワクワクメール

2020年の時点で会員数の累計800万人を超え、アクティブ会員も多いのがワクワクメールです。

20代女性の会員数が圧倒的に多く、掲示板への投稿数も多いのでセフレ探しにぴったり。

アプリ内ゲームやログインボーナスで無料ポイントを大量に稼ぐことができるので、工夫すればポイント購入せずに出会える可能性も!

ワクワクメールのオススメポイント

  • 掲示板への投稿が無料!積極的に出会いを探せる。
  • 無料ポイントだけでも十分出会える可能性がある!
  • 会うまでに時間を掛けたくない人にピッタリ!

 

\今なら1000円分無料/

ワクワクメール(無料)公式サイトはこちら