出会い系テクニック

【出会い系メール攻略法】女性と出会うためのテッパン・メールテクニック集

出会い系 メール

 

出会い系で女性と会うのに最も大切なのが、メールです。

 

LINEなどを交換するまで、または会うまでは、メールでしかやり取りできませんからね。

 

メールひとつであなたの人格などを見抜き、女性はあなたと会うかどうかを判断します。

 

メールで失敗してしまうと、出会えません。

 

そこで、女性と会うために知っておくべき「出会い系におけるメールテクニック」を紹介します!

 

出会い系におけるNGなメールの送り方

 

出会い系 メール

 

出会い系のメールのテクニックを紹介する前に、まずは「どんなメールがNGなのか」を見ていきましょう。

 

どれだけテクニックを駆使しても、NGメールを送ってしまえば即アウトですからね。

 

タメ口は基本NG

 

出会い系のメールにおいて、タメ口は基本的にNGです。

 

ナンパしてLINEをゲットして初メッセージという場合とは違って、出会い系においては正真正銘初対面ですからね。

 

女性からしてみれば、ネット上でどこの誰とも知らない人からメールが送られてくるわけです。

 

そんなメールがタメ口だったら、メールを返そうとは思わないでしょう。

 

長文はNG

 

出会い系のメールにおいて、長文はNGです。

 

長文は、読むのが面倒なんですよ。

 

特に若い女性は、長文に慣れていません。

 

学生時代からLINEやツイッター、インスタのメッセージに慣れています。

 

それらはメールというより、チャットに近いサービスです。

 

LINE等で長文を送るときは分割して送る人が多く、一度に長文が送られてくるのには慣れていません。

 

ポイントを節約したいかもしれませんが、長文は避けましょう。

 

連続メールはNG

 

LINEだと長文にしたいところを短文を分割し、連続で送ることがあります。

 

ただ、それは仲が良いから許されていることです。

 

仲良くもない人から連続でメッセージの受信通知があれば、鬱陶しいだけなんですよ。

 

それに、自分のことばかり考えているように思えてしまいます。

 

出会い系においては連続メールはNGです。

 

ネガティブメールはNG

 

ネガティブな内容の文章を送るのはやめましょう。

 

褒められたときに自分を卑下したり、職場の愚痴を言ったり…。

 

そういうネガティブなメールを送ってしまうと、相手はあなたのことを「愚痴っぽい」「つまらない」「頼りない」と感じます。

 

女性は男性に愚痴られると嬉しいという意見もネット上にはありますが、それは女性に男性への好意がある場合に限られるんです。

 

通常、ネガティブメールはマイナスイメージしか与えません。

 

下ネタNG

 

女性にも下ネタ好きな人は大勢います。

 

ただ、出会い系のメールで下ネタを送るのはNGなんです。

 

女性の下ネタ好きは「男性から聞くのが好き」なわけではなく、「仲良くない人とするのが好き」というわけでもありません。

 

仲の良い友人関係なら下ネタを言うのも聞くのも好きだけど、仲良くない人からのそれは不快だと感じる人が多いんですよ。

 

それに、出会い系の男性が下ネタを言うと、女性は「下心がある」「ヤリ目」と判断して警戒します。

 

下ネタは基本的にNGですよ。

 

下ネタは、女性から話してきたときに乗っかるくらいがちょうどいいです。

 

唐突な自慢話はNG

 

全ての自慢話がNGなわけではありません。

 

唐突な自慢話がNGなんです。

 

そもそも、女性は男性の自慢話にあまり興味がありません。

 

「昔やんちゃしてた」とか「たくさんの女性と付き合った」とか「高い時計を持っている」とか…。

 

そういう自慢は男性同士にしか通用しないものです。

 

それを唐突に話してくる人間は、ただ自分の話がしたいだけの人にしか思えません。

 

ただ、自然な流れでする自慢話はOKです。

 

たとえば、「食事好きなんですね! いろいろなお店知ってそう!」と女性が言ってきた場合。

 

この場合は、相手が聞いてきた範囲であれば自慢話もOKです。

 

聞いてないことまでべらべら喋ったり、「自慢じゃないけど」と枕詞をつけたりするのはやめましょう。

 

嫌味に感じてしまいますからね。

 

出会い系のファーストメールの送り方

 

出会い系 メール

 

出会い系のメールで一番大事なのは、最初の一通です。

 

ファーストメールで失敗してしまうと、返信すら来ませんから。

 

そんなファーストメールで失敗しないために、送り方のポイントを4つ紹介します。

 

挨拶を入れて丁寧に

 

必ず、最初に挨拶を入れてください。

 

「こんにちは」でも「こんばんは」でも構いません。

 

「どもどもー」などの、軽い印象にならないような挨拶であれば、なんでも良いです。

 

そして、丁寧に自己紹介をはじめましょう。

 

自己紹介は長すぎず短すぎずがポイントです。

 

文字数はだいたい250文字を目安にしましょう。

 

なぜ相手にメールしたのかを伝えて特別感を出す

 

最初のメールに、メールをした理由を入れましょう。

 

出会い系には大勢の女性がいますよね。

 

掲示板にも、日記にも、つぶやきにも、大勢の女性が表示されます。

 

その中でメールする相手を選んだ理由があるでしょう。

 

下ネタにならないなら、なるべく正直に思ったことを伝えてください。

 

理由を付けて送れば、あなたが相手に特別感を抱いていることを伝えることができます。

 

この「特別感」が人間関係を進展させるには大事なんです。

 

返報性の原理」という法則が、心理学にはあります。

 

これは「人から受けた気持ちや行動を相手にも返したくなる」という原理です。

 

特別感を伝えれば、相手も無意識のうちにあなたを特別視する可能性が高いんですよ。

 

相手が知りたい情報を盛り込む

 

最初のメールには、相手が知りたい情報を盛り込みましょう。

 

特に援交目的の女性にメールを送る場合は、情報が大切です。

 

援交目的の女性が知りたいのは「予算は何円までか、どこで会いたいのか、会って即ホテルか食事をはさみたいのかどうか」などの情報。

 

これを最初のメールに盛り込んでおけば、女性の手間を省けます。

 

また、相手が知りたい情報が最初から提示されていれば、女性は「自分に合う人か」を見極めやすくなるんです。

 

合うと判断すればメールを返してくれますし、合わないと判断されれば返してくれないでしょう。

 

「合う合わない」がハッキリわかるので、互いに手間を節約できますよ。

 

最後は質問で締める

 

最初のメールは、返答しやすくすることが大切です。

 

最後は質問で締めくくりましょう。

 

質問があれば、相手はメールの内容を考える手間をかけることなく、返信できます。

 

返信内容が質問によって決まりますからね。

 

そして、男性側にも「話題を誘導できる」メリットがあるんです。

 

質問されれば、普通はそれに答えます。

 

自己紹介した後にその質問に答えてくれる。

 

その後はその質問の返答に関する話題をすれば、話題を自分でコントロールできますし、メールを続けやすくもなるんですよ。

 

2通目以降もメールを続けていくためのポイント

 

出会い系 メール

 

ファーストメールで好感触を得た! だけどまだ安心してはいけません。

 

2通目以降もメールを続けていくのも、また難しいんです。

 

これから語る2通目以降のメールのポイント5点を踏まえ、メールを続けましょう。

 

2通目は必ずお礼から入ろう

 

ファーストメールの返信が来て、あなたから送る2通目…。

 

ここには必ずお礼を添えましょう。

 

「返信ありがとうございます!」と、一言でOKです。

 

出会い系はメールが当たり前に返ってくる場所ではありません。

 

その特別な行為に感謝の意を表すことで、あなたの礼儀正しさと誠実さをアピールすることができます。

 

人の行為を当たり前だと考えている男性は、女性からの評価が低いですからね。

 

「付き合いたくない男性」に「店員への態度が横柄」という項目が入ることが多いのが、その証拠です。

 

お礼は大事。

 

メールの頻度と文章量は相手に合わせる

 

メールの頻度と文章量は、相手に合わせましょう。

 

心理学において、人間には「ミラーリング効果」と呼ばれる心理効果があると考えられています。

 

これは、好意を持っている相手の仕草などを無意識に真似してしまう現象のこと。

 

関係が親密になればなるほど、ミラーリングも強くなると言われているんです。

 

恋人同士が似てくる原因のひとつですね。

 

さらに、相手の行動に合わせた行動を取ることで、相手に親近感と信頼感を与えることができるとも言われているんです。

 

そのため、出会い系のメールの頻度(間隔)と文章量は、相手に合わせたほうが良いんですよ。

 

1回のメールにつき質問は一つまで

 

ファーストメールのポイントで「質問の大切さ」を語りましたが、質問しまくれば良いというわけでもありません。

 

基本的に、1回のメールにつき質問は一つまでにしましょう。

 

あなたも、一度に何個も質問されると困りませんか? どれから答えたらいいのかわかりませんし、質問攻めされるとなんだか怖いですし…。

 

また、メールは回数が大事です。

 

回数が多くなればなるほど、相手はあなたに親近感を抱きやすいんですよ。

 

現実世界でも、「1回に何時間も会うけど頻度は低い人」よりも「1回の時間は短いけど頻度が高い人」のほうが信頼されやすい傾向があります。

 

これは心理学で言うところの「単純接触効果」です。

 

会う回数、メールの回数など「単純接触」の回数が多ければ多いほど好感を抱きやすくなるという効果…。

 

だから、一度に長文を送ったりたくさん質問したりするより、小分けにするほうが良いんですよ。

 

1メール1質問を心がけましょう。

 

写真をうまく使って興味をひく

 

これはある程度親しくなってからの話ですが、写真を使うとより話が盛り上がります。

 

特に相手と共通の趣味に関する写真は効果的です。

 

食べ歩きが趣味なら、人気店や有名店に行ったときに撮った写真を送るのが良いでしょう。

 

旅行が趣味なら、あなたが旅行したときに撮った写真を送るのが良いですよ。

 

写真は情報量が多く、相手にさまざまなことをイメージさせやすいです。

 

そのため、相手は文章だけよりも写真があるメールのほうが、興味を持ちます。

 

ただし、親しくなる前に写真をたくさん送ると、「なんでこんなに送ってくるの?」と相手は怖がってしまうので逆効果なので気をつけましょう。

 

話題に困ったときに効果的な4つの質問

 

出会い系 メール

 

メールを続けていくと、話題に困ることがありますよね。

 

出会い系のメールでは、プロフィールの内容を掘り下げる質問をするのが効果的です。

 

浅い質問だと「プロフィール見りゃわかる」と思われ逆効果なので、「掘り下げる」ことに重点を置きましょう。

 

ポイントは「相手に喋らせること」です。

 

人は自分の話がしたいものですから。

 

そんな「深堀りに役立つ話題」をそれぞれ簡単に紹介しましょう。

 

趣味の話を振る

 

趣味の話は、相手に喋らせやすいです。

 

よくオタクは趣味の話になると饒舌になると言いますが、オタクじゃなくても趣味の話には饒舌になる人が多いんですよ。

 

好きな物事に関してはたくさんの情報を持っている人が多いので、その情報を伝えようとして饒舌になるんです。

 

そのため、相手の趣味の話題を振ると効果的。

 

地元の話を振る

 

地元の話を振ると、相手が勝手に自分の話を喋ってくれるようになります。

 

地元には、たくさんの情報が紐付けされていますからね。

 

友達との思い出、家族との思い出、地元の観光地や名産の知識…。

 

地元の話を振るということは、間接的にこれらの話題を振るということです。

 

直球に聞けば警戒されてしまうようなことでも、地元の話として聞けば警戒されにくく、相手から話してくれます。

 

しかも、地元が好きだという人は案外多いです。

 

好きな物事の話題にもなるため、より饒舌になります。

 

話を盛り上げながら情報も得られるので、出会い系のメールにおいてはとても効果的ですよ。

 

食べ物の話を振る

 

無難で人がとっつきやすいトークネタには、「衣食住」があります。

 

地元の話は「住」に近いですね。

 

これらは身近なので自分の中に溜め込んでいる情報量が多く、しかも人に話しやすいんです。

 

質問したとしても全く不自然ではありませんし、警戒されることもありません。

 

「食」は、特に話題にしやすいんです。

 

食べるのが嫌いだという人はほとんどいませんし、人によって食の好みは千差万別ですからね。

 

それに、食に紐付けされている思い出もたくさんあるでしょう。

 

食について聞くことで、相手の思い出語りを聞くことができます。

 

そこを深堀りしていけば、相手のことがよくわかりますよ。

 

流行りネタの話を振る

 

流行りに関する話題は、出会い系のメールにおいて非常に有効です。

 

流行のものは話題性が高く、盛り上がりやすいんですよ。

 

流行に敏感な女性なら、流行りの話題に喜んで飛びつきます。

 

そして、「自分も試してみたんです!」と、女性が自然と自分の話をしてくれるんです。

 

その話に適度に相槌を打って質問をしていけば、相手は気持ちよく自分の話ができます。

 

気持ちよく話すことができれば、あなたとのメールが楽しくなるでしょう。

 

また、流行りネタは会う口実にもしやすいです。

 

「あの店が流行ってるけど、よかったら一緒に行かない?」など、自然に誘えます。

 

出会い系のメールを攻略して、女性も攻略しよう!

 

出会い系 メール

 

出会い系においては、メールが全てです。

 

リアルと違って相手と対面して話すわけでもなく、声でやり取りをするわけでもありません。

 

相手のことを判断する情報は、プロフィールとメールくらいでしか得られないんです。

 

そのため、メールひとつで相手が抱くあなたの印象がガラリと変わります。

 

出会い系のメールを攻略することは、女性を攻略することと同じです。

 

出会い系のメールテクニックを駆使して、女性との出会いを楽しみましょう!