SEXテクニック

これで一安心!セックスする時にうまく勃起するテクニックを紹介

勃起

セックスする時に、ペニスが勃起していないと全く意味がありませんよね!

 

しっかりと前戯していざ挿入しようとしても、勃起していなければ挿入自体できない場合もあります。

 

ただ、自分の意思と反して勃起しないケースがあるのは事実です。

 

ここでは、うまく勃起するためのテクニックなどを紹介します。

 

勃起のメカニズムを知る

 

勃起

 

まずはじめに、勃起はどのようなメカニズムによって発生するのかについて紹介します。

 

ペニスには、左右一対の陰茎海綿体とその下に1本の尿道海綿体が通っています。

 

このうち、勃起に関係するのは陰茎海綿体の方となります。海綿体は細い糸のような血管が無数に集まったスポンジ状の形状をしています。

 

周りを分厚い白膜が覆っていて、勃起していない時には陰茎海綿体につながる血管や平滑筋は収縮した状態となって、血液が中に押し寄せることはできません。

 

主に毛細血管を通して、海綿体組織に栄養や酸素を運ぶだけなのです。

 

脳が刺激されると、体内では一酸化窒素が放出されると同時に海綿体の平滑筋も弛緩します。

 

この状態では、多量の血液を受け入れる準備が整います。

 

そして、一気に海綿体へと血が注入されて無数の糸のような血管に血液が流れ込んで血液の圧力によって、海綿体は硬くなって勃起するのです。

 

簡単に言えば、風船に空気を入れて膨らむようにペニ中の海綿体に血液が注入されることによって勃起するのです。

 

勃起を阻害する要因を知る

 

セックスでしっかりと勃起するためには、勃起を阻害する要因を知っておき、ソレに対して対処することが重要です。

 

主に勃起に起因するものと身体的要因と心理的要因があります。

 

 

身体的要因

 

身体的要因は、体に何らかの不調がある勃起不全となります。主な症状としては次のような症状があります。

 

 

加齢によるもの

 

勃起

 

人間、歳を取ると若いときと違って様々な体のトラブルが発生します。

 

その症状の一つに、勃起がうまくできなくなるという点があります。

 

この原因としては、歳を取ると血管や神経に様々な障害が起こるためです。

 

うまくペニスに指示が行き届かない、または血管が年をとってうまく血液を送ることができないことによって、勃起が阻害されてしまいます。

 

加齢の中でも、特に動脈硬化による血管障害はその原因のひとつとして注目されています。

 

加齢に伴う勃起不全は中高年にとって付いて回るものですが、勃起を維持するためには普段から健康に気をつけることが重要です。

 

初歩的なことになりますが、しっかりバランス良い食事をして、不摂生をせずしっかり睡眠を取るようにしましょう。

 

 

生活習慣病によるもの

 

勃起

 

加齢による体の衰えだけでなく生活習慣病も勃起不全に密接に関連しています。

 

糖尿病や高血圧、脂質異常症といった生活習慣病が原因となって、血管や神経が障害を受けて勃起不全が発生することがあります。

 

糖尿病の場合、血管や神経などに障害が発生する事が多いため生活習慣病の中においても勃起不全の起こる割合が最も高いです。

 

糖尿病の進行度にによって、勃起不全の症状も軽度から重度のものまで幅広く存在しています。

 

高血圧の場合は、動脈硬化を引き起こす原因の1つとなって勃起不全の起こる割合が高くなる傾向があります。

 

また、高血圧の方が服用している薬剤によって、勃起不全となることが多いのは見逃せない事実です。

 

もちろん、勃起したいからと言って薬を飲まないというのは当然避けるべきです。

 

脂質異常症については、動脈硬化の原因となるので勃起にも大きく影響を及ぼします。

 

このように、動脈硬化は全身病の一環と考えられていて、生活習慣病と密接に関連しています。

 

よって、ここまで紹介したように糖尿病、高血圧、脂質異常症、心血管障害などの血液循環に関連する生活習慣病がある方は勃起不全になりがちです。

 

他にも、喫煙や過度の飲酒についても勃起不全を引き起こす原因と考えられています。

 

 

神経系の障害によるもの

 

勃起

 

通常、勃起するためには神経が重要な役割を担っています。

 

神経には、脳を含む中枢神経や脳と末梢をつなぐ脊髄神経、身体全体に広がる末梢神経が存在しています。

 

性的刺激を受けた脳は、これらの神経を介してその信号を陰茎に送るのですが、この経路の中で神経が障害を受けていると脳からの信号が陰茎まで正常に伝わらず勃起不全の原因となります。

 

代表的なものとしては、脳出血、脳腫瘍、脳外傷、パーキンソン病、アルツハイマー病などがあります。

 

自律神経障害を起こす症状であるために勃起不全の原因となるのですが、実は、以前はあまり知られていなかった事実なのですが、今ではED治療薬によって改善できる場合があります。

 

 

手術や外傷によるもの

 

勃起

 

前立腺がんや膀胱がんの摘出術を受けたり、直腸がんの切除などによって骨盤内臓器を摘出する手術を受けると、陰茎海面体の血管や神経を損傷するリスクがあります。

 

以前は、がんの手術といえば再発を防ぐためできるだけ多くの部分を取り除く手術が一般的でした。

 

しかし、昨今では手術後の生活を重視する傾向にあり、勃起機能を残すために神経や血管をなるべく残す手術法を取るケースが増えています。

 

また、外傷では交通事故などによる骨盤骨折や脊椎損傷によって勃起不全となる可能性があります。

 

 

心理的要因

 

心理的要因は、ひとくくりにすることができず主に現実心因と深層心因の2つに分類されます。

 

それぞれの要因にについては、次のようになっています。

 

 

現実心因

 

勃起

 

現実心因とは、日常のちょっとしたことがストレスが引き金となって勃起不全を起こす場合のことを指します。

 

例えば女性にだめな男ねと言われたり、役立たずねなどと言わると、その言葉に敏感に反応して言葉の衝撃や暴力で勃起不全になることがあります。

 

他にも、結婚生活で奥さんとうまくいかないケースや、経済的なストレス、毎日疲れている、など自分自身でほぼ原因に見当がつくものが現実心因となります。

 

このケースでは、カウンセリングや薬の服用で簡単に治ることもあります。

 

 

深層心因

 

勃起

 

日常生活において特に心理的ストレスはない場合でも、幼児期の体験や性的トラウマなどの過去の出来事が原因となって心の深層にある原因によって勃起不全を引き起こす場合があります。

 

これを深層心因と言いますが、大半のケースでは無意識もしくは意識下の世界に原因があるために、本人には見当がつかずに原因の解明までに長期間要する場合があります。

 

また、治療が難しいケースが大半となっています。

 

普段から気をつけるべきこと

 

セックスでうまく勃起するために、先に紹介した要因以外でも対処すべきことがあります。

 

ここでは、具体的にどのような行動をするべきかについて紹介します。

 

 

食生活を充実する

 

勃起

 

健康をキープするためには、食生活を充実させることが重要ですよね。

 

食生活が悪いと、血流が悪くなって勃起にも起因してしまうことになるために、バランス良い食事を取るようにしましょう。

 

また、脂質やコレステロール、炭水化物の過剰摂取は生活習慣病に掛かる可能性があるために注意が必要です。

 

特に外食が多いとどうしても美味しいものばかり食べがちなので偏った食事になりがちです。

 

他にも、脂っぽい食べ物やスナック菓子や菓子パンなども血行のトラブルを発生させることが多いので注意しましょう。

 

 

適度な運動を心がける

 

勃起

 

運動不足になると、必然的に筋力が衰えてしまいますが、実はペニス周りは筋肉で支えられてることもあって、運動不足でも勃起がうまくいかなくなることがあるのです。

 

また、同時に運動しないと血流が悪くなってしまうこともあって、勃起に影響します。

 

過度なトレーニングまではする必要はありませんが、無理しない程度にウォーキングしたりジムに通うなどによって解消できる可能性があります。

 

 

睡眠をしっかり取る

 

勃起

 

睡眠は、その日の疲れを取ると同時に翌日の活力となる重要な行動となります。

 

その睡眠が削がれてしまうと、勃起にも影響する可能性が高まります。

 

しっかりと睡眠を取って、体をリラックスさせるようにしましょう。

 

 

ストレス発散する

 

勃起

 

心理的要因によって勃起できないという可能性もあるために、ストレスを溜めないというのも重要です。

 

適度にストレス発散して、リラックスした状態でセックスに臨むという方法も有効的となります。

 

ただ、ストレス発散で注意したいのは暴飲暴食に走るという点です。

 

暴飲暴食すると、結局不摂生になってしまい血流異常を発生させてしまうことがあるので要注意です。

 

好きな趣味に没頭するなどが特におすすめです。

 

 

オナニーは控える

 

オナニーは、自分のペースで好きな時にオーガズムを迎えることができる点が魅力的です。

 

人間、より快楽を求めて自分の気持ちいスポットを編み出したりして快楽を求めますが、これがいざセックスとなった場合にオナニー以上の気持ちよさを得ることができなくて勃起できない場合があります。

 

また、気持ちのコントロールができなかったり、自分のペースを乱されることによって勃起できない場合もあるので、セックスする前はしばらくの間はオナニーを我慢することも重要です。

 

 

アダルトビデオの見過ぎは控える

 

オナニー同様に、アダルトビデオの見過ぎにとってより強い刺激を受けていると、いざ生身の女性が目の前にいてもどこか刺激を感じずに勃起しないというケースがあります。

 

あまりに過激なアダルトビデオはなるべく見ないようにすると良いでしょう。

 

 

お酒は飲みすぎないようにする

 

勃起

 

お酒の飲み過ぎは、勃起力を低下させる大きな要因となってしまいます。

 

その理由は、中枢神経がアルコールによって鈍感になるためです。

 

人間の中枢神経は、脳に何かを伝達する為に必要な神経ですので、鈍感になることで性的興奮は脳に伝達されにくくなってしまいます。

 

同時に、お酒を飲みすぎることによってアルコール分解の為に亜鉛が大量消費されます。

 

亜鉛は性欲や精力にかかせない物質であって、アルコール分解で減少することで勃起は難しくなってしまいますので、なるべくお酒を控えてセックスに望みましょう。

 

ここ一番という時に使用したいテクニック

 

ここまで紹介した内容をしっかり守ったとしても、どうしても勃起に不安がある場合があります。

 

その場合は、次に取り上げるテクニックを駆使して勃起することができます。

 

 

ED治療薬を飲む

 

勃起

 

勃起に不安があったり、実際に勃起不全となっている場合はED治療薬を飲むことによって改善される可能性が高いです。

 

ED治療薬としては、バイアグラやシアリス、レビトラなどが有名です。

 

こちらの治療薬は保険対象外となるのですが、専門のクリニックで気軽に処方してもらうことが可能です。

 

ED治療薬の場合、即効性があるというのが最大の魅力で絶対に今日は失敗したくないという時に大活躍します。

 

念のために持っていると安心感があって精神的なリラックス効果があります。

 

 

精力剤を飲む

 

勃起

 

薬を飲むのには敷居が高いと感じている場合は、精力剤を飲むことで勃起をサポートしてくれます。

 

精力剤は、コンビニやドラッグストアなどでも気軽に購入することができるので、いざ欲しいとなってもすぐに購入可能です。

 

精力剤と言っても種類があって、ドリンク剤や錠剤、軟膏などがあります。

 

ドリンクタイプは飲みやすさが魅力的で、摂取するとすぐに吸収してくれるので比較的即効性があります。

 

但し、医療品ではなく清涼飲料水タイプもあって、その場合はあまり高い効果は得ることができません。

 

錠剤タイプは、大きくサプリメントと医療品があります。

 

医療品の方が高い効果を期待できますが、その分価格が高いのが難点です。

 

サプリメントの場合、栄養補助食品と同じくくりなので即効性を求めるよりも普段から継続して摂取する時に向いています。

 

軟膏タイプは、ペニスに直接塗り込むことで勃起をサポートしてくれます。

 

即効性が高く、またほとんどのアイテムが医療品というのも安心ですね。

 

 

恥をしのんで女性に打ち明ける

 

勃起

 

精神的な問題で勃起がうまく行かない場合は、思い切って女性側に打ち明けておくというのも良いでしょう。

 

それによって、気分的に晴れて吹っ切れてセックスできる場合が多いですし、女性側のサポートによりうまくいくことがあります。

 

まとめ

 

うまく勃起することは、セックスがうまくいくかどうかの重要なファクターです。

 

勃起に不安がある場合は、日常生活から勃起を阻害する要因を取り除くことが重要です。

 

また、いざという時には、治療薬や精力剤を取り入れてみましょう。