SEXテクニック

女性を魅了する!セックスにおける電マのうまい使い方を伝授

電マ 使い方

セックスにおいて、自分の体だけではなかなか女性を満足させることができないとお嘆きの方は多いのではないでしょうか。

 

確かに、ペニスは体質や加齢などによって衰えてしまうものですので、アダルトグッズに頼りたくなるのもうなずけます。

 

アダルトグッズの中でも、最もメジャーなアイテムとして電マがありますが、本当に電マを使えば女性を満足させることができるのでしょうか?ここでは、セックスにおいて電マをどのように活用すれば良いのかについて解説します。

 

電マとは一体何?

 

電マ 使い方

 

まずはじめに、電マとは一体どのようなものなのかについて紹介します。

 

電マは、正式名称は電気マッサージ器のことを指します。

 

ハンディータイプの電動マッサージ器であり、本来は肩などに当ててほぐす目的で利用するものです。

 

ただ、強いバイブレーション機能があるために、それを違った目的で利用することも多々あり、その代表例がアダルトグッズとしての利用です。

 

性具としてはバイブレータと同様で、女性の陰部や性感帯に当てて振動により快感を得るものとして使用される傾向にあります。

 

通常は家電量販店で購入できるのですが、あまりに性的な利用者が多いこともあってアダルトグッズ専門店でも多く取り扱われています。

 

また、アダルトグッズに特化したより性的欲求を満たしてくれる電マもあります。

 

その場合、形状的にも明らかにアダルトグッズであることがわかるようなものとなっています。

 

電マの種類は?

 

電マ 使い方

 

電マと一概に言っても、形状に様々な違いがあります。

 

それは、マッサージする部位によって適切な形状を採用しているためです。

 

では、具体的にどのような形状の物があるのでしょうか?ここでは、電マの種類について詳しく説します。

 

スタンダードなくの字型

 

くの字型は、電マとしては最もスタンダードな形状です。

 

本来であれば肩たたき用として片手で持ってもう片方の方をマッサージするものなのですが、アダルトグッズで使用する場合でも、ちょうどくの字になっていて女性器に当てやすいというメリットがあります。

 

ただ、パワー的には若干弱めとなっているので、刺激を求めている方にとっては物足りなさを感じるのが事実です。

 

最も刺激が強いストレート型

 

ストレート型は、スティック状となっていてヘッド部にモーターが入っていて丸いゴムで覆われています。

 

その部分が激しく振動してマッサージできるのですが、その振動を生かして女性器に強い刺激を与えることが可能です。

 

また、形状自体がどこか男性器を連想させるものがあるのも特徴となっています。

 

通常、強弱などのパワー調整できるものが多いので、好みに応じて刺激を調節できるのも良いですね。

 

アダルトグッズに特化した特殊型

 

特殊型は、よりアダルトグッズとして特化させた形状のものとなります。

 

例えば、女性器の形状に沿ったデザインのものであったり、局地的により強いバイブレーションを発生させるものもあります。

 

電マの使い方を紹介

 

では、具体的にどのように電マを使って女性をイカせることができるのかについて詳しく解説します。

 

しっかりと順序を守って行うことで、より女性に強いエクスタシーを感じさせることができますよ。

 

まずは前戯をしっかり行う

 

電マ 使い方

 

電マを使用することに限った話ではありませんが、電マで責める前にしっかりと前戯を行いましょう。

 

特別なことをする必要は一切なく、スタンダードにキスからスタートして徐々に胸などを刺激していきます。

 

そして、ある程度興奮し始めたら下着を脱がさずに膣周りを触って刺激を与えていきます。

 

女性器周辺をマッサージするように刺激する

 

電マ 使い方

 

前戯で下半身周りまで進行したら、実際に電マを使用して刺激していきますが、いきなり核心を突くのではなく最初は太ももやお尻周辺をマッサージしていきます。

 

これによって、焦らされているような感触を与えて、女性側もよりテンションが上ります。

 

また、マッサージすることでより本番で良いパフォーマンスを発揮する事ができます。

 

いわばストレッチのような効果を発揮できるわけです。

 

ある程度女性器周囲をマッサージしたら、徐々に女性器に向けて電マを当てていきます。

 

最初は下着越しでパワーを下げて行う

 

電マ 使い方

 

実際に電マを女性器で使用する際には、まずは下着越しで行いましょう。

 

また、電マはいきなりMAXのパワーで使用すると刺激が強すぎてくすぐったいような感触があります。

 

また、人によっては痛みを感じる可能性もあるので、最初は最もパワーを落として行いましょう。

 

特に、ラブホテルに備え付けの電マの場合は、パワーが強くてしかもパワーマックスになっている場合が多いので、十分注意してください。

 

最初は当たるか当たらないかの微妙なタッチで、ゆっくりとなぞるようにして刺激を与えていきましょう。

 

下着越しでも刺激が強すぎて痛いと感じる方もいるので、その場合はタオルなどを噛ませた上でソフトに行うことをおすすめします。

 

より感じるスポットを見つける

 

電マ 使い方

 

電マを使って、女性器周りをじっくりと責めていくことになりますが、重要なのはある程度反応を見ながら行うという点です。

 

特に感じやすいポイントとしてはクリトリス周りがありますが、反応を見ながら物足りなさそうであればパワーを強めてより重点的に責めましょう。

 

逆に、痛がっているようであればパワーを弱めるなどの配慮も重要です。

 

クリトリスに当てていれば、いつかはオーガズムを迎えることができますが、その女性固有の気持ちいいスポットが必ずあります。

 

反応を見ながら、より感じやすい場所があればしつこく責めましょう。

 

ワンパターンにならないように、強さだけでなく角度などを調整することもおすすめっす。

 

焦らすのも有効的

 

人間は、ワンパターンな刺激を一方的に受けてもマンネリ化するものです。

 

電マを一度スイッチを入れるとずっと付けっぱなしで単調なプレイをしがちですが、あえて一度スイッチを切ってみるのもおすすめです。

 

人間は何かをするとなった時に、一つ一つの作業をひとまとめに考えてしまいがちです。

 

セックスにおいても、キスの時間、愛撫の時間、挿入の時間、そしてフィニッシュというルーティンを大事にする人がいます。

 

何もセックスには正解がないのに、それが当たり前と思って行いがちなのですが、合間合間にじらすというのも非常に有効的です。

 

電マを当て始めて感じさせられると、女性はもっと強い刺激を!という気分になります。

 

もちろんイクまで強く当てるのも悪くないのですが、あえて一度立ち止まっていいところで振動を止めるのも有効的です。

 

つまり「え、ここで止めるの」と思わせるんですね。

 

このときなるべく意地悪な雰囲気を出すのも重要。

 

あくまで疲れて止めたんじゃなく、意地悪で止めたと感じさせましょう。

 

そして彼女が自分から欲しがったら再開してあげてください。

 

そうすれば、女性側は快感の良さも感じられて、深い悦楽に沈みます。

 

体位も変化させてみる

 

電マ 使い方

 

電マで最も気をつけたいのがワンパターン化です。

 

通常は仰向けで正常位に似たスタイルで行うのですが、女性を立たせて行うというのも重要です。

 

男性でも、オナニーで足を伸ばしてやると気持ちいいものですが、女性も足を伸ばした状態で行うことで、快感度合いがアップするのです。

 

また、四つん這いなどの卑猥な格好で刺激を与えるのも有効的です。

 

特に、バックが大好きな女性にとっては最高の体位となりますよ。

 

挿入しながら電マを使うのも有効的で

 

電マ 使い方

 

通常、電マは前戯で使用するのが一般的ですが、応用編として正常位で挿入しながら電マを使うというのも有効的です。

 

乳首周りに電マを与えると気持ちいいものですし、またクリトリスに電マを当てると中イキさせやすくなります。

 

かなり強い刺激ですので、男性側も膣の伸縮でより気持ちいセックスができるという効果もあります。

 

スタンディングでの電マも最高

 

電マ 使い方

 

マンネリ化しないで刺激を与える事ができる方法として、立ったままの電マプレイです。

 

略して立電とも呼ばれていますが、これがかなり快感を与えることができます。

 

立っている状態の女性に電マを当てるのは、実は危険性はあるのでやるときは必ず支えるようにしてください。

 

立った状態での電マの場合、肉体的だけでなく非日常感があってそれが精神的な刺激となって余計に強烈な快感を呼ぶ傾向にあります。

 

この後どうなっちゃうの?と思わせることができるので、これは一度ハマると抜け出せなくなる傾向にあります。

 

女性を支えながら電マを当てるのは、男性側にも負担がかかりますが、激しい刺激に悶える女性を見て自分自身も興奮すること間違いありません。

 

ディルドとの組み合わせも有効的!

 

電マ 使い方

 

電マとディルドの組み合わせによるプレイもおすすめです。

 

実は、この2つのアダルトグッズは、お互いの弱点を補いつつ高い相乗効果を得ることができるのです。

 

電マの場合、大きすぎて膣には挿入できない点が弱点です。

 

これもあって、膣内で感じさせられることができずに、女性にとってネックとなるのです。

 

女性の場合、中イキ派とクリイキ派にブルン類されるのですが、中イキ派にとってこれは死活問題となります。

 

それを解決するのがディルドとなります。

 

ディルドの弱点としては、いまいち刺激が足りない点があります。

 

振動するタイプ増えてきていますが、刺激としては弱いのが実情です。

 

そこで、電マとディルドを組み合わせることで、クリトリスと膣内の同時責めが可能となります。

 

また、膣内に挿入したディルドに当てることで振動を倍増させることもできます。

 

激しい振動がダメな女性の場合は、感じるより痛みが走りますが強い刺激が欲しい女性には大満足されること間違いありません。

 

強烈な快感が振動と一緒に何度も訪れる、非日常的なプレイを楽しめます。

 

あえて女性に電マを使わせる!

 

電マ 使い方

 

女性のことをいくらし尽くしていたとしても、実際にどこが気持ちいのかは本人の方がよく分かっているものです。

 

よって、女性自身に電マを当てさせるプレイもおすすめです。

 

これによって、女性のメンタルが変化する傾向にあります。

 

男性側がペニスを挿入して電マを組み合わせて刺激したとしても、女性はやられている印象しか受けないものです。

 

それでも十分に感じるのは間違いありませんが、女性が心の底からエロい気分になってるかというと、必ずしもそうとは言い切れません。

 

女性は共感の生き物として知られていて、セックスで強く感じるには女性自身がよりスケベな気分になるのが一番です。

 

そこで、電マをあえて女性自身で使わせことによって、女性は自分の意思でエロいことをしている気分になってどんどん気持ちが昂ぶります。

 

気持ちが昂ぶれば昂ぶるほど、エロい行為による感度が上昇します。

 

すると、普通のピストンであってもより気持ち良く感じるようになります。

 

しかも、電マの操作は女性自身で行っているので、丁度自分が気持ちいい振動に調整することが可能です。

 

お互いにセックスをより気持ち良くしようと高め合うことによって、心の底から感じるだけでなく想い出に残るセックスになります。

 

意表を付いた電マプレイもおすすめ

 

電マ 使い方

 

ここまでは、前戯などで電マを使うことをおすすめしてきましたが、サプライズ的に電マを使うものおすすめです。

 

代表的な方法としては、普通に前戯から挿入して、途中で電マを挟むプレイです。

 

これによって、意表を突かれて女性としてはぐっと興奮させることができます。

 

他にも、目隠しして電マで責めるというのも有効的です。

 

目隠しして視覚を奪うだけで、女性の神経が研ぎ澄まされて感度が倍増す傾向にあります。

 

そこに、電マは振動音がするのでスイッチが入った瞬間、いつ股間に当てられるんだろうとワクワク感があって、より感じさせることができます。

 

まとめ

 

電マは、本来はマッサージで使用するものですが、アダルトグッズとしても大人気です。

 

うまく使うことでより女性を満足させることができる反面、刺激に慣れてしまうと逆効果にもなりかねないので注意しながら活用しましょう。