イントロダクション

衝撃的かつディープな物語で、90年代絶大な人気を賭した累計発行部数500万部を誇る「MARS」。人気漫画家=惣領冬実が紡ぐ、少女漫画の枠を超えた究極のラブストーリーが遂に蘇ります。
主人公・樫野零を演じるのは、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔。学園のスター的存在で、刹那的な日々を送りながらも、怒りに火がつくと抑えられない激しい凶暴性を秘めた高校生を圧倒的な存在感で、繊細かつ大胆に演じます。零の中学の同級生で、死んだ零の弟、聖の親友だった桐島牧生には、若手実力派俳優の窪田正孝。零に特別な感情と強い執着を抱く牧生を、変幻自在な芝居で魅せていきます。ストーリーの鍵を握る牧生の狂おしいほどにせつない感情を怪演、観る人の心を揺さぶり強烈な印象を残します。本作では異なる魅力を放つ2人のW主演が実現しました。
零の運命の恋人・麻生キラには、朝の連続テレビ小説「まれ」などに出演、期待の新星・飯豊まりえ。零を一途に愛する姿を瑞々しく演じるが、本作ではキラの悲しい秘密も明かされます……。キラの親友・杉原晴美には山崎絋菜、零の親友・木田達也には稲葉友がそれぞれ好演。設定を現代に移し脚本を書き下ろしたのは「DEATH NOTE デスノート」シリーズの大石哲也。監督は『百瀬、こっちを向いて。』で長編初監督デビューを飾った耶雲哉治が務めます。主題歌は、Kis-My-Ft2が歌う「Gravity」。零・牧生・キラが繰り広げるスリリングな三角関係を、疾走感あふれるナンバーが彩っています。
色あせない少女漫画界不朽の名作が、スクリーンでより一層鮮明に映し出され、今年最高に心揺さぶる、せつないラブストーリーが誕生しました。