風俗店

幻の国は風俗大国!? カンボジアの風俗情報を徹底紹介します

カンボジア 風俗

 

日本人的にはあまり馴染みがない国、カンボジア。

 

旅人の間では、昔は幻の国だと言われていました。

 

半ば無法地帯のような国で好きに稼ごうとする人、ビジネスマン、そして買春を求める男。

 

彼らにとっての「幻の国」だったんでしょうね。

 

かつての幻の国・カンボジアは、実は風俗大国という一面も持っているんです。

 

そんなカンボジアの風俗情報を徹底的に紹介しましょう。

 

カンボジアの風俗の基本情報まとめ

 

カンボジア 風俗

 

カンボジアには風俗がたくさんあります。

 

日本人からするとあまりイメージがつきにくい国ですが、観光も夜遊びも楽しいんです。

 

だけど初心者は右も左もわかりませんよね。

 

そこで、カンボジアの風俗の「基本」について説明しましょう。

 

 

カンボジアで風俗遊びができるエリア

 

カンボジアで風俗店や飲み屋などが集まっているのは、首都プノンペンです。

 

特にリバーサイドエリアに、風俗店が密集しています。

 

街の川沿いにバービアがたくさん並んでいるんです。

 

日本の納涼床のようですね。

 

リバーサイドのエリア一帯には飲食店も飲み屋も多く、風俗以外でも「遊びたい」と思っている人が大勢集まります。

 

さらに観光地としても有名なので、とにかく人が多いです。

 

タクシーの運転手も「はいはいリバーサイドね」と、かなり慣れています。

 

プノンペンは日本人から見て治安が良いわけではありませんが、リバーサイドは比較的安心して遊べる場所ですよ。

 

 

カンボジアの風俗の魅力

 

カンボジアの風俗の魅力は、なんと言っても種類が豊富なところです。

 

詳しくは後ほど紹介しますが、バービアにマッサージパーラーに、KTVに置屋にナイトクラブに…。

 

本当に遊べるところがたくさんあるんです。

 

しかも、東莞(とうかん)式サウナまであります。

 

サウナは基本的に普通にサウナに入ってマッサージを受ける場所ですが、マッサージをする女の子と交渉して抜いてもらうことも可能です。

 

普通にセックスできる場合もあります。

 

2020年現在はかなり潰れてしまったらしいですが、タクシー運転手に聞けば数少なくなった東莞式サウナにも行けますよ。

 

とにかく、カンボジアは夜遊びに困ることがない国です。

 

さらに、人種も豊富なんですよ。

 

カンボジア人、ベトナム人、中国人とそれぞれのハーフの人がいます。

 

浅黒い肌、白い肌、薄い顔、濃い顔、さまざまなタイプの美女と遊べるんですよ。

 

流石に、白人や黒人はいませんけどね。

 

アジア系なら一通りお相手できると言っても過言ではないでしょう。

 

 

カンボジアの風俗の料金相場

 

カンボジアの風俗は、最低50ドルは予算を考えておく必要があります。

 

約5,500円ですね。

 

ルックスが良い子だと100ドルから200ドル(約1万1,000円から2万2,000円)と言われることもありますし、多めに予算を考えておくに越したことはありません。

 

それでも、全体的に日本よりも相場は低いです。

 

カンボジアは東南アジア諸国の中でも、物価がかなり低い方なんですよ。

 

風俗は物価と比べたらすごく高いんですけどね。

 

女工の給料が100~200ドルだと言われているのに、風俗は高いところだと100ドル以上しますからね。

 

50ドルでも、現地の人からすると大金です。

 

 

カンボジアの風俗は合法か違法か

 

カンボジアは日本人からすると無法地帯のような雰囲気があります。

 

葉っぱ、偽ブランドの市場など違法なものが当たり前のように存在しています。

 

そんな国にいると、何が違法なのかわからなくなりがちです。

 

売春はというと、それ自体は違法ではありません。

 

客引きをして売春の誘いをするのは違法です。

 

売春婦も路上で立ちんぼをすると違法になります。

 

さらに、管理売春は違法です。

 

つまり売春宿はアウトだけど、路上で誘わない限り個人売春はセーフということ。

 

妙なバランス感覚の法律ですよね。

 

そして、買春…つまり客側は規制されていません。

 

風俗店を利用してそれがバレても、捕まるのは店の経営者だけです。

 

カンボジアで主流な風俗のジャンルまとめ

 

カンボジア 風俗

 

カンボジアは売春宿の経営が違法なのに、さまざまな風俗店があります。

 

ほとんどは「バー」「マッサージ屋」「クラブ」などに擬態しているんですけどね。

 

そんなカンボジアで主流な風俗のジャンルを紹介しましょう。

 

 

バービア

 

バービアはガールズバーのように女の子と話しながら酒が飲める店です。

 

気に入った子がいれば、ホテルに連れ出してセックスできます。

 

カンボジアのバービアはビールが2ドル(約210円)程度で、レディースドリンクが3.5ドル(約370円)程度です。

 

日本のガールズバーも飲み放題1時間2,500円から3,000円と安い店が多いですが、カンボジアは比べ物にならないくらい安いですよね。

 

連れ出すときは店に支払うペイバーが10ドル(約1,100円)、女の子に渡すお金がショートなら50ドル(約5,500円)、ロングなら100ドル(約1万1,000円)が相場です。

 

女の子によっては、もう少し高くなりますけどね。

 

バービアは気軽に酒が飲めてセックスもできるのが魅力です。

 

カンボジアのバービアは女の子の平均レベルがあまり高くはありませんが、店と嬢の全体数が多いので、探せばたいていは好みの子が見つかります。

 

人気店なら若くて可愛い子も多いですしね。

 

 

マッサージパーラー

 

マッサージパーラーは、日本のソープランドに近い店です。

 

金魚鉢というひな壇に座っている女の子をガラス越しに眺めて、指名することができます。

 

指名したら女の子と一緒に部屋に行って、サービスを受けるだけです。

 

バービアは夜からしか開いていないことがほとんどですが、マッサージパーラーは昼から開いている店が多いので、昼に遊びたい人にはぴったりですよ。

 

女の子のレベルは店と時間帯によって変わりますが、バービアよりは総じて高めです。

 

しかも各店舗30人ほどは女の子が在籍しているので、選ぶのが楽しいですよ。

 

料金は部屋代が10ドル(約1,100円)程度で、サービス料が50ドルから200ドル(約5,500円から約2万1,000円)の間で前後します。

 

当たり前ですが、若くて可愛い子のほうが高いです。

 

 

KTV

 

KTVは、個室でイチャイチャしながら飲む店です。

 

カラオケもあります。

 

日本では馴染みがない形態ですが、アジア諸国ではメジャーな形態の風俗店です。

 

基本的にはイチャイチャしながら飲んで歌うだけなんですが、連れ出してセックスすることもできます。

 

たいていは女の子から誘ってくるので、交渉力が無くても問題ありません。

 

さらに、カンボジアのKTVは大衆店、中級店、高級店とランク分けされています。

 

ランクが高くなるにつれて、設備が良くなったり女の子の質が高くなったりするんですよ。

 

高級店は現地人向けと外国人向けとの2つに分かれており、観光客は外国人向けの高級店に行くのが一般的です。

 

そして、女の子の質はカンボジアの風俗だとNO1! 少し高くても良いから若くて可愛い子と遊びたいという人には、断然KTVがおすすめですよ。

 

料金は高級KTVだと1時間飲み放題で75ドル以上(約7,900円以上)です。

 

チップは女の子に10ドル(約1,100円)、ママさんに10ドル、ボーイに3ドル(約320円)が最低ラインとなります。

 

連れ出すときはショートで100~200ドル(約1万1,000円~約2万1,000円)、ロングで200~300ドル(約2万1,000円~約3万2,000円)が相場です。

 

 

東莞式サウナ

 

東莞式サウナは、本格的な風呂とサウナとマッサージを楽しめる場所です。

 

サウナ形式の風俗はヨーロッパにもありますが、全世界的に見ても珍しいんですよ。

 

日本のソープランドは建前だけは風呂ですが、本格的な浴場設備があるわけではありません。

 

カンボジアの東莞式サウナは、超本格的な浴場設備があります。

 

基本的には館内着でサウナに入り、裸で風呂に浸かって、追加料金を払ってマッサージを受けるだけです。

 

ただ、店の料金システムにセックスが含まれている場合もありますし、そうでなくともマッサージ中に女の子との交渉次第でセックスができる場合もあります。

 

本格的なスパを堪能しつつ、ゆっくりとセックスに向かうことができるんです。

 

店は少ないものの、おすすめですよ。

 

カンボジアでおすすめの風俗店

 

カンボジア 風俗

 

カンボジアの風俗初心者向けに、基本情報などをまとめてきました。

 

ここからは、カンボジアのおすすめ風俗店を3店舗紹介します。

 

どれも現地人・観光客ともに人気の店なので、是非体験してみてください。

 

 

バービア【One Zero Four Bar】

 

カンボジアのバービアは全体的に建物が少し古いんですよね。

 

特にトイレはお世辞にも綺麗とは言えず、内装もどこか年季を感じさせます。

 

One Zero Four Barは新しい店というわけではありませんが、内装が比較的綺麗です。

 

店に入ればママさんがノリノリで出迎えてくれて、女の子をすぐに連れてきてくれます。

 

女の子の愛想もノリもかなり良く、楽しませてくれますよ。

 

しかも、結構大胆なセクハラもできます。

 

キスやお触りくらいは、店内で普通にできるんです。

 

というか、ママさんが「キッス!」と煽ってきます。

 

何なんでしょうね、このママさんは…ありがたいですけど癖が強いです。

 

現地人にも観光客にも人気のある良い店ですよ。

 

カンボジア 風俗

 

https://goo.gl/maps/XL2AZLSfGmdFj5dC7

 

 

東莞式サウナ【ゴールドコースト】

 

東莞式サウナの有名&人気店、ゴールドコースト。

 

外観はホテルか官公庁かといった豪華かつ壮大な雰囲気になっています。

 

ゴールドコーストは24時間営業で、しかも24時間滞在可能です。

 

24時間滞在しても、マッサージを受けなければ10ドル(約1,100円)しかかかりません。

 

10ドルで風呂もサウナも入り放題で、ご飯だって食べ放題です。

 

ドリンクも飲み放題、映画も観られる! ご飯は時間が決められていて、朝食、昼食、夕食、夜食の計4回。

 

とにかく充実しています。

 

宿泊設備もしっかりしているので、ホテルを取らずにここを拠点にしても良いかもしれません。

 

受付で10ドル支払ってロッカーに荷物を入れ、館内着に着替えます。

 

あとは風呂に入っても良いし、サウナを堪能しても良いし、食事をしても良い。

 

スーパー銭湯のように楽しめますよ。

 

そして、マッサージです。

 

通常のマッサージは体をほぐしつつ、少し際どい部分も触るという感じ。

 

普通にエロいから勃起してしまいますが、基本的に抜きはありません。

 

交渉次第です。

 

ところが、ゴールドコーストにはスペシャルマッサージがあります。

 

つまり「セックスできる」マッサージです。

 

スペシャルマッサージ専用のフロアがあり、部屋に通されると対応可能な女の子がズラッと並べられます。

 

結構エロい衣装を着ていて、しかも美人揃いです。

 

最も女の子が多くて美人が揃うのが19時頃なので、19時頃にスペシャルマッサージをお願いすると良いでしょう。

 

料金は女の子によって変わりますが、可愛い子は200ドル程度するので、そのくらいで予算を考えておくことをおすすめします。

 

Google Mapはありませんでしたが、現地でタクシー運転手に聞けばすぐにわかりますよ。

 

 

マッサージパーラー【Soul Golden City】

 

Soul Golden Cityは所謂普通のマッサージパーラーです。

 

特筆すべき点はあまりありませんが、普通のマッサージパーラーとしてかなりクオリティが高いですよ。

 

店内も小奇麗ですし、女の子も若くて可愛い子が多いんです。

 

一応複合施設になっていて、KTVも併設されています。

 

KTVの方はサウンドシステムが好評で居心地が良く、しかも可愛い女の子が多いです。

 

マッサージパーラーに行くのも、KTVに行くのも両方おすすめですよ。

 

マッサージパーラーの料金は40~100ドル(約4,200円~1万1,000円)の間です。

 

カンボジア 風俗

 

https://goo.gl/maps/z2F7mT2NwNb1oNRz7

 

カンボジアの風俗は種類豊富で楽しみやすい!

 

カンボジア 風俗

 

カンボジアの風俗は眼を見張るほどの美女が多いわけではありませんが、街中でたまに遭遇するような可愛い子は多いです。

 

風俗店の種類も豊富で、人種もさまざまで、しかも店の数も女の子の人数も多い…。

 

風俗街を歩いているだけでも楽しいです。

 

カンボジアはとにかく、風俗遊びがしやすい国ですよ。