SEXテクニック

ドライオーガズムとは? 究極の快楽を経験する方法とコツを紹介します

ドライオーガズム

「ドライオーガズムって何?」

 

「ドライオーガズムに達するにはどうすればいいの?」

 

「危険なのでは?」

 

興味はあるけどわからないことが多いし、不安もあって、ドライオーガズム開発に踏み出せない人は多いのではないでしょうか。

 

ドライオーガズムは一度経験すると、世界が変わります。

 

究極の快感、至上の快楽と評する人もいるほどです。

 

そんなドライオーガズムについて、詳しく説明します。

 

そもそもドライオーガズムって何?

 

ドライオーガズム

 

ドライオーガズムという言葉は有名ですが、その定義とドライがどんな状態を指しているかを理解できていない人もいるのではないでしょうか。

 

ドライオーガズムについて詳しく語る前に、ドライオーガズムの基本について説明します。

 

 

ドライオーガズムの定義と状態

 

ドライオーガズムの定義は、射精を伴わずにイクことです。

 

射精するのはウェットオーガズムと言うことがあります。

 

射精をしないからドライ、オーガズムは絶頂という意味があり、その二つをかけ合わせた言葉だということですね。

 

ドライオーガズムに達するには、前立腺や乳首を開発し、そこを刺激することが必要です。

 

ペニスに触れずにドライオーガズムに達するのが、スタンダードとされています。

 

ちなみに、ペニスに触れずに射精することをトコロテンと言ったりしますね。

 

そんなドライオーガズムに達すると、不思議な感覚に襲われます。

 

前立腺をスタート地点にして、体の奥深くからじんわりと快感が広がるんです。

 

徐々に広がった快感は浮遊感や痺れるような感覚になり、全身に行き渡っていきます。

 

やがて、全身を貫くほどの大きな快感に変わり、後はもう快感に身を預けるしかないような状態になるんです。

 

経験者によれば、その快感は射精の10倍以上なのだとか…。

 

さらに、ドライオーガズムによる快感は長時間持続します。

 

快感が落ち着いても、また第二波が来て、押しては返す波のように何度も何度も快感が得られるんです。

 

1時間以上持続することもあります。

 

そして、射精しないため賢者タイムに突入しません。

 

射精した後は虚脱感に包まれますが、ドライオーガズムの先にあるのは多幸感です。

 

そういうところが、ドライオーガズムが支持されている理由なんでしょうね。

 

 

メスイキとの違いは主にメンタルにある

 

ドライオーガズムと似た状態に、メスイキというものがあります。

 

この2つの違いは、非常に微妙なところにあるんです。

 

メスイキはドライオーガズムの一種であり、ドライの状態にさらに「女性のようにイク」という状態が加わったものなんですよ。

 

女性のようにというのは、主にメンタルを指しています。

 

女性のように甘えたような感じだったり、自分自身に眠る女性的な部分を解放するところに意義があるんです。

 

他にも単に女性のような仕草や声でイクことも、メスイキに含まれます。

 

ただ、メスイキの解釈は人それぞれです。

 

上記の解釈を述べる人もいれば、ドライオーガズムの別名にすぎないと述べる人もいます。

 

「ドライオーガズムやメスイキはこうだ!」と決めつけるのではなく、自分にとってのそれらを見つけ出す方が楽しいかもしれませんね。

 

ドライオーガズムは危険なの? 危険性について語ります

 

ドライオーガズム

 

ドライオーガズムについて調べていると、ドライオーガズムは危険だ、という話が出てきます。

 

ドライオーガズムに達する方法を知る前に、まずは危険性の有無について知っておきましょう。

 

 

普通のセックスができなくなる、という心配は不要

 

ドライオーガズムを経験すると普通のセックスやオナニーでは満足できないのでは、という不安を抱えている人もいるでしょう。

 

ただ、その心配はあまりありません。

 

ドライオーガズムと射精とは、まるで別物です。

 

射精は短時間かつピンポイントで高い快感を得、射精による開放感が得られるのが魅力。

 

それはドライオーガズムでは得られないもので、逆もまた然り…。

 

その2つの欲求が競合し、どちらか一方だけになるということはありません。

 

ドライオーガズムを楽しんでいる人でも、射精やセックスを楽しむ人は大勢います。

 

どうしても心配なら、ドライで満足した後に射精すると良いですよ。

 

 

メスイキに至らなければセクシャリティが変わることもない

 

ドライオーガズムに達するとセクシャリティが変わるのではないか、という意見をネット上で見ることがあります。

 

これは一概には言えません。

 

たとえば、元々同性愛の気質や素質のある人がアナル開発を行いドライオーガズムに達すると、「本物を挿れてみたい」という欲求が生まれ、そこからバイセクシャルやゲイになることもあります。

 

ただ、単にドライオーガズムを経験したことが原因で男性に性的興奮を覚えるようになったりはしません。

 

何か変化があるとしても…ニューハーフヘルスに行くとか、その程度です。

 

何も変化しない人のほうが多数派でしょう。

 

 

知識がない人の前立腺開発が一番危険!

 

ドライオーガズムの危険性は、知識がない人が開発するところにあります。

 

通常、お尻の穴は出すところであり挿れるところではありません。

 

ましてや刺激する場所では無いわけです。

 

挿れるとしても座薬程度のもの。

 

そこを弄り回すのですから、間違った方法で行えば危険性があるのは当然です。

 

たとえば傷がついて炎症したり、傷から大腸菌に感染して炎症したり、前立腺炎になったり…。

 

前立腺の炎症が精巣上体にまで行き届けば、精巣上体炎になることもありましょう。

 

そうはならなくても、刺激が強烈すぎて痺れ・失神などを引き起こすこともあります。

 

また、アナル開発のしすぎて肛門括約筋が緩み、穴がガバガバになり腸液やアレが垂れ流しになる危険性もよく指摘されていますね。

 

これはアナルを拡張しすぎたり長時間指やバイブで拡張されたりすると、起こることがあります。

 

肛門括約筋を鍛えつつ、アナルを弄る頻度を低くし、少しでも異常を感じたら辞めるようにしましょう。

 

結局のところ、正しい知識を身に着け、傷をつけないように配慮し、刺激が強くなりすぎないように調整していれば、問題はありません。

 

大事なのは「危険がある」ことを知っておき、意識することです。

 

ドライオーガズムに至る方法・手順を説明します

 

ドライオーガズム

 

ドライオーガズムの基本と危険性を知ったうえで、「やってみたい」と思うのなら開発してみましょう。

 

前立腺は最初は性感帯としては機能しないので、次の方法・手順で徐々に慣らしていきましょう。

 

 

まずは必要な道具・環境を準備しよう

 

まずは、必要な道具と環境を揃える必要ああります。

 

  • ゴム手袋、またはコンドーム
  • ローション
  • 浣腸液
  • シリンジ、またはガラス浣腸器
  • 使い捨てビデ
  • シャワーヘッド
  • ウォシュレット

 

アナルを弄るのなら、ゴム手袋またはコンドームが必須です。

 

どれだけ洗浄しても完全に清潔になるわけではありません。

 

大腸菌は存在します。

 

それに、そのまま指を挿れると傷がつく可能性があるため、保護のためにも必要です。

 

指サックでもありですね。

 

ローションはスムーズに、かつ傷つけずに指を挿入するために必須です。

 

問題の腸内洗浄ですが、方法はいくつかあります。

 

最も確実なのは、市販の浣腸液を使う方法です。

 

ドラッグストアや通販などで購入できます。

 

それをシリンジや浣腸器に入れてアナルに注入し、浣腸液と一緒に中身を出すんですよ。

 

それを繰り返し、中から出てくる液体が汚れなくなったら終わりです。

 

他にも、使い捨てのビデを使う方法もあります。

 

ビデは女性が膣を洗うためのものですが、それを浣腸にも使えるんです。

 

最初から精製水が入っているため、すぐに使えます。

 

使い捨てなので衛生面も完璧です。

 

その代わり、コストはそれなりにかかります。

 

さらにシャワーを使う場合もありますが、その場合は衛生面に考慮し、新たにシャワーヘッドを購入しましょう。

 

浣腸する度に付け替えて使います。

 

使い終わった後は洗って保管し、シャワーする用のシャワーヘッドに戻しましょう。

 

そして、ウォシュレットを使う方法もあります。

 

水圧を高めて、位置を調整し、力を抜けば水が入っていくんですよ。

 

最も金のかからない方法ではありますが、中から出た液体の確認をするのも難しいですし、水圧の調整も難しいのであまりオススメはしません。

 

また、浣腸した後はリラックスできる環境を用意しましょう。

 

力をしっかり抜かなければ、入るものも入りませんからね。

 

 

アナルを指でほぐそう

 

洗浄が終わったらゴム手袋またはコンドームを使い、アナルを指でほぐしましょう。

 

まずはアナルの周辺を指でなぞるようにマッサージし、慣れたらローションを使ってゆっくりとアナルに入れます。

 

挿れる指は慣れるまでは小指が良いですよ。

 

小指程度なら、結構すぐ入ります。

 

小指がすんなり根元まで入るようになれば、人差し指、次に中指です。

 

前立腺を弄るなら、中指が一番良いんですよ。

 

 

スムーズに入るようになったら前立腺を探そう

 

指がスムーズに入るようになったら、前立腺を探しましょう。

 

前立腺は一般的には、肛門から約5~10cmの間にあると言われています。

 

人によって異なりますが、中指や人差し指を第二関節くらいまで入れたところにあるというのが探すときの目安です。

 

ちなみに、最初は感度があまりないので、気持ちよさを感じたら前立腺だ、というのは間違いですよ。

 

手がかりは感度ではなく、指で触ったときの感触にあります。

 

触ったときに少しザラッとしているんです。

 

この感触はゴム手袋などをしているとわかりづらいかもしれませんが、明らかに周囲と違う感じがするので、わからないというほどではありません。

 

感覚を研ぎ澄まし、探しましょう。

 

見つけたら、呼吸を意識しながら触りましょう。

 

腹式呼吸を意識し、ゆっくりと息を吸い、ゆっくりと息を吐きます。

 

吸うときに肛門を締め、吐くときに緩めると良いですよ。

 

こうすることでリラックスしやすくなると同時に、前立腺で快感を得やすくなります。

 

また、触り方はソフトに撫でるイメージです。

 

 

エネマグラを使うのもアリ

 

前立腺をいじってドライオーガズムに達するには、エネマグラを使うのもアリです。

 

エネマグラは自然と前立腺に当たるように作られていますし、指を使うよりも楽ですよ。

 

ただ、指に比べると太いので慣れてからにしてください。

 

挿入した後は、10分くらいは動かさず呼吸法だけを々行いましょう。

 

道具がアナルに馴染んできたら締め付けつつ、動かしていきます。

 

次第に体が痙攣し、ドライオーガズムに達するようになりますよ。

 

前立腺開発ができる風俗・性感エステの特徴・探し方

 

ドライオーガズム

 

ドライオーガズムに達するための前立腺開発は自分で行うのも良いですが、M風俗や性感エステで行ってもらうのもオススメです。

 

そこで、安心して前立腺開発できる風俗・性感エステの特徴や探し方を紹介しましょう。

 

 

講習を行っているM性感・性感エステを探す

 

関東にも関西にも、M性感や性感エステはたくさんあります。

 

そういうところでは前立腺マッサージを行うケースが多いです。

 

基本料に入っていることもあれば、オプションになっていることもあります。

 

ただ、前立腺マッサージを行っていればどこでも安全だというわけではありません。

 

しっかりとした知識のない嬢が行うケースもあります。

 

より安全にドライオーガズムを開発するには、講習を行っている店を選ぶのが大切です。

 

こういう特殊なサービスを行う風俗店やエステ店では、講師を呼んで定期的に講習を行うことがあります。

 

もちろん、入店時にも講習を受けるんですが、それでは足りない部分や忘れてはいけない部分などを講習で伝えているんです。

 

店が講習を行っているかどうかは、店のホームページやブログに書かれていることが多いので、しっかりチェックしておきましょう。

 

 

ニューハーフヘルスを探す

 

M性感や性感エステに比べると少しアブノーマルになりますが、ニューハーフヘルスを探すのもアリです。

 

ニューハーフヘルスにいるのは、ニューハーフと男の娘ですよね。

 

彼女たちは自分自身がアナルで感じるように開発済みであるため、アナル開発の心得があります。

 

男の気持ちも感覚もしっかりわかるので、アナル開発・前立腺開発をしてドライオーガズムを体得するには、ぴったりなんです。

 

ニューハーフに抵抗がないのであれば、オススメですよ。

 

ドライオーガズムは難しいけど快感も大きい!

 

ドライオーガズム

 

ドライオーガズムに達するのは、大変です。

 

しっかり準備をしなければなりません。

 

毎回浣腸して洗浄し、汚さないようにし、傷をつけないように配慮するのは疲れます。

 

リスクも無いわけではありませんしね。

 

だけど、快感もまた大きいです。

 

ドライオーガズムを体験したいのなら、ゆっくりじっくり腰を据えて開発してみましょう。