出会い系テクニック

今すぐセックスしたい方必見!この方法でセックスを楽しもう

セックスしたい

一人でオナニーしていても、確かに気持ちいいものですが虚しさを感じてしまいますよね。

 

可愛い女性を自分のペニスでイカせるのを夢見るのも良いですが、ただ思っているだけではその思いは実現しません!

 

今すぐセックスしたいと思った時に、どのような方法を取ればセックスできるのでしょうか?

 

ここでは、セックスしたい方必見の情報をお届けします。

 

セックスしたい時に行うおすすめの方法

 

実際にセックスしたいと思っている場合、実は様々な選択肢が用意されています。

 

それぞれに、実際にセックスに持ち込むまでの確率が異なりますが、うまく活用すればセックスまでこぎつけることが可能です。

 

ここでは、セックスしたい時に活用したい、おすすめの方法を紹介します。

 

 

風俗店を利用する

 

セックスしたい

 

最も確実にセックスができる方法として、風俗店を利用するという方法があります。

 

ただ、風俗店と一概に言っても、多くの種類があってどの風俗でもセックスできるというわけではありません。

 

日本において、セックスを合法的に行える場所としてソープランドとちょんの間があります。

 

 

ソープランドとは?

 

セックスしたい

 

ソープランドとは、その名の通り基本的にはお風呂に入ってプラスアルファでセックスを行うことができます。

 

よって、料金としても入浴料とサービス料で構成されています。

 

基本的な流れとしては、まずはお風呂に入浴して体を洗ってもらって、その後にローションプレイを行います。

 

この際に、マットに乗って女性が踊るように体を擦るプレイが楽しめます。

 

その後、フェラチオでペニスを十分に刺激してセックスを行います。

 

料金に応じて時間は異なりますが、120分コースであれば2回戦めもプレイできますし、他にもノースキンでのセックスもお店によっては可能となります。

 

確実にセックスできる反面、料金的に高く高級店では10万円を超える料金となることもあります。

 

また、ノースキンセックスでは性病のリスクもありますので十分に注意したいところです。

 

 

ちょんの間とは?

 

セックスしたい

 

ちょんの間とは、他の風俗店とは違い、基本的に短時間での性的サービスを提供する風俗店のことを指します。

 

かつては赤線や青線と呼ばれる地域で営業しているお店であり、ちょんの間とはちょっとの間楽しめる店と言う意味です。

 

よって、サービス時間は15分からととても短くなっています。

 

ちょんの間はどこにでもあるわけではなく、関東では堀之内、関西では飛田新地が有名です。

 

特に、飛田新地は現在でも遊郭として名高く名店が揃っています。

 

但し、かつては至る所に店を構えていたちょんの間ですが、警察による逮捕や摘発が相次いで数が消滅しているのが実情です。

 

ちょんの間の外観は民家や小さい旅館がスタンダードで、店内にスポットライトを浴びながら若いキャストさんがが待機しています。

 

その隣に、お客の呼び込みをする中高年の女性がいて利用時間などを交渉します。

 

多くの場合は、店のドアは開け放されており、外から店内の様子が一目で分かるようになっています。

 

中には入口が全面ガラス張りという店も多く、実際に交渉して成立すると店の二階に通されます。

 

そこには、4.5畳ほどの狭い空間に布団が敷かれており、そこでセックスすることになります。

 

短時間であるために、前戯もそこそこにセックスして、終わったら余韻に浸るまもなく退店するという、あくまでもセックスするためだけのお店と言えます。

 

料金的に、ソープランドよりはリーズナブルである反面、遅漏の方は時間内にオーガズムを迎えずに終わってしまうリスクがあります。

 

また、性病のリスクはどうしてもつきまとっています。

 

 

ナンパする

 

セックスしたい

 

古典的な方法ではありますが、ナンパして女性を捕まえて、最終的にセックスするという方法もあります。

 

ナンパは、ただ闇雲に行ってもうまくいかないものです。

 

時間帯も重要で、終電過ぎや終電の時間からスタートすると、よりナンパの成功率がアップします。

 

また、駅の近くやナンパスポットでナンパすると、ナンパされたいと感じている女性が多く集まって成功率がアップします。

 

ただ、ナンパスポットはライバルの男性も多く集結することになるので、競争率は非常に高いです。

 

そこで、最低でも100人近くに声をかけるくらいの意気込みが必要です。

 

ナンパにおいては、ファーストインプレッションが重要となり、声のかけ方で笑わせるのが有効的です。

 

テンション高くアプローチして、話を聞いてもらえるようになったらひたすら笑わせ続けましょう。

 

ある程度言うことに反応して笑ってくれるようになったら、飲みに行く事を誘います。

 

もしノリが良くていきなりセックスできそうな雰囲気であれば、そのままホテル行こうと誘ってみるのもおすすめです。

 

 

クラブに行く

 

セックスしたい

 

ナンパに近い方法なのですが、クラブで女性と出会ってセックスするというのも有効的です。

 

クラブは、純粋にダンスやDJプレイを楽しむ健全なお店もあれば、チャラ箱と呼ばれる、男女の出会いを目的としたクラブも存在しています。

 

男性が女性に話しかけて、そこで仲良くなって最終的にはセックスに持ち込めます。

 

特に、女性の入場料がかからないイベントがあったりすると、多くの女性が利用することでよりチャンスの幅が広がります。

 

チャラ箱として有名なクラブは、女性側にも情報が周知されていることが多く、セックス目的で来店するという方も多い傾向にあります。

 

クラブにはナンパ慣れしている女性も多く、声もかけやすいというメリットがあります。

 

また、無理な場合は拒否反応を示してくれるので、後々に面倒なトラブルに巻き込まれることも少ないです。

 

但し、クラブではお酒を飲んで楽しんでいる人が多いので、喧嘩などのトラブルに巻き込まれるリスクがあります。

 

また、厚生労働省研究班が2014年に公開した調査結果によると、東京都内で開催された4回のクラブイベントにおいて、16歳以上の男女307人の回答より、ドラッグ使用経験があると答えたのは75人で全体の24.4%も存在していました。

 

よって、確率こそ少ないですがドラッグに関するトラブルに巻き込まれる可能性もあることを覚えておきましょう。

 

 

ハプニングバーに行く

 

セックスしたい

 

ハプニングバーとは、さまざまな性的嗜好の男女が集まって、初対面での突発的なハプニングを楽しむ場所となります。

 

都心部には意外と多くのハプニングバーがあって、ここで出会った女性とセックスを楽しむことができます。

 

一人で訪問しても良いですし、同性同士や単独、カップルなど、20歳以上ならどんな人でも入店することができます。

 

ハプニングバーはホームページを公開していて、そこにイベント情報が記載されていることが多いです。

 

その内容で、どのようなスタンスのお店であるかをチェックすることで、よりセックスを行えるチャンスが広がります。

 

新規で行く場合、平均的に10,000円以上の費用がかかりますが、ハプニングバーに行けばほぼ100%セックスすると言っても過言ではありません。

 

ハプニングバーでは、ほとんどの人がセックスを目的に来ている女性が多く、よほどのことがない限り断られることはありません。

 

そもそも、女性側としてもセックスを目的としている方が多いので、ナンパやクラブを利用するよりも成功率が高いのです。

 

出会い系でセックスに持ち込む方法は?

 

セックスしたいと思っている時に、他にも利用したいジャンルとして出会い系があります。

 

かつてはテレクラなどの出会いの場がありましたが、最近では出会い系アプリやSNSなどを利用して出会うのが一般的です。

 

ここでは、出会い系を活用したセックスの方法について紹介します。

 

 

優良な出会い系サービスを見つける!

 

セックスしたい

 

最初にお断りしますが、出会い系と呼ばれるサービスの中には、悪徳なサービスも多々あります。

 

利用して女性とコンタクトが取れるようになって、これから距離を詰めていこうと思っていると無料利用期間が終わってメールを送るのにも料金を支払わなければならないというケースもあります。

 

また、サクラと呼ばれる業者がいて、出会う気がないのにお金ばかり使わされてしまうという問題もあります。

 

他にも、うまく実際に会うところまで持ち込んで、実際に会った女性に騙されてお金を取られるなどのトラブルも存在しています。

 

よって、如何に優良な出会い系サービスを見つけるかが重要です。

 

Google PlayやAppleが公開しているアプリは、審査があってどんなアプリでも登録できるわけではあります。

 

逆に言えば、公開されているということは審査を通過した優良アプリと思いがちですが、実は出会い系アプリとしては細部までチェックしていないのが実情で、公開されているアプリの中でも悪徳なものが存在しています。

 

また、アプリのユーザー評価を参考にされている方も多いですが、このレビューはあてにならないことが多いです。

 

おすすめのサービスとしては、ハッピーメールやワクワクメール、イククル、PCMAXなどがあります。

 

 

即デリ業者を利用すると手軽にセックスできる

 

セックスしたい

 

出会い系サービスでは、大半でアダルト掲示板と呼ばれるものがあります。

 

アダルト掲示板には、多くのジャンルのスレッドが立っており、そのテーマに応じたユーザーが書き込みしています。

 

そこで、その他掲示板であったりヒミツ掲示板のようなスレッドがあります。

 

そこで、欲求不満や性的な悩みを打ち明けている人がいるのですが、実はこの多くが援デリと言っていいです。

 

援デリとは、モグリのデリバリーヘルスサービスであり、かなりいかがわしいサービスです。

 

ただ、援デリと金で会うことで簡単にセックスすることが可能です。

 

但し、キスやフェラチオもなくて、ただセックスして終わりという事が多いです。

 

よって、ちょんの間よりも淡白なセックスとなることが多く、ムードを楽しみたい方にとってはおすすめできません。

 

また、悪徳業者という場合もあって、セックスできずにお金だけ取られてしまうというリスクもあります。

 

 

割り切り女性とセックスする

 

セックスしたい

 

女性の一般人素人の中には、出会い系でお金だけでつながる割り切りの関係でセックスしたいという方も多くいます。

 

他にも、大人のお付き合いやサポート、パパ活など同じような意味で利用されることの多い割り切り女性は、セックスするには狙い目です。

 

割り切り希望の女性は、プロフィールなどにダイレクトに「割り切り希望」と書くことは稀です。

 

逆に、そのようなプロフィールを記載している場合は業者である場合が多いので注意しましょう。

 

出会い系で割り切り女性と出会いたいなら、アダルト掲示板にコメントを書き込んで連絡を待つのが得策です。

 

書き込む際に絶対に注意すべきは、金額を提示するという点です。

 

これによって、アカウント凍結などの処分を受けてしまう可能性があります。

 

実際にサイト内で女性とメッセージをやり取りしてある程度仲良くなることで、意気投合してセックスまで持ち込めるチャンスがあります。

 

 

純粋な出会いを求めている女性とセックスする

 

セックスしたい

 

割り切り女性の場合は、ある程度女性側としてもセックスを望んでいる場合が多いのですが、ピュアな出会いを望む女性もテクニック次第ではセックスに持ち込めます。

 

まずは、出会い系サービスのプロフィールを見て、ピュア女子を探し出します。

 

業者と思われるプロフィールは、いくつか見ていると見分けがつくようになりますので、業者を避けてアプローチします。

 

また、女性の日記を見ることで普通の人であると判断することもできますよ。

 

但し、出会い系の公式アプリの場合は日記の機能が削られていることが多いので、ウェブ版でチェックすることをおすすめします。

 

プロフィール検索や日記を使うと同時に、ピュア系の掲示板に書き込んだり、こちらからメール攻めする作戦も有効的です。

 

普通に仲良くなることで、意外と簡単にただの食事などのデートであれば行うことができます。

 

その後、自分の魅力をアピールすることができれば自然とセックスに持ち込むこともできます。

 

ただ、すぐにセックスまで持ち込むのは非常に難しく、ある程度の時間が必要になります。

 

まとめ

 

すぐにセックスしたいとなった場合、お金さえあれば風俗店で行うことができます。

 

他にも、クラブやハプニングバー、そして出会い系サービスの利用でも出会ってセックスすることができます。

 

それぞれにメリットとデメリットがあるので、しっかりと把握した上でセックスを楽しみましょう。